カードローン審査は無担保・保証人不要!必要なのはあなただけ!

「カードローンを利用したいけど、なにも担保になるようなもの持ってない」
「やっぱりお金を借りるなら保証人が必要なのかな」

カードローンを利用しようと考えいてる人の中に、上記のような悩みを持つ人はいませんか?

じつはカードローンの審査に申し込むときには、基本的に担保や保証人は不要です。

今回はカードローンを利用するのにあたって、担保と保証人がカードローンにどのように関係しているのかを解説していきます。

カードローンは「無担保・無保証人」の金融商品!

担保・保証人不要

よくドラマなどで借金の保証人になってしまって苦しんでいる人を見かけますよね。

このようなイメージから「借金=保証人」というイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、カードローンの利用には担保や保証人は必要ありません

カードローンは無担保・無保証人の金融商品であり、誰かに「保証人になってくれ!」と頭を下げなくても利用できます。

カードローンが無担保・保証人なしで利用できる理由

では、どうしてカードローンは無担保・無保証人で利用できるのでしょうか。

この理由は銀行系カードローンと消費者金融で異なります。

銀行系カードローン

銀行カードローンが無担保・無保証人な理由

銀行系カードローンにおいて担保・保証人が必要ない理由は、裏に保証会社が付いているからです。

主な銀行系カードローンの担保・保証人の有無と保証会社を見てみましょう。

銀行系カードローン 担保・保証人 保証会社
三井住友銀行カードローン 不要 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
みずほ銀行カードローン 不要 株式会社オリエントコーポレーション
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 不要 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
オリックス銀行カードローン 不要 オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社

実は銀行系カードローンの審査は銀行ではなく、そのバックについている保証会社が行っています。

保証会社となるのは大手消費者金融や銀行の子会社である場合が多いです。

【保証会社の主な役割】

  1. お金を借りる人の信用力の調査(貸したお金を返してくれる人なのか)
  2. お金が返済してもらえなかったときの保証(借金の肩代わり)
  3. お金を借りた人からのお金の回収(債権回収)

銀行系カードローンの利用に担保や保証人が必要ないのは、裏についている保証会社自体が顧客の担保・保証人のような役割を果たしてくれているからなんですね。

ただしその分保証会社は審査も慎重になり、消費者金融よりも審査が厳しめ。

銀行系カードローンの審査が厳しいのがは、このようなカラクリがあったわけです。

消費者金融カードローン

消費者金融・保証人
 消費者金融 担保・保証人
アコム 不要
アイフル 不要
プロミス 不要
SMBCモビット 不要
J.Score(ジェイスコア) 不要

上記の表は大手消費者金融カードローンの担保・保証人の有無ですが、銀行と同じように必要ありません。

ただし、銀行と違うのは消費者金融自体が保証会社となりリスクを冒している点です。

消費者金融の審査では裏に保証会社がついていません。

それぞれの消費者金融自体が自分たちの判断で「このお客は安心してお金を貸してよいのか?本当に返済してくれる人なのか?」をチェックします。

どうして消費者金融で無担保・無保証人でカードローンを利用できるのか、その秘密は金利の高さ

消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高く設定されていますが、金利を高く設定することで顧客が返してくれなくなった時のリスクをやわらげているのです。

消費者金融の中には無利息サービスがある業者も

消費者金融の金利の高さは、リスクをやわらげるためにしょうがないとはいえ、借りる側からしたら大きなデメリットです。

金利が高ければ、それだけ多くのお金を返済しなければいけません。

しかし中には「初めて利用する人に限り」最初の1ヶ月は利息がかからないサービスを提供している会社があります。

  • プロミス(初めてお金を借りた日から30日)※ 1
  • レイクALSA(契約日から30日 or お借入れ額5万円まで180日間無利息)※ 2
  • アイフル(契約日から30日)
  • アコム(契約日から30日)

※1 30日間無利息の利用にはメールアドレス登録とWEB明細登録が必要です
※2 180日間無利息の場合の
契約額は最大200万円まで

プロミス バナー

中でもプロミスは、30日のカウントがお金を借りた日から始まるので、あますことなくサービスのメリットを活用できます。

他の会社は、契約した日から30日です。

つまり契約した日と実際にお金を借りる日までに差があるとその分だけ、無利息が適用される日が減ってしまうんですね。

お金を借りてから短期間で完済をしようと考えている人は、プロミスを利用することで消費者金融のデメリットを消すことができます。

最短1時間融資!プロミスの公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分で審査結果を受け取れます。

プロミスは「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」で最大限おトクに利用しよう!

消費者金融プロミスは「30日間無利息サービス」あり。フル活用することで、銀行カードローンよりもおトクに利用できます。また…

WEB完結なら電話連絡がないSMBCモビットがおすすめ

SMBCモビットバナー

通常カードローン会社の在籍確認は、職場への電話連絡です。

しかしSMBCモビットは、WEB完結なら電話連絡なしにできます。

電話が会社にかかってくるのは絶対イヤ」という人には嬉しいサービスですね。

職場への電話連絡は心理的負担が大きいという人は、SMBCモビットに申し込みましょう。

電話連絡なしOK!SMBCモビットの公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分※で審査結果を受け取れます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビットは在籍確認なし?職場の電話をカットする必要書類・申し込み方法を取材した結果…

【SMBCモビットは在籍確認の電話なしで借りられる!】本記事ではカード申し込み・WEB完結で職場への電話連絡なしにする方法を、…

カードローンで保証人が必要となる場合

カードローンに担保や保証人が不要だということを知ってただけたでしょうか。

しかし当然、すべてのカードローンに担保や保証人が不要というわけではありません

中には保証人が必要になるケースもあります。保証人が必要なるケースを以下で確認していきましょう。

信用情報と審査スコアリングが微妙な方を審査するとき

保証人が必要になる場合

ごくまれにですが、信用情報や審査スコアリングが審査を通すか落とすか微妙なラインのときに保証人を要求されることがあります。

  • 信用情報・・・過去の返済実績や事故記録など
  • 審査スコアリング・・・本人確認・職業・住居形態・他社借入状況

カードローン審査では信用情報と審査スコアリングを元に通すか落とすかを決めますが、すべての人を明確に分別できるわけではありません。

必ず「審査に通しても良いかなぁ・・・いや、やっぱダメかなぁ」くらいの微妙なラインの人が出てきてしまうのです。

だから審査に通すか落とすか微妙なラインの人には「保証人をつけてくれたらお金を貸しても良いよ」と伝えてきます。

保証人をつけろと言われると「お金を貸したくないってことかな?」と思いがちですが、むしろ審査を通したいのがカードローン会社側の意思となります。

押さえておくべきカードローンの審査基準!審査通過率アップを狙え!

カードローン審査で何が見られるか、審査基準について徹底解説しています。闇雲に審査に申し込むより、申し込む前に審査基準を…

事業者向けのカードローンを利用するとき

ビジネスローンは保証人不要

事業者向けのカードローン、いわゆるビジネスローンを利用するときには保証人を必要とする場合があります。

流石にカードローン会社も成功するかどうかわからない事業に、ポンと大金を出せるわけではありません。

ただし個人事業主と法人では事情が異なります。

  • 個人事業主・・・保証人不要
  • 法人・・・第三者保証人不要

個人事業主の場合は個人での貸し付けになるので保証人は必要ありません。
無担保・無保証人で借入が可能です。

法人の場合は「会社への融資」という形になるので第三者の保証人は不要なのですが、法人代表者自身が連帯保証人として同意しなければなりません。

しかし自分が保証人になるので、他の人に迷惑をかけることはないんですね。

おすすめビジネスローンは「ビジネクスト」

ビジネクストトップ
ビジネクストのメリット
  • 業績が赤字でも利用できる可能性アリ
  • 即日融資に対応
  • 申し込みから借り入れまで来店不要
  • 年会費・保証料は一切不要

ビジネクストは事業の将来性も審査。現在の業績が赤字でも審査通過することもあります。

特に個人事業主は決算書の提出は不要なので、申し込みやすさもバツグンです。

ビジネクスト公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きしましょう。
原則として無担保・無保証で申し込みを済ませられます。

※法人の場合は代表者が連帯保証人になる必要があります

未成年・専業主婦(主夫)を審査するとき

未成年と収入のない専業主婦(主夫)は保証人ではなく、第三者の同意・承諾が必要です。

以下では未成年と収入のない専業主婦(主夫)について詳しく見ていきましょう。

未成年

未成年は親の承諾必要

 

銀行と消費者金融の利用基準の1つに「満20歳以上の安定した収入がある方」というものがあります。

未成年の場合はこの基準を絶対にクリアできません。

しかし、親の承諾があれば利用できるカードローン会社も中にはあります。

自分の子ども(まして未成年)がカードローンを利用することを許可してくれる親はそういないでしょう。

お金を借りたい未成年の人は、以下の記事をご参照ください。

未成年(20歳未満)はカードローンを利用できない!?状況別にお金の借り入れ先を教えます。

「未成年はカードローンでお金を借りられない!?でもお金がなくて困る・・・」でもご安心ください。ここでは未成年にオススメ…

専業主婦(主夫)

専業主婦は配偶者の同意が必要

総量規制により、本人の収入の3分の1までしか借りられなくなりました。

しかし専業主婦(主夫)は、配偶者貸付制度を利用してお金を借りられます。

自身の収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば問題ありません。

配偶者貸付での融資を受け付けている貸金業者は以下の通り。

カードローン各社 利用限度額 金利 WEB完結 最短即日融資
レディースフタバレディースフタバ
(中小消費者金融)
10万円
~50万円
年14.959%
~17.950%
OK OK
ベルーナノーティスベルーナノーティス(※1)
(中小消費者金融)
1~300万円 年4.5%
~18.0%
OK OK(※2)
セディナカードJiyu!da!セディナカードJiyu!da!
(クレジットカードのキャッシング枠)
1万円
~200万円
年18.0% OK OK

※1 配偶者にご収入があれば利用可能です。ただし審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。
※2 お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます。

ただし配偶者貸付を利用する際には「配偶者(夫または妻)の同意」が必要です。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の収入証明書類
  • 住民票や戸籍謄本などの書類
    (既婚であることの証明に必要)

上記の3点を提出することが義務付けられています。

朗報!専業主婦は銀行カードローンなら審査に通るらしい!

収入がない専業主婦の方でもカードローンを利用することができますが、申し込み先が限られてきます。専業主婦の方はどこに申し…

カードローンは無担保・無保証人だからこそ責任を持ちましょう!

ポン太
無担保・無保証人なのはカードローンを利用する人が信用されているということなんですね。
たぬき博士
その通りじゃ。無担保・無保証人だから責任をもって利用することが大事じゃ。
ポン太
ただ消費者金融のカードローンは保証をカバーするためにも、金利が高めに設定されているのは初めて知りました。
たぬき博士
ふむ。しかし無利息サービスを謳っているカードローンもあるから、そこをうまく活用するのじゃ。おすすめはプロミスじゃぞぉ。

スポンサーリンク

関連記事