住信SBIネット銀行 MRカードローンの審査は甘い?これを読んでプレミアムコースはいただき!

MRカードローンの審査はココを見る

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査は、2つの面からあなたを評価します。

  1. 審査基準(最低限満たすべき条件)
  2. 審査項目(審査を有利にするための評価ポイント)

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査に通過するには、最低限でも審査基準を満たす必要があります。

また2コースあるうちの、より低金利である「プレミアムコース」が適用されるためには、審査項目で評価ポイントを稼ぐ必要があるんですね。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査を知って、来たるべき審査に向けて万全に準備をしましょう。

住信SBIネット銀行 MRカードローンの審査は甘い?プレミアムコースは狙える?

MRカードローンのプレミアムコースは狙える

住信SBIネット銀行 ミスターカードローン「プレミアムコース」は数多くのカードローンの中でもトップクラスの低金利。

低金利のカードローンの審査はより厳しい印象を受けると思いますが、住信SBIネット銀行 ミスターカードローン「プレミアムコース」の審査は、それほど厳しくはないと考えられます。

そう考える3つの理由をピックアップしました。

  1. 「プレミアムコース」のみを大々的に宣伝
  2. 少額の借り入れを想定
  3. 2つの保証会社が審査

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査が、それほど厳しくないと考えられる3つの理由を知って、審査に対する不安を解消しましょう。

理由①:プレミアムコースのみを大々的に宣伝している

住信SBIネット銀行 ミスターカードローン公式サイトのトップページでは「プレミアムコース」のみを宣伝し、「スタンダードコース」に関してはほとんど言及されていません。

住信SBIネット銀行 MR.カードローン公式サイトトップページ

これだけ宣伝されているにも関わらず、いざ「プレミアムコース」に申し込んだら審査に落ちるということがあれば、住信SBIネット銀行はクレームであふれかえっていると思います。

しかしそれがないということは、住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査に無事通過して「プレミアムコース」に適用されている人が多いと考えられます。

理由②:少額の借り入れも想定している

低金利の住信SBIネット銀行 ミスターカードローンは、基本的に高額の借り入れに強い商品です。しかし公式サイトのトップページには利用例として、5万円前後の出費も想定されています。

sumishinsinsa

少額の出費を想定しているということは、それほど給料が高くない方も取り込みたいスタンスがうかがえますね。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査は、厳しいというよりはむしろ間口を広くしていると考えられます。

理由③:2つの保証会社が審査する

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの保証(審査)は、以下の2社が担当します。

  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
  • 住信SBIネット銀カード株式会社

保証会社とは、利用希望者の審査をする会社のことです。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、消費者金融カードローンの「プロミス」や「モビット」の審査も請け負っています。

銀行カードローンは独自の審査基準をもうけているため、審査に通りにくいともいわれているのですが、保証会社が2つあれば審査に落ちても、もう一方の保証会社が審査に通してくれる可能性が高くなります。

住信SBIネット銀行 MRカードローンで最低限満たすべき2つの審査基準

MRカードローンの審査基準

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査をクリアするには、最低限満たすべき審査基準が2つあります。

  1. 申し込み条件を満たしている
  2. 信用情報に事故記録がない

どちらもほとんどの方がクリアできている条件だと思います。

審査基準①:申し込み条件を満たしている

sumishin-judge_04

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンに申し込める人は以下の通りです。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの申し込み条件

満20歳以上満65歳以下であること

安定継続した収入がある

満20歳以上満65歳以下の方に限られる

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンに申し込みできるのは、満20歳以上満65歳以下の方に限られます。

未成年の方は申し込みできないということですね。
また66歳以上の方も申し込みすることができません。

安定継続した収入があること

「安定継続した収入」とは毎月決まって入ってくる収入のことです。
ギャンブルやFXなどで臨時的に入ってくる収入は「安定継続」しているとはみなされません。

属性 申し込みの可否
公務員・正社員
契約社員・派遣社員
アルバイト
主婦(パートをしている)
専業主婦(配偶者に安定収入アリ)
年金受給者
学生

収入のない専業主婦の方は申し込みできませんが、パートをしていて「安定継続した収入」がある主婦の方は申し込み可能です。

また年金受給者や学生の方は申し込み不可なので注意しましょう。

専業主婦にオススメのカードローンはこちら

学生におすすめのカードローンはこちら

審査基準②:信用情報に事故記録(ブラック)がない

MRカードローンはブラックリスト入りの人はNG

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンに限らず、過去に信用情報に傷がつくような事故を起こしている方は審査に通らない可能性がきわめて大きいです。

信用情報機関に記録される、具体的な事故内容は以下の通りです。

  • 3ヶ月以上の返済の延滞
  • 任意整理・民事再生・自己破産

一般的には延滞は5年債務整理は10年程度で事故情報が消えるといわれています。

過去に事故を起こして、事故情報がまだ残っているか気になる方は、信用情報機関にあなたの信用情報を開示請求してみましょう。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

住信SBIネット銀行 MRカードローンの7つの審査項目をチェック!

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの主な審査項目は7つあります。

審査項目 審査の評価ポイント
審査①:年収  高いほど審査に有利
審査②:雇用形態  公務員>正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト
審査③:勤続年数 長いほど審査に有利
審査④:居住区分  持ち家>社宅>賃貸マンション>賃貸アパート>公営住宅
審査⑤:居住年数  長いほど審査に有利
審査⑥:家族構成 家族と同居>配偶者と同居>1人暮らし>子供と同居
審査⑦:他社借入れ 少ないほど審査に有利

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの「プレミアムコース」を狙っている方は、7つの審査項目と自身の情報と比べてみましょう。

審査の評価ポイントの解説を、ぜひ参考にしてみてください。

審査項目①:年収

【年収は高いほど審査に有利】

600万円以上800万円未満

400万円以上600万円未満

200万円以上400万円未満

200万円未満

年収はそれ自体が「返済能力の高さ」を示すので、収入は高いほど審査に有利になります。しかし住信SBIネット銀行 ミスターカードローンのQ&Aでは、

Q. 主婦でパート収入はありますが、カードローンの申込みはできますか?

A. お申込みいただけます。

とあるので、審査を通過するには収入の高さよりも、収入が「安定継続」していることを重視していると考えられます。

実際に住信SBIネット銀行 ミスターカードローン「プレミアムコース」に適用された方の口コミを見ると、年収200万円以上400万円未満の方が口コミ総数のおよそ3分の1を占めていました。

年収が200万円以上400万円未満とそれほど多くない方でも、「プレミアムコース」に適用されるチャンスが十分にあるといえますね。

審査項目②:雇用形態

【審査に有利な雇用形態】

公務員

正社員

契約社員

派遣社員

パート・アルバイト

雇用形態は返済能力にダイレクトに関わるので、「安定して返済できるか」を評価する重要な項目です。

しかし住信SBIネット銀行 ミスターカードローンは、パートやアルバイトの方も利用できるので、雇用形態がそれほどネックにはなっていません。

ただ「プレミアムコース」を狙うならば、少しでも審査評価の加点を狙いたいところ。
各雇用形態の審査のポイントについてまとめてみました。

公務員・正社員

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンとしては、毎月安定して返済する方をのぞむので、公務員や正社員など「クビになりにくい」安定した職についている方の評価が高いです。

ひとくちに正社員といっても一括りにはできません。具体的な評価としては、

  • 会社の規模
  • 事業内容
  • 資本金
  • 従業員数
  • 事業年数

などがあり、総合的な判断によって評価が分かれてきます。
一定の評価を得た場合は、希望した以上の限度額が設される可能性があります。

限度額を300万円超に設定されると、収入確認書類(源泉徴収票など)の提出という手続きは増えますが、より割安な金利になるんですね。

金利は数%でも低いほうが、利息の負担が減ります。
300万円超の限度額に承認された方は、前向きに検討してみましょう。

契約社員・派遣社員

派遣社員の方はパート・アルバイトに比べて時給は高いので、その点は返済能力に関してプラスに評価されます。

正社員と比べると安定性に欠けるのが少しマイナスではありますが、それだけで審査に落とされることはありません。

基本的に契約社員・派遣社員の方は、パート・アルバイトの方よりは審査において有利です。
ただし公務員や正社員の方よりは、限度額が少なく設定される傾向にあります。

パート・アルバイト

「自分はアルバイトだから審査に不利かも・・・」と不安な方がいるかもしれませんが、

  • 勤続年数
  • 居住年数

カバーすることができるので、安心してください。

特にアルバイトやパートの主婦の方は、頻繁に引っ越すことはないかと思います。
居住年数が自然に長くなっているので、「あれ、そういえばこの家にずっと長く住んでるなぁ」という方は居住年数でかなりの高得点を狙えるんですね。

またパートやアルバイトの方でも、社会保険証をお持ちであれば、審査で安定性を評価されて、さらなるポイント獲得が見込めます。

審査項目③:勤続年数

【勤続年数=返済に対する責任の強さ】

5年以上(審査に大きくプラス)

3年以上(審査にプラス)

1年以上

1年未満

勤続年数の長さは、それ自体が「返済に対する責任の強さ」とされるので、審査の評価ポイントが高いです。

カードローンの利用は、お金を貸す人と借りる人のおたがいの信用で成り立っているので、地道にコツコツ働いてきた実績のある人を、信用が見込めるとして評価します。

パートやアルバイトであっても勤続年数が長ければ、新卒の正社員よりは評価が高くなる場合があるほど。
3年以上同じ職場で働いている方は自信を持って申し込んでOKです。

転職後すぐの申込は、審査でマイナスになる場合があります。
カードローン会社が「本当にその職場で長く働くのかどうか」を判断しかねるからです。

ただし収入が前職よりもかなり高くなっている場合のみ、プラス評価に働くこともあります。

審査項目④:居住区分

【審査に有利な住居区分】

持ち家

社宅

賃貸マンション

賃貸アパート

公営住宅

住居区分は持ち家がもっとも審査に有利です。
なぜかというと、カードローン会社としてはあなたがお金を返してくれずに、逃げて所在不明になることを1番恐れるから。

カードローン会社は今まで何度も「借金を返さないまま音信不通になる人」を見てきています。
なので連絡がつきやすいところに住んでいる人が審査では有利なんですね。

ただし持ち家じゃないからといって審査でマイナスになるわけではありません。
後述する「居住年数」次第では、居住区分の評価はひっくり返せます。

カードローン審査では、家賃が高いほど高評価になります。
普通に考えれば「家賃が高いところに住めるほど稼いでいる」ことの証ですからね。

しかし収入がそれほど多くないのに、家賃の高いところに住んでいると話は別。
「家賃にお金かけすぎだけど、ちゃんと返済できるの?」と疑われてしまいます。

家賃の相場は、多くても「収入の3分の1」とされているので、それを越えている場合は気をつけてください。

審査項目⑤:居住年数

【居住年数は長いほど審査に有利】

3年以上(評価ポイント高)

1年~3年未満(審査に影響なし)

1年未満(評価ポイント低)

居住年数は長ければ長いほど、審査に有利です。
仮に住んでいる場所がアパートや公営住宅だとしても、長く済んでいれば高評価になるんですね。

評価が上がるのは「3年以上」の居住から。

これからも住み続ける可能性が高いだろうということで、前向きに審査してくれます。

 

逆にちょっと評価が下がってしまってしまうのが以下の2パターン。

  • 1年未満しか同じところに住んでいない
  • 引っ越し直後

特に引っ越し直後はけっこうなマイナスです。
居住年数も全然足りない上に、「引っ越しで金欠になっている=返済能力が低い」と判断されることもあります。

もし引っ越しが決まっているのであれば、引越し後ではなく、引越し前にカードローンに申し込みましょう。

審査のときに、引っ越す旨と、引越し先の住所も伝えておくと、誠実な印象を持たれるので評価が上がります。

審査項目⑥:家族構成

【審査に有利な家族構成】

実家暮らし(既婚・独身問わず)

配偶者と同居

独身で1人暮らし

子供と同居

家族構成では、

  • 連絡がつきやすいかどうか
  • 生活費など出費の割合がどうなるか

という2つの側面から見られます。

上位を踏まえた上で、家族構成で最強は「実家暮らし」。

既婚にしろ、独身にしろ、実家ぐらしはかなり家賃や生活費の出費を抑えることができます。
両親と暮らしている場合がほとんどでしょうから、夜逃げのされにくさも評価されるポイントです。

逆に評価が下がってしまうのは「子持ち」。
すこし残酷な話かもしれませんが、養育費や予想外の出費もかさむ可能性があるので、審査ではマイナスになります。

審査項目⑦:他社からの借り入れ件数

【他社借り入れ件数は少ないほど有利】

0件(審査にかなり有利)

1件

2件(審査に不利)

3件以上(審査にかなり不利)

他社借り入れ件数は少ないほど審査に有利です。

たとえば色んな方からお金を借りている人に「お金を貸してくれ」と言われた場合、あなたも「そんなに借りてて本当に返せるのか?」と躊躇してしまいますよね。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査をする人も、あなたと同じように判断します。
他社借り入れ件数が多いほど、「ウチにちゃんと返済できるのか?」と疑われてしまいます。

住信SBIネット銀行 MR.カードローンは借り換え・おまとめにおすすめ

ただし、はじめから「おまとめ・借り換え」目的で申し込むなら話は別です。

複数の借入を住信でまとめてくれるわけなので、歓迎されます。
(※たくさん借りてくれたほうが、住信も金利で稼げるからです)

おまとめ・借り換えを希望している方は、申し込みの段階で「おまとめ・借り換え希望」だと伝えておきましょう。

他社借入状況はカードローン審査の大きな基準!何社まで大丈夫か教えます。

審査に通るための決め手ともいえる他社借入状況。審査に落ちないための他社借入状況に関する条件と、実際の借入件数による審査…

住信SBIネット銀行 MRカードローンの審査に通りやすくするための4つの対策

MRカードローンの審査に合格するための対策

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンに申し込みをしたからには、ぜったい審査に通過したいですよね。

そこで住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの、審査に通りやすくするための4つの対策をまとめてみました。

  1. 同時申し込みをしない
  2. 申し込みは正確に入力する
  3. 必要最低限の借り入れを希望する
  4. 他社借り入れの完済・解約

どれも難しい対策ではないので、心がけてみてください。

審査対策①:複数社の同時申し込みをしない

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンを申し込んで、審査に落ちた場合を考えて「あと何社か、すべり止めで申し込んでおくか」と思う方がいるかもしれません。

しかし同時申し込みは、いわゆる「申し込みブラック」という状態になります。
結果として、申込んだところすべての審査に落ちるだけでなく、信用情報に傷がつく可能性すらあるんですね。

はやる気持ちはおさえて同時申し込みはせずに、住信SBIネット銀行 ミスターカードローン1社に絞り込んだほうが審査通過の可能性もあがります

カードローンの申し込みブラックに要注意!「とにかく」申し込みは嫌われる。

カードローン審査に通る可能性を高めるようとして、複数のカードローン会社に申し込もうとしていませんか?短期間で複数のカー…

審査対策②:申し込みは正確に!絶対嘘はつかないこと

申し込みフォームには正しい情報を入力してください。
あなたが入力した情報は信用情報機関に照会されて、ウソがあったときは即座にバレてしまいます。

ウソがバレてあなたの信用に傷がつくと、

  • 住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査に落ちる
  • その後の他社借り入れ時の審査にも悪影響をおよぼす

など、なにもいいことがありません。

また誤入力で間違った年収を入力した場合などは、故意のウソではなくとも誤入力された情報は虚偽申告とみなされますので気をつけましょう。

カードローン審査で虚偽・嘘の記入・申告はNG!確実にバレます。

自分を少しでもよく見せようと思って、カードローンの審査で嘘の申告をしようとしてませんか? 審査では提出された書類や信用…

審査対策③:必要最小限の金額で申し込むこと

Aさん「今日お金忘れたから3,000円貸してほしい」
Bさん「今日お金忘れたから30,000円貸してほしい」

あなたが友人から上記のようにお願いされたら、どちらのほうにお金を貸しやすいですか?
間違いなくAさんですよね。

仮にAさんとBさんを同じくらい信用しているとしても、金額が大きいと「本当に返せるの?」と不安になってしまうものです。

この感覚は住信SBIネット銀行も同じ。
あまりに大きい金額を希望されると「おいおい…本当に返せるのかよ」と不安になってしまいます。

なので変な不安をあたえず、気持ちよく貸してもらえるように必要最小限の金額で申し込みましょう。

審査対策④:他社借入はできるだけ減らそう

現在、住信SBIネット銀行以外にカードローンを利用している方もいると思います。

  • もう少しで完済できそう
  • すでに完済しているけど解約していない

このどちらかに当てはまる人は、できるだけ完済・解約してから住信SBIネット銀行に申込んだほうが審査は有利になります。

ただし「完済だけでなく、解約する」のがポイントです。

完済したとしても、手元にカードがあっていつでもお金を引き出せる状況では、住信SBIネット銀行も安心してくれません。
手元にカードがあると、「与信枠」として借りているものとしてカウントされてしまいます。

カードローンの与信について詳しくはこちら

少しでも審査通過の可能性をあげるためにも、他社借入は少しでもは減らしたいところですね。

住信SBIネット銀行 MRカードローンの審査を通過するには審査基準のクリアがまず重要!

ポン太
住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの審査は厳しそうですね・・・やっぱり低金利だし。
たぬき博士
審査基準を満たせれば、ポン太にもチャンスはあるぞい。

  1. 申し込み条件を満たしている
  2. 信用情報に事故記録がない

この2つは最低限クリアしたいところじゃ。

ポン太
あ、その2つはクリアできてますね。
たぬき博士
なら審査通過のチャンスはあるぞい。申し込みは入力ミスのないようにな。
住信SBIネット銀行MRカードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事