カードローンの返済は随時返済で短期勝負!早期完済には欠かせない返済方法とは。

カードローンの返済は大きく分けて2種類です。

  • 約定返済
  • 随時返済

約定返済とは、毎月決まってする返済のこと。

今回紹介する随時返済※とは、約定返済にプラスアルファでする返済のことです。
(※増額返済・任意返済・繰り上げ返済・追加返済とも呼ばれる)

約定返済と違って、随時返済は必ずしなければいけないものではありません。

しかしカードローンをおトクに利用する・早期完済を目指すには、随時返済を活用することがカギになってきます。

本記事では随時返済について詳しく解説していくので参考にしてみてください。

カードローンで随時返済をする3つのメリット

カードローンで随時返済をするメリットは3つあります。

カードローンで随時返済をする3つのメリット
  1. 総返済額が安くなる
  2. 完済が早まる
  3. 信用が高まる

随時返済を活用できるようになって、カードローンをかしこく利用しましょう

随時返済のメリット①:総返済額が安くなる

約定返済の場合、返済金額は元金と利息に分けられます。
(たとえば約定返済額5,000円のうち、元金:3,500円・利息:1,500円など)

対して随時返済はすべて元金にかかるので、返済すればするほど元金が減額。

随時返済したぶんだけ利息が節約できるので、最終的に支払う総返済額が安くなるんですね。

積極的に随時返済をして、ググっと元金を減らしていきましょう。

随時返済のメリット②:完済が早まる

最低返済額だけの返済だと、元金が減りにくく、完済までかなりの時間がかかります。

しかし上述したように随時返済はすべて元金に当てられるため、加速度的に返済期間を短くできます

つまり完済が早まるので、カードローンのことを考えなくてよくなるということ。

  • 本当に完済できるかの不安
  • 毎月の支出が制限されるイラ立ち

毎月1~2,000円プラスするだけでも、長いスパンで見れば完済への近道です。
完済を早めて上記のような、返済によるストレスを早期に解消しましょう。

随時返済のメリット③:信用が高まる

随時返済していることは、カードローン会社は把握しています

なので積極的に随時返済していると、業者からしっかり返済してくれる優良顧客とみなされる可能性が高くなります。

また信用情報には随時返済の履歴が登録されます
そのため新たなカードローンに申し込むときも、信用情報から優良顧客だと認識されやすくなるんですね。

長期的な視点を持って、信用を高めるために随時返済するのもアリです。

信用情報とは?

信用情報とは、過去の申し込みや借り入れなどの利用履歴のこと。

信用情報を管理する機関を、信用情報機関(個人信用情報機関)といいます。

カードローンにおける随時返済の注意点

カードローンにおける随時返済の注意点は3つあります。

カードローンにおける随時返済の注意点
  1. 約定返済額を延滞しない
  2. 手数料ゼロの方法で返済する
  3. 返済シミュレーションを活用する

特に①②の注意点は必ず守るようにしましょう。

随時返済の注意点①:約定返済額を延滞しない

書いてきた通り、随時返済を活用するのは大変良いことです。
しかしそのために金欠の原因となり、次の約定返済を延滞するのは本末転倒

随時返済をしたからといって、毎月の約定返済が免除されるわけではありません

カードローンの随時返済は必ず、金銭的余裕が残る範囲で行ないましょう。

仮に1週間ほど延滞しても信用情報に影響はありませんが、以下のことが起こります。

  • 遅延損害金を払うことになる
    (遅延損害金=延滞の罰金)
  • 増額審査のクリアは難しくなる

ムダなお金を払いたくない人・増額を狙っている人は注意してください。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金の計算方法は以下の通り。

【借入残高(円)× 遅延損害金年率(%)÷ 365(日)× 延滞日数(日)=遅延損害金】

仮に50万円を借りていて30日間延滞すると、遅延損害金は以下のようになります。
(遅延損害金利率は年20.0%とする)

【500,000(円)× 20.0(%)÷ 365(日)× 30(日)= 8,219円】

上記の場合は「8,219円 + 延滞している返済金額」をすみやかに返済しなければいけません。

高額な遅延損害金により、コツコツしてきた随時返済が水の泡になることも・・・。

延滞だけは絶対にしないように、あらゆる手を尽くしましょう。

随時返済の注意点②:手数料ゼロの方法で返済する

一般的に手数料有料のATMの場合、108円または216円の手数料がかかるんですね。

しかし手数料有料の随時返済を繰り返すと、1ヶ月分の利息に匹敵する可能性も・・・。

そうなっては随時返済のメリットである「総返済額が安くなる」の効果が薄くなります

随時返済する際は必ず、手数料ゼロの方法で行なうことを心がけましょう。

口座引き落としでは随時返済できない

口座引き落としは、無料でできる返済方法の1つ

しかし口座引き落としは大抵、約定返済で利用されることが多いです。

つまり随時返済は、口座引き落とし以外の返済方法で行なわれるんですね。

カードローン会社によっては約定返済とわかるように、約定返済期間が設けられています。

約定返済期間以外に返済をすると再度、約定返済する必要があるので注意しましょう。

随時返済の注意点③:返済シミュレーションを活用する

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション

参考画像:三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション

カードローン各社は公式サイトで、返済シミュレーションを用意しているんですね。

返済シミュレーションを活用することで、随時返済をスムーズにすすめられます。

用意してあれば積極的に利用して、返済計画を作るのに役立てるのがオススメです。

業者ごとの返済シミュレーションの有無は以下の通り。

カードローン各社 返済シミュレーションの有無
アコムのロゴ あり
アイフルのロゴ あり
プロミスのロゴ あり
SMBCモビットのロゴ あり
三井住友銀行のロゴ あり
みずほ銀行のロゴ あり
オリックス銀行のロゴ あり
住信SBIネット銀行のロゴ なし
スルガ銀行のロゴ なし
ひめぎんクイックカードローンのロゴ あり
千葉銀行のロゴ なし
ジャパンネット銀行のロゴ あり
静岡銀行のロゴ なし
ジェイスコアのロゴ あり

消費者金融は基本的に、返済シミュレーションを用意しています。

銀行系カードローンは業者によってまちまちです。

なるべく返済シミュレーションを利用しながら随時返済を活用してください。

まだカードローンに申し込んでいない人は、返済シミュレーションがある業者への申し込みを優先的に検討しましょう。

具体的な返済シミュレーションの活用方法(一例)

【三井住友銀行カードローンの利用者Aさんの希望】
30万円を借りたい
1年で完済したい

三井住友銀行カードローンで30万円を借り入れて、最低返済額だけで完済するとします。

三井住友銀行の約定返済額シミュレーション

その場合は「返済期間は13年(0ヶ月)」かかってしまうんですね。

三井住友銀行の約定返済額シミュレーションの結果

1年で完済したいAさんは、どのくらい毎月返済すれば1年で完済するでしょうか。
そこでAさんは「返済額シミュレーション」を試しました。

三井住友銀行の毎月返済額シミュレーション

返済額シミュレーションの結果は以下の通り。

三井住友銀行の毎月返済額シミュレーションの結果

返済額シミュレーションを利用してAさんは、30万円を1年で完済するには最低返済額に約21,000円をプラスして返済し続ける必要があることがわかりました。

このように利用者自身の状況や希望に応じて返済シミュレーションを活用するとゴールが見えやすく、随時返済のモチベーションも保ち続けられます。

返済の途中で新たに借り入れることもあると思いますが、その時はまたその時点での数字に合わせてシミュレーションすればOKです。

「こんなときは随時返済すべき!」5選

こんなときは随時返済すべき!」といえる場合は以下の通り。

「こんなときは随時返済すべき!」5選
  1. 最低返済額が安いカードローンを利用している
  2. 高金利のカードローンを利用している
  3. おまとめローンを利用している
  4. 将来的に増額審査を受けたいと思っている
  5. ボーナスをもらった・給料が上がった

上記に当てはまる人は、ぜひとも随時返済を実践しましょう。

①最低返済額が安いカードローンを利用している

最低返済額が安いと、毎月の返済金額の負担は軽いです。
ただし先述の通り最低返済額だけの返済だと、完済までの道のりは遠くなるんですね。

見方を変えれば、最低返済額の安いカードローンは随時返済しやすいということ。

最低返済額が安い代表的なカードローンは以下の通り。

  1. プロミス
  2. 三井住友銀行カードローン

まだカードローンを利用していない人で積極的に随時返済したいと考えている人は、上記2社を優先的に検討しましょう。

最低返済額が安いカードローン①:プロミス

プロミス バナー
消費者金融プロミスのメリット
  • 最低返済額は1,000円~で随時返済しやすい
  • 6種類の返済方法のうち5種類が手数料無料

プロミスの最低返済額は1,000円から。プラスアルファで随時返済しやすいです。

また返済方法6種類中5種類が手数料ゼロのため、余計な出費をする心配がありません

柔軟に随時返済したい人にとっては、うってつけのカードローンといえます。

プロミスの公式サイトはこちら

※女性オペレーターを希望の方の申し込みはこちらから
プロミスレディース公式HP

最低返済額が安いカードローン②:三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンのトップ画像
三井住友銀行カードローンのメリット
  • 最低返済額は2,000円~と随時返済しやすい
  • SMBCダイレクトで自宅にいながら随時返済OK
    (SMBCダイレクトの返済は三井住友銀行の口座が必要)

三井住友銀行カードローンの最低返済額は、2,000円~と銀行系の中でも低め

インターネットバンキングである「SMBCダイレクト」を利用すれば、自宅・出先のどちらからでもスマホからカンタンに随時返済ができます。

銀行カードローンを利用したい人は、三井住友銀行カードローンを選べば間違いありません。

三井住友銀行カードローンの申込はこちら

②高金利のカードローンを利用している

消費者金融など、高金利のカードローンは利息がふくらむ可能性が高いです。

消費者金融は無利息サービスがありますが、多くの業者は最大30日間

長く利用していればどうしても、利息の負担が重くなります。

消費者金融を6か月間以上利用している人は、プラス1,000円でも随時返済を心がけましょう。

高金利の消費者金融は無利息サービスつき

高金利の消費者金融は大抵、最大30日間の無利息期間がついています。

無利息期間中は利息がかからないので、返済すればするほど元金は減るんですね。

また無利息サービスをうまく活用すれば、低金利のカードローンよりおトクになることも・・・。

無利息期間中で余裕のある人は、随時返済を活用してなるべく元金を減らしましょう。

③おまとめローンを利用している

おまとめローンは複数社の借り入れを1つにします。

おまとめを組むことで金利は下がりますが、高額の元金が減ることはありません

おまとめで毎月の負担を軽くできたとはいえ、通常のカードローンを利用するよりも利息は高額になりやすいんですね。

そのため随時返済を活用しなければ、返済が長引く可能性は高いです。
おまとめローンを利用中の人は、十分に注意してください。

随時返済しやすいおまとめローンは以下の通り。

  1. 東京スター銀行おまとめローン
  2. アイフル「かりかえMAX」

まだおまとめローンに申し込んでいない人は、上記2社を優先的に検討しましょう。

おすすめおまとめローン①:東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン
東京スター銀行おまとめローンのメリット
  • 最低返済額は低めだから随時返済しやすい
  • 随時返済は手数料無料のインターネットバンキング

東京スター銀行おまとめローンの最低返済額は低め。
そのため柔軟に随時返済がしやすいです。

また随時返済はインターネットバンキングで、自宅からラクラク返済
手数料は無料なので、余計なお金がかかることはありません。

銀行系のおまとめローンならば、東京スター銀行おまとめローンがおすすめです。

東京スター銀行おまとめローンはこちら

おすすめおまとめローン②:アイフルかりかえMAX(おまとめMAX)

アイフル新バナー
アイフル「かりかえMAX」※のメリット
  • 随時返済はアイフルATMなら手数料がかかる心配なし
  • 返済期間の目安をもとに返済プランを考えられる

※過去にアイフルを利用したことがある人は「おまとめMAX」

アイフル「かりかえMAX」の随時返済は、アイフルATMの利用で手数料ゼロ円

またアイフル公式サイトで提示されている、返済期間の目安は以下の通り。

年15.0%で3年・5年・7年・10年で完済した場合
年12.0%で3年・5年・7年・10年で完済した場合

かなり詳しくシミュレートされているので、参考に随時返済をすすめましょう

消費者金融系のおまとめローンならば、アイフル「かりかえMAX」がおすすめです。

アイフルの申し込みはこちら

④将来的に増額審査を受けたいと思っている

カードローン利用中で将来的に、限度額の増額をのぞんでいるなら随時返済は必須

先述した通り随時返済の活用は、カードローン会社からの信用を高められます。

増額審査を受ける方法は主に「カードローン会社から増額の案内が来る」「自ら増額審査を受けたいと申し込む」の2つ。

随時返済を活用していると、増額の案内が来る可能性が高くなります。
また実際に増額審査を受けたときに、審査に大きく有利です。

増額審査を受けられるカードローンは以下の通り。

  1. SMBCモビット
  2. オリックス銀行カードローン

まだカードローンに申し込んでいない人で将来的に増額を望んでいる人は、上記2社を優先的に検討しましょう。

増額審査とは?

増額審査とは、利用限度額を引き上げるためにする審査のこと。

たとえば利用限度額800万円としても、最初から800万円借りられることはありません

どんな人でも最初に設定される利用限度額は、高くても50万円までなんですね。

50万円を超える利用限度額を希望する場合は、増額審査が必要になります。

増額可能なカードローン①:SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットのメリット
  • 利用限度額は最高800万円で増額にピッタリ
  • SMBCモビットから増額案内の電話をしてもらうことも可能

SMBCモビットの利用限度額は最高800万円で、増額するのにピッタリなカードローン。

基本的にSMBCモビットの増額申請は電話です。

専用サイト「My モビ」から手続きすれば、SMBCモビットから電話連絡をしてもらえます

SMBCモビットの申込はこちら

増額可能なカードローン②:オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンバナー
オリックス銀行カードローンのメリット
  • 利用限度額は最高800万円
  • 増額審査の申し込みはカードデスクへの電話
    (電話番号:0120-890-699 受付時間:平日のみ9:00~18:00)

オリックス銀行カードローンの利用限度額も最高800万円です。

増額申請はオリックス銀行のカードデスクに電話連絡するだけ

増額審査に関する不安やギモンがあれば、電話で相談もできます

オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら

⑤ボーナスをもらった・給料が上がった

ボーナスをもらった、または昇給したという場合は随時返済する絶好のタイミング

カードローンに限らず、ボーナスで借金を返済する人は多いです。

ただし一括返済はストレスにもつながるので注意してください。

ある程度は自由に使えるお金を残した上で、ボーナスを随時返済にあてるのがおすすめ。

昇給したという人は増額分を、随時返済にあてるように心がけましょう。

カードローンをかしこく利用するなら「随時返済」は必須!

OLたぬき
カードローンは毎月の負担にならない、最低返済額の安い業者を選んだんだけど・・・それって悪いことなんですか?
たぬき博士
決して悪くはないぞい。ただし最低返済額だけの返済じゃと、最終的に総返済額は高くなって返済期間は長くなる可能性が高いんじゃ。
OLたぬき
私みたいに安い最低返済額のカードローンを利用しているときに、随時返済が有効ってわけね。
たぬき博士
わかっとるじゃないか。逆にいえばもともと低金利のカードローンを利用しているなら、随時返済でさらに返済スピードがアップするということなんじゃよ。

スポンサーリンク

カードローン 返済カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

SMBCモビットの申込はこちら

 

スポンサーリンク

関連記事