横浜銀行カードローンは低金利の年1.9%~14.6%!競合他社と利息を比較してみた!

低金利の横浜銀行カードローンは高額融資におすすめ!横浜銀行カードローンの金利は、年1.9%~14.6%(変動金利)です。

銀行系カードローンの中でも低金利なので、利息の負担が重くなる心配はありません

今回は横浜銀行カードローンの金利についてご紹介。

この記事で紹介すること
  • 低金利の横浜銀行カードローンが向いている人
  • 横浜銀行カードローンの金利の低さについて
  • 横浜銀行カードローンと他社の金利の差額について
  • 横浜銀行カードローンの金利の低さをムダにしないための注意点

横浜銀行カードローンの利用を検討している人は、この記事を参考にしてください。

横浜銀行カードローンの商品概要
横浜銀行カードローンのバナー
商品名 横浜銀行カードローン
金利 年1.9%~14.6%
(変動金利)
利用限度額 1,000万円
在籍確認 あり
資金使途 自由
最低返済額  2,000円~
保証会社  SMBCコンシューマーファイナンス
無利息期間 なし
WEB完結  可能

年14.6%の低金利!横浜銀行カードローンの公式HPへ

上のボタンから公式HPへ進み、申し込み手続きしましょう。
ボタンをタップしただけで申込になることはありません。

横浜銀行カードローンの金利が向いている人・向いていない人

低金利の横浜銀行カードローンの「利用に向いている人」

高額のお金を長期借りたい人は横浜銀行カードローンが最適!

低金利の横浜銀行カードローンの「利用に向いている人」は以下の通り。

低金利の横浜銀行カードローンの「利用に向いている人」
  • 30万円超の高額の借り入れを考えている人
  • 1年以上の長期の借り入れを考えている人
  • 複数の借り入れをおまとめしようとしている人
  • 横浜銀行の口座を持っている人

横浜銀行カードローンの低金利がおすすめなのは「高額借り入れ・長期返済」。

複数の他社借り入れの一本化を考えている人にもピッタリです。
おまとめとして活用することで、利息をグッと減らすことができます。

すでに横浜口座があれば、WEB完結OKだから申し込みはスムーズ

横浜銀行の普通預金口座をよく利用している人は、優先的に申し込みを検討しましょう。

低金利の横浜銀行カードローンの「利用に向いていない人」

短期の借り入れ・少額の借り入れならメリットは少ない!

低金利の横浜銀行カードローンの「利用に向いていない人」は以下の通り。

低金利の横浜銀行カードローンの「利用に向いていない人」
  • 10万円~30万円程度の少額の借り入れを考えている人
  • 半年以下の短い期間で借り入れを考えている人
  • 無利息サービスを利用したい人
  • 神奈川・東京・群馬の一部で在住も勤務もしていない
    (群馬の一部=高崎市・前橋市・桐生市)

消費者金融とは違って横浜銀行カードローンには、無利息サービスがありません

少額借り入れ・短期返済」を予定するなら、消費者金融のほうがおすすめです。

消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみましょう。

おすすめの消費者金融は「アコム」と「プロミス」

消費者金融のカードローンは大抵、無利息サービスを用意しています。

活用すれば銀行系カードローンより、おトクに利用できる可能性が高いです。

無利息期間サービスがある、おすすめな消費者金融は2つ。

  1. アコム
  2. プロミス

それぞれ無利息期間サービスが、適用されるタイミングが異なるので注意しましょう。

おすすめの消費者金融①:アコム

アコム
金利 年3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
総量規制 対象内
審査時間 最短30分
在籍確認 応相談
専業主婦
学生
専業主婦×  学生○
(20歳以上で安定収入がある人に限る)
即日融資 土日も可能
無利息期間 あり
(30日間)
スマホ完結申し込み OK

消費者金融であるアコムには、30日間の無利息期間サービスがあります。

無利息期間がはじまるのは「契約日」の翌日からなので注意してください。

アコムは申し込んだその日の融資OKです。
契約後すぐに借りて無利息期間をフル活用するように努めましょう。

30日の無利息サービスあり!アコムの公式HPへ

アコムの「30日間金利0円サービス」で銀行カードローンよりもおトクに利用する方法教えます。

10~30万円の借り入れなら「30日間金利0円サービス」があるアコムの利用がおすすめ。「30日間金利0円サービス」をうまく利用す…

おすすめの消費者金融②:プロミス

金利 年4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
総量規制 対象内
審査時間 最短30分
在籍確認 応相談
専業主婦
学生
専業主婦× 学生○
即日融資 土日も可能
(最短1時間融資)
無利息期間 あり
(30日間)
スマホ完結申し込み OK

アコムのものとは違うシステムなのが、プロミスの無利息期間サービス。

プロミスでは契約日ではなく、初回借り入れの翌日から無利息期間が始まります。

契約から初回借り入れまで間が空いても、無利息期間をムダにする心配はありません

ただし無利息サービスを利用する条件が2つあるので注意が必要です。
(メールアドレスの登録 & Web明細の利用)

30日の無利息期間アリ!プロミスの公式HPへ

プロミスは「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」で最大限おトクに利用しよう!

消費者金融プロミスは「30日間無利息サービス」あり。フル活用することで、銀行カードローンよりもおトクに利用できます。また…

また横浜銀行カードローンは一部地域の方しか利用できません。

利用圏外に住んでいる方は全国対応のカードローンを検討しましょう。

横浜銀行カードローンは年1.9%~14.6%と他社より低め

横浜銀行カードローンは金利の低さに定評あり!

横浜銀行カードローンの金利は、年1.9%~14.6%です。

他社カードローンの金利と比較してみましょう。

カードローン会社 金利 カードローンの種類
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 銀行系カードローン
(メガバンク系)
横浜銀行カードローン  年1.9%~14.6%
(変動金利)
銀行系カードローン
(地方銀行系)
千葉銀行カードローン 年1.7%~14.8% 銀行系カードローン
(地方銀行系)
スルガ銀行カードローンリザーブドプランのバナー 年3.9%~14.9% 銀行系カードローン
(地方銀行系)
オリックス銀行カードローン  年1.7%~17.8% 銀行系カードローン
(ネット銀行系)
ジャパンネット銀行カードローン  年2.5%~18.0% 銀行系カードローン
(ネット銀行系)
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 消費者金融
アイフル 年3.0%~18.0% 消費者金融
アコム 年3.0%~18.0% 消費者金融

初めてカードローンを利用する人や返済実績がない人には、最高金利が適用されます。

そのため「年1.9%~14.6%」で重要なのは、右側の最高金利「年14.6%」の部分です。
最高金利「年14.6%」はネット・地方銀行系カードローンや消費者金融に比べると低め

またメガバンクである三井住友銀行カードローンと年0.1%しか変わりません

横浜銀行カードローンの金利は他社より低く、利息がかさみにくい設定といえます。

横浜銀行カードローンの金利は利用限度額によって変動する

利用限度額の高さに応じて変動する、横浜銀行カードローンの金利は以下の通り。

利用限度額 金利
1,000万円 年1.9%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
500万円超600万円以下 年4.5%
400万円超500万円以下 年4.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
100万円超200万円以下 年11.8%
10万円以上100万円以下 年14.6%

審査により利用限度額が決まれば、利用限度額ごとに適用金利が固定されます。

利用限度額が10万円以上100万円以下の間なら、金利は年14.6%で変わりません。

また最初に決まった金利は、基本的にずっとそのままです。
最高金利「年14.6%」から「年11.8%」に引き下げるためには、利用限度額を最低でも100万円超にする必要があります。

増額審査をクリアすれば金利引き下げの可能性アリ

増額審査とは、利用限度額を引き上げるための再審査のこと。

横浜銀行カードローンの増額審査に通ることで、より金利が低くなります

「年11.8%」になれば一気に、年2.8%も金利が引き下げられます

金利を下げたい場合は6ヶ月以上の利用実績を積んで、増額審査に申し込んでみましょう。

年14.6%の低金利!横浜銀行カードローンの公式HPへ

低金利の横浜銀行カードローンの利息を他社と徹底比較

横浜銀行カードローンと他社で利息を徹底比較!

横浜銀行カードローンと他社カードローンで、利息がどれぐらい違うか調べました。

横浜銀行カードローンの利息を比較したパターン
  1. 15万円借りて12回返済(1年)で完済した場合
  2. 50万円借りて24回返済(2年)で完済した場合
  3. 100万円借りて36回返済(3年)で完済した場合

比較するのは年17.5%の「銀行カードローンA社」と年18.0%の「消費者金融B社」です。

消費者金融B社は、30日間の無利息サービスが適用される前提で計算しています。

利息の計算式

カードローンの利息は、以下の計算式でカンタンに割り出せます。

利息総額 = 借入残高 × 金利 ÷ 365 × 利用日数

比較結果の数字はシミュレーションの結果として、参考にする程度にしましょう。

利息比較①:15万円借りて12回返済(1年間)で完済した場合

15万円を1年間借りたときの金利を比較!

15万円を借りて12回(1年間)で完済したときの利息は以下の通り。

業者 利息総額
横浜銀行カードローン
(適用金利:年14.6%)
21,900円
銀行カードローンA社
(適用金利:年17.5%)
26,250円
消費者金融B社
(適用金利:年18.0%)
24,781円

3社の中で横浜銀行カードローンが一番おトクという結果になりました。

  • 銀行カードローンA社より利息が4,350円少ない
  • 消費者金融B社より利息が2,881円少ない

少額借り入れでも利用期間が1年と長くなれば、低金利が無利息サービスにまさります

高額の借り入れでなくてもおトクに借りられるのが、横浜銀行カードローンの魅力です。

利息比較②:50万円借りて24回返済(2年間)で完済した場合

50万円を2年間借りたときの金利を比較!

50万円を借りて24回(2年間)で完済したときの利息は以下の通り。

業者 利息総額
横浜銀行カードローン
(適用金利:年14.6%)
146,000円
銀行カードローンA社
(適用金利:年17.5%)
175,000円
消費者金融B社
(適用金利:年18.0%)
172,603円

3社の中で横浜銀行カードローンが一番おトクという結果になりました。

  • 銀行カードローンA社より利息が29,000円少ない
  • 消費者金融B社より利息が26,603円少ない

横浜銀行カードローンの金利の低さは、返済期間が長くなるほど威力を発揮します。

利息総額の大幅増加にともない、利息の差は3万円に届きそうな勢いです。

利息比較③:100万円借りて36回返済(3年間)で完済した場合

100万円を3年間借りたときの金利を比較!

100万円を借りて36回(3年間)で完済したときの利息は以下の通り。

業者 利息総額
横浜銀行カードローン
(適用金利:年14.6%)
438,000円
銀行カードローンA社
(適用金利:年17.5%)
525,000円
消費者金融B社
(適用金利:年18.0%)
525,206円

3社の中で横浜銀行カードローンが一番おトクという結果になりました。

  • 銀行カードローンA社より102,000円利息が少ない
  • 消費者金融B社より87,206円利息が少ない

消費者金融は高額借り入れ・長期返済だと、無利息の効果がかなり薄くなってしまっています。

高額借り入れ・長期返済には、低金利の横浜銀行カードローン1択といえます。

年14.6%の低金利!横浜銀行カードローンの公式HPへ

横浜銀行カードローンの低金利をムダにしないための注意点

せっかくの低金利の良さを無駄にしないように気をつけよう

横浜銀行カードローンの低金利をムダにしないための注意点は2つあります。

金利の低さをムダにしないための注意点
  1. ATMは手数料なしのものを利用する
  2. 延滞による遅延損害金を発生させない

せっかく低金利のカードローンで利息を減らしても、その他のミスでムダなお金を払うのはもったいないですよね。

できるだけムダなお金を払わないよう気をつけましょう。

注意点①:ATMは手数料無料のものを利用する

コンビニATMでも利用手数料はゼロ!

横浜銀行カードローンを利用する上で、手数料無料で利用できるATMは以下の通り。

  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット
  • イオン銀行ATM
    (イオン銀行ATMは返済不可)

上記以外のATMを使うと、数百円の手数料が発生してしまうので注意しましょう。

特に少額を1年程度で返済する場合、手数料を支払い続けると消費者金融カードローンの利息と変わらなくなってしまいます。

(例)15万円を12回(1年)で支払う場合

●横浜銀行カードローン(金利年14.6%、ATM手数料1回216円)
⇒1年で発生する利息+手数料の合計は”24,492円(利息21,900円+ATM手数料2,592円)”。

●消費者金融カードローン(金利年18.0%、30日無利息サービス、ATM手数料無料)
⇒1年で発生する利息は”24,781円“。

1年でたったの289円しかオトクになりません。

注意点②:延滞による遅延損害金を発生させない

遅延損害金が発生すると負担も正直大きい!

遅延損害金とは、返済が遅れた場合に発生する罰金のこと。

横浜銀行カードローンの遅延損害金利率は年18.0%です。

遅延損害金が発生すると、毎月の返済額に加えて金銭的負担がかかります。
せっかく低金利のカードローンを選んでいるのに、遅延損害金年18.0%が乗っかってしまっては意味がありません。

また一度でも延滞すると、横浜銀行からの信用は急激に低下。
増額審査に申し込んでも、審査通過の可能性はなくなるので注意してください。

延滞によるデメリットが発生しないよう、毎月の返済はきっちり行いましょう

低金利の横浜銀行カードローンは高額借り入れ・長期返済向き!

公務員たぬき
横浜銀行のカードローンを利用したいんですが、70万円ぐらい借りる場合って金利はいくらになるんですか?
たぬき博士
100万円以内の借り入れなら年14.6%じゃな。最高金利でも年14.6%で利息がふくらみにくいといえるぞい。
公務員たぬき
無利息サービスのある消費者金融も検討していたんですけど・・・そんなに金利が低いなんてすごいですね!
たぬき博士
たくさん融資を受けたい人や時間をかけて返済したい人には、消費者金融より横浜銀行カードローンがおトクな選択肢じゃ。

年14.6%の低金利!横浜銀行カードローンの公式HPへ

上のボタンから公式HPへ進み、申し込み手続きしましょう。
ボタンをタップしただけで申込になることはありません。

スポンサーリンク

横浜銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットに申込

\\上のボタンから申し込むと最短30分で審査結果を受け取れます//

 

スポンサーリンク

関連記事