最短最速でカードローン審査を突破!時間がない人は今すぐチェック!

ポン太
博士!カードローン審査ってどれくらいの期間がかかるものなんですか?
たぬき博士
カードローン審査は主に申し込み内容や信用情報が原因で早くなったり遅くなったりするんじゃ。
ポン太
え、銀行か消費者金融かで審査期間に違いがでるんじゃないんですか?
たぬき博士
まあ一応銀行の方が審査に時間がある傾向があるのは事実じゃが、審査のスピードでは「銀行」と「消費者金融」の枠組みはあんまり関係ないんじゃ。
たぬき博士
その辺も含めて、カードローンの審査期間・審査スピードには何が関係あるのか解説していくぞい。審査スピードを上げるコツも紹介するからぜひ参考にしておくれ。

最速でお金を借りるならモビットがおすすめ!

「とにかく今日中にお金が必要なんだ!」
「1秒でも早くお金を借りたい!」

もし今すぐにでもお金が必要なら、断然おすすめなのがモビットです。

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

モビットは金欠になりがちな土日でも、即日融資が可能です。

また書類での在籍確認ができるので、土日は会社が休みという方でも融資可能なんですね。

早く借りたい、誰にもバレずに借りたいと思っている方は、モビットを優先的に検討してみましょう。

モビットの申込はこちら

「銀行=おそい」「消費者金融=早い」はもう古い?

審査にかかる時間は「銀行が遅くて消費者金融が早い」というイメージを持ってる方も多いのではないでしょうか?確かにひと昔前までは「早く借入したいなら消費者金融」という流れがあり、今もその「傾向」があるのは事実です。

しかし、近年では銀行のカードローンでもスピーディーな審査が実現してきてます。例えば新生銀行カードローンレイクでは、申し込みから審査の結果がわかるまで最短で40分しかかかりません。

またネット銀行のセブン銀行カードローンでは審査にかかる時間は最短で10分です。

この2社の例からも今日のカードローン審査のスピードは、「銀行」や「消費者金融」といった垣根を超えてカードローン会社によって異なることがわかります。

カードローン会社によっては、公式サイトで「最短○分」という形で審査期間が記載されているので、業者毎にチェックしておくようにしましょう。

審査スピードに定評があるカードローン会社

以下が公式ページで審査が「最短○分」であることを記載してあるカードローン会社の一覧になります。

モビット 最短30分
アコム 最短30分
プロミス 最短30分
アイフル 最短30分
新生銀行カードローンレイク 最短40分
セブン銀行 最短10分

※最短時間はあくまで目安です。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

この表を見ても、消費者金融以外のカードローンでも「速いところは速い」ということがわかりますね。

審査スピードを意識するなら、銀行や消費者金融に関係なく審査スピードが速いカードローンを選択しましょう。

 審査スピードを上げるコツ①

審査スピードに定評があるカードローンに申し込む

審査スピード・審査期間はどの申し込み方法でもさほど変わらない

ポン太
今じゃ審査はどんな系統のカードローンでも「なるはや」でできるんですね。ということは申し込み方法で審査のスピードや期間が変わってくるってことですか?
たぬき博士
まあそういうことじゃのぅ。ただ厳密には申し込み方法自体は審査の期間にあまり影響を及ぼすことはないんじゃ。
たぬき博士
ここでは審査期間を「申し込んでから自分のところに審査の回答がくるまでにかかる時間」として説明しておるぞい。
以下のパターンの申し込み方法を考えます。

  1. ネット完結
  2. 店舗来店・自動契約機に行く
  3. 電話→来店
  4. 電話→書類をFAX
  5. 電話→書類郵送

審査の期間に影響を与えるのはその場で必要書類まで提出できるかどうかということです。①~④のパターンは、申し込みの際に必要書類まで提出できるので基本的に審査にかかる時間はかわりません。

申し込みの際書類の提出方法

①のネット完結は、ホームページの申し込みフォームなどから必要書類を添付して送信することができますし、③と④場合も電話で申し込んですぐに来店またはFAXで必要書類を送ることができます。

カードローン会社としては必要書類まで揃ったら審査のための「材料」はすべて揃うことになります。どの申し込み方法でも、行われる審査は同じなので審査の期間やスピードに差はでないということです。

ただ④の電話の後に書類郵送で申し込む場合は、カードローン会社に書類が届くまでに時間がかかってしまいます。書類が届くまで審査が中断されてしまうことになるので他の3パターンの申し込み方法よりも審査の結果が来るまで遅くなってしまうというわけです。

ただ電話→郵送で申し込むのは、家の近くに店舗や自動契約機がなく、ネットやFAXもない場合の最終手段です。郵送以外で申し込む場合は、基本的に審査期間が早くなったり遅くなったりすることはないと考えてください。

早く審査回答を知りたい方は、申込と同時に必要書類を提出できる方法で申し込んでください。

 審査スピードを上げるコツ②

申し込みと同時に必要書類を提出できる方法で申し込む

カードローンの審査スピード・審査期間を遅らせる要因とは

ポン太
純粋に審査の期間だけを考えるんだったら、申し込み方法もあんまり関係ないんですね。
たぬき博士
まあ、そういうことじゃな。審査の期間やスピードに影響するものはもっと他にあるんじゃ。そうじゃろ?金貸しコンコン。
金貸しコンコン
そうなんですよ博士。申し込み内容信用情報によってはすぐにGOサインが出せない場合があります。慎重に審査する分、審査の答えを出すまでに時間がかかることがあるんです。
金貸しコンコン
他にも申し込みのタイミングによっては審査の回答が遅くなってしまう場合があります。休みの日に申し込まれても審査は営業日にしかできませんからね。

申し込み金額が大きい場合

金額大きいと審査長引く

お金を借りるのに収入証明書がいらない場合は、申し込み金額が審査の速さに影響することはありません。

一般的にカードローンは50万円~100万円くらいの貸し出しなら、収入証明書なしでお金を借りることができますが、それ以上の金額を申し込むとなると審査に時間がかかってしまう場合が考えられます。(参考:カードローン審査で収入証明書は不要?

たくさんお金を貸す相手のことをしっかり調べるのは当然のことですよね。借入の希望額が多ければ多いほど審査の時間が長くなってしまうことが多いようです。

審査スピードを上げるためには、必要最低限の金額を申し込むようにしましょう。契約した後からでも限度額を増額することができます。

カードローンの増額審査とは?審査のポイントと流れをわかりやすく解説

今現在お金を借りている方が、さらにお金が必要になったときに考えるのが「限度額の引き上げ」ですよね。その際ももちろん審査…

 審査スピードを上げるコツ③

申し込む金額が必要最低限に抑える

信用情報が「ごちゃごちゃしている」場合

信用情報の履歴多いと審査長引く

過去にカードローンを利用したことなどが、信用情報に多く記録されていると審査を長引かせてしまいます。

すでに他から借入れしている

まず考えられるのは、他のカードローン会社からすでにお金を借りている場合です。「返済に遅れがないかどうか」過去にさかのぼって返済履歴をチェックしなければならないので、審査に時間がかかってしまいます。

また申し込み先が消費者金融の場合は、年収の3分の1以上の借入にならないかどうかもチェックされることになります。(総量規制オーバーじゃないかの確認)

カードローンを新しく申し込む方よりもチェックしなければいけない項目が多くなるので、審査に時間がかかる場合があるということですね。

「申し込みブラック」が疑わしい

カードローンやクレジットカードの審査に短期間で複数社申し込んだ場合「申し込みブラック」といって審査に通りづらくなってしまいます。

申し込みブラックになってしまうと、カードローン会社は「この人短い間に他のカードローンにも申し込んでいて怪しい」と思って審査に慎重にならざるをえません。

また申し込みブラックだと判断されてしまうと即審査落ちしてしまう可能性もあります。

カードローンの申し込みブラックに要注意!「とにかく」申し込みは嫌われる。

カードローン審査に通る可能性を高めるようとして、複数のカードローン会社に申し込もうとしていませんか?短期間で複数のカー…

 審査スピードを上げるコツ④

同時に複数のカードローンに申し込まない

信用情報が「まっさらな」場合

信用情報がキレイ過ぎても審査が長引く場合アリ

逆に信用情報に「記録が何もない場合」は、審査に時間がかかってしまうことがあります。

「信用情報がキレイなのはいいことなんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、記録がないことには「しっかり返済してくれる人なのか」どうか判断に困ってしまいます

「過去にカードローンやクレジットカードを利用していて延滞がない」ことと「過去にカードローンやクレジットカードを利用してないから延滞がない」ことは全然違います。

また信用情報に何も残っていないと、「もしかして記録が消えるまで待っていたんじゃないか」と疑われてしまうかもしれません。

とにかく、信用情報で審査できない分年収などの個人情報を慎重にチェックしなければならないので審査に時間がかかってしまうというわけです。

カードローンの営業時間に申し込んだ場合

「365日24時間受付」のカードローン会社もありますが、「受付」ができるだけで審査結果までもらうことはできません。

営業時間を過ぎて申し込んでも、カードローン会社の審査担当の方は家に帰ってしまっているので当然その日のうちに審査できないということになります。

この場合、審査結果がわかるのは翌営業日以降です。

 審査スピードを上げるコツ⑤

営業時間内に審査が終わるように余裕をもって申し込む

申し込みから審査回答までのスピードを上げるコツ

最後にここまで解説してきた「審査スピード」を上げるコツをおさらいをします。

信用情報の部分は、今からではどうすることもできません。

  1. 審査スピードに定評があるカードローン会社に申し込む
  2. 申し込みは、その場で必要書類まで提出できる方法で
  3. 申し込み希望額は控えめに
  4. 一気に複数の申し込みをしない
  5. 申し込みは早めに

以上の点に気を付けて、なるべく審査時間を短くすることを心がけましょう。

ポン太
できることなら審査結果は早くわかった方がいいですもんね。今日教えてもらったことはしっかり覚えておくようにします。たぬき博士、今日はありがとうございました!
たぬき博士
ふぉっふぉ。迷ったらモビットにするがいいぞい。また何かあったら聞いてくれのぅ。

モビットの申込はこちら

カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事