カードローン審査は年金受給者や生活保護受給者に厳しいのか?

ポン太
カードローンって安定した収入がある人なら借りることができるんですよね?
たぬき博士
そうじゃよ。それがどうかしたのかね?
ポン太
いや、それなら毎月国から年金や生活保護を受け取っている人でも、カードローンの審査に通るのかちょっと気になっただけです。
たぬき博士
いい目のつけどころじゃのう。結論からいうと、年金受給者はOKで生活保護受給者はNGじゃ。年金と生活保護は全く別物じゃからのう。まずはその理由から解説していくぞ。

年金受給者がカードローンの利用OKで生活保護受給者がNGな理由

国からお金をもらっているということは同じなのに、なぜ年金受給者だけがカードローンを利用できるのでしょうか。【収入】【信用】【法律】の3つの観点からその理由を解説していきます。

生活保護は「安定した収入」とみなされない

生活保護と年金受給の違い

各金融機関は独自に申し込み対象や審査対象を設定していますが、すべての金融機関で共通しているのは「安定した収入があること」です。

年金は「安定した収入」とみなされるのに対し、生活保護は「安定した収入」と判断されないのが1つ目の理由になります。

ここで年金と生活保護の特徴を見てみましょう。

 年金  自分で稼いで積み立てたお金から支給される
 生活保護  最低限の生活を送るために税金から支給される

どちらも国が支給するという点では共通していますが、お金の出どころが異なります

年金は過去に自分が稼いだ収入の一部を受け取っているだけなので、現在も収入があり、その収入が安定していると判断されるというわけです。

一方で生活保護は、収入がないからこそ国の税金から支給されるお金になります。生活保護をを受給している方は、収入がないという前提があるため、「安定した収入がある人」とはみなされません。

生活保護受給者の「信用」はかなり低くみられる

生活保護者の信用は低い

カードローン審査では、申し込んだ方の「信用」を精査します。以下がデータハウス社が2004年に出版した『キャッシング教本』からの引用になります。

信用業界では「信用」を与えているための具体的な要素を「4つのC」で表し、それを基本として審査している。

  • Character=人格
  • Capacity=支払い能力
  • Capital=資産
  • Control=自己管理

引用元:健全なキャッシング委員会『キャッシング教本』(データハウス、2004年)

この信用という観点で年金受給者と生活保護受給者には大きな差がでることになります。

年金受給者  若いときからコツコツ年金を積み立てている
 生活保護受給者  無職(または無職に近い状態)

上で紹介した4Cの中の自己管理能力とは目的のために自分を律する能力のことです。例えば「ダイエットしたいのについつい食べ過ぎてしまう」ような人は自己管理能力が引くいということになります。

年金受給者は、「老後にお金を残す」というはっきりした目的をもって地道にコツコツお金を積み立ててきた実績がありますね。金融機関は自己管理能力を評価して年金受給者にもお金を貸してくれるというわけです。

一方で生活保護受給者は今のところ無職か、働いていたとしても収入は限りなく少ない状態であることが予想されます。生活保護は生活のために必要最低限の額しか支給されないのでカードローンの返済にあてることはできません。

支払い能力が乏しいだけでなく、資産もない上に、安定した仕事についていないことから人格や自己管理能力もかなり低く見定められてしまいます。

金融機関としては、審査における「信用」が乏しい生活保護受給者にはお金を貸したくないというわけです。

そもそも生活保護法に違反する

生活保護のお金はカードローンの返済にあてられない

金融機関の審査の問題だけではなく、そもそも生活保護受給者は生活保護法でカードローンの利用が制限されています。

生活保護について規定している生活保護法の第60条では、生活保護を受け取る際に生じる義務について明言されています。

被保護者は、常に、能力に応じて勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り、その他生活の維持及び向上に努めなければならない。

「国からただでお金をもらうからには、しっかり働いて収入に見合った支出するように励まなければいけませんよ」ということです。

そのような計画的な生活を送っているのであれば、カードローンを利用するような事態にはならないと想定されています。万が一どうしてもお金が必要になっても、頼るべきはカードローン会社ではなく、国の役所なはずです。

また、生活保護は借金の返済に転用することができません。生活保護は最低限な生活を送るための生活費として支給されているからです。

法律的な観点からみても、生活保護受給者がカードローンを利用することが難しくなっています。

一方で年金受給者は、国民年金法や厚生年金法でカードローンの利用が制限されていません

年金受給者でもカードローンはオススメできない

年金受給者が利用できるカードローン一覧

カードローンの年齢制限

注意すべき点は各金融機関が定めている年齢制限です。年齢上限は低いところでは65歳未満、高いところで70歳以下までの方がカードローンを利用できるようになっています。

ご自身の年齢を考えて、今後長く利用したい方は年齢上限が高い金融機関を選択するようにしましょう。

 金融機関  年齢上限 実質年率(金利) 条件等
三井住友銀行カードローン 65歳以下 4.0~14.5%
新生銀行カードローン レイク 70歳以下 4.5~18.0%
東京スター銀行スターカードローン 65歳未満 4.5~14.6%
みずほ銀行カードローン 66歳未満 2.0~14.0%  
りそなクイックカードローン 66歳未満 12.475%(一律) 継続的な年金受給であること
じぶん銀行じぶんローン 70歳未満 3.9~17.5%
ノーローン 69歳以下 4.9~18.0%
オリックスVIPローンカードローン 69歳以下 3.0~17.8% 固定電話があること
オリックスカードレスVIP 69歳以下 3.0~17.8% 固定電話があること

※みずほ銀行の住宅ローンを契約している人は、ここから金利が年0.5%下がります。

ただし、利用できるとはいえ、年金受給者がカードローンの審査に申し込むことはあまりオススメできません

年金受給者にカードローンをオススメできない理由

年金受給者はカードローン以外でお金を借りるべし

他の公的機関の方が金利が激安

年金受給者の方は、カードローンを利用しなくてもお金を借りる手段があります。その手段は年金担保融資を利用することです。

年金担保融資とは、その名の通り年金を担保としてお金を借りることができる仕組みのことで、「独立行政法人 福祉医療機構」という機関が提供しているサービスになります。

年金担保融資の最大のメリットは金利がかなり低いこと。年利1.6%でお金を借りることができます。

上で紹介した金融機関の金利と比較してみると、年金担保融資がいかに低金利かがわかりますね。

返済は最低1万円からで、偶数月に年金支給から差し引かれる形になるので、返済の手間もかかりません。

厳しめの審査が予想される

これは年金受給者に限ったことではありませんが、高齢者がカードローンの審査に申し込んだ場合、審査は通常より厳しくなることが予想されます。

少し不謹慎な話になりますが、金融機関側からしたらお金を貸そうとしている方が年を重ねてていれば重ねているほど、亡くなってしまった場合に貸したお金を回収できなくなるリスクが高くなります。

(参考:カードローンを借入している本人が病気になったり死亡したらどうなる?

審査の中で「貸し倒れリスク」が加味されることで、その分審査が厳しくなってしまうというわけです。

審査を通過したとしても、利用可能額が希望よりも少なく設定されてしまうことも考えられます。

年金受給者もカードローンは最後の手段にしよう

ポン太
生活保護をもらっている方は【収入】【信用】【法律】の観点からカードローンを利用することができないんですね。
たぬき博士
そうじゃ。年金受給者でも利用できる可能性があるとはいえ、カードローンを利用するのはオススメできないぞ。
ポン太
年金担保融資があるんでしたよね?
たぬき博士
その通りじゃ。まずは年金担保融資を利用してみて、それでもお金が足りないならカードローンの利用を検討してみるべきなんじゃ。年金受給者はカードローンを最後の手段として残しておきたいものじゃのう。
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事