オトクさを追求するならプロミス!無利息とポイント会員でサービス無双!

ポン太
博士!プロミスにはお得なサービスがあるんですよね??
たぬき博士
  • 30日間無利息サービス
  • 会員ポイントサービス

プロミスではこの2つのサービスを実施しておるぞい。

ポン太
無利息期間は他のカードローン会社で聞いたことがあるけど、ポイントサービスはカードローン会社では珍しいですよね。
たぬき博士
この2つのサービスについて、概要と上手な利用方法を解説していくからよく聞いておくのじゃぞ。

プロミスは初回借入れから30日間は利息がゼロ!

カードローンでお金を借りるなら絶対に払わないといけない利息。利息があることで、実際に借りた金額よりも多くのお金をカードローン会社に返済する必要があります。

「カードローンに金利がなかったらいいのに」「できれば利息は払いたくない」

そんなわがままな願いを叶えてくれるのが、プロミスの30日間無利息サービスです。プロミスに初めて申し込んだ方なら、初めてお金を借りた日から計算して30日間金利が一切かかりません

プロミスの申込はこちら

30日間無利息サービスにはこんなメリットが!

プロミスの30日間無利息サービスは、これからカードローンを利用しようと思っている方全員にとって嬉しいサービスになっています。

30日以内に返済するならタダでお金が借りられる!

プロミス無利息サービスのメリット①

無利息サービスの最大のメリットは30日以内に返済するならタダでお金を借りることができること。

「急にお金が必要になったけど給料が入ったら返せる!」という方なら、余分なお金を払わずにお金を借りることができます。友達にお金を借りるのと同じ感覚ですね。

給料の中から一括で返せるくらいのお金を借りたいと考えているのなら、無利息期間があるプロミスを利用しない手はありません。

プロミスの申込はこちら

30日間の利息がない分返済総額が少なくなる!

プロミス無利息サービスのメリット②

毎月コツコツ返済していこうと考えている方でも、無利息サービスがあれば最初の30日間の利息分はお得になります。。

例えば50万円借りて毎月コツコツ返済しようと考えている場合を考えてみましょう。無利息期間がないカードローン会社と比べて、約7315円(最初の30日間分の利息)だけ利息が少なくなります。

さらに利息が発生しないことで、1か月目の返済は全て借りたお金(元金)に充てられます。

例えば50万円の借入をして最初の月に2万円を返済した場合、無利息期間があるプロミスでは返済額の2万円がまるまる元金に充てられるので、返済後の残高は48万円です。

無利息期間がないカードローン会社では、返済額の2万円から利息分が差し引かれて元金に充てられるので、返済後の残高はプロミスよりも多くなってしまいます。

無利息期間がないカードローン会社よりも元金が多く減る分、2ヵ月目にかかる利息を抑えることが可能です。

30日間無利息サービスの利用条件

  • プロミスを初めて利用する
  • Eメールアドレスを登録する
  • Web明細を利用する

「Eメールアドレスの登録」や「WEB明細の利用」の条件は申し込みさえすれば誰でも利用できるので、30日間無利息サービスの条件は実質「プロミスの利用が初めて」だけです。

30日間無利息サービス終了後の利息について

お金を借りてから31日後から、その時点での残高に対して利息が発生します。

  • 最初に5万、20日後に5万円借りた場合
  • 最初に15万円借りて、20日後に5万円返済した場合
無利息サービス終了後の利息

最初に借りた金額は違いますが、どちらも31日目の借入残高が10万円なので、無利息期間が終わると「10万円」に対して利息がかかっていくことになります。

ポン太
ということは、一括返済できなくても無利息サービスが終わる前にできるだけ元金を減らしておく方が利息が安くなるってことですね!
たぬき博士
その通りじゃ!無利息サービスも使いようじゃのぅ。

貯めれば貯めるだけお得に!プロミスのポイントサービス

プロミスではカードローン会社や消費者金融としては珍しく、ポイントサービスを提供しています。

ポイントサービスの申し込み方法

  1. カード番号とカード暗証番号で会員サービスにログイン
  2. ポイント申し込みボタンをクリック

ポイントサービスの申し込みはたった2ステップで完了です。簡単に登録できるので、プロミスのカードローンを利用する方はぜひ登録しておいてください。

プロミス会員について

審査に通って契約完了すると、自動的にプロミス会員になります。会員ログインフォームにカード番号と暗証番号を入力すればログイン可能です。

プロミス会員ログイン画面

ポイントの貯め方

ポイントの貯め方

ポイントを貯めると聞くと「たくさん借りてたくさん返済しないといけないんじゃないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、プロミスのポイントは簡単な操作でどんどん貯まっていきます。

獲得ポイント  条件など
 ポイントサービス申し込み 100ポイント  初回登録時
会員サービス初回ログイン 10ポイント 初回ログイン時
「プロミスからのお知らせ」確認 5~20ポイント(※1) 会員サービス内のお知らせ
収入証明書類の提出(※2) 160ポイント
「ご返済日お知らせメール」利用 1ポイント 月末時点でサービスに登録している場合、翌月にポイント付与
「取引確認メール」利用
「WEB上での書面受け取り」利用

(※1)お知らせ内容によって獲得ポイント数は変動。獲得ポイントはお知らせ内に記載。

(※2)同じ年(1月1日~12月31日)に複数提出した場合は初回分のみポイントを適用

まず「ポイントサービス申し込み」の100ポイント、「会員サービス初回ログイン」の10ポイントを受け取りましょう。何も用意する必要なく、簡単な操作でポイントを獲得できます。

収入証明書の160ポイントも見逃してはいけません。申し込みの際に収入証明書を提出しない場合でも、契約後に提出することでポイントがもらえます。(※プロミスは限度額50万円の借入まで収入証明書が不要です。)

あとは残りの方法で地道にポイントを貯めていきましょう。「ご返済日お知らせメール」「取引確認メール」「WEB上でも書面受け取り」の3つのサービスに登録すれば、最低でも毎月3ポイントずつポイントが加算されます。

会員画面の「プロミスからのお知らせ」もこまめにチェックするようにしてください。

ポイントの使い道

ポイントの使いみち
貯めたポイントには、次の2通りの使い道があります。

  • 提携ATM手数料無料サービス:40ポイント
  • 無利息サービス:250~450ポイント

プロミスの申込はこちら

ATM手数料が最大で60日近く無料に!

40ポイントと引き換えに、キャッシングや返済に利用する全てのATM手数料が無料になります。

手数料が無料期間はサービスを申し込んだ日から翌月の末日まで。例えば1月2日に申し込んだとすると、2月28日まで58日間手数料なしでATMを利用することができます。

こまめにキャッシングしようと思っている方や、積極的に随時返済しようと思っている方にとっては嬉しいサービスですね。

無利息期間再び

250ポイント以上貯めれば最大30日間の無利息サービスが利用できるようになります。必要なポイントと無利息期間の長さは以下の通り。

  • 250ポイント:7日間の無利息期間
  • 400ポイント:15日間の無利息期間
  • 700ポイント:30日間の無利息期間

700ポイントまで貯めれば、初めに味わった30日間無利息のサービスをもう一度体感することができます。

無利息サービスが始まるのは、次の返済の翌日からです。サービスを申し込んでからすぐに始まるわけではないので注意してください。

ポイントで無利息サービス
無利息サービス申請後の返済について

無利息サービスが始まるのは、正確に言うと「利息以上の返済」の翌日からになります。無利息サービスを申請した方は最低でも利息分は返済するようにしてください。

プロミスは「あったら嬉しい」サービスを提供!

ポン太
どちらのサービスもめちゃくちゃお得ってわけではないけど、あったらあったで嬉しいサービスですね。
たぬき博士
利用の「オトク度」で見ると、ポイントサービスがある分プロミスが他の消費者金融を1歩リードしているといえるのぅ。
たぬき博士
消費者金融はどこも特徴が似とる部分があるから、お得なサービスが豊富かどうかで申し込み先を選ぶのも1つの手じゃぞい。

プロミスの申込はこちら

プロミスカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事