2社目のカードローンの選び方は?限度額がいっぱいになったら必見です。

2社目のカードローンの選び方

本記事では2社目のカードローン選びについて、詳しく解説しています。

  • 目的別におすすめの2社目のカードローン
  • 2社目のカードローンを選ぶポイント
  • 2社目のカードローンに申し込む際の注意点
  • 3社目以降の借り入れについて

1社目よりも満足度が高くなるように、目的にピッタリ合うカードローンを見つけましょう。

【目的別】2社目にオススメのカードローン

目的別におすすめの2社目

おすすめの2社目のカードローン会社は、2社目を借りる目的によって異なります。

目的別におすすめの2社目のカードローン

1社目が限度いっぱいで緊急のお金が必要!
⇨「プロミス

2社目は電話連絡をナシにしたい!
⇨「SMBCモビット

保険の2社目 & 審査に自信アリ!
⇨「三井住友銀行カードローン

1社目がもうすぐ完済で新しい業者が気になる!
⇨ 「J.Score(ジェイスコア)

目的に合うカードローンだけでも、チェックするようにしましょう。

1社目が限度額いっぱいで緊急のお金が必要! ⇨「プロミス」

プロミス バナー
「1社目のカードローンの利用限度額がいっぱいになった・・・」
「それでも今日中にお金が必要なんだけどどうしよう・・・」

そんな人には、大手消費者金融のプロミスがおすすめです。

プロミス3つのメリット
  • 審査通過率は42.8%
    (2016年4月~2017年3月の成約率の平均)
  • 即日融資を受けられる
    (申し込んだその日に借り入れOK)
  • 無利息サービス30日間※
    (サービスの起算日は借り入れ日から)

※プロミスで無利息期間が適用されるにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

プロミスは申し込んだ人のおよそ2人に1人が審査通過
1社目で延滞していない限りは、審査クリアの可能性は高いんですね。

プロミスは申し込んだその日のうちにお金を借りられますが、

  • ネット申し込み ⇨ 自動契約機
    タイムリミットは21時まで
  • WEB完結 ⇨ 銀行振込
    タイムリミットは13時まで

上記のように申し込み方法によって、期限が異なるので注意しましょう。

ただし「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」いずれかの普通預金口座を持っているなら、WEB完結でも21時までの申し込みで即日融資OK。

またプロミスでは初回借り入れから、30日間は利息がかかりません※。

2社目は「少額借り入れ・短期返済」と考えている人にプロミスはうってつけです。

プロミスは即日融資OK!WEB契約 or 来店契約で最短1時間融資を実現しよう!

プロミスは即日融資OK!最短30分審査・最短1時間融資で、今日中にお金を借りるのに最適のカードローンです。ただし契約方法によ…

スピード融資が魅力的!プロミスの申込はこちら

「アコム」の3秒診断で審査通過の目安がわかる!
アコムのバナー

消費者金融ではプロミスの他にも、アコムがおすすめです。

アコム3つのメリット
  • 3秒診断で借り入れ可能か事前にわかる
    (入力項目は「年齢」「年収」「他社借り入れ」の3つだけ)
  • 無利息サービスは余計な登録なし
    (起算日は契約日の翌日)
  • 返済しやすい環境が整備されている
    (2社目でも返済はスムーズ)

アコムの公式サイトには、借り入れ可能かがわかる「3秒診断」を用意。

審査がクリアできるか、おおよその目安が3秒診断でわかるんですね。

アコムの無利息サービスは、プロミスと同じ30日間。
プロミスとは異なり、メールアドレスやWEB明細の登録の必要はありません

またアコムでは、返済しやすい環境がそろっています。

  • 返済日お知らせメールでうっかり忘れがない
  • 最低返済額の減額の相談が可能
  • インターネットから24時間365日返済できる
  • 返済は35日ごとでもOK

緊急の借り入れ後の返済しやすさにも目を向けるなら、アコムがおすすめです。

アコム審査の口コミ・特徴まとめ!審査落ちを防ぐためのコツ教えます【審査の流れも解説】

本記事ではアコム審査に関する全知識を網羅しています。アコムの審査通過率は43.8%。実にはじめてアコムに申し込んだ人の2人に1…

事前に借入可能か確認可能!アコムの申込はこちら

2社目は電話連絡をナシにしたい!⇨「SMBCモビット」

SMBCモビットバナー

「できるなら電話連絡がカットできる業者を選びたい・・・」

そんな人には、SMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビット3つのメリット
  • WEB完結申し込みで電話連絡なしになる
    (職場バレを防ぐことができる)
  • WEB完結ならば自宅へ郵送物が送られない
    (家族バレを防ぐことができる)
  • 土日祝日の即日融資もOK
    (申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合あり)

SMBCモビットでWEB完結申し込みをすれば、職場への電話連絡なし。
自宅に送られてくる郵送物もゼロにできます。

職場の人にも家族にもバレたくない」と考えている人に、SMBCモビットはうってつけのカードローンなんですね。

SMBCモビットでWEB完結申し込みをする条件は以下の通り。

  • いずれかの普通預金口座を持っている
    (三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行)
  • いずれかの書類を提出できる
    (社員証・保険証・給与明細・源泉徴収票)

WEB完結申し込みの条件は、2つとも満たしている必要があります

またSMBCモビットは土日祝日でも、申し込んだその日に借り入れOK。
(申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合あり)

内緒で利用したい人・お金を急いでいる人のどちらにも、SMBCモビットは心強い味方です。

※他社を利用していても審査可能ですが、申込者の状況により利用できない場合があります

SMBCモビットは在籍確認なし!?職場への電話連絡をなしにする方法を伝授します。

職場や家族に内緒でカードローンを利用したい方に、うってつけなのがSMBCモビット!WEB完結でもカード申込でも職場への電話をカ…

WEB完結なら電話連絡ナシ!SMBCモビットに申込

「アイフル」は書類での在籍確認OK!
アイフル新バナー

アイフルの在籍確認も、職場への電話連絡を省略できます。

アイフル3つのメリット
  • 書類での在籍確認OK
    (会社が土日休みでも契約は停滞しない)
  • 融資は最短1時間
    (審査は最短30分)
  • 50万円以下の借り入れなら収入証明書類なしでOK
    (用意するのは本人確認書類だけ)

アイフルの在籍確認は、書類の提出にかえられます。
2社目の申し込みで、カードローンの利用がバレたくない人には嬉しいですよね。

アイフルの審査は最短30分です。
融資までは最短1時間なので、緊急の2社目を探している人にはピッタリ。

また50万円以下の借り入れなら、収入証明書類がなくても申し込み可能

つまり用意するのは、本人確認書類だけでOK。
とにかくお金を急いでいる人でも、余計な手間がかからないのです

アイフルの在籍確認を完全攻略!同僚にばれずにサッと借入したい方、必見ですよ。

「在籍確認で勤務先に電話してほしくない」アイフルはそんな方におすすめです。在籍確認を電話の代わりに書類で済ませてくれま…

書類確認に変更可能!アイフルの申込はこちら

保険の2社目 & 審査に自信アリ!⇨「三井住友銀行カードローン」

三井住友銀行カードローンのトップ画像

「1社目が限度額いっぱいになったときのために、もう1社申し込んでおきたい・・・」
「どうせ2社目を選ぶならスペックがいい銀行系カードローンがいいな・・・」

そんな人には、三井住友銀行カードローンがおすすめです。

三井住友銀行カードローン3つのメリット
  • 金利は年4.0~14.5%
    (利息の負担が少ない)
  • 普通預金口座がなくてもOK
    (新たに普通預金口座を作る必要なし)
  • 最低返済額は2,000円~
    (最低返済額は他社と比べて低め)

三井住友銀行カードローンの金利であれば、毎月の利息はあまり負担になりません。
そのため「高額借り入れ・長期返済」を考えている人にはピッタリ。

銀行系カードローンは即日融資NG。三井住友銀行カードローンも同様です。

しかし一般的な銀行系カードローンのように口座を作る必要はないので、その分の時間を省略可能

また最低返済額は2,000円~と、銀行系カードローンの中でも低め。
約定返済・任意返済どちらもしやすい環境が整っているんですね。

2社目の申し込み先として、デメリットなしのカードローンといえます。

2社目でも銀行系カードローンに申し込める人の最低条件

銀行系カードローンは、消費者金融と比べて審査は厳しめ
といっても他社借り入れ件数1件で、審査は大きく不利には働きません。

それでも不安な人は、以下の申し込みのポイントを意識しましょう。

  • 1社目のカードローン会社を延滞していない
  • 「1社目+2社目」の最低返済額を支払う余裕がある

この2つは銀行系カードローンに申し込む際の最低条件といえます。ぜひとも参考にしてください。

来店不要!三井住友銀行カードローンに申込

普通預金口座を持っているなら「みずほ銀行カードローン」もアリ!

銀行系カードローンの中では、みずほ銀行カードローンもおすすめです。

みずほ銀行カードローン3つのメリット
  • 金利は年2.0%~14.0%※
    (業界トップクラスの低金利)
  • 普通預金口座があればスピーディー融資も
    (みずほ銀行カードローンは要口座開設)
  • 自動融資機能で公共料金などの延滞防止
    (公共料金やクレジットカードの代金の返済遅れを避けられる)

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

みずほ銀行カードローンは、銀行系カードローンの中でも低金利。
ムダな利息を極力抑えることが可能です。

ただしみずほ銀行カードローンを利用するには、口座開設は必須。
口座開設にはどうしても時間がかかるため、融資開始までの時間が長引きます。

逆にいえば普通預金口座を持っていれば、スピーディーに融資が受けられることもあるんですね。

またみずほ銀行カードローンは、自動融資機能をつけることも可能。

公共料金やクレジットカード代金の口座振替による返済時、残高不足でも自動的に融資されるので延滞を防げます。

※みずほ銀行カードローンの返済遅れには自動融資機能は利用不可

みずほ銀行カードローンは低金利!ムダな利息を抑えたいならみずほ一択!

もし急な出費でお金が必要になったとき、財布に低金利で借りれるみずほ銀行カードローンのカードが一枚入っていればどれだけ安…

低金利!みずほ銀行カードローンの申込はこちら

1社目がもうすぐ完済で新しい業者が気になる!⇨「J.Score(ジェイスコア)」

「1社目がもうすぐ完済!今までとは違った業者から借り入れてみたいなぁ・・・」
「いま話題になってるAIスコア・レンディングにちょっと興味あるんだけど・・・」

そんな人には、J.Score(ジェイスコア)がおすすめです。

J.Score(ジェイスコア)3つのメリット
  • 日本初のAIスコア・レンディング
    (AIとビッグデータを活用した新たな融資形態)
  • 無料のAIスコア診断で利用限度額・適用金利が事前にわかる
    (信用情報に金融事故記録がつかない)
  • 金利は年0.8%※~12.0%
    (業界トップクラスの低金利)

※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行・ソフトバンクおよびYahoo! JAPANと
情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが設立した合弁会社。
AIが審査して融資条件を決める、新たな融資形態なんですね。

AIスコア診断で600点以上とれなければ利用不可です。
(「いますぐお申込み」からならAIスコア診断と申し込みが同時にできます)

  • 急ぎで借り入れたい
    ⇨「いますぐお申込み」から申し込むのがおすすめ。
  • 確実に借り入れたい
    ⇨ AIスコア診断から申し込むのがおすすめ

事前にAIスコア診断をすれば、600点未満になっても信用情報に影響なし。

他社カードローンを検討すればいいので2社目の審査で不利になりません

信用情報とは?

信用情報とは、過去の申し込み・借り入れ・返済などの履歴のこと。

信用情報に金融事故記録がつくと、以降のカードローン審査は大きく不利です。
(金融事故=3ヶ月以上の延滞・強制解約・債務整理など)

信用情報を管理する機関を、信用情報機関といいます。

申し込むなら1社目は完済しておくのがベター

J.Score(ジェイスコア)は他社借り入れが1件でもあると、AIスコアが低くなる傾向があります。

そのためJ.Score(ジェイスコア)は、1社目がもうすぐ完済するという人におすすめ。

ただし完済してもそのままだと、他社借り入れ件数が減ったことにはなりません。
完済した後は、解約することも忘れないようにしましょう。

J.Score(ジェイスコア)でスコアアップする方法まとめ!600点以上取ってオトクに借入しよう!

J.Score(ジェイスコア)でスコアアップすると、通常よりもお得に借り入れができることを知っていますか?ここではJ.Scoreでス…

AIスコアを事前に確認可能!J.Scoreの申込はこちら

2社目のカードローンを選ぶポイント

目的に合った2社目を選ぼう

2社目のカードローン会社を選ぶポイントは以下の通り。

2社目のカードローンを選ぶポイント 選ぶポイントに合う人
①審査通過率はどのくらいか とにかく審査落ちは避けたい人
②無利息サービスがあるか 少額の借り入れを短期間で返済したい人
③申し込んだその日に借りられるか とにかく急いでお金を用意したい人
④電話連絡をなしにできるか ・職場バレを避けたい人
・職場への電話がストレスな人
⑤金利はどのくらいか 高額の借り入れを長期間で返済したい人

カードローンの選び方がイマイチわからない」という人は参考にしましょう。

2社目を選ぶポイントを知れば、自分の目的に合うカードローンが見えてくるはずです。

2社目のポイント①:審査通過率で選ぶ

審査に通りやすいか
【審査通過率を重視する人の特徴】
とにかく審査落ちは避けたい

消費者金融の中には、審査通過率(成約率)を公表しているところもあります。
(※銀行系カードローンは基本的に非公表)

審査通過率とは「申し込んだ人のうち何人が審査に通ったか」を示す割合のこと。

審査通過率10%という業者があった場合は、10人中9人が審査落ち。
そのため「審査は厳しそうだな・・・」と予想できますよね。

たとえば先に紹介したプロミスの審査通過率は、審査通過率は42.8%
(2016年4月~2017年3月の成約率の平均)

申込者としては「審査通過率10%の業者よりは審査通過のチャンスがあるぞ・・・」と申し込みを前向きに考えられます。

気になる人は各カードローンの月次データ(公式サイトにあります)を確認してみましょう。

プロミスの審査まとめ!審査落ちする人の特徴から審査の流れまで解説します。

「プロミスの審査基準は厳しい?甘い?」「プロミスに落ちる人の特徴は?」「プロミスの審査ってどんな流れ?」などプロミスの…

2社目のポイント②:無利息期間の有無で選ぶ

無利息サービス
【無利息サービスを重視する人の特徴】
少額の借り入れを短期間で返済できる人

無利息期間とは先に紹介した「プロミス」など、消費者金融が取り入れているサービス。

※プロミスで無利息期間が適用されるにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

消費者金融の金利は基本的に年17.8%~18.0%と高めですが、無利息期間をうまく活用すれば低金利の銀行系カードローンよりも利息を抑えられます。

うまく活用できなければ、無利息期間をムダにしてしまうことも。
ただしプロミスならば、無利息サービスを最大限に活用できます。

プロミスは無利息サービスを取り入れているカードローンの中で唯一「借り入れの翌日」が無利息期間の起算日になるんですね。

※他のカードローンは借り入れに関係なく無利息期間は「契約日の翌日から30日間」

プロミスならば、せっかくの無利息期間をムダにすることはありません
無利息サービスで選ぶ人は、優先的にプロミスの検討をオススメします。

プロミスは「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」で最大限おトクに利用しよう!

消費者金融プロミスは「30日間無利息サービス」あり。フル活用することで、銀行カードローンよりもおトクに利用できます。また…

2社目のポイント③:即日融資OKで選ぶ

借り入れスピード
【即日融資を重視する人の特徴】
とにかく急いでお金を用意したい人

消費者金融はよほど遅い時間の申し込みでない限り、その日のうちにお金を借りられます。

銀行系カードローンは申し込んだその日に、お金を借りることはできません。

お金を急いでいる人は銀行系カードローンではなく、消費者金融への申し込みがマスト

さらに申し込み後の電話で急いでいる旨を伝えれば、審査スピードをさらにアップできます。

すぐにお金を準備したいという人は、カードローンの申し込み後に電話をかけるといいですね。

アイフルは申し込みから契約までWEB完結!カードレス・郵送物ゼロの方法も教えます。

アイフルの申し込みはWEB完結!ネット接続のスマホがあれば来店する手間なく、24時間いつでもどこからでも申し込めます。審査時…

2社目のポイント④:在籍確認の電話連絡なしにできるかで選ぶ

電話連絡なしのメリット
【在籍確認の電話連絡なしを重視する人の特徴】
職場バレを避けたい人 & 職場への電話がストレスな人

カードローン会社の在籍確認は、基本的に職場への電話連絡

しかし消費者金融では、職場への電話連絡なしにできることもあるんですね。

在籍確認の電話連絡がなしになる主なメリットは3つ。

  • 職場の人間にバレる可能性がなくなる
  • 職場に自分あての電話がかかることへのストレスが解消する
  • 会社が休みでも契約が停滞しない

電話連絡がなしにできる条件は、カードローン各社によって異なります。

利用希望のカードローンに申し込む前に、条件はきちんと確認しておきましょう。

カードローンの在籍確認まとめ。電話連絡なしOKの方法や注意点など全部教えます。

在籍確認で職場の同僚にカードローンの利用がバレることを心配している人が多いようですね。 しかし、職場に電話がかかってく…

2社目のポイント⑤:金利で選ぶ

保険の2社目は「低金利」で選ぶ
【金利を重視する人の特徴】
高額の借り入れを長期間で返済したい人

実際に借り入れる額によっては、2社目のカードローンの返済は長期になります。

ということはつまり、毎月の利息負担を抑えるようにする必要があるんですね。

利息や総返済額を減らしたい場合は、金利を重視してください。

みずほ銀行カードローンやJ.Score(ジェイスコア)は低金利。
これらの業者に申し込めば、毎月の返済は負担になりにくいです。

特に30万円以上を借りて返済に1年以上かけたい場合は、2社目は金利で選びましょう。

低金利なら「保険としての2社目」を効果的に使える!

2社目を保険として使う場合、完済と新たな借り入れを繰り返すことが予想されます。

保険としての機能をフルに使うためにも、2社目は低金利の業者を選ぶといいんですね。

2社目のカードローンに申し込む際の注意点

2社目のカードローン会社に申し込むときは、以下を注意しましょう。

2社目の審査を無事にクリアするためにも、必ず実践してください。

2社目の注意点①:1社目の情報は正直に申告する

申し込み時のウソはデメリットだけ
【注意点を守らないときのリスク】
審査の途中でウソが発覚 ⇨ 審査落ち
契約後にウソが発覚 ⇨ 強制解約

2社目のカードローンの申し込みで、1社目の情報でウソがあってはいけません。

  • 他社借り入れをゼロ件と申告
  • 1社目の金額(設定限度額・借り入れ額)を実際より少なく申告

上記のようなことがないようにしてください。

信用情報機関は1社目の利用状況を把握しているので、多少のウソでもバレるんですね。

つまりウソをついてもメリットはなく、リスクだけがふくらむので注意しましょう。

仮にウソの情報で審査に通っても、後でバレれば強制解約
カードローン会社から強制解約されれば、借り入れ額の一括返済を求められます。

2社目の注意点②:希望限度額は必要最低限にする

利用中に限度額の引き上げは可能
【注意点を守らないときのリスク】
希望限度額が返済能力と見合わないとみなされて審査落ち

限度額がいっぱいになった場合の保険として2社目を借りる場合は「できるだけ高額の限度額を希望したい」という人もいるでしょう。

しかし希望限度額を高額にすればするほど、審査は厳しくなってしまうんですね。

2社目でも利用がはじめてならば、希望限度額は多くても50万円までが妥当。

多くのカードローンでは利用中に、利用限度額を引き上げる増額審査を用意しています。

申し込み時はなるべく必要最低限の希望限度額にして、しばらく利用して必要と感じたら増額審査を受けるのがベターです。

2社目の注意点③:複数のカードローンに同時申し込みをしない

複数社への申し込みはNG
【注意点を守らないときのリスク】
複数社への同時申し込みで申し込みブラックとみなされる

2社目の審査が不安だからといって、複数社に申し込むと申し込みブラックになります。

申し込みブラックになると、申し込んだ会社は審査落ち。
さらに以降6ヶ月間はカードローン審査に、大きく不利になってしまうことが多いです。

同時に3社以上に申し込むと、申し込みブラックになるといわれているんですね。

明確な基準はありませんが、不安な人は申し込みを1社に絞りましょう

2社目の注意点④:アリバイ会社を利用しない

アリバイ会社の利用はNG
【注意点を守らないときのリスク】
審査の途中でアリバイ会社の利用が発覚 ⇨ 審査落ち
契約後にアリバイ会社の利用が発覚 ⇨ 強制解約
悪質な場合 ⇨ 訴えられる

アリバイ会社とは、在籍確認を代行する業者のこと。

「職場への電話を避けたい・・・」
「実は無職だけど働いていることにしたい・・・」

これら在籍確認が不安な人のために、会社を偽装して在籍確認の対応をしています。

在籍確認が不安な気持ちはわかりますが、アリバイ会社の利用は高額料金をとられる上にリスクも大きいのでデメリットばかり。

契約後にアリバイ会社の利用が発覚すると、悪質な場合は詐欺または詐欺未遂で訴えられることもあるんですね。

2社目でも在籍確認の内容は1社目のときと変わらず、1分程度のアッサリした手続き。
アリバイ会社を利用する必要はまったくありません

2社目の注意点⑤:借り入れ診断があるなら利用する

借り入れ診断のメリット

借り入れ診断とはカードローンの公式サイトに設置してある、借り入れ可能かを診断するシミュレーションのこと。

ただし銀行系カードローンでは基本的に、導入しているところは少ないです。
利用する場合は消費者金融が中心になるんですね。

消費者金融であるプロミスの借り入れ診断を見てみましょう。

プロミスの借り入れ診断

生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」の3項目を入力するだけで、プロミスから融資を受けられるのかが事前にわかります。

ただしここで融資可能と出ても、実際に申し込んで審査を受けると審査落ちになることも。

しかし融資不可能と出た後に申し込んで、審査に通るということはありません。
そのため無謀に申し込んで審査落ち」になるのを避けるには便利なツールです。

1社目の借り入れが審査に不利になるのではと不安な人は、ぜひとも借り入れ診断を利用してみてください。

3社目のカードローンからは審査が厳しくなる

借りすぎ厳禁

カードローンの借り入れは、2社にとどめておくのが理想です。
しかしどうしても3社目が必要な人もいるでしょう。

他社借り入れ状況(件数・総額)は、カードローン審査の重要なポイント。

3社目のカードローンから審査は厳しくなるので注意してください。

他社借り入れ件数ごとの審査の難易度は以下の通り。

他社借り入れ件数 審査の難易度
0件 審査に影響なし
1件 他社で延滞していなければ影響なし
2件 他社で延滞していなければ許容範囲
(2社の設定限度額≒年収の3分の1だと厳しい)
3件 おまとめローンなら可能性アリ
(通常のカードローンは厳しい)
4件 おまとめローンなら可能性アリ
(おまとめ後に返済が続けられるかは厳しく見られる)

3社目のカードローンは、消費者金融に申し込めば審査通過することも。
銀行カードローンはよほど返済能力が高くない限り、借り入れは難しいと考えてください。

ただし消費者金融でも、2社借り入れの時点で「2社の利用限度額の合計=収入の3分の1超」になっている場合は総量規制のため審査落ちになります。

また3社目のカードローンへの申し込み時点で、他の2社のいずれかで延滞していると3社目は審査落ちになります。

できれば他社借り入れは2社目まで!

他社借り入れ件数は、2件までにとどめておきたいところです。

3社から借り入れて最低返済額を払うだけで精一杯では、多重債務者になることも。

多重債務者になるのを避けるには、きちんと返済計画を立てなければいけません。

  • 任意返済を活用する
  • おまとめ・借り換えローンを活用する

上記を意識してスムーズな返済を心がけ、多重債務者にならないようにしましょう。

カードローン審査で「他社借入件数」は超大事!セーフとアウトの基準を教えます!

「すでに他社借入があるけど、新しいカードローンの審査には通る?」他社借入がどれくらい審査に響くのか、気になるところです…

3社目以降の借り入れは「おまとめローン」がおすすめ

3社目以降は「おまとめローン」

3社目以降のカードローンへの申し込みは、高確率で通常のカードローンは審査落ち。
「おまとめローンを組む」という選択が先決です。

おまとめローンは他社借り入れが多い人のための専用商品。
他社借り入れがあっても、審査に不利にならないんですね。

おまとめローンにおすすめな業者を消費者金融系・銀行系から1社ずつご紹介します。

  • オリックスVIPフリーローン
  • 東京スター銀行おまとめローン

上記いずれかの業者を優先的に検討しましょう。

消費者金融系のおまとめローン:オリックスVIPフリーローン

オリックスVIPフリーローン3つのメリット
  • 利用限度額は800万円と高額
    (消費者金融系おまとめローンでは高め)
  • 金利は年3.0%~14.5% 
    (おまとめにピッタリの低金利)
  • 返済期間は最長8年
    (ラクな気持ちで返済を続けられる)

オリックスVIPフリーローンは消費者金融系にもかかわらず、利用限度額は800万円と高額。

高くても500万円の他の消費者金融系おまとめローンと比べると、存在感は突出しています。

加えて年3.0%~14.5%という低金利でおまとめは大抵高額になるので、さらなる低金利でおまとめできることが予想できるんですね。

返済期間は最長8年と余裕を持って設定されています。

  • できるだけ長く余裕を持って返済したい人
  • 任意返済を活用して早く完済したい人

上記いずれにも向いているのが、オリックスVIPフリーローンです。

年収400万円以上で審査通過のチャンス大!
オリックスVIPフリーローンの申込はこちら

銀行系のおまとめローン:東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン3つのメリット
  • 追加で融資が受けられる
    (300万円までOK)
  • おまとめで返済しやすくなる
    (返済手数料は無料で余計なお金がかからない)
  • 利用限度額は余裕たっぷり1,000万円
    (他社借り入れ総額が高くても安心)

おまとめローンは融資額が高額になりやすいため、おまとめ後の借り入れはできません。

しかし東京スター銀行おまとめローンは、おまとめ後も追加融資OK

また利用限度額は1,000万円で、高額のおまとめも対応できるんですね。
金利は年12.5%という低さなので、おまとめ後はスムーズに返済しやすくなります。

多重債務者になりそうな場合は、東京スター銀行おまとめローンに申し込みましょう。

東京スター銀行おまとめローンの申し込み方法はWEB完結!流れから注意点まで徹底解説します。

東京スター銀行おまとめローンの申し込みは24時間365日いつでもOK。スマホから一本化までWEB完結です。本記事では申し込みの流…

高額のおまとめなら東京スター銀行おまとめローン

2社目のカードローンは目的に合ったものを選ぼう!

OLたぬき
2社目のカードローンって目的によって申し込み先が違うんですね。何も考えずに無利息サービスがあるところを探してました。
たぬき博士
それでもいいが、2社目が「高額借り入れ・長期返済を予定」「保険としてピンチのたびに借り入れする予定」ならば、金利を重視したほうがいいんじゃよ。
OLたぬき
なるほど。たしかに無利息サービスといっても、ほとんど30日間ですもんね。長く付き合うなら低金利のカードローンを選ぶほうがいいんですね。
たぬき博士
だからこそ「何のために2社目を選ぶのか」をよく考える必要があるんじゃよ。また新しい借り入れを考えるときは、この記事を参考にするといいぞい。
-この記事を監修してくれたファイナンシャルプランナー-
柴沼直美先生

柴沼 直美(しばぬま なおみ)先生

ファイナンシャルプランナー

【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員
MBA(ファイナンス)

どんな資格を最低コストで取得すれば、自分に合った職業に最短かつストレスなく就くことができるかについても個別にアドバイスを提供。

詳しくみる

スポンサーリンク

カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットに申込

\\上のボタンから申し込むと最短30分で審査結果を受け取れます//

 

スポンサーリンク

関連記事