返済を早く終わらせる!!カードローンは随時返済・増額返済で短期勝負!

公務員たぬき
毎月コツコツ返してますが、早くカードローンの返済を終わらせたいものですね。
経営者たぬき
そうだな。何かうまく返済できるコツのようなものはありませんか、博士。
たぬき博士
君たちのようにある程度余裕をもって返済しているなら、おすすめの返済方法があるぞい。随時返済と呼ばれるものじゃ。
公務員たぬき
随時返済って何ですか?僕にもできるんでしょうか。
たぬき博士
随時返済を簡単に言うと、「返せるときに多めに返す」返済方法じゃ。今日は随時返済のメリットや注意点を解説していくから、うまく活用していくんじゃぞ。

早く返済するコツ!随時返済とは

カードローンを早く完済するためのコツとして、随時返済(任意返済)と呼ばれるものがあります。

repayment-tips-1

随時返済とは

随時返済とは、決められた期日・金額とは別で、多めにお金を返すことです。
カードローン会社によっては随時返済を「任意返済」と言い表すこともありますが、基本的に意味は変わりません。

通常、各カードローンごとに「いつまでに」「いくら」返すかが決まっています。

この一般的な返済方法を約定返済といいます。つまり通常の約束通りの返済が約定返済、プラスアルファで返済するのが随時返済です。

もちろん約定返済を続けて約束通りにお金を返しても全く問題ありません。
しかしボーナスが出た時や金銭的に余裕ができた時などに随時返済をすれば、よりお得に返済していくことができるようになります。

ポイント:約定返済と随時返済

  • 約定返済:通常通りの返済。返済日、返済額が決められている。
  • 随時返済:約定返済にプラスアルファで行う返済。返済日や金額は自由。

随時返済のメリット

repayment-tips-2

随時返済をしていくことのメリットとして、大きく下記の3つが挙げられます。

  1. 約定返済のみの場合より早く完済できる
  2. 利息・支払総額が減る
  3. カードローン会社からの信用が高まる

以下ではこの3つを詳しく見ていきましょう。

約定返済のみの場合よりも早く完済できる

随時返済をすることで当然借り入れの残金が減るため、より短い期間でカードローンの返済を終えることが可能です。

単純に支払期間を変更して返済までの期間を短くしようとすると、その分毎月の返済額が高くなってしまいます。

しかし随時返済であれば「余裕があるときに多めに返す」というスタンスなので、毎月の返済額も増えませんし、負担が大きくなるようなこともありません。

利息・支払総額が減る

随時返済で返すお金は、すべて元金に充てられます。

カードローンの利息は元金にのみ適用されるため、随時返済で元金が減ることで毎月の利息や支払総額も少なくすることが可能です。

(例)金利が15%で、100万円の元金がある場合

約定返済のみで元金3万円を返済すると

翌月の利息=元金(100万円-3万円)×15%×30日÷365日=1万1959円

約定返済で3万円、随時返済で5万円、計8万円の元金を返済すると

翌月の利息=元金(100万円-8万円)×15%×30日÷365日=1万1342円

翌月以降も元金が本来よりも低い状態で返済を続けることになるため、利息も小さくなり、最終的な支払総額も減らせます。

カードローン会社からの信用が高まる

随時返済をすることでカードローン会社から「返済能力に余裕がある顧客」と見なされ、信用が高まります。

カードローン会社の信用を高めることで、借り入れ限度額を引き上げたり、金利を下げたりしてもらえる可能性もあります。

もちろん一度随時返済をしたからといってすぐに効果が出ることはありません。
ただ随時返済はカードローン会社にとって顧客の判断材料の一つになることは知っていて損はありません。

随時返済の注意点

臨時返済の注意点

ここまででご紹介したように随時返済には多くのメリットがありますが、注意しなければならない点もあります。

随時返済をするときはここに注意!

  1. 随時返済をしたからといって、その月の約定返済も忘れない
  2. 事前にしっかりと随時返済の方法を確認しておく

通常の返済も忘れずに!

随時返済は「約束通りの返済」とは見なされません。したがっていくら随時返済をしたとしても、その月に約定返済を忘れてしまうと「支払いに遅延した」と判断されてしまうのです。

例えば毎月25日に3万円の支払いが約定返済の借り入れをしているとします。
このとき15日に5万円の随時返済をしても、いつも通り25日に3万円の約定返済をしなければならない点は変わりません。

ご存知の方も多いかと思いますが、支払の遅延をしてしまうと遅延損害金が発生してしまいます。
随時返済で満足して逆に損してしまうような事がないようにしましょう。

随時返済の方法をしっかりと確認を。

カードローンによって、随時返済の方法は異なります。
そのため普段の約定返済と同様の手順で随時返済をすると、そもそも返済として見なしてもらえないこともあるため、注意が必要です。

随時ご返済いただいても毎月のご返済をされたことにはなりませんので、別途ご指定の口座から毎月のご返済が必要です。

引用:「みずほ銀行カードローン」よくあるご質問 お借り入れ・ご返済について:みずほ銀行

上記はみずほ銀行の例ですが、みずほ銀行の場合は随時返済をするには指定された方式にのっとる必要があります。

随時返済をする際には、事前にその方式を確認しておくようにしましょう。

コツを押さえて、スマートな返済ライフを送ろう

公務員たぬき
カードローンって決められた期日や金額以外でも返済してよかったんですね。全く知りませんでした。
経営者たぬき
確かに時期によっては懐に余裕があるから、そんな時に多めに返せば早く完済できるし、返済総額も減るから一石二鳥ですな。
たぬき博士
うぬ、そうじゃろ?以外に随時返済のことを知らぬものも多いようじゃな。
たぬき博士
随時返済をうまく活用できれば、負担を大きく減らすことができる。もちろん、じゃからといって無理に返済のペースを上げて、普段の生活や約定返済に支障が出てしまうのはもってのほかじゃ。自分の身の丈に合った随時返済を心がけるんじゃぞ。
カードローン 返済カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事