スルガ銀行カードローンで即日融資したい人必見!目からウロコ間違いなし!

ポン太
スルガ銀行カードローンってその日のうちにお金を借りることができるんですか?
たぬき博士
おお、できるぞ。しかもスルガ銀行は即日融資を受けやすい銀行系カードローンとして評判なんじゃ。
たぬき博士
じゃがあくまで「最短即日」じゃ。申し込んだその日にお金が借りれるかどうかはお主が「どう申し込むか」にかかっておるんじゃ。

スルガ銀行カードローンからの即日融資は「申し込み」にかかっている!

たぬき博士
スルガ銀行で即日融資を受けるために一番大事なのは「いつ申し込むか」じゃ。このハードルを越えれば即日融資は8割方できるといっても過言ではないぞい。

即日融資のタイムリミットは平日の13時!申し込むなら朝イチが確実!

即日融資のタイムリミット

スルガ銀行カードローンで申し込んだその日にお金を借りるためには、平日の13時までに手続きをすべて終わらせておく必要があります。

審査受付時間は平日の8:30~19:00ですが、13時以降に審査が終わってもそのその日のうちにお金を借りることができません。

スルガ銀行カードローンで即日融資をしたいと考えている方は、できるだけ早めに申し込むようにしましょう。
平日の朝イチに申し込みをすませておけば、その日の13時までに契約できる可能性がグッとあがります。

そこから申し込む時間が遅くなれば遅くなるほど即日融資できる可能性は低くなり、申し込みが朝11時を過ぎてしまうとほぼその日のうちにお金を借りれる見込みがなくなります。
スルガ銀行カードローンの審査は最短30分で終わりますが、最後の契約までを考えると遅くてもタイムリミットの2時間前(平日11時)までには申し込んでおきたいところです。

今時計のハリは何時をさしていますか?

今日が平日でまだ11時を回ってないなら今すぐにでもスルガ銀行カードローンに申し込んで今日中にお金を受け取りましょう!

スルガ銀行カードローンの申込はこちら

申し込み~今日中にお金を借りるまでの流れを見る

深夜のうちに申し込んでおくのもアリ

今このページを見ているのが日曜~木曜日の深夜なら、今のうちに申し込みだけを済ませておくのもいいでしょう。

そうすれば翌日の朝イチに審査してもらえるので、明日中お金を借りれる可能性が高くなります。

スルガ銀行カードローンはインターネットからなら24時間申し込みを受け付けています。

スルガ銀行カードローンの申込はこちら

申し込み~明日中にお金を借りるまでの流れを見る!

タイムリミットに間に合わない人が考えるべき2つの選択肢

タイムリミットに間に合わないときは?

「今日スルガ銀行カードローンからお金を借りたい」と思っていた方もタイムリミットに間に合わなければどうしようもありません。

「何が何でも今日中にお金を借りたいかどうか」あなたの即日融資に対する思いの強さに応じて、次の2つの選択肢からどちらかを選ぶ必要があります。

【今日スルガ銀行からお金を借りれない方の選ぶべき道】

①どこでもいいから今日中にお金を借りたい
今からでも即日融資できるカードローンに申し込む
②今日じゃなくてもいいからスルガ銀行カードローンを利用したい
今のうちに申し込んで明日以降お金を借りる

選択肢①今からでも即日融資できるカードローンに申し込む

どうしても今日中にお金を借りたいならスルガ銀行をあきらめるしかありません。上でも説明したように、申し込みが11時を過ぎると即日融資はかなり厳しくなってしまいます

また今日が土日・祝日なら問答無用でNGです。今から申し込んでも即日融資できるカードローンに申し込みましょう。

視点を変えて消費者金融でお金を借りれば、平日と土日祝日関係なく夜10時までに契約すれば今日中にお金を借りることができます。

ひと昔前はあまりいいイメージがなかった消費者金融ですが、今では多くが大手銀行のグループ会社に入ったことで安心してお金を借りることができるようになりました。

また無利息サービスがある消費者金融に申し込めば、場合によってはスルガ銀行カードローンより安い利息でお金を借りることができる可能性があります。

絶対に今日お金を借りたい方におすすめなカードローンランキングはこちら

選択肢②今のうちにスルガ銀行に申し込んで明日以降お金を借りる

そこまでお金を借りるスピードにこだわってない方は、今のうちにスルガ銀行カードローンに申し込んでおいて明日以降にお金を借りるという手もあります。

確かにスルガ銀行カードローンはカードローンとして魅力的ですからね。他の銀行カードローンに負けないくらいの低金利でお金を借りることができる上、単純にお金を借りるだけでなく、VISA機能や無料保険までついてきます。

「お金を借りるのは今日じゃなくてもいい」という方はこのままの勢いでスルガ銀行カードローンに申し込んでおきましょう。

いくら急いでないとはいえ、早くお金を借りられることにこしたことはありませんね。今から申し込んでおけば翌営業日にはお金を借りることができるでしょう。

スルガ銀行カードローンの申込はこちら

まだ安心できない?!確実に即日融資を叶えるためのポイント―申し込み後

タイムリミット以外に押さえたいポイント

申し込みが終わってからお金を借りるまでの流れは次のようになります。

  1. 仮審査
  2. 必要書類の提出
  3. 本審査
  4. 当日振込の手続き

仮審査や本審査はただひたすら結果を待つことしかできません。申し込みが終われば早く審査が終わることを祈ってください。

とはいえスルガ銀行の仮審査は約1分、本審査は最短30分で終わるので、朝イチから始まった審査が13時まで終わらないということはないでしょう。

つまりスルガ銀行で即日融資できる可能性を上げるためにあなたができることは「②必要書類の提出」「④当日振り込みの手続き」のステップにあります。

  即日融資を受けるためのポイント:申し込み後
  • 必要書類はハッキリわかるようにアップロードする
  • 契約を終えたら13時までに当日振込みの手続きをする

ポイント①提出書類はハッキリ・漏れなくアップロードする

第一関門は書類の提出です。「いや、書類の写真を撮ってアップロードするだけでしょ」と思うかもしれませんが、甘くみてはいけません。

まずは基本的なことですが書類がハッキリ確認できるように写真を撮ってアップデートすることが大切です。

写真がぼやけてたりすると「もう1度アップロードし直してください」ということになり、お金を借りるまでのタイムロスになってしまいます。

次は「何を提出するか」について。500万円以下の申し込みなら収入証明書がいらないので、多くの方は本人確認書類だけを提出すれば大丈夫でしょう。

本人確認書類には運転免許証健康保険証などを提出することになりますが、免許証を持っているか持っていないかによってアップロードすべき書類が変わってきます。

運転免許証を持っている方は記載されている住所を要チェック!

運転免許証を持っている方は、免許証に書いてある住所を確認してください。現住所と同じなら免許証だけを提出すればOKです。

免許証の住所と今住んでいるところが違う方は「免許証+公共料金の請求書(or領収書)」を提出してください。

運転免許証をもっていない方は公共料金の領収書を提出!

運転免許証をもってない方は何の書類を提出するにしろ、公共料金の請求書(or領収書)がプラスで必要になります。

  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住基ネットカード

これらの書類を提出する方は、必ず電気やガス・水道代の支払い関係の書類を合わせて出すようにしてください。

ポイント②13時までに当日振り込みの手続きをする

契約が完了したからと言ってまだ安心してはいけません。13時までに当日振り込みの手続きをする必要があります。

ホームページから会員ページにログインして、振り込んでもらう口座と金額を入力するだけなので、手続きを忘れてない限り大丈夫でしょう。

手続きを終えれば約2時間後にはお金を振り込んでもらえます

スルガ銀行カードローンの申込はこちら

追加借入れや返済はカードが届いてから

好きな口座に振り込んでもらえるのは初回の借り入れだけです。これ以降カードが届くまで(約1週間)はお金を借りることができないので、緊急時に備えて限度額いっぱいに振り込んでもらうのをオススメします。
その際はカードが届いたら余分なお金をすべて返済するようにしてください。借りたままにしておくと、無駄に利息をとられてしまいます。

スルガ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事

関連記事