押さえておくべきカードローンの審査基準!審査通過率アップを狙え!

ポン太
カードローンについて調べると、必ず審査についてのページが出てきますよね。
たぬき博士
審査はカードローンを使う人にとって1番気になることじゃからな。
ポン太
僕の職場である同僚がカードローンの審査に落ちたって噂を聞いたことがあります。それだけ審査って厳しいんでしょうか…
たぬき博士
そんなことはない。審査には仮審査と本審査の2種類があるんじゃが、ぞれぞれの審査基準さえきちんと理解しておけばカードローンの審査は怖くないぞ。
ポン太
2段階もあるんですか!?やっぱり大変じゃないですか!博士、僕はカードローンの審査に通りますか?
たぬき博士
まあ待て待て。今回はその審査基準について説明しようと思っていたところじゃから、とりあえず落ち着いて聞くのじゃ。

仮審査と本審査はどう違うの?

仮審査と本審査の違い

カードローンの審査に受かるには仮審査と本審査の2つをクリアしている必要があります。

  • 仮審査…機械が行う。審査が非常にスピーディ。
  • 本審査…人間が行う。審査に時間がかかることが多い。

まずは申し込みフォームや申し込み用紙に記入された利用者の基本情報を機械を通して振り分けるのが仮審査です。機械が自動で合否を振り分けるので、審査結果が出るまで非常にスピーディです。不備が無い限りは基本的に落とされることは少ないでしょう。

それに対して、本審査はカードローン会社の担当者が基本情報を確認していきます。人間の目で基本情報に嘘がないかを見ていくため、仮審査に比べて厳しく、時間がかかるのが特徴です。

さらに、個人信用情報を出してその人の今までの返済や支払いの経歴もチェックします。これらの段階を終えてから在籍確認を行い、確認が取れた時やっと本審査に通れたことになります。

モビットなら審査時間10秒の簡易審査が可能!

モビット
金利 3.0%~18.0%
最大借入可能額 800万円
総量規制 対象内
審査時間 10秒の簡易審査
在籍確認 電話連絡無しOK
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
(安定した収入のある方)
即日融資 土日も可能
無利息期間 無し
スマホ完結申し込み 可能
モビットおすすめの4つのポイント
  1. 電話連絡なし!職場に電話が来ることはありません。
  2. 土日も即日融資可能!
  3. スマホで完結申し込み!忙しい人でもWEB完結の申し込みが可能
  4. 審査時間10秒の簡易審査!

モビットは簡易審査で、審査時間がたったの10秒です。

カードローンの審査に申し込むのが不安な人は簡易審査を行ってみてもいいかもしれません。

またモビットでは土日の融資もできるため、急にお金が必要になっても対応できます。

モビットの申込はこちら

カードローンの仮審査でチェックされる項目とは?

カードローンの仮審査で見られるのは大きく分けて以下の4つです。

  • 基本的な属性
  • 住居の情報
  • 勤務先の情報
  • 他社借入れ状況

基本的な属性

審査:基本的な属性

申込者の個人情報に当たる部分で、どのカードローン会社でも始めに確認するものです。大きく分けて以下の4つです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所

名前や生年月日は後に触れる個人信用情報と一致させるために必要なものです。

また、審査で重要な項目の1つとして、電話番号があげられます。携帯番号と固定電話番号のどちらでも申し込めますが、固定電話の方が信用を得られやすいようです。

住居の情報

居住年数と家族構成

住居の情報として見られるのは以下の3つです。

  • 居住年数
  • 居住区分(賃貸・社宅・持ち家)
  • 家族形態

居住年数は長ければ長いほど生活が安定しているとされます。逆に転勤で引っ越しを頻繁にする方や、最近住所が変わった方にとってはマイナスになってしまいます。最低でも1年以上同じ住所で暮らしていれば審査には問題ないでしょう。

また、居住区分については持ち家>社宅>賃貸の順で有利です。住んでいる場所が持ち家なら、返済に関するトラブルがあった時に連絡が取れなくなるリスクが最も低いからです。

家族形態は、「親が同居している」又は「配偶者がいる」ことが審査に通りやすくなるための条件になります。カードローン会社は連絡の取りやすさを重視しているので、自宅に利用者以外の人が住んでいることはプラスととらえられます。

逆に、子供がいると審査においては不利です。子供がいると出費が多くなる傾向があるので、返済に回すお金が少なくなると思われるからです。

カードローン審査では持ち家>借り家で有利!居住年数も関係アリ!

カードローンの審査において、持ち家が賃貸よりも有利になるワケとは? 賃貸でも審査に通りやすくなるポイントも紹介します!

勤務先の情報

雇用形態と勤務年数

勤務先の情報は収入証明書と照らし合わせて確認されます。収入が安定していることを確かめるために、以下の4つの点が見られます。

  • 業種・職種
  • 雇用形態
  • 勤務先の住所・電話番号
  • 勤続年数

公務員>正社員>派遣社員>パート・アルバイトの順で審査に通りやすいとされています。パート・アルバイトや派遣社員に比べると、正社員や公務員の方が返済能力が高いと思われるからです。

住居の情報と同じように、同じ勤務先で長く働いているかどうかがポイントになるので、業種や職種にかかわらず、収入が低くてもその収入が続いていればたいていの場合評価されます。

新入社員や転職したばかりの方は勤続年数が1年以上になるのを待って申し込むのが無難でしょう。

他社借入れ状況

カードローンを借りたことがある方はもちろん、クレジットなど無担保のローンを利用している方もこの項目の対象です。

審査では、いくつの会社で、どのような契約内容で、どのくらいの額を借入れしているのかをチェックされます。返済トラブルがなくても借入れ件数が多いと審査で引っかかってしまうので、借入先が3件を超える場合は注意しましょう。

他社借入状況はカードローン審査の大きな基準!何社まで大丈夫か教えます。

審査に通るための決め手ともいえる他社借入状況。審査に落ちないための他社借入状況に関する条件と、実際の借入件数による審査…

仮審査は総合評価!不利な条件があってもあきらめないで

総合評価の例

例えば、自宅が賃貸で10年近く住んでいる方がいるとします。賃貸は確かに有利といえる条件ではありませんが、10年近く住んでいるということは安定性の面において評価は非常に高くなります。

逆に、マイホームを購入して間もない方は、持ち家であることは審査に通りやすい条件でありながら、居住年数の少なさではマイナスです。

ここまで紹介してきた審査基準を見て、「自分の条件じゃ審査に通らないかも…」と不安に感じた方もいるでしょう。しかし、カードローン会社の仮審査は総合評価で行われます。

つまり、1つの項目で少し不利になっても、その他の項目が良ければ十分に審査を通過することはできるということです。過剰に心配する必要はありません。

カードローンの本審査でチェックされる項目とは?

本審査:個人信用情報

個人信用情報の確認

個人信用情報は個人情報に加えて今までの借入れ状況が全て記録されているものです。一見仮審査で見られる他社借入れ状況のチェックと似ていますが違いがあります。

仮審査で確認されるのは単に他社との契約内容や借入れ額に関する情報のみですが、本審査では、その借金をどのくらいのペースでどのくらい返しているのか、毎回ちゃんと返せているのかなど、その後の記録も追って審査しているのです。

個人信用情報で注意すべきポイント

個人信用情報で注意するポイント

事故記録が無いか注意!

支払いや返済を滞納していたり、債務整理をしていたりすると個人信用情報に長い間事故記録という形で残り、信用を下げるので審査において大きく不利になってしまいます。(参考:事故記録がついた原因

カードローン会社にとって、返済できないリスクがある人にお金を貸すのは危険だからです。

申し込みブラックに注意!

また、実際に借入れをしていなくてもカードローンに「申し込んだ」だけでも信用情報に載るので、効率を考えて短い間にいろんなところに申し込むのは危険です。

さらに申し込んだ先の審査に全て落ちると、申し込みブラックとして登録されます。申し込みブラックになると、カードローン会社は「他社がお金を貸したがらない人なら自分も貸すのをやめよう」と感じ、審査に通そうとしなくなってしまいます。

カードローンの申し込みブラックに要注意!「とにかく」申し込みは嫌われる。

カードローン審査に通る可能性を高めるようとして、複数のカードローン会社に申し込もうとしていませんか?短期間で複数のカー…

審査基準を押さえて前もって準備しよう

たぬき博士
どうだったかな?仮審査では申し込み内容を色んな面から評価していて、本審査では、その人が過去にトラブルを起こしていないかを見ておる。これらを見た上でその人にカードローンを使わせるかを決めるんじゃ。
たぬき博士
でもだからといって、少しでも有利に審査に通りたいがために嘘の情報を書くのはダメじゃぞ。
ポン太
審査には正直さも大事ってことですね。今日は審査基準についてわかりやすく教えていただきありがとうございました!これなら僕でも審査に通れそうな気がします。
たぬき博士
どのカードローン会社に申し込むにしても、審査基準を確認しておくのは大事なことじゃ。審査は怖がりすぎる必要はないが、軽く見てもいかん。
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事