荘内銀行カードローンWebは低金利!知ってトクするメリットを最大限に活用しよう!

荘内銀行カードローンWebはこんな人にオススメ

荘内銀行カードローンWebの金利は3.5%~14.6%

ほとんどの消費者金融カードローンは最高金利が18.0%です。
荘内銀行カードローンWebの金利は、3%以上も低いことがわかりますね。

また有名銀行カードローンと比べても、金利が低めに抑えられているので、

  • 30万円以上の借り入れ
  • 1年以上ににわたる返済
  • おまとめローン

これらを考えている人には、ピッタリのカードローンといえます。

荘内銀行カードローンWebの低金利を活かして、かしこくカードローンと付き合いましょう。

低金利の荘内銀行カードローンWebは特にこんな人にオススメ!

荘内銀行カードローンWebの金利の低さは、大きな金額を借りて長期間にわたって返済していっても、あなたの負担になりにくいです。

そこで荘内銀行カードローンWebでの借り入れに向く人と向かない人をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【荘内銀行カードローンWebに向いている人

●30万円以上の高額の借り入れをのぞむ人
●1年以上の長期にわたって返済したい人
●低金利で高額のおまとめをしたい人

荘内銀行カードローンWebに向いていない人

●20万円以下という少額の借り入れをのぞむ人
●1~3ヶ月の短期間で返済したい人
●無利息期間のある商品を利用したい人

荘内銀行カードローンWebは低金利ですので、少額の借り入れであっても負担は少ないです。

しかしそれでは、せっかくの低金利を活かすことができません。

真の威力を発揮するのは、30万円以上の高額の借り入れをする場合になります。

限度額が30~50万円の場合の金利は11.8%と、最高金利の14.6%と比べて2.8%も低くなります。

高金利で高額の借り入れをすると、利息の支払いが思う以上に重くのしかかってきます。

荘内銀行カードローンWebのような低金利であれば、高額の借り入れでも負担が少なく、返済しやすい状況を維持することができます。

また低金利の荘内銀行カードローンWebは、複数社のカードローンによる高額のおまとめを考えている方にも向いています。

おまとめすれば以下のメリットがあります。

  • 返済先が1社で済む
  • さらに低金利で利用できる

複数社から借り入れしている方は、荘内銀行カードローンWebでのおまとめローンをぜひ検討しましょう。

少額で短期間での返済ならば、無利息期間のあるカードローンを選ぼう!

荘内銀行カードローンWebに無利息期間はありません。

荘内銀行カードローンWebの性質上、無利息期間にあまり意味がないからですね。

しかし少額の借り入れで短期間での返済を考えている場合には、金利が高くても無利息期間のある消費者金融カードローンを利用したほうがおトクです。

たとえば30日間の無利息期間のあるカードローンを利用した場合、借り入れから30日以内に返済してしまえば、利息はゼロで済みます。

こうなると、いくら低金利の荘内銀行カードローンWebでも太刀打ちできません。

それぞれのカードローンのメリットを、最大限活かした利用を心がけてくださいね。

金利0のカードローン!?無利息期間をフル活用しよう!

一部のカードローン会社には、「無利息期間」があるのをご存知ですか?特に短期で借り入れを検討している方なら、この無利息期…

荘内銀行カードローンWebの金利は低い!

荘内銀行カードローンWebの金利は、

  1. 最高金利が有名銀行カードローンに負けていない
  2. 限度額でさらに低くなる

という2つの点から低金利だといえます。

荘内銀行カードローンWebの金利の性質を知って、おトクに利用しましょう。

①有名銀行カードローンとくらべても見劣りしない金利の低さ

低金利の荘内銀行カードローンWebは総返済額が安くなる

金利はよほど高額の借り入れでない限りは、最高金利が適用されますので、借り入れする際に注目すべきは最高金利です。

荘内銀行カードローンならば最高金利が14.6%ですので、ほとんどの方はこの金利が適用されます。

そのうえで荘内銀行カードローンWebの最高金利を、ほかの有名銀行カードローンと比べてみましょう。

銀行カードローン各社 金利
みずほ銀行カードローン ※2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
荘内銀行カードローンWeb 3.5%~14.6%
スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9%
じぶん銀行カードローン 2.1%~17.4%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
ジャパンネット銀行カードローン 2.5%~18.0%

※住宅ローンのご利用で金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

荘内銀行カードローンWebの金利は、有名銀行カードローンと比べても見劣りしないことがわかります。

実際にどれくらい利息に影響が出るのか、多くの消費者金融と同じ最高金利のジャパンネット銀行ネットキャッシングと、荘内銀行カードローンWebを比べてみました。

利息の計算は「借りた金額 × 金利 × 利用日数 ÷ 365」ですので、ここから両社の利息を割り出します。

20万円を2年で返済した場合の利息比較

荘内銀行カードローンWeb(金利14.6%)
⇨利息は
58,400円
ジャパンネット銀行カードローン(金利18.0%・30日間無利息)

⇨利息は72,000円

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのほうは無利息期間を含んだとしても、両社の利息には13,000円以上の差が開きます。

借り入れ額によっては利息にさらなる差が開くことになり、あなたの返済のしやすさに強く影響します。

②荘内銀行カードローンWebの金利は限度額によって下げられる!

荘内銀行カードローンWebの金利は限度額によって変動

荘内銀行カードローンWebの金利は、借入限度額によって変動します。

借入限度額  借入利率
 10万円・20万円  年14.6%
30万円~50万円 年11.8%
70万円 年9.8%
100万円・150万円 年7.8%
200万円・250万円 年5.8%
300万円~500万円 年3.5%

30万円の借り入れからは、利率が11.8%で最高金利である14.6%から2.8%も低くなっていますね。

以後もワンランクごとに最低でも2%以上低くなっていきます。

今度は30万円を借り入れた場合を、ふたたび荘内銀行カードローンWebと、ジャパンネット銀行ネットキャッシングで比べてみましょう。

【30万円を2年で返済した場合の利息比較】

荘内銀行カードローンWeb(金利11.8%)
⇨利息は70,800円

ジャパンネット銀行カードローン(金利18.0%)
⇨利息は
108,000円

両社の利息の差は、30,000円になりました。

これほどまで大きな差が出れば、荘内銀行カードローンWebのほうを利用した人は、何か1つ大きな買い物ができます。
もしくは返済を早く切り上げることもできますね。

荘内銀行カードローンWebには、30万円・70万円・100万円と金利が変わるポイントがあります。

ワンランク上の利率を選択したい場合は、限度額を工夫する必要があることがわかります。

限度額が決まる流れ
限度額は申し込みフォームを入力したときの、ご希望契約額に沿って決められます。

以下が実際の申し込みフォームですが、極度額の500万円まで10万円単位で選べるようになっていますね。

借入限度額の表では、60万円や80・90万円など限度額に空きがあります。

しかし荘内銀行に問い合わせたところ、たとえば60万円を希望した場合はその下の50万円が限度額として設定されるようです。

ですので70万円の限度額を設定したい場合は、希望契約額を70~90万円にする必要があるとのことでした。

まれに保証会社の判断で、希望契約額より上の限度額が設定されるようです。

荘内銀行カードローンWebのご希望契約額

荘内銀行カードローンWebは、年収の3分の1までしかお金を借りることができない「総量規制」の影響は受けないとされています。

しかし現実的には、収入の3分の1が限度だと考えたほうがいいです。

申し込みの際は、あなたの年収の3分の1くらいをめどに、ご希望限度額を選択してくださいね。

WEB完結型は増額審査に対応していない

荘内銀行に確認したところ、WEB完結型のカードローン、フリーローンは増額審査に対応していないとのことでした。

ですので最初は希望契約額を抑えて、あとで増額審査で限度額を引き上げるということはできません。

荘内銀行カードローンWebの利用を検討する方は、先々の自身の利用額を想定して、希望契約額を申請してください。

荘内銀行カードローンの増額審査を突破したい!攻略のためのヒント集

「限度額いっぱい・・・もう借りるのはムリ?」WEB完結型以外の荘内銀行カードローンなら、限度額を引き上げるための増額審査に対…

低金利の荘内銀行カードローンWebで得られる3つのメリット

一口で低金利といっても、あなたのカードローンの利用が計画的でなければ、かしこく利用するチャンスを逃してしまうかもしれません。

そこであなたが低金利の荘内銀行カードローンWebを利用して得られる3つのメリットをまとめました。

  1. おまとめローンでおトク
  2. 完済への道が近くなる
  3. 最低返済額だけの支払いでも負担が少ない

荘内銀行カードローンWebの低金利を、最大限に活かすために、ぜひ今後の参考にしましょう。

①おまとめローンでおトク

荘内銀行カードローンWebはおまとめローンに最適

低金利の荘内銀行カードローンWebは、おまとめローンを検討している方には理想のカードローンです。

複数社のおまとめをすると借り入れ金額が大きくなります。

しかしそれにともない金利が低くなるので、結果的に返済しやすい状況が生まれます。

70万円の借り入れならば金利は9.8%に変動して、最高金利14.6%と比べて4.8%低くなります。

消費者金融の主要3社で合計70万円借り入れした場合と、それを荘内銀行カードローンWebでおまとめした場合の利息を計算しました。

借り入れ先 借り入れ額 合計利息(2年で返済)
アコム(18.0%・30日間無利息)
アイフル(18.0%・30日間無利息)
プロミス(17.8%・30日間無利息)
20万円
20万円
30万円
240,350円
荘内銀行カードローンWeb(9.8%) 70万円 137,200円

合計利息の差は103,150円になりました。なんと10万円以上も違ってくるんですね。

また荘内銀行カードローンWebでは、100~150万円の借り入れならば金利は7.8%で、最高金利14.6%より6.8%も低くなります。

こちらの場合も、同じように計算してみましょう。

借り入れ先 借り入れ額 合計利息(2年で返済)
アコム(18.0%・30日間無利息)
アイフル(18.0%・30日間無利息)
プロミス(17.8%・30日間無利息)
30万円
30万円
40万円
343,400円
荘内銀行カードローンWeb(7.8%) 100万円 156,000円

合計利息の差は187,400円になりました。数%の金利の違いで利息に大きな差が出ることが、理解していただけたかと思います。

このように荘内銀行カードローンWebは、おまとめローンに最適の商品です。

②完済への道が近くなる

随時返済は完済への近道

低金利の荘内銀行カードローンWebであれば、余計な利息を払わずに済むので、完済への道が近くなります。

荘内銀行カードローンWebの返済期間は、今月5日から翌月4日までの約1ヶ月間あり、この間であればいつでも、何度でも返済することが可能です。

低金利であればお金に余裕が生まれやすくなり、都合の良いときに多めの返済をすることができます。

完済すれば大きな達成感になりますし、毎月の返済のストレスも消えます。

低金利の荘内銀行カードローンWebは、できるだけ早く完済したい方には魅力的なカードローンといえますね。

③最低返済額だけの支払いでも負担が少ない

早めに完済するつもりならば、お金に余裕があるときには多めに返済するのがベストです。

しかしさまざまな事情から利用する方のなかには、以下のような方もいるでしょう。

  • 最低返済額しか返済するつもりがない
  • 当分は最低返済額の返済しかできない

そんな方でも低金利の荘内銀行カードローンWebであれば、負担少なく毎月の返済を続けることが可能です。

荘内銀行カードローンWebの金利の低さをかしこく利用しよう!

ポン太
荘内銀行カードローンWebは、有名な銀行カードローンとくらべても金利が低めなんですね。
たぬき博士
そうじゃな。だが大事なのは、低金利を自分の返済計画に活かすことじゃ。
ポン太
ぼくは早く返したいので、低金利で余裕ができた分は返済にまわすようにします。
たぬき博士
いい心がけじゃ。かしこい利用でカードローンとうまく付き合っていくんじゃぞ。

スポンサーリンク

荘内銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットに申込

\\上のボタンから申し込むと最短30分で審査結果を受け取れます//

 

スポンサーリンク

関連記事