総量規制対象外のカードローンを借りたい人必見!審査のことまで徹底解説!

カードローンの中には、

  • 年収の3分の1までしか借りられないカードローン
  • 年収に関係なく借り入れできるカードローン

の2種類があります。これは総量規制(年収3分の1まで借り入れ額が制限される制度)の「対象になる」か「対象にならない」かの違いです。

総量規制 貸金業者
対象
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販系カードローン
対象外 銀行カードローン(銀行系ローン)

もしも年収の3分の1以上お金を借りたいのであれば、総量規制の対象外となる銀行カードローンを選びましょう。

【条件別】総量規制対象外のおすすめカードローンをピックアップ!

総量規制対象外のカードローンをお探しということは「総量規制対象外じゃないといけない理由」があるはずですよね。ここでは条…

そもそも総量規制とは

総量規制のしくみ

総量規制は借りられる金額を年収の3分の1までに制限する制度で、「貸金業者法」という貸金業者に関する法律の1つです。

貸金業法の総量規制に関する条文

例えば年収が300万の方が借りることができるのはMAXで100万まで。年収が0なら借りれる金額も0です。

例)年収300万円の場合

300万円(年収)
÷
3(総量規制)
||
100万円(借入できる金額)

また総量規制の対象になるのはカードローン1社からの借り入れだけではありません。他社からの借入れも含めて借りれるのは年収の3分の1までです。

総量規制ができてしまったせいでたくさんお金を借りたい方や、専業主婦のように収入が無い方は総量規制対象外のカードローンに申し込まないといけなくなりました。

どうして総量規制が定められたのか?

総量規制が定められる前は借りる金額の上限がありませんでした。

結果的に借りたお金を返せなくなる人が続出。自己破産の件数がどんどん増えていくことに。

自己破産者数の推移グラフ
参考:知るぽると 金融広報中央委員会

自己破産は「貸した側」にも「借りた側」にもデメリットしかありません。

  • 「貸した側」:お金が返って来なくて困る
  • 「借りた側」:10年間ローン・クレジットカードが使えなくなる

この「負のスパイラル」から抜け出すべく「借りすぎ・貸しすぎ」を防ぐために総量規制がつくられたというわけです。

総量規制が定める「年収」とは?

総量規制の対象は消費者金融・信販会社・クレジットカード会社

総量規制の対象になる会社

総量規制の対象になるのは次の3つの貸金業者からお金を借りた場合です。

  • 消費者金融
  • 信販系カードローン
  • クレジットカード会社

プロミスアコムなどの消費者金融から、セディナやオリコ、ジャックスなどの信販系カードローンまで、多くの会社が総量規制を守らないといけません。

ピンポイントで総量規制の対象になるかどうか気になるカードローンがある方は、金融庁のHPで検索してみてください。→登録貸金業者の検索ページ

クレジットカードはキャッシング枠が総量規制に含まれる

総量規制に入るのはキャッシング枠を使った場合のみです。

クレジットカードで買い物した分の金額は総量規制とは関係ありません。

総量規制には「例外」と「除外」がある

総量規制の「例外」と「除外」

実は総量規制の対象となる、

  • 消費者金融
  • 信販系カードローン
  • クレジットカード会社

の貸金業者でも年収の3分の1以上借り入れできることがあります。総量規制の例外または除外としてお金を借りた場合です。

総量規制の「例外」となる借入れ

「本当はダメだけど、特別に年収の3分の1以上貸してもいいよ」というのが総量規制の例外です。

  • 顧客に一方的有利となる借換え(おまとめローン
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(専業主婦が借りる場合
  • 個人事業者に対する貸付け(ビジネスローン)
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

(参考:日本貸金業協会HP

消費者金融でおまとめローンを組む場合
緊急でお金が必要な場合
専業主婦が借りる場合
個人事業主がお金を借りる場合
銀行のローンに申し込んで融資されるまでの「つなぎ資金」が必要な場合

総量規制の「除外」になる借入れ

除外にあてはまれば、総量規制が定める「借り入れ」とはみなされません。借金してないのと同じ扱いになります。

【総量規制の除外に当たる借入れ】

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

(引用元:日本貸金業協会HP

カンタンにまとめると、

  • 住宅ローンや自動車ローンなど目的がはっきりしているローン
  • 土地・株を担保にした借り入れ

などは総量規制から除外されます。また、本人や親戚の医療費や療養費のために借りたお金も総量規制に入りません。

銀行カードローンは総量規制の対象外!審査次第で3分の1以上の借り入れも可能!

実は総量規制の対象から外れるカードローンがあります。銀行系カードローンと呼ばれるカードローンです。

代表的な銀行系カードローン

銀行カードローンは消費者金融のような貸金業者とは違う法律が適用されます。

  • 消費者金融→貸金業法
  • 銀行系→銀行法

法律が違うので年収の3分の1までしか借り入れできないという総量規制の制限もありません

理屈の上ではカードローンが設定している最大借り入れ可能額いっぱいまで借りることもできます。

ただし総量規制の対象外でも審査は例外なくあるので、申し込む前に銀行カードローンの審査について確認しておきましょう。

【条件別】総量規制対象外のおすすめカードローンはコチラ!

ポイント①:個人信用情報に傷がなければ審査はひとまず通過!

信用情報に傷がないのが大前提

特に事情がなく、「とりあえず総量規制対象外のカードローンで借りたい」という方は個人信用情報に傷がなければ審査は問題なく通ります。

信用情報に事故記録が残るのは「過去に3ヶ月以上延滞した」「債務整理をした」といったトラブルを起こした場合だけです。

よっぽど大きなトラブルを起こさない限り事故記録はつかないので、「返済日に何週間か遅れた」程度なら心配いりません。

また仮に事故記録がついたとしても、5~10年たてば信用情報から消えてなくなります。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

信用情報がキレイならとりあえず「審査即落ち」ということはありません。

あとは申し込み情報をチェックしてもらって、限度額が決まるのを待つのみです。

ポイント②:有利な審査項目があるほど希望通りの金額を借りやすい!

審査項目を有利にすると利用枠増!

審査に通ったとしても借り入れできる金額が少ないのでは意味がありません。

銀行カードローンからたくさんお金を借りたければ、それだけ相手に「あなたにお金を貸したい!」と思ってもらう必要があります。

そのためには何が審査に有利になるかを確認しておきましょう。

  審査で見られる項目
  • 居住先の情報→持ち家が有利
  • 家族構成→家族や配偶者と同居している方が有利
  • 雇用形態→公務員や社員が有利
  • 勤続年数→長いほど有利
  • 他社借り入れ状況→少ないほど有利

押さえておくべきカードローンの審査基準!審査通過率アップを狙え!

カードローン審査で何が見られるか、審査基準について徹底解説しています。闇雲に審査に申し込むより、申し込む前に審査基準を…

ポイント③:総量規制対象外カードローンは基本的に電話での在籍確認

在籍確認は周囲にバレる心配なし

銀行のような総量規制対象外のカードローンは基本的に職場への電話連絡で在籍確認をします。

理由は銀行が第三者である保証会社に審査を委託しているためです。審査して問題がなければ、保証会社があなたの保証人になってくれます。

保証会社からすれば、収入ゼロで返済できない人の保証人になるわけにはいきません。見ず知らずの人を保証するで「あなたが本当に仕事しているか?」は信用の土台です。

そのため保証会社は確実に職場に在籍していることが確認できる電話連絡という方法を選びます。

「職場に電話がかかってきたら同僚や上司にカードローンがバレそう…」

電話をかけてくる人は今まで何千、何万回と職場に電話をかけたことがある、いわば在籍確認のプロ

「周りにバレたくない」という利用者の気持ちをくみとって、バレないために配慮して電話をかけてくれます。

  職場バレしない!在籍確認での配慮
  • 担当者の個人名を名乗るので怪しまれにくい
  • 内容を聞かれても決して答えないから他の人が出ても安心
  • 非通知番号でかけるから後でかけ直されるリスクなし

カードローンの在籍確認はあっという間!流れや内容をどこよりも詳しく解説!

在籍確認で職場の同僚にカードローンの利用がバレることを心配している人が多いようですね。 しかし、職場に電話がかかってく…

総量規制と総量規制対象外に関するQ&A

Q1.消費者金融カードローンと銀行系カードローンの借入額の合計が年収1/3を超えても大丈夫?

A1:貸金業者である消費者金融から年収1/3を超える金額を借りていなければ問題ありません。

総量規制に入るのは消費者金融のみ

消費者金融と銀行両方の借り入れが残っていて、合計すると年収の3分の1を超える金額で「新しく申し込めないんじゃないか」と心配する方がいます。

総量規制というのはあくまでも貸金業者にだけ適用されるものなので、銀行から借りている分とは別々に考えても大丈夫です。

例えば年収300万の人が「さらに50万借りたい」と思ったとします。

  1. 消費者金融のみ100万
  2. 消費者金融:80万 銀行:20万

①のケースでは総量規制ギリギリの金額を借りているので、50万円は銀行から新たに借りるしかありません。

②のケースでは同じく「銀行から50万借りる」という方法以外にも「消費者金融から20万、銀行から30万」という借り方もできます。

Q2.総量規制対象外のカードローンは家族にバレずに利用できる?

A2:自宅への郵送物で家族にバレることはありません。

自宅に来る郵送物は見てすぐにカードローン関係とわかるような外見ではありません。家族が受け取っても「〇〇銀行から手紙がとどいた」ということが知られてしまうだけです。

総量規制対象外のカードローンを提供している会社では、キャッシュカードなどカードローン以外のサービスを利用している方も数多くいます。

もし郵送物を家族に見られても「新しい口座用のキャッシュカードだよ」と言えばそれほど怪しまれてしまうことはないでしょう。

「郵送物で家族にバレるんじゃないか」という心配はいりません。

Q3.もし総量規制に違反してしまったらどうなる?

A3:「総量規制を超えるお金を貸した」ということで全てカードローン会社の責任になります。

利用中に何かの手違いで年収の1/3を超える金額を借り入れてしまった場合でも、一括返済を求められたり、ブラックリストに載ったりすることはありません。

利用者に責任が問われることはなく、総量規制オーバーの貸し出しをしたカードローン会社が営業停止の罰則を受けます

総量規制対象外の借入れをしたいなら銀行カードローンがベスト!

総量規制があるからといって「絶対に借りるお金は年収の3分の1まで」だというわけではありません。

「例外」や「除外」など総量規制対象外の借り入れはいろいろありますが、1番オススメなのは「銀行カードローンに申し込むこと」です。

総量規制の対象外なので年収を気にしなくていいだけではなく、

  • 金利が低いカードローンが多い
  • 限度額が大きく、たくさん借りやすい
  • その日のうちに借りられるものもある

など、銀行カードローンには銀行カードローンにしかないメリットがあります。

自分が「何を重視するか」を考えながらベストな総量規制対象外カードローンを選んでください。

【条件別】総量規制対象外のおすすめカードローンはコチラ!

カードローンの基礎知識カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事