プロミスの審査時間は最短30分!早く済む人の特徴や長引く原因をおさえよう

プロミスの審査時間は最短30分で済む本記事ではプロミスの審査時間についてまとめています。

本記事で紹介する内容
  • プロミス審査にかかる最短時間
  • プロミスの審査時間が30分になりやすい人
  • プロミスの審査時間が長引いてしまう原因
  • プロミスの審査時間に関するQ&A

「プロミスの審査時間ってどのくらい?カードローン会社の中ではどんな感じ?」
「プロミスの審査ってなんでこんなに早いの?」
「プロミスの審査を早く終わらせるためにはどうしたらいいの?」

上記のようなギモンを持っている人は、ぜひとも本記事を参考にしてみてください。

【プロミスの商品概要】

プロミスのバナー
カードローンの種類 消費者金融
金利 年4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
申し込み条件 ・年齢が満20歳~満69歳の間
・安定した収入がある
※主婦・学生でもパート・アルバイトによる
安定した収入がある場合は申し込みOK
即日融資 OK
審査時間 最短30分
WEB完結 OK
無利息サービス あり
(初回借り入れの翌日から30日間)
資金使途 生活費に限る
※個人事業主は生計費および事業費に限る
担保
保証人
不要

※無利息期間の適用にはメールアドレス登録・Web明細利用の登録が必要です

プロミスの審査は厳しくない!審査落ちの原因と対策を知ってスムーズな通過を目指そう

プロミスの審査は決して厳しいものではありません。実際に審査通過率は平均45.8%と約2人に1人は審査をクリア。本記事では審査落…

プロミスの審査時間は最短30分

プロミスの審査時間は最短30分

画像引用元:プロミス公式サイト

プロミスの審査が最短30分であることは、公式サイトに記載されています。

最短30分ほどでお知らせいたします。審査状況によってはご連絡までお時間がかかってしまう場合があることを、ご了承願います。

引用:プロミス公式サイト

融資までは「最短1時間」でOKなので、急いでいる人にうってつけといえるでしょう。

「できるだけ早く借りたい!」という人は、優先的にプロミスに申し込んでください。

プロミス審査の流れ

プロミスの審査の流れは、大きくわけて6ステップです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 在籍確認
  6. 契約・融資

審査が最短30分というときは、②から⑤にかかる時間を指します。

「審査は最短30分」を実現できる理由

審査における2つの工程は効率化されていてスムーズにすすむ

プロミスの審査では主に2つのことが行なわれます。

審査で行なわれること 内容
スコアリングシステム 申込者の返済能力を瞬時に点数化する
コンピューターの自動審査
信用情報のチェック
(信用情報・・・過去や現在利用中のローン商品の利用履歴)
・信用情報機関への照会
・申し込み内容と差異がないかの確認
・金融事故記録がないかの確認

どちらも効率化されていて同時に実施されるため、何十分もかかることはないんですね。

またプロミスの金利は利息制限法ギリギリで、お世辞にも低金利とはいえません。
(プロミスの最高金利は年17.8%・利息制限法の上限金利は年18.0%※)

※利用限度額が10万円~100万円未満の場合

そのため審査基準さえ満たせていれば、時間をかけずに審査を通しやすくなっています。

プロミスの高金利は「30日間無利息サービス」でカバーできる

カードローンは「消費者金融」と「銀行系カードローン」の2種類です。

消費者金融プロミスの金利は、年4.5%~17.8%(最低金利~最高金利)。
対して銀行系カードローンの金利は年14%台が多いんですね。

多くの人が最初に適用されるのは最高金利なので、プロミスの金利は高いといえるでしょう。

しかしプロミスには「初回借り入れの翌日から」30日間無利息になるサービスあり。

活用すれば「少額借り入れ・短期完済」の人は、低金利の業者よりおトクになります。
利息総額の比較について詳しくは、以下の記事をご参照ください。

プロミスは「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」で最大限おトクに利用しよう!

消費者金融プロミスは「30日間無利息サービス」あり。フル活用することで、銀行カードローンよりもおトクに利用できます。また…

審査時間を他社と比較してみた

プロミスの審査時間を他のカードローン業者と比較してみましょう。

カードローン会社 カードローンの種類 審査時間
プロミス 消費者金融 最短30分
アコム 消費者金融 最短30分
アイフル 消費者金融 最短30分
三井住友銀行カードローン  銀行系カードローン 最短1日
オリックス銀行カードローン  銀行系カードローン 2日~3日
じぶん銀行カードローン  銀行系カードローン 3日~4日
楽天銀行スーパーローン 銀行系カードローン 3日~1週間程度
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
銀行系カードローン 1週間~10日程度
みずほ銀行カードローン 銀行系カードローン 2週間程度

※申込者によって実際の審査時間と異なる場合があります

プロミスの審査時間は、大手消費者金融の中では平均的なスピードといえます。

しかし銀行系カードローンと比較するとかなり早いことがわかりますね。

即日融資を受けたい人は、プロミスを含む消費者金融への申し込みが必須です。

プロミス公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分で審査結果を受け取れます。

プロミスは即日融資OK!WEB契約 or 来店契約で最短1時間融資を実現しよう!

プロミスは即日融資OK!最短30分審査・最短1時間融資で、今日中にお金を借りるのに最適のカードローンです。ただし契約方法によ…

プロミスの審査時間が30分になりやすい人「4つの特徴」

プロミスの審査が早く終わりやすい人の特徴は4つあります。

【審査が30分で完了する可能性が高い人の特徴】

  1. 平日9:00~18:00に申し込んでいる
  2. WEBから「フル入力」で申し込んでいる
  3. 希望する利用限度額が30万円以内
  4. 他社借り入れがない

最短30分審査を実現するために、最低でも①②③は実践するようにしてください。

特徴①:平日9:00~18:00に申し込んでいる

最短30分審査を実現できるのは18時までに申し込んだ人

プロミスの申し込み完了を知らせるメールには、以下の記述があります。

審査結果は、9時~18時のお申込みの場合、最短30分程度でお知らせいたします。また、お客様の審査状況によってはご連絡までお時間がかかってしまう場合があることをご了承願います。

引用:プロミス申し込み後のメール

プロミスが審査を実施する時間帯は「9:00~21:00」です。

しかし18時以降は申し込みが混雑するためか、最短30分審査を約束できないんですね。

以上を踏まえて最低でも18時前には、申し込みを終わらせておくようにしてください。

なお曜日としては土日祝日が混みやすいので、なるべく平日に申し込みましょう。

特徴②:WEBから「フル入力」で申し込んでいる

WEB申し込みにおける2つの申し込み口

画像引用元:プロミス公式サイト

PCやスマホ以外の申し込み方法は、審査とは別に時間がかかるのでオススメできません。

「Web」以外の
申し込み方法
審査以外に
時間がかかる原因
プロミスコール※
0120-24-0365
口頭での申し込みになる
来店
(自動契約機・店頭窓口)
店舗までの移動時間がかかる
郵送 申込書の記入・郵送が必要になる

また「Web」での申し込みは、2つの申し込みフォームが用意されています。

  • 「カンタン入力でお申込み」
    ⇨ 少ない入力項目・後で口頭での確認
  • 「フル入力でお申込み」
    WEB上ですべての項目を入力

カンタン入力は「一次審査」があり、通過してから電話での確認があるんですね。

そのためフル入力よりは、必然的に時間がかかってしまうので注意が必要です。

以上から最短30分審査を実現する申し込み方法は「Web(フル入力)」1択といえます。

【画像付き】プロミスの申込方法を徹底解説!申込方法で迷ったら読むべし。

「プロミスを利用したいと考えてるけど、申込方法がわからない!」といった人のために、プロミスの申込方法の全てをまとめまし…

特徴③:希望する利用限度額が30万円以内

プロミスの申し込みフォーム「今回のお借入希望額」

画像引用元:プロミスの申し込みフォーム「今回のお借入希望額」

利用限度額が高くなるほど、審査は慎重になってしまうので注意してください。

特にプロミスでは希望限度額50万円超は、収入証明書類の提出が必須になります。

「収入証明書類を提出する=審査担当者がチェックする箇所が増える」ということ。

そのため審査が早い人は、希望限度額を50万円以内におさえているんですね。
他の要因で要提出とならないように、10~30万円の範囲で希望するのがオススメです。

なお最初に利用限度額が低めに設定されても、後で引き上げることができます。
(増額審査にクリアすることが条件・増額審査にかかる時間は「最短即日」)

プロミスでもっと借りたい!増額審査の流れやポイントをわかりやすく徹底解説。

プロミスの限度額の秘密や、限度額を引き上げる増額審査について解説しています。たくさんお金を借りるために重要なのは、プロ…

特徴④:他社借り入れがない

プロミスのような消費者金融は貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。
(総量規制・・・申込者の年収の3分の1を超えた融資を禁止したルール)

間違って総量規制オーバーになる融資をすれば、処分されるのはプロミスです。
申込者に他社借り入れがあれば、年収の3分の1超にならないかよく見ないといけません

そのため他社借り入れがないという人は、審査が早くすすむでしょう。
ただし借入残高が0円でも、解約しないと借り入れとみなされるので注意してください。

利用していないカードローンやクレジットカードは、解約しておくことをオススメします。

プロミスで申告しなくていい他社借り入れ

プロミスで申告しなくていい他社借り入れは以下の通り。

  • クレジットカードのショッピング枠
  • 銀行系カードローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

これらは貸金業法の適用外なので、プロミスで申告すべき他社借り入れに含まれません。

ただし消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などは申告が必要です。

プロミスの審査時間が長引いてしまう3つの原因

プロミスの審査時間が延びる3つの要因

プロミスの審査時間が長引く原因として、以下の3つが考えられます。

【プロミスの審査時間が長くなる原因】

  1. 申し込みフォームに誤入力があった
  2. 在籍確認が停滞している
  3. 必要書類の再提出を求められた

原因1つにつき10分近く時間が延びてしまうので、把握しておいてください。

原因①:申し込みフォームに誤入力があった

住所などに入力ミスがあった場合、申し込み後に正しい情報を確認されます。

確認の時間分だけ手続きが止まってしまうので、最短30分では終わらないかもしれません。

また年収・他社借り入れ状況・勤務先情報の入力ミスには注意してください。
最悪の場合、審査を有利にするための虚偽申告とみなされることも・・・。

プロミスが嘘をついたと判断したら、審査落ちとなるので注意しましょう。

原因②:在籍確認が停滞している

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で本当に働いているか確認する手続き。

プロミスの在籍確認は、担当者が個人名を名乗るカタチで勤務先に電話をかけます。

このときにスムーズに申込者の在籍の確認がとれないと、審査は止まってしまうんですね。
停滞しないためにはなるべく、一度目の電話でOKとなるようにしなければいけません。

特に土日祝日で勤務先が休業日という場合は、必然的に翌営業日まで持ち越しに・・・。

申込者自身が電話に出たり、事前相談で時間を調整したりなど対策しておきましょう。

原因③:必要書類の再提出を求められた

プロミスの必要書類の提出方法は、大きくわけて2つあります。

  • 撮影した画像のアップロード
    (Eメール・スマホアプリ)
  • 自動契約機での直接スキャン
    (自動契約コーナー)

自身で撮影する場合は、直接スキャンよりも画像が粗くなりやすいので注意が必要です。

ブレていたり文字が光や影で見えなかったりすると、再提出により時間が延びます。

必要書類を提出する際は、記載内容がすべてハッキリ読めるかを確認しておきましょう。

プロミスの必要書類まとめ。借入50万円以下なら本人確認書類1枚でOK!

プロミスは希望する利用限度額が50万円以下なら、収入証明書類の提出は不要!申し込みのために用意するのは「本人確認書類1枚だ…

プロミスの審査時間に関する4つのQ&A

プロミスの審査時間に関するギモンを集めてみました。

【プロミスの審査時間に関するギモン】

  1. 審査時間が雇用形態によって変わることはあるの?
  2. ブラックだと審査時間はかかりやすくなるの?
  3. 審査結果がいつまでも届かないんだけど長引いているの?
  4. おまとめローンの審査時間はどのくらいかかるの?

まだギモンが解消されていない人は、こちらを一読してみてください。

Q1. 審査時間が雇用形態によって変わることはあるの?

A1. 個人事業主や経営者は長引く可能性があります。

プロミスに申し込める雇用形態は幅広いです。

雇用形態・属性 プロミスに
申し込めるか
公務員
正社員
契約社員
派遣社員
フリーター
パート主婦
学生アルバイト
個人事業主・経営者
無職
専業主婦

審査で重視するのは「高収入であるか」ではなく「安定した収入」です。

そのため収入が業績に左右される、個人事業主や経営者は審査では不利に・・・。
本当に利用させていいか、時間をかけて審査をされることになるんですね。

個人事業主や経営者は、ビジネスローンへの申し込みをオススメします。

なお無職や専業主婦の人は、プロミスを利用できないので把握しておきましょう。

Q2. ブラックだと審査時間はかかりやすくなるの?

A2. ブラックの人はそもそもプロミスを利用できないと思ってください。

ブラックとは、信用情報に金融事故記録がある人のこと。

基本的にブラックになっている人は、どんなローン商品の審査も通りません

金融事故の登録期間は5~10年なので、記録が消滅するまで待つ必要があります。

どうしてもお金を借りたい人は、ブラックでも審査OKの業者に申し込みましょう。
代表的な業者は「フクホー」や「アロー」、「ベルーナノーティス」が挙げられます。

3社とも闇金ではなく、正規の貸金業者なので安心して申し込んでください。

Q3. 審査結果がいつまでも届かないんだけど長引いているの?

A3. メールアドレスが間違っている場合が考えられます。

審査結果がいつまでも届かない要因の1つが「メールアドレスの間違い」。

誤入力に心当たりがある人は、プロミスに電話して事情を説明しましょう。

なおドメイン指定を設定していることが原因で、メールが届かないこともあります。

申し込み時にはドメイン指定を解除するか「promise.co.jp」を登録してください。

Q4. おまとめローンの審査時間はどのくらいかかるの?

A4. プロミスのおまとめローンの審査時間は最短即日です。

プロミスではおまとめローン専用商品を扱っています。

一般的におまとめローンの審査は、通常のカードローンより大幅に時間がかかることも・・・。

しかしプロミスのおまとめローンは、最短で申し込んだその日のおまとめが可能です。

複数社の借り入れがある人で、おまとめを急いでいる人はプロミスに申し込みましょう。

取引金額が大きくなるので、利用でおトクになるかは事前に確認しておいてください。

プロミスのおまとめローンを徹底まとめ!審査から利用の流れまで教えます。

プロミスのフリーキャッシングは使ったことがあるけど、おまとめローンはどうなの?という方に、プロミスのおまとめローンのメ…

早く済む人のマネ × 長引く原因を対策=最短30分審査を実現!

早い人のマネ+事前の対策で最短30分審査を目指そう

プロミスの審査時間について紹介したことをまとめます。

最短30分審査を
実現できる理由
※2つの工程がスムーズ
・スコアリングシステム
・信用情報のチェック
審査が最短30分で
終わりやすい人の特徴
・平日9:00~18:00に申し込み
・WEBから「フル入力」で申し込み
希望限度額が30万円以内
・他社借り入れがない
審査時間が長引く原因 ・申し込みフォームに誤入力
・1回目の電話で在籍確認がとれない
・必要書類の再提出を求められた

プロミスの審査時間は最短30分と、業界トップクラスの審査スピードです。

30分で済みやすい人の特徴をマネして、長引く原因を参考に対策しておきましょう。

できる限り早くプロミスから借り入れたい人は、本記事を参考にしてください。

プロミス公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
無利息サービス※で「初回借り入れの翌日から」30日間は利息が発生しません。

※無利息期間の適用にはメールアドレス登録・Web明細利用の登録が必要です

スポンサーリンク

プロミスカテゴリーへ戻る

スポンサーリンク

関連記事