プロミスは「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」で最大限おトクに利用しよう!

プロミスは2つのサービスの活用で超おトクになる

今回はプロミスの「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」を解説します。

本記事で解説すること
  • 30日間無利息サービスの利用条件と適用期間
  • 30日間無利息サービスでどれだけおトクになるかの検証結果
  • ポイントサービスのメリットと申し込みの流れ

2つのサービスを活用して、消費者金融プロミスを最大限おトクに利用しましょう。

プロミスの商品概要
金利 年4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
30日間無利息サービス
の利用条件
・プロミスをはじめて利用する
・Web明細を利用する
・メールアドレスを登録する
30日間無利息サービス
の適用期間
初回借り入れの
翌日から30日間
ポイントサービス
のメリット
・提携ATM手数料を
無料にできる
・無利息サービスを
新たに作れる

消費者金融プロミスはもともと、返済しやすいカードローンです。

  • 最低返済額は1,000円から
  • インターネットから24時間無料で返済OK
  • 口座振替できるのでATMまで足を運ぶ必要ナシ
  • 返済日お知らせメールでうっかり忘れを防止できる

返済しやすさに加えて、無利息サービス・ポイントサービスでさらにおトクになります。

すでに利用中の人は「ポイントサービス」について深く知りましょう。

プロミスの返済まとめ!最低返済額と6種の返済方法について徹底解説します!

多彩な返済方法ゆえに、どれにするか迷ってしまっている方は必見!プロミスのカードローンを手数料をかけずに返済できる方法教…

最短1時間融資!プロミスの申込はこちら

\\はじめての利用なら30日間は利息ゼロ円※!//

※無利息期間の適用にはメールアドレス登録・Web明細利用の登録が必要です

プロミスの「30日間無利息サービス」の利用条件と適用期間

プロミスの「30日間無利息サービス」の利用条件

条件はほぼすべての人がクリアできる

プロミスの「30日間無利息サービス」を利用する条件は以下の通り。

「30日間無利息サービス」の利用条件
  1. プロミスをはじめて利用する
  2. Web明細を利用する
  3. メールアドレスを登録する

過去にプロミスと契約していた人は「30日間無利息サービス」は利用NGです。

またWeb明細とは、会員サービスで利用明細書や受取証書を確認できるサービス。

いつでもどこでもスマホから確認できて、紙のようになくす心配はありません。

Web明細の利用・メールアドレスの登録は、新規契約の際に設定できます。

プロミスの「30日間無利息サービス」の適用期間

プロミスの無利息サービスの適用期間

プロミスの「30日間無利息サービス」の起算日は、初回借り入れの翌日

他社では「契約日の翌日」が多く、契約から借り入れまで間が空くと損をしてしまいます。

しかしプロミスは、無利息期間30日間をフルで利用できるので損する心配はゼロです。

また適用期間の途中で追加融資を受けても、無利息期間に影響はありません。

ただし無利息期間中に、延滞した場合はサービスは強制終了するの注意しましょう。

プロミスの返済遅れは絶対NG!延滞後の流れからデメリットまで徹底解説します。

プロミスを延滞すると遅延損害金が発生して、著しく信用が低下します。今回は返済に遅れた後の流れやデメリット、延滞対策もす…

その日に借りれる!プロミスの申込はこちら

\\30日間無利息サービス※で利息負担が少ない!//

※無利息期間の適用にはメールアドレス登録・Web明細利用の登録が必要です

「30日間無利息サービス」でおトクになるか利息を比較

どちらがおトクになるか利息比較してみた

無利息期間つきのプロミスと、銀行カードローンの利息比較のパターンは以下の通り。

プロミスと銀行カードローンの利息比較のパターン
  1. 5万円を借り入れて3~7ヶ月で完済
  2. 10万円を借り入れて3~7ヶ月で完済
  3. 15万円を借り入れて3~7ヶ月で完済
  4. 20万円を借り入れて3~7ヶ月で完済
  5. 25万円を借り入れて3~7ヶ月で完済
  6. 30万円を借り入れて3~7ヶ月で完済

結論を先にいうと6ヶ月以内に完済すれば、プロミスのほうがおトクになりました。

ただし無利息期間のないプロミスだと、すべてのケースで銀行カードローンに負けます。

なお両社の金利は「プロミス:年17.8%」「銀行カードローン:14.9%」です。

消費者金融(プロミス)と銀行カードローンの違い

カードローン会社は大きく分けて「消費者金融」と「銀行カードローン」の2種類。

特徴/カードローン会社 消費者金融 銀行カードローン
金利 高め 低め
無利息サービス あることが多い ないことが多い
即日融資 できる できない
審査時間 最短30分 2~3営業日
代表的な業者 プロミス
・アコム
・アイフル
・みずほ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・東京スター銀行おまとめローン

このうちプロミスは消費者金融に当てはまります。

借り入れ金額や返済期間によって、申し込み先が変わるので把握しておきましょう。

  • 消費者金融・・・少額の借り入れ・短期の返済におすすめ
    (少額=10~30万円・短期=5ヶ月以内)
  • 銀行カードローン・・・高額の借り入れ・長期の返済におすすめ
    (高額=30万円超・長期・・・6ヶ月以上)

消費者金融は高金利ですが、無利息サービスがついていることが多いです。

ただし返済期間6ヶ月超から、高金利をカバーできなくなるので注意してください。

利息比較①:5万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

5万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

5万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間無利息サービスがある場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
1,463円 1,836円 プロミスのほうが
373円おトク
4ヶ月
(120日)
2,194円 2,449円 プロミスのほうが
255円おトク
5ヶ月
(150日)
2,926円 3,061円 プロミスのほうが
135円おトク
6ヶ月
(180日)
3,657円 3,673円 プロミスのほうが
16円おトク
7ヶ月
(210日)
4,389円 4,286円 銀行カードローン
のほうが103円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

6ヶ月以内に完済できれば、30日間無利息サービスを利用したほうがおトクです。

5万円を完済するのに必要な1回あたりの返済金額の目安
  • 3ヶ月で完済する場合1回の返済金額は「17,163円
  • 4ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「12,966円
  • 5ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「10,449円
  • 6ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「8,771円

借り入れ金額が5万円なら、毎月の負担は1万円ちょっとでOK。

6ヶ月で完済すれば返済金額は1万円未満で済むので、負担に感じる心配はありません。

30日間無利息サービスのないプロミスと銀行カードローンの利息比較

5万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間利息0円サービスがない場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
2,194円 1,849円 銀行カードローン
のほうが345円おトク
4ヶ月
(120日)
2,926円 2,466円 銀行カードローン
のほうが460円おトク
5ヶ月
(150日)
3,657円 3,082円 銀行カードローン
のほうが575円おトク
6ヶ月
(180日)
4,389円 3,699円 銀行カードローン
のほうが690円おトク
7ヶ月
(210日)
5,120円 4,315円 銀行カードローン
のほうが805円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

利息比較②:10万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

10万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

10万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間無利息サービスがある場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
2,926円 3,673円 プロミスのほうが
747円おトク
4ヶ月
(120日)
4,389円 4,898円 プロミスのほうが
509円おトク
5ヶ月
(150日)
5,852円 6,123円 プロミスのほうが
271円おトク
6ヶ月
(180日)
7,315円 7,347円 プロミスのほうが
32円おトク
7ヶ月
(210日)
8,778円 8,572円 銀行カードローン
のほうが206円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

6ヶ月以内に完済できれば、30日間無利息サービスを利用したほうがおトクです。

10万円を完済するのに必要な1回あたりの返済金額の目安
  • 3ヶ月で完済する場合1回の返済金額は「34,327円
  • 4ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「25,933円
  • 5ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「20,898円
  • 6ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「17,542円

10万円を借りても返済金額は2万円程度でOK。負担を重く感じることはないでしょう。

30日間無利息サービスのないプロミスと銀行カードローンの利息比較

10万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間利息0円サービスがない場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
4,389円 3,673円 銀行カードローン
のほうが716円おトク
4ヶ月
(120日)
5,852円 4,898円 銀行カードローン
のほうが954円おトク
5ヶ月
(150日)
7,315円 6,123円 銀行カードローン
のほうが1,192円おトク
6ヶ月
(180日)
8,778円 7,347円 銀行カードローン
のほうが1,431円おトク
7ヶ月
(210日)
10,241円 8,572円 銀行カードローン
のほうが1,669円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

利息比較③:15万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

15万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

15万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間無利息サービスがある場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
4,349円 5,510円 プロミスのほうが
1,161円おトク
4ヶ月
(120日)
6,583円 7,347円 プロミスのほうが
764円おトク
5ヶ月
(150日)
8,778円 9,184円 プロミスのほうが
406円おトク
6ヶ月
(180日)
10,972円 11,021円 プロミスのほうが
49円おトク
7ヶ月
(210日)
13,167円 12,858円 銀行カードローン
のほうが309円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

6ヶ月以内に完済できれば、30日間無利息サービスを利用したほうがおトクです。

15万円を完済するのに必要な1回あたりの返済金額の目安
  • 3ヶ月で完済する場合1回の返済金額は「51,490円
  • 4ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「38,900円
  • 5ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「31,348円
  • 6ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「26,313円

15万円を借りた場合、早く完済しようとすると負担に感じることもあるかもしれません。

ただし6ヶ月で完済すれば、1回の返済金額は3万円未満で済みます。

30日間無利息サービスのないプロミスと銀行カードローンの利息比較

15万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間利息0円サービスがない場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
6,583円 5,510円 銀行カードローン
のほうが1,073円おトク
4ヶ月
(120日)
8,778円 7,347円 銀行カードローン
のほうが1,431円おトク
5ヶ月
(150日)
10,972円 9,184円 銀行カードローン
のほうが1,788円おトク
6ヶ月
(180日)
13,167円 11,021円 銀行カードローン
のほうが2,146円おトク
7ヶ月
(210日)
15,361円 12,858円 銀行カードローン
のほうが2,503円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

無利息サービスあり※!プロミスの申込はこちら

※無利息期間の適用にはメールアドレス登録・Web明細利用の登録が必要です

利息比較④:20万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

20万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

20万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間無利息サービスがある場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
5,852円 7,347円 プロミスのほうが
1,495円おトク
4ヶ月
(120日)
8,778円 9,797円 プロミスのほうが
1,019円おトク
5ヶ月
(150日)
11,704円 12,246円 プロミスのほうが
542円おトク
6ヶ月
(180日)
14,630円 14,695円 プロミスのほうが
65円おトク
7ヶ月
(210日)
17,556円 17,145円 銀行カードローン
のほうが411円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

6ヶ月以内に完済できれば、30日間無利息サービスを利用したほうがおトクです。

20万円を完済するのに必要な1回あたりの返済金額の目安
  • 3ヶ月で完済する場合1回の返済金額は「68,654円
  • 4ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「51,867円
  • 5ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「41,797円
  • 6ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「35,085円

20万円を借りると6ヶ月で完済しても、1回の返済金額は3万円を超えてきます。

ここからは毎月の支出を節約しながら、返済のお金に充てることも検討してください。

30日間無利息サービスのないプロミスと銀行カードローンの利息比較

20万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間利息0円サービスがない場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
8,778円 7,347円 銀行カードローン
のほうが1,431円おトク
4ヶ月
(120日)
11,704円 9,797円 銀行カードローン
のほうが1,907円おトク
5ヶ月
(150日)
14,630円 12,246円 銀行カードローン
のほうが2,384円おトク
6ヶ月
(180日)
17,556円 14,695円 銀行カードローン
のほうが2,861円おトク
7ヶ月
(210日)
20,482円 17,145円 銀行カードローン
のほうが3,337円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

利息比較⑤:25万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

25万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

25万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間無利息サービスがある場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
7,315円 9,184円 プロミスのほうが
1,869円おトク
4ヶ月
(120日)
10,972円 12,246円 プロミスのほうが
1,274円おトク
5ヶ月
(150日)
14,630円 15,308円 プロミスのほうが
678円おトク
6ヶ月
(180日)
18,287円 18,369円 プロミスのほうが
82円おトク
7ヶ月
(210日)
21,945円 21,431円 銀行カードローン
のほうが514円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

6ヶ月以内に完済できれば、30日間無利息サービスを利用したほうがおトクです。

25万円を完済するのに必要な1回あたりの返済金額の目安
  • 3ヶ月で完済する場合1回の返済金額は「85,817円
  • 4ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「64,834円
  • 5ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「52,246円
  • 6ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「43,856円

6ヶ月で完済すれば、1回の返済金額は5万円未満で済みます。

支出を上手に切り詰めることができれば、支払えない金額ではありません。

30日間無利息サービスのないプロミスと銀行カードローンの利息比較

25万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間利息0円サービスがない場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
10,972円 9,184円 銀行カードローン
のほうが1,788円おトク
4ヶ月
(120日)
14,630円 12,246円 銀行カードローン
のほうが2,384円おトク
5ヶ月
(150日)
18,287円 15,308円 銀行カードローン
のほうが2,979円おトク
6ヶ月
(180日)
21,945円 18,369円 銀行カードローン
のほうが3,576円おトク
7ヶ月
(210日)
25,602円 21,431円 銀行カードローン
のほうが4,171円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

利息比較⑥:30万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

30万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合

30万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間無利息サービスがある場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
8,778円 11,021円 プロミスのほうが
2,243円おトク
4ヶ月
(120日)
13,167円 14,695円 プロミスのほうが
1,528円おトク
5ヶ月
(150日)
17,556円 18,369円 プロミスのほうが
813円おトク
6ヶ月
(180日)
21,945円 22,043円 プロミスのほうが
98円おトク
7ヶ月
(210日)
26,334円 25,717円 銀行カードローン
のほうが617円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

6ヶ月以内に完済できれば、30日間無利息サービスを利用したほうがおトクです。

30万円を完済するのに必要な1回あたりの返済金額の目安
  • 3ヶ月で完済する場合1回の返済金額は「102,981円
  • 4ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「77,801円
  • 5ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「62,696円
  • 6ヶ月で完済する場合:1回の返済金額は「52,627円

30万円になると6ヶ月で完済でも、1回の返済金額は5万円を超えます。

また3ヶ月で完済するには、10万円を超える返済金額が必要になっていますよね。

銀行カードローンよりおトクに利用したい人は、借り入れ額と返済期間に注意しましょう。

30日間無利息サービスのないプロミスと銀行カードローンの利息比較

30万円を借り入れて3~7ヶ月で完済した場合の、両社の利息総額は以下の通り。

完済までの期間 プロミス
の利息総額
(30日間利息0円サービスがない場合)
銀行カードローン
の利息総額
どちらがおトクか
3ヶ月
(90日)
13,167円 11,021円 銀行カードローン
のほうが2,146円おトク
4ヶ月
(120日)
17,556円 14,695円 銀行カードローン
のほうが2,861円おトク
5ヶ月
(150日)
21,945円 18,369円 銀行カードローン
のほうが3,576円おトク
6ヶ月
(180日)
26,334円 22,043円 銀行カードローン
のほうが4,291円おトク
7ヶ月
(210日)
30,723円 25,717円 銀行カードローン
のほうが5,006円おトク

※実際の数字とは異なる場合があります

カードレスOK!プロミスの申込はこちら

プロミスの「ポイントサービス」のメリットと申し込みの流れ

プロミスの「ポイントサービス」のメリット

プロミスの「ポイントサービス」のメリット

プロミスの「ポイントサービス」の大きなメリットは以下の通り。

プロミスの「ポイントサービス」のメリット
  1. ポイントで提携ATMの手数料を無料にできる
  2. ポイントで無利息サービスを受けられる

どちらもスムーズでおトクな完済には、心強いメリットなので知っておきましょう。

ポイントサービス①:提携ATM手数料無料サービス

ポイントサービス①:提携ATM手数料無料サービス
サービスの利用に
必要なポイント
サービスの
適用期間
40ポイント 申し込みの日から
翌月の末日まで

提携ATM手数料無料サービスとは、提携ATMの手数料が一定期間ゼロ円になるサービス。

利用すれば借り入れや返済に、余計なお金がかかる心配はありません

プロミスの主な提携ATMは以下の通り。

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
    (利用にはWeb明細の登録が必要)
  • イーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 東京スター銀行ATM

これらのうち「三井住友銀行ATM」は、もともと手数料無料。
(提携ATMではないが「プロミスATM」も利用手数料はゼロ円)

自宅や勤務先の近くにあるなら、提携ATM手数料無料サービスの利用は不要です。

提携ATMの利用手数料

三井住友銀行ATM以外の提携ATMは、利用手数料がかかります。

取引金額 借り入れ・返済
の利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

提携ATM以外では「プロミスATM」も、利用手数料ゼロ円なので把握しておきましょう。

ポイントサービス②:無利息サービス

ポイントサービス②:無利息サービス
サービスの利用に
必要なポイント
サービスの
適用期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

無利息サービスとは、申し込んだ無利息期間をポイントで作れるサービス。

700ポイントを使えば、初回契約時と同じ30日間の無利息期間が作れます。

ポイントサービスを利用した、無利息期間の開始日は以下の通り。

  • 利息以上を返済した翌日
  • 完済時は再度借り入れの翌日

借入残高があるときにサービスに申し込み、適用前に完済した場合は申し込みは取り消し。

また無利息期間中でも返済日には、借入残高に応じた返済金額を支払わなければいけません。

プロミスの「ポイントサービス」の申し込みの流れ

プロミスの「ポイントサービス」の申し込みの流れは以下の通り。

プロミスの「ポイントサービス」の申し込みの流れ
  1. 会員サービスにログイン
  2. 「プロミスポイントサービスボタン」をクリック
  3. 「ポイント申し込みボタン」をクリック
  4. ポイントサービスの登録完了

カード番号・カード暗証番号」か「Web-ID・パスワード」で会員サービスに入ります。

会員サービスのメニューから「プロミスポイントサービス」に移動してください。

「ポイント申込ボタン」を押下すれば登録は完了。

登録後はポイントの獲得も、獲得したポイントの利用もOKです。

プロミスのポイントを貯める方法

すぐに260ポイントが作れる

プロミスのポイントを貯められる、各種サービスは以下の通り。

各種サービス 獲得できる
ポイント
ポイントの
獲得条件
プロミスポイントの
サービス申し込み
100ポイント 初回登録の
ときにもらえる
インターネット会員
サービスログイン
10ポイント 毎月の初回ログインの
ときにもらえる
インターネット会員
サービス内の
「プロミスからのお知らせ」の確認
5~20ポイント ポイントになるお知らせと
ならないお知らせがある
収入証明書類
の提出受付
160ポイント 同年中の書類は初回のみ
ポイントをもらえる
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月の月末時点に
サービスを利用している
ともらえる
取引確認メール
パソコンやスマホによる
書面の受け取り

最初にポイントサービスを申し込んだだけで、100ポイントも獲得できます。

また収入証明書類の提出は、特にポイントが大きいことがわかりますよね。

新規申し込み時で、収入証明書類の提出が不要だった人はぜひとも提出しましょう。

取引状況によっては、ポイントサービスを利用できないので注意してください。
(プロミスの返済が一定期間を超えて遅れている場合など)

返済方法が豊富!プロミスの申込はこちら

2つのサービスを活用してプロミスをおトクに完済しよう!

OLたぬき
プロミスの無利息サービスで銀行カードローンよりおトクに利用するなら、借り入れは15万円くらいで5ヶ月以内に完済するのが私にはいいみたいです。
たぬき博士
借り入れが高額だと銀行カードローンよりおトクになるには、必然的に1回の返済金額も高くなる。そのあたりが返済しやすいポイントかもしれんのぉ。
OLたぬき
あとポイントサービスもありますよね。私ポイントとか貯めるの大好き。ポイントで新たに無利息期間も作れるなんてすっごい魅力的です。
たぬき博士
ふぉっふぉ。使うポイントによって適用期間は異なるぞい。

  • 250ポイント・・・作れる無利息期間は「7日間
  • 400ポイント・・・作れる無利息期間は「15日間
  • 700ポイント・・・作れる無利息期間は「30日間

700ポイントを使えば、新規契約時と同じ30日間の無利息期間を作れるんじゃよ!

最短1時間融資!プロミスの申込はこちら

\\はじめての利用なら30日間は利息ゼロ円※!//

※無利息期間の適用にはメールアドレス登録・Web明細利用の登録が必要です

-この記事を監修してくれたファイナンシャルプランナー-
志塚洋介先生

志塚 洋介(しづか ようすけ)先生

ファイナンシャルプランナー

行政書士として相続・遺言など民事を中心に業務を扱い
FPとして証券会社での経験を活かし資産運用や不動産関連のアドバイスやセミナーなど
幅広く業務を行っている。

詳しくみる

スポンサーリンク

プロミスカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットに申込

\\上のボタンから申し込むと最短30分で審査結果を受け取れます//

 

スポンサーリンク

関連記事