プロミスの審査は甘い?厳しい?落ちないための審査ポイントを解説!

プロミスの2つの審査基準

CMでもおなじみの消費者金融「プロミス」
誰でも1度は名前を聞いたことはある、有名なカードローン会社ですね。
お金に困ったことのある人なら、誰でも利用を考えたことはあるのではないでしょうか。

「プロミスの利用を考えたことはあるけど・・・審査に通るか不安で・・・」

無事に借り入れできるか、あなたがとても心配になる気持ちはよくわかります。
あなたがプロミスを利用できるかどうかは、プロミスの審査基準をクリアしているかどうかにかかっているんですね。

プロミスが用意する審査基準は、決してクリアが困難なものではありません。
むしろ何もしなくても最初からクリアできていることが多いんですね。

この記事を読んで、ムダな恐怖心を取り除いて申し込みにのぞみましょう!

プロミスの審査時間は最短30分!最速1時間で融資も可能!

プロミスの融資スピードは驚異的!

プロミスの審査時間は、なんと最短30分
スムーズに手続きがすすめば、1時間の融資も可能となっています。

消費者金融カードローン「プロミス」はまさに、お金を急いでいる人にとっては最強のカードローンと言っても過言ではありません。

「今日までの支払いがあったのにお金がない…」
「急な飲み会が入ったけど手持ちが寂しすぎる」

など、緊急でお金が必要なときはプロミスの審査スピードが有利に働きます。

プロミスの審査で最低限クリアしておきたい2つの審査基準!

幅広い人に向けて門戸を開いている消費者金融カードローンのプロミスですが、誰でも利用できるわけではありません。

あなたがプロミスの利用を希望するならば、以下の2つの審査基準を最低限クリアする必要があります。

  1. 申し込み条件(年齢・安定した収入)を満たしているかどうか
  2. 信用情報に傷がないかどうか

これらの基準を満たしていれば、プロミスの審査に落ちる可能性は大幅に低くなります。

カードローンを利用した借り入れが初めてという場合は、特に②はクリアしている人がほとんどだと思います。自然と審査通過に近づいているんですね。

プロミスの申込はこちら

プロミスの審査基準①:申し込み条件を満たしているかどうか

プロミスの申し込み条件

プロミスに申し込みできる人は以下の通りです。

プロミスにおける2つの申し込み条件
  1. 申込者の年齢が20歳~69歳
  2. 申込者に安定した収入がある

あなたはプロミスに申し込める?無駄に審査落ちしないために確認しよう

「厳しい」「甘い」と評価が分かれるプロミスの審査。どんな人が審査に通りやすいの?逆に通らないのはどんな人?プロミスの審…

申し込み条件①:申込者の年齢が20歳~69歳

プロミスを利用できる年齢は、申し込み時点で20歳から69歳の人に限られます。

未成年の人や70歳以上の高齢の人は、プロミスに申し込みをしても自動的に審査に落ちることになるので注意しましょう。

申し込み条件②:申込者に安定した収入がある

属性 申し込みの可否
公務員・正社員
契約社員・派遣社員
フリーター・学生(アルバイト)
主婦(パートをしている)
年金受給者
専業主婦(配偶者に安定収入アリ)

安定した収入とは、働いているあなたに毎月きちんと入ってくる収入のことです。
FXやギャンブルなどで一時的に、何百万円と収入が入ってきても、評価にはプラスに影響しません

あくまで収入が安定していることが重要になります。
プロミスの最低返済額は業界トップクラスの1,000円~なので、収入の多さは関係ないんですね。

月数万円の収入であっても、それが安定して毎月入ってくるモノならば、バイトの学生やパートの主婦でもプロミスを利用することが可能です。

逆に無職や休職中で収入がない人は、審査を突破するのは厳しいと思ってくださいね。

専業主婦でカードローンを利用したい人は、以下の記事をご参照ください。

専業主婦にオススメのカードローンはこちら

プロミスの審査基準②:信用情報に傷がないかどうか

過去の延滞は審査に大きくマイナス!

信用情報とは、過去のカードローンなどの借り入れや返済の履歴のことです。
信用情報は信用情報機関が管理して、各金融機関と情報を共有しています。

申込者の氏名や生年月日、住所などからプロミスはまず、あなたの信用情報を調べます。
信用情報に傷があると早い段階で審査落ちになり、まともに審査してもらえません。

信用情報に傷がつく主な金融事故
  • 3ヶ月以上の延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産など)

3ヶ月以上の延滞債務整理などの金融事故の記録が、信用情報機関に記録されている場合は、プロミスの審査に通る確率がかなり低くなります

心当たりのある人は、信用情報から金融事故の記録が消えるのを待ってからプロミスに申し込むようにしましょう。

3ヶ月以上の延滞や債務整理の記録は、5~10年程度で信用情報機関から金融事故の記録がなくなるといわれています。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

プロミスの申込はこちら

プロミスの審査で見られる8つの評価ポイントを徹底解説!

プロミスの審査は総合評価
プロミスの審査ポイント プロミスの評価基準
審査①:収入 収入は 高いほど審査に有利
審査②:雇用形態 公務員・正社員>契約・派遣社員>アルバイト>個人事業主
審査③:勤続年数 5年以上>3年以上>1年以上>1年未満
審査④:居住区分  持ち家>社宅>賃貸住宅>公営住宅
審査⑤:年齢 20代・30代>40代>50代>60代
審査⑥:家族構成 既婚・子供なし>独身・子供なし>既婚・子供あり>独身・子供なし
審査⑦:他社借り入れ件数 0件>1件>2件>3件以上

最低限の審査基準をクリアできたら、よっぽどのことがない限り、ほぼ安心してもOKです。
ここからはあなたが希望した利用限度額が、のぞみ通りに設定されるかの判断基準になります。

個々人で高特典が得られる審査ポイントが違うと思います。
マイナス評価になりそうな審査ポイントがあっても、他の審査ポイントでカバーできるので、安心してくださいね。

プロミスの申込はこちら

プロミスの審査ポイント①:収入

【プロミスの審査ポイント①:収入】
年収は高いほど審査に有利
プロミス 年収

審査項目では年収は、高ければ高いほど評価が高いです。

プロミスの審査通過には安定した収入が必要ですが、希望する限度額の借り入れ(特に高額の場合)を実現するには、収入(年収)の多さは重要なカギになります。

ただし見栄を張って、収入を偽るようなマネはしないようにしてくださいね。

プロミスの審査ポイント②:雇用形態

【プロミスの審査ポイント②:雇用形態】
公務員・正社員>契約・派遣社員>アルバイト>個人事業主

プロミス 雇用形態

公務員や正社員など「クビになりにくい」安定している職業は高評価を得られます。

個人事業主や経営者の人は、自社の業績に大きく左右されるので、意外かと思いますがアルバイトよりも立場が不安定だとみなされます。

プロミスの審査ポイント③:勤続年数

【プロミスの審査ポイント③:勤続年数】
5年以上>3年以上>1年以上>1年未満
プロミス 入社年月

プロミスは、入社年月の項目でみなさんの勤続年数をみています。
会社を転々としているよりも1つの会社で長く勤めている人のほうが収入の安定性は高評価です。

いま現在の職場の勤続年数が、5年以上ならばこの審査ポイントでは言うことなしですね。
評価を得たいならば、最低でも1年以上の勤続年数が欲しいところです。

プロミスの審査ポイント④:居住区分

【プロミスの審査ポイント④:居住区分】
 持ち家>社宅>賃貸住宅>公営住宅
プロミス 住居形態

プロミスとしては、あなたが夜逃げなどで返済の義務から逃げることをもっともおそれるので、居住区分は夜逃げのしにくい(連絡のつきやすい)持ち家が1番評価が高いです。

あなたのお住まいが社宅であれば、社宅を提供できる福利厚生のしっかりした、安定した企業に勤めていると判断するので、審査ポイントは高得点です。

逆に公営住宅は低所得者向けの住宅なので、返済能力に余裕がないと判断されて、審査ポイントはマイナスになってしまいます。

プロミスの審査ポイント⑤:年齢

【プロミスの審査ポイント⑤:年齢】
20代・30代>40代>50代>60代
プロミス 生年月日

年齢は生年月日の項目から判断します。年齢が若いほうがこれから長く継続して働いていける可能性が高くなるので、毎月安定して収入が入ることが期待できます。

何十年も安定して収入が入れば、ある程度の金額でもきちんと継続して返済できるので、若い人はそれだけで評価ポイントは高得点を狙えます。

プロミスの審査ポイント⑥:家族構成

【プロミスの審査ポイント⑥:家族構成】
既婚・子供なし>独身・子供なし>既婚・子供あり>独身・子供あり
プロミス 家族構成

家族構成は既婚・子供なしが1番評価が高いです。
ただし配偶者が主婦(主夫)の場合は、共働きより評価が下がります。

子供はどうしても養育費がかかるため、返済にまわせるお金に余裕がないと判断されるので、評価は下がってしまいます。
よって子持ちで独身という人は、評価ポイントはかなりマイナスになってしまうんですね。

プロミスの審査ポイント⑦:他社からの借り入れ件数

【プロミスの審査ポイント⑦:他社からの借り入れ件数】
0件>1件>2件>3件以上
プロミス 他社借入件数

他社カードローンからの借り入れ件数は、少ないほど審査に有利に働きます
他社借り入れ件数が「3件以上」ある人は、プロミスの審査ではかなり不利になると思ってください。

いま現在、他社カードローンからの借り入れが3件以上ある人は、他社からの借り入れを1件で完済・解約してから、新たにプロミスに申し込みをするようにしましょう。

他社カードローンの借り入れは、残高をゼロにしただけでは減ったことになりません。
きちんと解約まですることを、忘れないようにしてくださいね。

プロミスの申込はこちら

プロミスの審査に関する4つのQ&A!気になることはココで解決!

プロミスの審査でよくある質問

まだプロミスの審査の不安やギモンが解消出来ない人のために、プロミスの審査に関するQ&Aコーナーを設けました。

プロミスの審査に関する4つのギモン
  1. プロミスの審査通過率について
  2. すべり止めの申し込みについて
  3. 最初の希望限度額について
  4. 申し込み時の虚偽申告について

カードローンの審査に対する恐怖心を取り除いて、少しでも自信を持ってプロミスに申し込めるようにしましょう。

Q1. プロミスの審査通過率ってどのくらい?

A1. プロミスの審査通過率は43.4%(※)です。
※プロミス 月次データ(2016年3月期)

審査通過率とは「申し込みした人のうち、どのくらいの人が審査に通ったかを表す割合」のことです。
100人申し込んで50人が審査に通った場合は審査通過率50%審査通過率の高いカードローン会社の人が審査に通りやすいことになります。

消費者金融カードローンで審査通過率は「40%~50%」程度なので、プロミスの審査通過率はカードローンの中で低いわけではありません

審査通過率が低くないことを考えると、プロミスの審査基準はそれほど厳しすぎるというほどではないことがわかります。

Q2. すべり止めで色んなカードローンに申し込んだほうがイイ?

A2. 審査には落ちることになるので絶対にやめましょう。

プロミスの審査に不安になりすぎて、消費者金融・銀行系問わず複数のカードローンへの申し込みを考えている人がいるかもしれません。

しかし複数のカードローン会社への申し込みは、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になります。
あなたがかなりお金に困っていて、返済能力に期待できないと判断されて、審査には落ちることになるので注意してくださいね。

カードローンの申し込みブラックに要注意!「とにかく」申し込みは嫌われる。

カードローン審査に通る可能性を高めるようとして、複数のカードローン会社に申し込もうとしていませんか?短期間で複数のカー…

Q3. 年収300万円くらいだけど希望限度額100万円でも大丈夫?

A3. 最初に設定される限度額は高くても50万円程度です。

プロミスのような消費者金融カードローンでは、借り入れ額の上限が年収の3分の1に制限される、総量規制が適用されます。なので理屈としては300万円の年収があれば、100万円の借り入れが可能です。

しかし、特にはじめてプロミスを利用する場合は、プロミスとしてはあなたが毎月きちんと返済を続けられる人なのかを判断する期間(仕事においての試用期間のようなもの)が必要です。

なのでよほど高収入の人でない限りは、最初の限度額は50万円が上限であると思ってください。
6ヶ月以上の優良な返済実績を積み上げることができれば、限度額を引き上げる増額審査を受けることも可能です。

プロミスでもっと借りたい方が知っておくべき増額審査の秘密

プロミスの限度額の秘密や限度額を引き上げる方法、限度額を増額するための審査について解説しています。プロミスでたくさんお…

Q4. 申し込みのときに収入を多めにしたら有利になる?

A4. 申し込み時にウソを書くと審査には落ちることになります。

収入や他社借り入れ件数など、特に数字に関する項目においてウソの情報を入力すると、あなたの情報を把握している信用情報機関からの指摘でウソがバレてしまい、審査には即落ちることになります。

注意すべきなのは、年収のケタや住所の番地を間違えてしまうなど、数字を誤入力する場合です。
この場合でも、結果的には虚偽申告になり、プロミスの審査には落ちてしまうので、申し込みの際は慎重に情報を入力することを心がけましょう。

カードローン審査で虚偽・嘘の記入・申告はNG!確実にバレます。

自分を少しでもよく見せようと思って、カードローンの審査で嘘の申告をしようとしてませんか? 審査では提出された書類や信用…

プロミスでは職場への電話による在籍確認があります

在籍確認は1分程度のアッサリした手続きですが、審査の重要な部分なので省略することはできません
これはプロミスに限らず、消費者金融・銀行系カードローンのどちらにもいえることです。

在籍確認は原則として職場への電話になりますが、あなたがプロミスに申し込んでいることが、職場の人にバレる心配はないんですね。

  • 電話は担当者の個人名(プロミスを名乗らない)
  • 電話は非通知・または携帯電話
  • あなたが電話に出なくてもOK

上記のようにバレないための対策を何重にも講じているため、在籍確認を必要以上に怖がることはありません。

⇨プロミスの在籍確認をもっと詳しく知りたい人はこちら

プロミスの申込はこちら

2つの審査基準をクリアできていればプロミスの審査通過はもう目の前!

ポン太
この記事を読んでギモンや誤解が解けて、かなり精神的にラクになった気がします。
たぬき博士
はじめてカードローンを利用するときは、どうしても不安がついてまわるものじゃ。

  1. 申込者の年齢が20歳~69歳
  2. 申込者に安定した収入がある

この2つの審査基準がクリアできていれば、審査に落ちる心配はほぼないといってもいいじゃろうな。

ポン太
ぼくは27歳だから年齢条件はOKです。そんなに収入は多くないですけど、会社勤めなので収入は安定していると思います!
たぬき博士
ふぉっふぉ。それならおぬしは、よっぽどのことがない限りは、プロミスを利用できる可能性が高いじゃろうな。どーんと構えていればいいんじゃ。

 

プロミスの申込はこちら

カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事

関連記事