今の借金が多い人ほどおまとめローンを組んで欲しい!限度額が高いのはどこ?

借りすぎたぬき
博士、たくさん借りられるおまとめローンってありますか?
たぬき博士
こりゃまた唐突な質問じゃな。極度額が高いおまとめローンを紹介してほしいということかね?
借りすぎたぬき
実は借金が合計600万もある友人がいるんですが、彼もおまとめローンを検討しているらしくて、一緒に探してる最中なんです。
借りすぎたぬき
ただ彼の場合、借りたい金額がかなり大きいから600万でも全部まとめられるだけの大口融資をしているおまとめローンじゃないといけないと思ったんです。
たぬき博士
確かに金額が大きいほどおまとめローンにした時のメリットは大きいから、今の借金をおまとめするというのは良い選択じゃな。

借入れ総額が多いと低金利でおまとめしやすい!

おまとめローンで借入額が多いことのメリット

カードローン会社が公表している実質年率というものがあります。

最低金利がつくのと最高金利がつくのでは、利息の差は大きいことは以下を見ても明らか。

東京スター銀行おまとめローン 年12.5%
静岡銀行カードローン「セレカ」 年4.0%~14.5%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
プロミス 年6.3%~17.8%
アコム 年7.7%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%

この金利は利用者の借入額によって変化します。

たとえば静岡銀行カードローン「セレカ」を借りた時、金利は借入額に応じて下がります。

10万円~100万円未満 14.5%
100万円~200万円未満 12.0%
200万円~300万円未満 9.0%
300万円~400万円未満 7.0%
400万円~500万円未満 4.0%

つまり借金が多いほどおまとめローンにした時に、非常に低い金利がつくということです。

少ない借金を複数の会社から借りていると、高い金利で返済しなくてはいけません。

おまとめローンを組めば借入額が大きくなりますが、金利は下がりやすくなるんですね。

金利が下がると払うべき利息が節約できるため、支払総額をおまとめする前より減らせます。

おまとめローンを組んだ後の想像が膨らむ!借り換え一本化のメリットを解説!

「おまとめローンを組むとはどうゆうことなのか」「おまとめローンを組むとどんなメリットがあるのか」について徹底解説してい…

大口融資を受けるためのポイント

借りすぎたぬき
1度にたくさん借り入れるためのコツってあるんですか?
たぬき博士
残念ながらこれといった方法はないんじゃ。じゃが、返済能力と信用があれば可能性はゼロではない。

大口融資の審査は返済能力と信用力がモノを言う

大口融資をうけるために

はじめから金融機関が公表している限度額をまるまる利用できる方はほとんどいません。

大きい金額を借入れしたいのであれば、その額の借金をきちんと返済できることを示せるだけの返済能力と今までの信用が必要です。

おまとめローンではちゃんと返済できる人にしか貸し出されません。
特に大きい金額を貸すとなると審査の目が厳しくなります。

600万円を超える巨額の借入れがある方のほとんどは、少数の借入先の限度額をいっぱいに使っている方ではないでしょうか。

そのような方は限度額ギリギリまで使わせるほどその借入先での信用が高いということなので、信用面においておまとめローンの審査で心配する必要はないでしょう。

借りすぎたぬき
おまとめローンは大きい金額になりやすいから、いくら信用が高かったとしても借りたい額を全部借りるのは難しい気がします。
たぬき博士
おぬしの言う通りじゃな。じゃから、同じような悩みを感じている人に向けて今からオススメのおまとめローンを紹介しよう。

おまとめ・借り換えローンの審査基準!知っておかないと痛い目にあう?!

おまとめローンの審査項目は通常のカードローンと同じです。しかし、「審査の厳しさ」はおまとめローンの方がハードルが高くな…

おすすめの「限度額が高いおまとめローン」は2つ

高い限度額でおすすめのおまとめローンは2社あります。

おまとめローン 利用限度額 金利
オリックスVIPフリーローン
(最高800万円)

(年3.0%~14.5%)
東京スター銀行
おまとめローン

(最高1,000万円)

(年12.5%)

東京スター銀行おまとめローンは、年12.5%と低金利。
他社借り入れに銀行カードローンがあっても、おまとめで返済しやすくなるはずです。

しかしいくら借り入れても12.5%の固定なので、限度額いっぱいに借り入れて1ケタ台の金利を狙う人はオリックスVIPフリーローンをおすすめします。

オリックスVIPフリーローンは限度額800万円

オリックスVIPフリーローンは消費者金融系でありながら、メガバンクのような低い金利と高い限度額が特徴です。

数あるおまとめローン専用商品で迷ったら、オリックスVIPフリーローンを選んでおけば損をすることはありません。

ただしオリックスVIPフリーローンはカードローンには珍しく年収条件が存在します。
「年収400万円以上」の人しか申し込めないので注意しましょう。

逆にいえば年収400万円以上の人は、審査通過のチャンスは十分にあるんですね。
年収400万円以上の人にはうってつけのカードローンといえます。

オリックスVIPフリーローンの申込はこちら

東京スター銀行おまとめローンは限度額1,000万円

東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行は、おまとめローンに特化した銀行として有名です。

金利:年12.5%・利用限度額:1,000万円とすべての人に申し分ないスペック。

東京スター銀行おまとめローンの申し込み条件は以下の通り。

  1. 満20歳以上65歳以下
  2. 給与所得者の社員
    (正社員、契約社員、派遣社員)
  3. 年収200万円以上
  4. 保証会社の保証が受けられる
    (株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)

条件にあっているならば、積極的に利用を検討しましょう。

おまとめ専用だけあって、複数借入の一本化には最適のカードローンです。

東京スター銀行おまとめローンはこちら

限度額の高さは業界内トップ

東京スター銀行と他の銀行カードローンの限度額を比較してみました。

静岡銀行カードローン「セレカ」 最大500万円
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」 最大800万円
みずほ銀行カードローン 最大800万円
東京スター銀行おまとめローン 最大1,000万円

※本来「極度額」と呼びますが、わかりやすくするためこの記事では「限度額」という表現にしています

東京スター銀行おまとめローンの利用限度額は1,000万円。
他の銀行と比べて、非常に高い限度額を設定しているんですね。

1,000万円まで枠があれば、希望借り入れ額に余裕を持てます。

希望通りの金額を借入れしやすい「おまとめ専用ローン」

普通の銀行カードローンでおまとめする場合、「新規借入」という形になります。

たとえば3社合計で600万円を借入していて、それを銀行でおまとめしようとすると、

  • 銀行で追加で600万円新規借入する
  • 新規借入した600万円で以前借りていた3社に返済する

という流れになるわけですね。すでに600万円の借入がある状態で一旦追加で600万円の借入を頼むことになるので、当然審査も難しくなります。

しかし東京スター銀行おまとめローンはおまとめ専用ローンで、新規借入れではなく借り換えの扱いになるので借入額は600万円のままです。

今までの枠を置き換えるだけなので、借りたいだけの金額を借りることができます。

東京スター銀行おまとめローンの審査は厳しい?甘い?

東京スター銀行おまとめローンの審査について徹底解説しています。東京スター銀行の審査は決して厳しいことはありません。おま…

東京スター銀行おまとめローンはこちら

大口融資を受けたいなら信用を上げるのが近道!

たぬき博士
どこに申し込むにしても、高額でおまとめローンを組むことはにはそれなりの年収と信用がないとできないことに注意するんじゃ。
借りすぎたぬき
おまとめローンの審査自体も厳しめなのに、さらにたくさん借りようってなると至難の業だなぁ…
たぬき博士
ちょっと大変かもしれんが、これからも欠かさず借入れ先に返済していけば信用が上がっていくから、まずはそこから始めてみてはどうかね?
借りすぎたぬき
そうですね。もう少し時間を置いて実績を上げる方に専念してみます。
おまとめローン・借り換えローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

SMBCモビットの申込はこちら

 

関連記事