借金を一本化したい!おまとめローンを組む前に知っておきたい全知識

本記事では借金の一本化について解説していきます。

借金の一本化について
  • 借金の一本化(おまとめローン)の基礎知識
  • 借金の一本化にオススメな業者3選
  • 借金を一本化する3つのメリット
  • 借金を一本化する3つのデメリット
  • 借金を一本化する際の5つの注意点

他社借り入れをうまく一本化すれば、劇的に返済しやすくなります

複数社から借りていて借金の一本化を考えている人は、本記事を参考にしてください。

目次

借金の一本化とは

借金の一本化=おまとめローン

東京スター銀行おまとめローンの仕組み

※東京スター銀行おまとめローンパンフレットPDF

借金の一本化とは、複数の他社借り入れを1社にまとめることです。
一般的には、カードローン会社の「おまとめローン」のことを指します。

借金の一本化と聞くと「債務整理」と混同する人がいるかもしれません。

しかし務整理とは仕組みが異なるので、どちらを利用するかは慎重に検討してください。

借金の対処法 おまとめローン 債務整理
借金の減額 できない
(利息負担減は見込める)
できる
(自己破産は免責)
信用情報に
金融事故記録
つかない つく
弁護士など
の仲介
なし 基本的にあり

比較表を見ると、債務整理は信用情報に金融事故記録がつくことが分かりますよね。
(信用情報・・・過去のローン商品の申し込み・借り入れ・返済などの利用履歴)

おまとめローンならば、金融事故を記録させずに完済への道筋をつけることができます。

おまとめローンと借り換えの違い

おまとめローンと似たものに「借り換え」があります。

2つの違いは、借り換えの対象となる他社借り入れの数です。

  • おまとめローン・・・複数社の一本化
    (例:消費者金融3社をおまとめローン1社にまとめる場合など)
  • 借り換え・・・違う業者への乗り換え
    (例:高金利の業者1社から低金利の業者に乗り換える場合など)

借り換えの場合は、現在の借り入れが1社の場合を指すので把握しておきましょう。

借金の一本化で借金(元金)が減ることはない

先述したようにおまとめローンを組んでも、債務整理のように元金は減りません。

おまとめで返済しやすくなっても、元金はそのままなので注意してください

もともと完済が無理であれば、おまとめローンは時間稼ぎで終わります。

完済できる・完済する意志がある人以外は、債務整理も視野に入れましょう。

ただし債務整理はデメリットやリスクが多いので、ある程度の覚悟が必要です。

おまとめローン専用商品は総量規制の対象外

総量規制とは、年収の3分の1を超えて貸せないようにする貸金業法上の取り決めのこと。

おまとめローンは総量規制対象外のため、年収の3分の1超を借り入れられます

  • 消費者金融
  • 銀行系カードローン

カードローンは2つに分けられますが、中でも消費者金融は総量規制の対象です。

しかし消費者金融でも、おまとめローン専用商品であれば総量規制に引っかかりません

おまとめローンにおける消費者金融系と銀行系の特徴の違い

おまとめローンにおける消費者金融系と銀行系の特徴の違いは以下の通り。

おまとめローン 消費者金融系 銀行系
最高金利 高め
(年18.0%前後)
低め
(年12.5%~14.9%)
利用限度額 300万円~
800万円
800万円~
1,200万円
審査時間 スピーディー
(最短即日)
慎重
(数日かかる)

※適用金利はおまとめ金額によって大幅に引き下がることもあります

おまとめまでのスピードを最優先するならば、消費者金融系に申し込みましょう。

高額のおまとめや低金利での一本化をのぞむならば、銀行系への申し込みがオススメです。

関連記事:銀行か消費者金融でおまとめローンは全く別物?!4項目で違いを解説!

借金の一本化にオススメな業者(おまとめローン)3選

おまとめローンへ申し込むにあたり、オススメな業者は3社あります。

おまとめローン業者 利用限度額 審査時間
東京スター銀行
おまとめローン

年12.5%で一律
1,000万円 仮審査が
最短3日
オリックスVIP
フリーローン

(年3.0%~14.5%)
800万円 最短数日
アイフル※
(年3.0%~17.5%)
1万円~
800万円
最短1日

※アイフルをはじめて利用する人は「かりかえMAX」が適用
※アイフルを利用中・過去に利用したことがある人は「おまとめMAX」が適用

おまとめローンに申し込む際は、上記3社から優先的に検討するのがオススメです。

オススメ業者①:東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン
東京スター銀行おまとめローンの特徴
  • どんな人でも必ず年12.5%の低金利が適用される
  • 審査通過するための年収条件は「200万円以上」でOK
  • 公務員や正社員は審査クリアの可能性が一気にアップ

東京スター銀行おまとめローンは、金利が年12.5%で一律なのが大きな特徴です。

他社借り入れが高金利であるほど、年12.5%との差が広がりおトクになります。

申し込み条件としては、前年度の税込み年収が200万円以上を求められるのがポイント。

ただし一本化を考えるほど複数社から借入できるなら、ほとんどの人がすでにクリアしている年収なので特に心配する必要はありません。

東京スター銀行おまとめローンのスペック詳細
カードローンの種類 銀行系カードローン
金利 年12.5%
利用限度額 30万円以上1,000万円以下
(10,000円単位)
※申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限る
申し込み条件
(審査基準)
・借り入れ時の年齢が満20歳以上65歳未満
・前年度の税込年収が200万円以上
・公務員、正社員、契約社員、派遣社員
・過去に債務整理をしていない
・現在利用しているローンを延滞していない
・6ヶ月以内に東京スター銀行の審査に落ちていない
返済額 毎月7,318円
(おまとめ金額が50万円の場合)
※おまとめ金額によって返済額は変動する
返済方法 【約定返済】
普通預金口座からの自動引き落とし
【随時返済】
・インターネットバンキング
・ATM返済
返済日 毎月10日
(休業日の場合は翌営業日)
遅延利率 14.6%(実質年率)
担保
保証人
不要
(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスが保証)

東京スター銀行おまとめローンの公式サイトへ

↓東京スター銀行おまとめローンの審査について詳しく知りたい方はチェック↓
関連記事:東京スター銀行おまとめローンの審査は厳しい?6つの審査基準を突破できるかが一本化のカギ!

オススメ業者②:オリックスVIPフリーローン

オリックスVIPフリーローンの特徴
  • 最高金利でも年14.5%でおまとめ金額によってはさらに低金利になる
  • 年収400万円以上ならば審査通過のチャンス大
  • 返済期間は最長8年で時間をかけて返済したい人にピッタリ

オリックスVIPフリーローンは、年3.0%~14.5%と最高金利が低め

また返済期間は最長8年で「利息を抑えつつ長期的に返済していきたい」人にオススメです

ただし申し込み条件は年収400万円以上と、東京スター銀行よりハードルが高くなります。

年収400万未満の人は、東京スター銀行おまとめローンへの申し込みを検討しましょう。

オリックスVIPフリーローンのスペック詳細
カードローンの種類 消費者金融
金利 年3.0%~14.5%
利用限度額 100万円以上800万円以内
申し込み条件
(審査基準)
・日本国内に居住している
・申込時に20歳以上65歳未満
・年収400万円以上
返済額 返済シミュレーションから随時確認OK
返済方法 【約定返済】
普通預金口座からの自動引き落とし
【随時返済】
ATM返済
返済日 ・10日
・20日
・末日
(上記から選択できる)
※休業日の場合は翌営業日
遅延利率 19.9%(実質年率)
担保
保証人
不要

オリックスVIPフリーローンの公式サイトへ

オススメ業者③:アイフル(おまとめMAX・かりかえMAX)

アイフル新バナー
アイフルのおまとめローンの特徴
  • 申し込みからおまとめまで最短で1日しかかからない
  • おまとめ金額が100万円超ならば金利は確実に年15.0%以下
  • 消費者金融系にもかかわらず利用限度額は最大800万円

アイフルのおまとめローンは、最短で申し込み翌日のおまとめOKです。

仮審査でも最短3日の東京スター銀行と比較するとかなりスピーディー。
できるだけ早く借金を一本化したい人は、アイフルに申し込みましょう。

金利は銀行系より高めですが、他社借り入れが100万円超ならば年15.0%以下になります。

早いだけではなく低金利も兼ね備えているので、利息を下げたい人にもオススメです。

アイフル(おまとめMAX・かりかえMAX)のスペック詳細
金利 年3.0%~17.5%
利用限度額 1万円~800万円
申し込み条件
(審査基準)
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
返済額 返済シミュレーションから随時確認OK
返済方法 【約定返済】
普通預金口座からの自動引き落とし
【随時返済】
・ATM返済(約定返済でもOK)
・銀行振込(約定返済でもOK)
返済日 ・約定日制
(都合に合わせて毎月一定の返済日に指定した日)
・サイクル制
(返済日の翌日から35日後が次回返済日)
遅延利率 20.0%(実質年率)
担保
保証人
不要

アイフルの公式サイトへ

↓アイフルのおまとめについて詳しく知りたい方はチェック↓
関連記事:アイフルでおまとめ・借り換えは2コース。「早さ」「安さ」で選ぶなら断トツでオススメです!

借金を一本化することによる3つのメリット

借金を一本化する(おまとめローンを組む)メリットは、大きく分けて3つです。

借金を一本化する(おまとめローンを組む)メリット
  1. 返済先や返済日が1つになる
  2. 適用金利が下がって利息負担が減る
  3. 毎月の返済額が減る

おまとめローンの利用によって、返済しやすさが向上する仕組みを解説していきます。

おまとめローンを組んだ後の想像が膨らむ!借り換え一本化のメリットを解説!

「おまとめローンを組むとはどうゆうことなのか」「おまとめローンを組むとどんなメリットがあるのか」について徹底解説してい…

メリット①:返済先や返済日が1つになる

借金を一本化すると、他社借り入れが多い人ほど管理がラクになります。

おまとめローンを組むことによって、管理がラクになる例は以下の通り。

おまとめ前
(借り入れ先が3社)
返済日 返済方法
A社 毎月10日 口座振替
B社 毎月25日 ATM返済
C社 前回の返済日
から35日後
インターネット
バンキング
おまとめ後
(借り入れ先が1社)
返済日 返済方法
D社 毎月5日 口座振替

返済先・返済日・返済方法が1つになり、かなりスッキリした印象ですよね。

返済方法は自動返済の口座振替だけなので、うっかり忘れのリスクも少なくなるはずです。

おまとめ後も「返済日お知らせメール」を活用しよう

返済日お知らせメールとは、返済日が近いことを知らせるメールのこと。
大抵のカードローン会社は、返済日お知らせメールを用意しているはずです。

おまとめ後の返済方法が口座振替でも、残高不足による延滞のリスクが残ります

返済日お知らせメールを活用して、できる限り延滞しないように努めましょう

返済に遅れると、遅延損害金の発生や大幅な信用低下を招くので把握しておいてください。

関連記事:カードローンの遅延損害金をわかりやすく解説!延滞に対する罰金はいくら?

返済シミュレーションを有効活用しよう
三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション

※画像引用元:三井住友銀行カードローン公式サイト

おまとめ後は返済シミュレーションをぜひとも有効活用してください。

すべての業者の公式サイトで用意されているわけではありません。

ただし利用するのは、他社のシミュレーションでもOKです。

返済シミュレーションの利用で、絶えず完済を意識することが重要です。

メリット②:適用金利が下がって利息負担が減る

ほぼすべての業者は利用限度額によって適用金利が変動する仕組みです。

借金を一本化すると1社から借り入れる金額は、必然的に高くなりますよね。

そのためおまとめ金額が高いほど金利が大幅に下がることもありえます。

おまとめ前
(借り入れ先が3社)
借入残高 1日あたりの
の利息
A社
(年18.0%)
50万円 約246円
B社
(年18.0%)
70万円 約345円
C社
(年17.8%)
90万円 約438円
おまとめ後
(借り入れ先が1社)
借入残高 1日あたりの
の利息
D社
年12.0%
210万円※
約690円

※利用限度額は「200万円超300万円以下」が適用

上記の例ではおまとめを組む前の1日あたりの利息負担は1,029円でした。

おまとめ後は金利が下がり、1日あたりの利息はおまとめ前の3分の2になっています。

このように利息負担の面でも返済しやすくなることも、大きなメリットの1つです。

メリット③:毎月の返済額が減る

金利が大幅に下がった人は、毎月の返済額が下がることも十分にありえます。

おまとめ前
(借り入れ先が3社)
借入残高 毎月の返済額
A社 50万円 15,000円
B社 70万円 18,000円
C社 90万円 18,000円
おまとめ後
(借り入れ先が1社)
借入残高 毎月の返済額
D社 210万円 35,000円

上記の例ではおまとめを組む前の、毎月の合計返済額は51,000円でした。

おまとめ後の毎月の返済額は35,000円なので、16,000円も金銭的負担が減りました

毎月の返済額が高いと、必然的に日々の生活はカツカツになりしんどいですよね。

おまとめによって当面は毎月の金銭的負担を減らして、生活に余裕を持つことができます。

借金の一本化による3つのデメリット

借金を一本化する(おまとめローンを組む)デメリットは、大きく分けて3つです。

借金を一本化する(おまとめローンを組む)デメリット
  1. 審査は厳しめ & 時間がかかる
  2. 他社借り入れの全額を一本化できないこともある
  3. おまとめ後のほうが利息が高くなる可能性がある

読まずに失敗したということがないように、一度目を通しておきましょう。

知らないとマジでやばい!おまとめローンで借り換えるデメリット・リスク

複数の借り入れ先を抱えている方にとっておまとめローンはとても魅力的にみえるでしょう。しかし、おまとめローンに潜むデメリ…

デメリット①:審査は厳しめ & 時間がかかる

おまとめローンの審査は決して甘いとはいえません。

むしろ通常のカードローン審査よりは厳しくなると思ってください。

審査落ちすれば契約の時間がムダになるため、申し込みは慎重に行ないましょう。

また銀行系のおまとめローンは、審査に数日~1週間を要します。

利用を思い立っても、すぐにおまとめを組めるわけでないので注意が必要です。

銀行系は口座の新規開設が必要な場合がある

先述した東京スター銀行おまとめローンは、口座開設が必須です。

しかし東京スター銀行の公式サイトには「最短5営業日で口座開設」とあります。

そのため口座開設が必要な銀行系は、手続きの時間が余計にかかることに注意しましょう。

消費者金融系では、新規で口座開設が必要になることは特にありません。

おまとめローンの審査に落ちる人の特徴

おまとめローンの審査に落ちる人の特徴は以下の通り。

  • 細かな延滞を繰り返している
  • 転職したばかり
  • 他社借り入れが増えたのがつい最近
  • 5件以上の他社借り入れがある
  • 信用情報に金融事故記録が残っている

1つでも当てはまると、ほぼ審査落ちすると思ってもらって構いません。

ただし当てはまっていない限りは、審査通過のチャンスは十分にあります。

おまとめローン審査では年収が大きなポイント

通常のカードローン審査ではあくまでも、収入の「安定性」が重視されていました。

しかし先述した通り、おまとめローン専用商品には年収条件があることも・・・。

そのため業者側が審査ポイントの中でも、年収を重視していると考えられるんですね。

東京スター銀行おまとめローンの年収条件は「200万円以上(前年度の年収)」。

これはすべての業者が申込者に求める最低限の年収と考えてください。

デメリット②:他社借り入れの全額を一本化できないこともある

年収などの返済能力が評価されないと、他社借り入れを全部まとめきれないことがあります。

おまとめ前
(借り入れ先が3社)
借入残高 1日あたりの
の利息
A社
(年18.0%)
50万円 約246円
B社
(年18.0%)
70万円 約345円
C社
(年17.8%)
90万円 約438円
おまとめ後
(借り入れ先が2社)
借入残高 1日あたりの
の利息
B社
(年18.0%)
70万円  約345円
D社
(年12.5%)
140万円※ 約479円

※利用限度額は「100万円超200万円以下」が適用

上記の例ではB社がまとめられずに、そのまま残ってしまいました。
利息は1日あたり約205円軽くはなりましたが、おトクさが中途半端な印象はぬぐえません

全部まとめきれなければ、手続きの時間がムダになったと感じる人も多いでしょう。

不安な人は全社まとめきれる見込みがあるか、担当者に事前に相談してみてください。

あと少しの返済で完済できるローンはまとめないほうがベター

他社借り入れの中には、あと数万円・数千円で完済できるローンがある人もいるでしょう。

それをおまとめローンに組み込むと、利息や審査の面でもったいないことになります。
(利息・・・完済しておけば余計な利息が発生しない・審査・・・解約すれば審査で有利になる)

少額の返済で完済が見込めるローンは、おまとめ前に完済・解約しておくのがオススメです。

デメリット③:返済期間を延ばすとおまとめ後のほうが利息が高くなる可能性がある

おまとめローンを適切に組めば、1回の返済にかかる利息は減ります。

しかし返済期間を長めに設定してしまうと、結果的に利息の総額が増えてしまうケースもあるんですね。

おまとめを組んだにもかかわらず、利息総額が増えるケースを見てみましょう。

おまとめ前
(借り入れ先が3社)
借入残高
毎月の返済額
完済までの期間
利息総額
A社
(年18.0%)
【借入残高】
50万円
【毎月の返済額
15,000円
【返済期間】
47ヶ月
(3年11ヶ月)
【利息総額】
198,327円
B社
(年18.0%)
【借入残高】
70万円
【毎月の返済額
18,000円
【返済期間】
59ヶ月
(4年11ヶ月)
【利息総額】
351,341円
C社
(年17.8%)
【借入残高】
90万円
【毎月の返済額
18,000円
【返済期間】
70ヶ月
(5年10ヶ月)
【利息総額】
353,864円
おまとめ後
(借り入れ先が1社)
借入残高
毎月の返済額
完済までの期間
利息総額
D社
(年12.0%)
【借入残高】
210万円
【毎月の返済額
35,000円
【返済期間】
93ヶ月

(8年4ヶ月)
【利息総額】
1,122,968円

※完済までの期間は業者の返済方式などによって異なる場合があります

上記ケースのおまとめ前・おまとめ後の比較結果は以下の通り。

  • 完済までの期間
    おまとめ後のほうが完済が23ヶ月遅れる
     (おまとめ前は70ヶ月で全社完済する)
  • 完済時の利息総額
    おまとめ後のほうが219,436円高くなる
     (おまとめ前の利息総額の合計は903,532円)

おまとめ後のほうが返済期間が長くなってしまっていることは明白です。
またその影響として、利息総額が20万円以上も増えてしまっています

返済期間が長くなると、それだけムダな利息を支払う回数も増えます。

返済額が下がったからといって返済期間を長めにするのはやめておきましょう。

借金を一本化する際の5つの注意点

借金を一本化する(おまとめローンを組む)際の注意点は以下の通り。

借金の一本化(おまとめローン)5つの注意点
  1. おまとめ後に金利が下がるか確認する
  2. すべての業者が返済代行をしているわけではない
  3. 収入証明書類は必ず提出しなければならない
  4. 融資金を他社借り入れの完済以外に使うの絶対NG
  5. おまとめ後は追加融資を受けられないことが多い

おまとめを考えている人は、申し込み前に一度目を通しておきましょう。

注意点①:おまとめ後に金利が下がるのか確認しておくべし

他社借り入れの中に、低金利の銀行系カードローンがある人は注意してください。

低金利な業者を利用していれば、おまとめによって損をする可能性もあります。

事前に加重平均金利を計算して、おまとめ先の利用でおトクになるか確認しておきましょう。

加重平均金利未満の金利の業者に申し込めば、おまとめで損することはありません。

加重平均金利とは?

加重平均金利とは、それぞれの対応する重みをつけて割り出した金利のこと。
一言でいえば「条件を考慮した平均金利」のことです。

加重平均金利は以下の計算式で、カンタンに割り出せます。

【加重平均金利の計算式】
他社借り入れの年間の利息総額の合計 ÷ 他社借り入れ総額
加重平均金利(%)

以下のケースにおいて、おまとめで損をしないための金利を考えてみましょう。

他社借り入れ 借入残高 1年間の
利息総額
A社
(年18.0%)
50万円 90,000円
B社
(年18.0%)
60万円 106,800円
C社
(年17.8%)
80万円 144,000円
合計
年17.93%
190万円 340,800円

A・B・Cの3社の加重平均金利は、年17.93%になりました。

おトクにおまとめを組むには、金利が年17.93%未満の業者への申し込みが必要です。

ただし100万円超のおまとめは、法律により確実に金利が年15.0%以下になります。

他社借り入れの中に低金利の業者があるケース

他社借り入れに低金利のカードローンがある場合を考えてみましょう。

他社借り入れ 借入残高 1年間の
利息総額
A社
(年18.0%)
50万円 90,000円
B社
年14.0%
60万円 84,000円
C社
年12.0%
80万円 96,000円
合計
年14.2%
190万円 270,000円

B・C社が低金利の業者だった場合の加重平均金利は、年14.2%となりました。

そのため年14.2%未満の業者でおまとめを組まないと負担が大きくなるのは必至です。

仮に消費者金融系に申し込んで、年15.0%に設定されたら損をするので注意してください。

紹介した業者の中では、東京スター銀行おまとめローンなら確実におトクになります。

注意点②:すべての業者が返済代行をしているわけではない

他社への完済を「申込者・業者」のどちらが行なうかは、業者によって異なります。

オススメ業者3社が返済代行を行なうかどうかを見てみましょう。

おまとめローン 返済代行
東京スター銀行
おまとめローン
オリックスVIP
フリーローン
×
アイフル ×
(審査によってアイフルが行なうこともある)

先に紹介した3社では、東京スター銀行おまとめローンだけが返済代行OKです。

ただし東京スター銀行おまとめローンでさえ、返済代行ができない場合があることも・・・。

それは他社借り入れの返済が「窓口・ATM・コンビニ」に限られる場合。

当てはまる人は振り込まれたお金で、自身で他社を完済する必要があります。

注意点③:収入証明書類は必ず提出しなければならない

通常のカードローンの申し込みでは「収入証明書不要」の業者も多いです。

具体的には50万円以下の希望限度額ならば、本人確認書類1枚で審査を受けられます。

しかしおまとめローンは、必ず収入証明書類を提出しなければいけません

おまとめローン 収入証明書類の提出
東京スター銀行
おまとめローン
必要
オリックスVIP
フリーローン
必要
アイフル 必要

「収入証明書不要」でおまとめローンの審査を受けるのは不可能だと思ってください。

  • 他社借り入れを収入証明書不要で利用している
  • 他社借り入れの申込時に収入証明書類を提出した

いずれの場合であっても、おまとめローンでは要提出になるので注意しましょう。

おまとめローンでは他社借り入れを確認できる書類が必要になる

おまとめローンの必要書類は、基本的に「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つ。

ただし業者によっては、他社借り入れを確認する書類が必要になります。

おまとめローン 他社借り入れの
確認方法
東京スター銀行
おまとめローン
WEB上での
振込先の登録
オリックスVIP
フリーローン
申込者自身で他社完済を
行なうため手続きナシ
アイフル 原則として「他社借入条件
等の
確認ができる書類
の提出が必要

上記の業者の中では、アイフルが他社借り入れを確認する書類が必要です。

アイフルが公式サイトで例示している書類は以下の通り。

  • 契約書
  • ATMで取引した際の明細書
  • ご利用代金明細書

きちんと提出できれば、他社への完済を代行してくれる可能性がアップするでしょう。

東京スター銀行おまとめローンは、追加書類を用意する手間はありません。
しかし返済代行のために、WEB上で他社借り入れを登録する必要があります。

注意点④:融資金を他社借り入れの完済以外に使うのは絶対NG

融資金を他社借り入れの完済以外に使ってしまうのは、絶対にやめてください。

しかしおまとめローンの前提を覆すように、融資金で好き勝手に散財するのは契約違反です。

例としてアイフル公式サイトには、以下の記述があります。

同規則第10条の23第1項第1号および1号の2のいずれにおいても、計画的なご返済を支援することを目的とした商品であり、 ご融資金は既存のお借入のご返済のみに充てられる(借換え)ことが契約条件となります。

引用:アイフル公式サイト

融資金を他のことに浪費すれば、最悪の場合は法的措置をとられることも・・・。

申込者自身で完済しなければいけない業者に申し込んだ人は、特に注意しましょう。

浪費癖がある人はおまとめ後に「貸付自粛制度」を利用するのも一手

貸付自粛制度とは、日本貸金業協会に申告して借り入れ不可能にする制度のこと。

借り入れが制限される対象は、本人または親族のうち一定の範囲の人になります。

申し込みに必要な書類は申込者によって変わるので注意しましょう。

貸付自粛制度の必要書類

【本人が申し込む場合】
※顔写真つき、氏名・住所・生年月日の記載のあるものは1点のみでOK
(それ以外は2点の提出が必要)

・運転免許証
・マイナンバーカード
・各種健康保険証
・パスポート
・年金手帳
・各種福祉手帳
・在留カード
・住民基本台帳カード
(氏名・住居・生年月日の記載があるもの)
・官公庁から発行または発給された書類
(氏名・住居・生年月日の記載があるもの)

【本人以外が申し込む場合
※上記(本人が申し込む場合の書類)+登録対象者との関係が証明できる書類
法定代理人など
・戸籍全部事項証明書
または本人と親権者が記載された戸籍個人事項証明書
未成年者の親権者である場合
・家庭裁判所の発行する審判書の謄本
または後見登記ファイルの登記事項証明書
(前号の場合をのぞいて法定代理人などであることを証する書類)

自粛対象者の配偶者または二親等内の親族
・6か月以内に発行された戸籍全部事項証明書
・家庭裁判所の発行する審判書謄本その他これらに類する公的証明書
自粛対象者の三親等内の親族及び同居の親族

・6か月以内に発行された戸籍全部事項証明書か住民票記載事項証明書
・家庭裁判所の発行する審判書謄本その他これらに類する公的証明書

借り入れが制限されるのは「貸付自粛の登録をした日から5年以内」です。

途中で撤回することもできますが、登録してから3ヶ月は撤回できません。

貸付自粛制度について詳しくは、日本貸金業協会の公式サイトをご参照ください。

注意点⑤:おまとめ後は追加融資を受けられないことが多い

おまとめローンは基本的に、返済専用ローンであることが多いです。

つまり返済途中で急なお金が必要になっても、融資を受けられないんですね。

ただし新規で申し込んでしまうと、自己破産への道が待っているかもしれません。
(おまとめを組んでいる時点で総量規制の対象である業者はNGの可能性が高いです)

そのため金欠にならないように、生活や家計をコントロールする必要があります。

おまとめをした意味がなくならないように、おまとめ後も細心の注意を払いましょう。

借金の一本化は事前におトクになるかを確認してから申し込もう

おまとめローンは、他社借り入れ総額が高くても完済しようとする人を助ける商品です。

利用して損をすることが間違ってもないように、よくよく注意しなければいけません。

本記事で紹介した3つのポイントを、十分に把握してから申し込んでください。

また実際に申し込む際は、紹介した業者を優先的に検討しましょう。

⇨ オススメのおまとめローン業者をもう一度チェックする

スポンサーリンク

おまとめローン・借り換えローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットに申込

\\上のボタンから申し込むと最短30分で審査結果を受け取れます//

 

スポンサーリンク

関連記事