みずほ銀行カードローンの審査徹底解説!コレ読む前の申し込みは厳禁!

みずほ銀行カードローンの審査基準 みずほ銀行カードローンは2.0%~14.0%※の超低金利なので、圧倒的に少ない利息でお金を借りることができます。

※住宅ローンの利用で本カードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%。

「そんな低金利でサービスが良いから、審査のハードルはかなり高くなりそう…」

実は今回紹介する最低限押さえておく審査基準さえクリアすれば、みずほ銀行カードローンでお金を借りれないということはありません

この記事を読めばみずほ銀行カードローンの審査の知識はバッチリ。わかってみるとすごくカンタンなことなんです。

みずほ銀行カードローンに申し込む前に審査基準を理解して、しっかり対策を立ててから申し込みましょう。

みずほ銀行カードローンで最低限押さえておく審査基準

みずほ銀行カードローン最低限満たすべき審査基準

みずほ銀行カードローンの審査基準を大きくわけると2つです。

みずほ銀行カードローンの押さえておく審査基準
  1. 申し込み条件を満たしている
  2. 保証会社の保証が受けられる

最低限この2つの審査基準さえ満たしていれば、みずほ銀行カードローンでお金が借りれないということはないでしょう。

審査基準①申し込み条件を満たしている

みずほ銀行カードローンの申し込み条件はシンプル。

  • 年齢が満20歳以上満66歳未満の人
  • 安定かつ継続した収入の見込める人

この2つの申し込み条件さえ満たしていれば、審査にクリアするチャンスは高いといえます。

安定した収入の基準は?

よく混同して考えられるのが、

  • 安定した収入がある
  • 収入(年収)が多い

という2つのこと。この2つは似ているようで違います。

みずほ銀行カードローンのいう安定した収入とは、毎月コツコツお金が入っているということです。

毎月お給料をもらっているのなら、みずほ銀行カードローンの申し込み条件を満たしていることになります。

審査基準②保証会社の保証が受けられる

「保証会社の保証が受けられる」だけだとなんのことかわからないですよね?保証会社とはみずほ銀行に代わってあなたの審査をする会社のことです。
※みずほ銀行カードローンの保証会社は「株式会社オリエントコーポレーション」です。

保証会社はあなたが過去5年に、

  • 他社キャッシングサービスで延滞したことがないか
  • 債務整理・自己破産のような金融事故を起こしたことはないか

などを審査して問題がなければ、あなたがみずほ銀行カードローンでお金を借りるための保証人の代わりになってくれます。

つまりカードローンの審査に通ったということは、保証会社が「この人は信用できるのでウチの会社で保証しますよ」とあなたの保証をしてくれるということです。

保証会社は信用情報を見て審査している

みずほ銀行カードローンで審査をするとき、必ず信用情報機関と呼ばれるところへ照会が行われます。

信用情報機関にはあなたを識別する以下のような本人情報が細かく記録されているのです。これを信用情報と言います。

  • 本人情報(氏名・生年月日・住所・電話番号など)
  • 過去のローン・クレジットの利用情報(利用業者・契約の種類など)
  • 過去の借入と返済に関する情報

あなたが過去5年の間に以下のいずれかで支払いを延滞したことがあるなら、事故記録として信用情報機関に残っています。

  • カードローン
  • クレジットカード
  • 携帯電話料金
  • その他キャッシングサービス

信用情報に事故記録が残っていると、ほとんどの場合審査には通りません。

ただ事故記録として残るのは3ヶ月の延滞から。1週間支払いが遅れたくらいなら問題ありません。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンで見られる審査項目チェック!

みずほ銀行カードローン審査項目

ここからは少しでもたくさん借りたいという方のためにみずほ銀行カードローンの審査項目を表にしてまとめました。

審査項目  評価基準
雇用形態  正社員>契約社員>派遣社員>自営業>年金受給者
 勤続年数  長ければ長い方が高ポイント
年収 多ければ多い方が高ポイント
居住区分 自己所有>社宅>賃貸>寮
居住年数 長ければ長い方が高ポイント
他社借入件数 件数が少ないほうが高ポイント

※審査項目をクリック・タップすると詳細が見れます。

審査項目はあくまで審査にプラスになるかどうかの目安です。「評価が低いから審査に落ちる」というものではありません。

「当てはまっているものがあればラッキー」くらいの軽い気持ちで参考にしてください。

雇用形態

【審査に有利な雇用形態】

公務員

正社員

派遣社員・契約社員

自営業

みずほ銀行カードローンがいくら雇用形態が審査基準に影響しないといっても、やはり雇用形態は安定性をはかる上で重要な審査項目です。

失業しにくいと思われる公務員や正社員のような雇用形態はそれだけ評価が高くなる傾向があります。
もしあなたが正社員なら何の心配もなくみずほ銀行カードローンを申し込むことができます

逆に自営業の方は収入面でも安定性が評価されにくく、不利というわけではありませんが加点ポイントはあまりなさそうです。

だからといってマイナスという意味ではありません。みずほ銀行カードローンの審査項目は雇用形態がすべてではないのでチャンスは十分あるといえます。

勤続年数

【勤続年数が長いとプラス!】

3年以上(審査に大きくプラスポイント!)
1年以上(審査にプラスポイント!)
半年以上(審査に影響はなし)

勤続年数は長ければ長いほど有利です。長く働いているということはそれほど安定していると評価されます。

そのため契約社員や派遣社員だから、雇用形態では良い評価は受けられない、と落胆する必要はありません。

同じ職場でずっと仕事をしているということは、今後も安定して仕事をするだろうという期待が高評価につながります。

年収

【審査に有利な年収】

多ければ多いほど有利

年収は多ければ多いほど借り入れできる額も増えていきます

みずほ銀行カードローンは最大ご利用限度額が他社と比べて高めですが、だからといって無尽蔵にいくらでもお金を借入できるのかと言うとそういうわけでもありません。

あなたが借り入れできる金額は、あなたの年収に見合った額に設定されるんですね。

居住区分

【審査に有利な居住区分】

自己所有・持ち家

社宅

賃貸マンション・賃貸アパート

寮・公営住宅・下宿

賃貸より持ち家のほうが評価が高いのは、返済トラブルが起きたときに連絡が取れなくなるリスクが少ないからです。

また持ち家でも住宅ローンを組んでいる人はさらに評価が高くなります。

住宅ローンの審査はカードローンと比べものにならないくらい審査が厳しいです。
その住宅ローンを組めているわけだから、それだけ返済能力が高いだろうと判断されます。

居住年数

【居住年数は長ければ有利】

【3年以上】
審査有利、限度額アップのチャンス!

【1年~3年未満】
審査にあまり影響しない

【1年未満】
限度額を低く抑えられる可能性あり

たとえ賃貸マンションやアパートに住んでいても居住年数が長いとみずほ銀行カードローンの審査には有利に働きます。

賃貸の場合、毎月家賃を支払わなければいけません。みずほ銀行カードローンはその家賃を毎月支払っていることに注目して、

「毎月家賃を支払っているから収入が安定している」

と判断してくれます。

同じ場所に長く住んでいる人は最大ご利用限度額アップのチャンスです。

他社借り入れ状況

【他社借り入れ件数少なければ有利】

←件数が少ないと有利
0件>1件>2件>3件以上

みずほ銀行のような銀行カードローンは他社借入を強く警戒します。

返済に追われる可能性があるため、借入件数が多いと限度額が低く抑えられることがあります。

「件数は多いけど、金額はそこまで多くないから大丈夫では?」

審査では借入合計額よりも、借入件数のほうが重点的に見られます。たとえ借入残高が0円でも不利です。

逆に借入件数は少なければそれだけ有利。他社借り入れ件数がゼロなら、それだけでも大きな加点ポイントになります。

例え借入残高がなくても他社キャッシングサービスは、解約してからみずほ銀行カードローンに申し込みましょう。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

自分の立場や雇用形態に合わせた審査ポイントをチェック

みずほ銀行カードローンの審査基準が分かったらあとは対策です。

雇用形態に関係なく申し込めるみずほ銀行カードローンですが、審査のポイントはそれぞれ違ってくるのは事実。

この5種類の方それぞれについて、審査のポイントを解説していくのでぜひ参考にしてください。

正社員

みずほ銀行カードローン正社員実際、みずほ銀行カードローンが雇用形態を問いませんが、安定した継続収入という点で正社員の信用は高いと言えます。

みずほ銀行からしたら「最もお金を貸してあげたい人」だといえるでしょう。

正社員の方でカードローンの利用が初めてなら心配する必要はありません。持ち前の安定した収入を引っさげて自信をもってみずほ銀行カードローンに申し込んでください

他社借入がある人は注意!借り換えも選択肢

すでにみずほ銀行以外のカードローンをご利用したことがある人は注意が必要です。

  • 過去にローン返済を延滞したことがある
  • 現在たくさんのカードローンを利用している

このような方は正社員のと言えども審査通過が厳しくなります。お金を返してくれなさそうな人に、誰もお金は貸したくないですよね?

他社借入は今からすぐに減らすことができるというわけではありませんが、可能な限り他社借入件数を減らす努力をしましょう。

別の方法として他社借入分をみずほ銀行カードローンに借り換える方法もあります。

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%の超低金利。今よりも利息が安くなるかもしれません。

みずほ銀行カードローンへの借り換えで利息をゴッソリ削ろう!

低金利のみずほ銀行カードローンは、利息でお悩みの方の借り換えローンとしてもオススメ!通常のカードローンならではのメリッ…

みずほ銀行の公式サイトはこちら

非正規雇用者(派遣社員・契約社員)

みずほ銀行カードローン非正規社員

安定した継続収入がみずほ銀行カードローンの審査基準です。

例え正社員じゃなくても継続収入を受けているなら審査基準をクリアしていることになります。

そのため、

  • 契約社員
  • 派遣社員

のような非正規雇用者の方でももちろん申し込むことができます。収入が正社員より低いからと言って審査に落とされてしまうことはありません。

ただし年収が低い場合はそれに合わせて利用限度額が正社員に比べると低めに設定されることは知っておいてください。

非正規雇用の方は申し込み金額を少な目に設定しておくことオススメします。

勤続年数はそれほど重視されない

みずほ銀行カードローンの審査で非正規雇用者にうれしいのは、勤続年数はそれほど重視されないということです。

どこのカードローンでもそうですが、勤続年数は長ければ長いほど有利なのはみずほ銀行カードローンも変わりはありません。

しかし、みずほ銀行カードローンに関していえば「勤続年数は何年」と明記されておらず、他サービスほど重きをおいていないようです。

派遣社員のような契約期間が決まっている雇用形態の方も申し込みがしやすいですね。

自営業・個人事業主(歩合給など)

みずほ銀行カードローン個人事業主

みずほ銀行カードローンは

  • 個人事業主
  • 自営業

であっても収入が安定していれば申し込み可能です。

自営業・個人事業主は「収入が安定していない」と判断されないか不安になりますよね。

しかし毎月の収入が変動するとしても、月に一度の収入が見込める場合は安定した収入として認められます

ただしみずほ銀行カードローンは「事業資金」としてお金を借りることはできないという点は注意しておいてください。

個人事業主と自営業の方は他社借入に注意

自営業の方、個人事業主の方は特に過去なにかしらの融資を受けたことがあるという方が多いことと思います。

カードローンに限らずいくつかの金融サービスを掛け持ちしている人もいるはず。

  • 過去に利用したカードローンが原因で信用情報に傷が付いている
  • 他社借入が複数に渡る

などの理由で審査のハードルが高くなることがあります。サイフを開いてカードがいっぱいあるという方は注意してください。

ただしすでに他社借入を完済・解約していれば審査で不利になることはありません。むしろ返済実績として信用情報に記録されるので審査に通りやすくなります。

年金受給者

みずほ銀行カードローン年金もらっている人

みずほ銀行カードローンは年金受給者でも借入が可能です。年金受給者は毎月給付される年金が安定収入になります。

旅行に行く機会が増えたときにカードローンが手元にあると便利ですよね。

日本での年金受給者の年齢は

  • 男性が61歳から
  • 女性が60歳から

みずほ銀行カードローンの審査基準である66歳未満の方なら借入ができることになります。66歳以上の方は年金をもらっていても申し込むことはできないので注意してください。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

永住権のある外国人

みずほ銀行カードローン外国人永住権必要

外国人でもみずほ銀行カードローンに申し込むことができます。

ただし条件として永住権があるということ。

そのため外国人の方がみずほ銀行カードローンに申し込むには本人確認書類と合わせて

  • 在留カード(永住者と記載)
  • 特別永住者証明書

のような「永住許可を受けていることを確認できる書類」の提出が必要になります。

もし永住権がないなら永住権なしで使えるカードローンを以下の記事でまとめました。参考にしてください。

永住権なしOK!外国人がカードローン審査に受かるポイントまとめ!

日本で生活している外国人の方はカードローンを利用することができるのでしょうか?今回は永住権を持っていない方に絞ってカー…

みずほ銀行カードローンはみんなが使えるバランスの良いカードローン

たぬき博士
みずほ銀行カードローンは「20歳以上66歳未満で、安定した継続収入が見込める方」という基準は設けいるが、雇用形態や社会的立場は審査基準には影響せんのじゃ。
ポン太
それでも審査のポイントが違ってくるのは何故ですか?
たぬき博士
雇用形態や社会的立場は影響しないといっても、どうしても収入自体は雇用形態や社会的立場に強く影響されるからのぉ。それは仕方のないことじゃ
ポン太
 けど、ぼくみたいな派遣社員でも銀行系カードローンを申し込めるのはうれしいな!

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事