1度審査落ちしたカードローンに再審査を申し込める?諦められない方必見!

せっかく申し込んでも、カードローンの審査で落ちてしまうことがあります。
中には「もう1度リベンジしよう」と考えている方もいるでしょう。

確かに1回落とされたカードローン会社に再び申し込むことはできます。
ただし再審査は最初に申込んだときより審査落ちのリスクが高まるのが現実。

再審査をクリアするために必要なことは2つ。

  • 次の申し込みまで時間を置く
  • なぜ審査に落ちたのか考える

2回目の審査でOKをもらうにはそれなりに長い時間がかかります。

もし再審査まで待てないなら「モビット」に申し込んでみよう!

冒頭で述べた通り、1度審査に落ちたところに再度申し込むのは難しいのが現実です。
それまで待てるなら良いですが、どうしても待てない場合は審査に受かるチャンスのあるところに申し込んでしまいましょう。

おすすめはモビットです!

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし!家族バレの心配はありません!

モビットの審査時間は早めなので、審査はそれほど厳しくないと考えられます。

また口コミでは年収が200万円~400万円の人でも借り入れられたという報告アリ。

「某銀行カードローンはダメだったがモビットでは審査通過した」との声も見られました。

もう一度難しい挑戦をして失敗するよりは、少しでも審査通過する可能性がある業者に申し込むほうが賢明でしょう。

モビットの申込はこちら

信用情報の記録が消える6ヶ月後まで申し込みは控えよう

審査に申し込んだ記録は6ヶ月後に消える

再審査はタイミングが命。

2回目の審査に申し込むのに少なくとも半年以上はあける必要があります。なぜなら前回の審査に関する記録が半年ですべて消えるからです。

これは他のカードローンに申し込む場合でも変わりません。

信用情報はカードローン会社の間で共有されているので「審査に落ちた」情報が消えるまでカードローンの申し込みそのものを控えましょう。

記録が残っていると再審査に落ちやすい

まだ信用情報に「審査に落ちた」という記録が残っている時に再審査に申し込むのはハイリスクです。

誰でも一度審査に落とした人からもう一度「お金を貸してほしい」と言われて「仕方ないから貸してあげよう」とは思いにくいですよね。

それはカードローン会社も同じ。一度審査に落としたことがある人に簡単にお金を貸そうとはしません

他のカードローンに何件も申し込むのはNG!

1社に落ちたからといって他のカードローンに何社も申し込む方がいますが絶対にやめましょう

いくつものカードローン会社に同時に申し込むと「申し込みブラック」となり、もっと信用情報に傷をつけることになります。
(参考:カードローンの申し込みブラックに要注意!同時申し込み・複数申し込みしていませんか?

申し込みブラックになる目安は1ヵ月に3件以上
もし他のカードローンに申し込みたいのであれば、多くても1ヵ月1件にしましょう。

リベンジ成功に向けて。審査に落ちる理由&対策を紹介!

前回審査に落ちた理由を考えて、再審査に向けて対策を打つ

再審査に申し込んで審査に通るのはかなり難しいことです。

何もしないまま再審査に申し込むと、また悪い記録がついてますますカードローンから遠ざかってしまいます。

ここは1度立ち止まって「どうしてカードローンの審査に落ちたのか?」原因をはっきりさせましょう。
よくある審査落ちの原因として次のようなものがあげられます。

  1. 他社からの借り入れが多い
  2. 収入に対して金額が高すぎる
  3. 勤続年数・居住年数が少ない
  4. 過去に返済トラブルを起こした
  5. 申し込んだ情報が間違っていた

また原因がわかったら、再審査に少しでも通りやすくするために対策を打ちましょう

理由①:他社からの借り入れが多い

申し込む段階ですでに他社への借り入れが残っていると審査で不利です。
しかし他社借り入れがあるからといって審査に必ず落ちるわけではありません。

他社借り入れも利用条件によってはカードローン会社からの信用を大きくする武器にもできます。

  • 総量規制に引っかかっている
  • きちんと返済されていない
  • 借入れ件数が多い

ただ上記の条件に当てはまるものがある場合は、それが審査に落ちた原因かもしれません。

総量規制に引っかかっている
ちゃんと返済されていない
借り入れ件数が多い

対策:どのケースも他社借入れを減らす努力をしよう

他社借入れが残っている方が再審査に通るためにしておきたいことはそれぞれ以下の通りです。

  • 総量規制に引っかかっている→少なめの金額で申し込む
  • きちんと返済されていない→こまめに返済を続ける
  • 借入れ件数が多い→借入件数を減らす

他社借入れがゼロに近いほどカードローンの審査には通りやすくなります。
以前申し込んだ時より少しでも他社借入れを減らしていることが再審査突破のカギです。

理由②:収入に対して金額が高すぎる

年収に比べて借りる金額が多すぎると審査に落ちやすくなります。
これは消費者金融ではもちろん、総量規制がない銀行カードローンでも同じです。

カードローン会社からすれば確実に返してくれる人に貸したいもの。
年収があまり高くないのに借りる金額が大きいとちゃんと返済してくれるか不安ですよね。

対策:申し込む金額は必要最低限にしよう

年収はすぐ増やせないので、解決策は借りたい金額を減らすしかありません。

「あとで必要になるかもしれないから余裕を持って借りよう」と大きめの金額で申し込むと審査に通りづらくなってしまいます。

再審査に少しでも通りやすくするために、必要以上の金額は申し込まないようにしましょう。

理由③:勤続年数・居住年数が少なかった

カードローンの審査では「安定」が大切です。

「安定」の度合いは申し込んだ人の勤続年数居住年数で決められ、年数が長いほど審査では高評価になります。

  • 転職・就職したばかり
  • 引っ越して日が浅い

このような方は勤続年数・居住年数が足りないので審査で不利です。
たとえ収入が高く、家の条件が良かったとしても「安定度が低い」と見られてしまいます。

対策:次回の申し込みまで同じ職場・住所で過ごそう

年数が原因で審査に落ちたのであれば解決策は簡単。
再審査に申し込む時まで職場や住所を変えずにいればいいだけです。

収入や家の条件に自信がない方でも「長年働いている・暮らしている」ということだけで審査に通るチャンスは十分にあります。

【どちらが審査で有利?】

・勤務先の場合
→大企業に就職・転職して数ヶ月の人<アルバイトを5年以上続けている人

・住居の場合
→持ち家に数ヶ月暮らしている人<賃貸で3年以上暮らしている人

次に申し込む時はできるだけ転職や引っ越しをせずに年数を稼いでおきましょう

1年以上あれば望ましいですが、最低でも半年以上同じ場所で過ごしていれば再審査に通る可能性は上がります。

カードローン審査では持ち家>借り家で有利!居住年数も関係アリ!

カードローンの審査において、持ち家が賃貸よりも有利になるワケとは? 賃貸でも審査に通りやすくなるポイントも紹介します!

理由④:過去に返済トラブルを起こしてブラックだった

キャッシングしたことがある方なら、ブラックリストに載っていることが原因で審査に落とされたかもしれません。

以下のような返済トラブルを過去に起こしているとブラックリスト入りになります。

  • 返済を3ヵ月以上延滞した
  • 債務整理をした

ブラックリストに載ってしまうとお金を借りることはかなり難しくなります。

対策:事故記録が消えるまで待つorブラックOKのカードローンに申し込む

もしブラックリストに関して思い当たることがあっても「もうカードローンを借りられない」と諦めないでください。

これらの情報は永遠にあるわけではありません。
5年~10年ほど経てば自動的に消えて「なかったこと」になります。

再審査に通るには傷が消えるまで待つか、ブラックでも借りられる可能性があるカードローンを検討しましょう。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

理由⑤:申し込んだ情報が間違っていた

もしカードローンの審査で不利になる条件がないのに審査に落ちた場合、間違った情報で申し込んだ可能性があります。

例えば個人情報を書き間違えただけでもカードローン会社にとっては「ウソの情報」です。
審査ではわざとでなくても正しくない情報があると審査に落とされます。

「まさかそんなことないよ」と思うかもしれませんが、入力ミスで審査に落ちるケースは珍しくありません。

カードローン審査で虚偽・嘘の記入・申告はNG!確実にバレます。

自分を少しでもよく見せようと思って、カードローンの審査で嘘の申告をしようとしてませんか? 審査では提出された書類や信用…

対策:急がば回れ、申し込みは慎重に

入力ミスで審査に落ちるのは本当にもったいないことですが、次回気をつければいいだけの話です。

お金が必要だからと焦った状態で申し込むと必ずといっていいほど記入ミスが起こります。

勤務先や住居に関する情報などは審査で大事な項目になるので、書類を見て確認しながら間違いなく書き込みましょう

審査に落ちた原因を見つけて、半年待ったら再チャレンジ!

たぬき博士
カードローンの再審査に通るのはカンタンなことではない。

  • 半年以上時間を置いてから申し込む
  • 自分で審査に落ちた原因を考えてできるだけ解決する

もしすぐにでもお金が必要なら、別のカードローンに申込んだほうが良いぞい。

カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事