みずほ銀行カードローンの審査を超まとめ!審査基準から流れまで解説します。

みずほ銀行カードローンの審査基準

みずほ銀行カードローンは、銀行系カードローンの中でもトップクラスの低金利。
利息をなるべく払いたくない人にピッタリのカードローンといえるんですね。

「みずほ銀行カードローンは審査がすごく厳しそう・・・」

その金利の低さゆえに審査のハードルも高いと感じる人は多いです。
しかしみずほ銀行カードローンの審査は、やさしくはないものの、厳しすぎるということもありません

今回の記事で紹介するのは以下の3つ。

  • みずほ銀行カードローンの審査基準
  • みずほ銀行カードローンを審査落ちしやすい人の特徴
  • みずほ銀行カードローンの審査の流れ

みずほ銀行カードローンの審査のすべてを知って、無事に審査を通過しましょう。

みずほ銀行カードローンの商品概要

みずほ銀行カードローンで最低限クリアすべき審査基準

みずほ銀行カードローン最低限満たすべき審査基準

みずほ銀行カードローンを利用するために、クリアすべき審査基準は2つ。

  1. 申し込み条件を満たしている
    (年齢・安定した収入)
  2. 信用情報にキズがない

2つの審査基準は実はすでにクリアしている人が大多数
毎月の定期収入があり、過去に金融トラブルを起こしてなければOKです。

信用情報とは?

クレジットカードやローンなどの過去の利用履歴。
返済・借り入れ・申し込みなど

信用情報を管理する機関を、信用情報機関といいます。

みずほ銀行カードローンの保証会社

審査基準①:申し込み条件を満たしている

みずほ銀行カードローン正社員

みずほ銀行カードローンの申し込み条件は以下2つ。

みずほ銀行カードローンの申し込み条件
  • 年齢が満20歳以上満66歳未満の人
  • 安定した収入がある人

未成年や66歳以上の人は、みずほ銀行カードローンを利用できません。

また安定した収入とは、月収を毎月もらっていることです。
ギャンブル・FX・仕送りは、安定した収入に含まれないので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンを利用できる雇用形態は以下の通り。

  • 公務員
  • 正社員
  • 非正規社員
    (派遣社員・契約社員)
  • 自営業・個人事業主
  • 年金受給者
  • 永住権のある外国人

公務員や正社員の人は、カードローン審査では信頼度バツグン
低金利のみずほ銀行カードローンの審査でも有利になります。

審査基準②:信用情報にキズ(金融事故記録)がない

金融事故記録とは3ヶ月以上の延滞や債務整理など、金融トラブルの記録のこと。
金融トラブルを起こした人は、ふたたび金融事故を起こすリスク大

  • 返済期日を守らない人
  • 貸したお金を全額返さない人

金融事故記録が残っている人は、上記のように判断されます。
カードローン審査では圧倒的に不利になり、ほぼ100%審査落ちに…。

みずほ銀行カードローンが加盟する信用情報機関は3つ。

みずほ銀行カードローンが加盟する3つの信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

各信用情報機関の金融事故記録の種類と、その登録期間は以下の通り。

金融事故の種類 JICC CIC KSC
3ヶ月以上の延滞 1年以内 5年 5年
強制解約 5年
代位弁済 5年 5年
債務整理 5年 5年 5~10年
多重申し込み
(申し込みブラック)
6ヶ月 6ヶ月 1年

信用情報機関に申込者の情報を照会して、いずれかの機関で1つでも金融事故記録が残っていることが分かれば、みずほ銀行カードローンの利用は絶望的。

金融事故記録が残っていると分かっている人は、キズがある人でも利用のチャンスがある消費者金融のフクホーアローに申し込みましょう。

関連記事:【衝撃の事実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの「審査に落ちやすい人」5つの特徴

上述した2つの審査基準さえ満たしていれば、みずほ銀行カードローンの審査を突破できる可能性はあります。

しかし2つの審査基準さえ満たしておけば100%通るわけでもありません。
他にも見られるポイントがあり、それ次第では落ちてしまうこともあるんですね。

みずほ銀行カードローンを審査落ちしやすい人の特徴は以下の5つ。

※クリックで各項目へジャンプします

みずほ銀行カードローンの審査は「すべての項目を加味して総合的に判断する」ので、1つ当てはまったからといってすぐ審査落ちするわけではありません

ただし3つも4つも当てはまってしまうと、さすがに落ちてしまうので注意しましょう。

①年収があまりに低い

低金利のみずほ銀行カードローンでも「年収〇〇円以上」という収入条件はナシ。

あくまで「安定した収入>高収入」なので、毎月給料が入ることが重要です。
同年代の平均年収より低くても、審査通過のチャンスは十分にあるんですね。

とはいえ「年収30万円以下(月収で2.5万円以下)」の方だと厳しくなります

みずほ銀行カードローンの利用限度額の最低ラインは10万円。
最近は銀行も規制の関係で「年収の3分の1までしか貸さないことにしよう」という動きがあります。

最低でも年収が30万円ないとみずほ銀行カードローンも、貸してあげようという気になりません。

ただし裏を返せば、年収30万円以上稼いでいる方であれば、10万円は借りれるチャンスがあるということです。

②収入の変動が大きい

自営業や個人事業主は、業績がダイレクトに収入に反映する不安定な地位。
毎年多くの個人事業主が休廃業・倒産しており、事業継続自体が困難です。

月々の収入の変動が大きい、自営業や個人事業主は審査では不利に…。
赤字になった場合は、カードローンの返済どころではありませんよね。

逆にいえば自営業や個人事業主でも、収入の安定性を書類で証明できれば、みずほ銀行カードローンは問題なく利用できます。
所得証明書や納税証明書がある場合は提出しましょう。

ただしみずほ銀行カードローンは事業性資金が目的の融資はNGなので注意してください。

③入社して1年未満

みずほ銀行カードローンは、利用者が辞職して返済がストップするのは避けたいと思っています。

昨今、入社してすぐに辞職する人も珍しくありません。
仕事に慣れていない人は辞職のリスク大。できれば1年以上の勤続年数は欲しいところです

スムーズに他の会社に移っても、勤続年数はリセットされてしまいます。
辞職や転職の予定がある人は、今の会社に在籍しているうちに申し込みましょう。

④他社借り入れが3件以上

他社借り入れが3件以上あると「よほどお金に困っている」と判断されます。
融資したところで返済が続くのだろうか」とも思われるので、結局は利用を敬遠されやすいんですね。

まずは借入件数を減らすためにおまとめローンを組むのがおすすめ。

複数の借入先を1件にまとめることで、グッと悪い印象を減らすことができます。

⑤希望する利用限度額が高い

みずほ銀行カードローンの希望する利用限度額は、必要最小限にするのがおすすめ

希望する利用限度額を考えるときの参考
  • 高額借入を希望していないなら30万円以下に
  • 他社で設定されている利用限度額を合わせて年収の3分の1に

年収に釣り合わない利用限度額を希望すると、審査はより厳しい目で見られます。
特に高額を希望していなければ、希望する利用限度額は30万円以下に抑えましょう。

上述したように2017年から、各銀行系カードローンは自主規制をしています。
多くても年収の3分の1までしか、融資を受けられない可能性が高いんですね。

少ない利用限度額を設定されても、後で増額審査によって引き上げられます。
みずほ銀行カードローンの増額審査については、以下の記事をご参照ください。

みずほ銀行カードローンで増額を狙う。増額審査を知れば金利は下がる

ただでさえ低金利のみずほ銀行カードローン。それをさらに低金利にする方法があります。それが増額審査です。増額審査で利用限…

みずほ銀行カードローンの「審査の流れ」7ステップ

約5人に1人はみずほ銀行の口座を持っている

今回は普通預金口座を、すでに持っている人の審査の流れをご紹介します。
※このページを読んでいる方のほとんどは、みずほ銀行口座をお持ちだと思うので。
普通預金口座を持っていない人の申し込みは、こちらの記事をご参照ください。

みずほ銀行カードローンの審査の流れは以下の通り。

みずほ銀行カードローンの「審査の流れ」7ステップ
  1. 申し込み
    (申し込みフォームに本人情報を入力)
  2. 仮審査
    (本人情報・信用情報をもとにした機械的審査)
  3. 本審査
    (担当者による審査)
  4. 在籍確認
    (職場への電話連絡)
  5. 必要書類の提出
    (画像データのアップロード)
  6. 契約
    (カードローン口座開設の連絡)
  7. 融資
    (設定された利用限度額の範囲内での借り入れ)
  8. 返済
    (毎月10日の自動引き落とし & 任意返済)

みずほ銀行カードローンの審査は、仮審査と本審査の2つ

2つの審査 仮審査 本審査
誰が審査するか 機械による審査 担当者による審査
審査で何を決めるか みずほが利用可能か 融資条件
(金利や利用限度額など)
審査結果 途中結果 最終結果
審査時間 早い
(数分の場合も)
慎重
(数日の場合も)

本審査よりも仮審査のほうが、審査時間が早め。
しかし「仮審査のクリア=審査基準のクリア」なので、仮審査のほうが重要です。

本審査は担当者がさらに詳しく審査し、金利や利用限度額を決定します。

①申し込み(申し込みフォームに本人情報を入力)

みずほ銀行カードローンの申し込み方法は以下の通り。

申し込み方法 受付時間 審査にかかる時間
インターネット
(PC・スマホ)
24時間 スピーディーに審査結果を回答
店頭(窓口) 平日9時~15時 原則翌営業日に審査結果を回答
(ただし申し込みが午後の場合は2営業日後となる場合アリ)
郵送 申込書到着後、原則翌営業日に審査結果を回答
電話 平日9時~20時 申し込み受付後、原則2~3営業日後に審査結果を回答

インターネット(パソコン・スマホ)からの申し込みは24時間受付
特にこだわりがないならば、インターネットから申し込みましょう。

  • キャッシュカード兼用型
  • カードローン専用型

ローンカードは2種類ありますが、みずほ銀行の普通預金口座をすでに持っている場合は、原則キャッシュカード兼用型の利用になります。

みずほ銀行の「カードローン専用型」と「キャッシュカード兼用型」を比較!オススメはどっち?

みずほ銀行カードローンでは、普通の口座カードとカードローン機能が1つにまとめられた「キャッシュカード兼用型」とカードロー…

②仮審査(本人情報・信用情報をもとにした機械的審査)

みずほ銀行カードローンの仮審査は、スコアリングシステム(機械的審査)
申込者の本人情報をすぐに点数化して、総合得点から利用の可否を決めます

また仮審査では信用情報もチェックされます。
つまり仮審査の時点で、ほとんどの情報を見られることになります。

仮審査で審査落ちになるケースは以下の通り。

みずほ銀行カードローンの仮審査で審査落ちになるケース
  • 他社借り入れ件数が多かった
  • (例:3~4件の他社借り入れがある)
  • 職業がフリーランスで収入の変動が大きい
    (例:先月は月収50万円だが先々月は月収10万円など)
  • 入社・転職したばかり
    (または入社・転職を控えているが現在は無職)
  • 返済が3ヶ月以上遅れたことがある
    (スマホやクレジットカードの返済含む)
    ※数日や数週間の延滞ならば問題ありません
  • 現時点の借り入れが年収の3分の1近くあった
    (例:年収300万円で他社借り入れ90万円など)
  • 債務整理をしたことがある
    (例:過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生)
  • 強制的に解約されたことがある
    (スマホやクレジットカード含む)
  • 保証会社を通じた賃貸契約で代位返済されたことがある
    (長期的な家賃の滞納による)

仮審査がクリアできれば、みずほ銀行カードローンを利用できる確率は格段にアップ。
あとで申し込み時のミスが発覚しない限りは、審査通過の可能性は高いです。

③本審査(担当者による審査)

みずほ銀行カードローンの本審査は、担当者による審査。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 他社借り入れ状況

返済能力に直結する4項目を特によく見られます。

評価次第では希望額以上の利用限度額を設定されることもあります。
逆にマイナス評価が響けば、希望する利用限度額以下になることも。

また基本的に審査結果は、申告したメールアドレスにメールで連絡
急いでいる場合は、以下のカードローン専用ダイヤルから審査結果を確認できます。

【カードローン専用ダイヤル】
 0120–324–555
(携帯電話OK)

【受付時間】
月曜日~金曜日 9:00~20:00
(12月31日~1月3日・祝日・振替休日を除く)

④在籍確認(職場への電話連絡)

在籍確認の周囲バレ対策

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、職場への電話連絡

消費者金融は書類での在籍確認OKのところもあります。

しかし銀行系カードローンは、職場への電話連絡がマスト。
みずほ銀行カードローンでは、書類での在籍確認はできません。

ただし在籍確認の方法である、職場への電話連絡は1分もかからない手続き

  • 個人名での電話
  • 本人が出ても出なくても在籍確認は完了

上記の対策が立てられているので、周囲にカードローンの利用がバレる心配もありません。
言い訳は「クレジットカードの在籍確認だった」にすれば完璧です。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は誰にもバレない!プライバシーを大事にします!

みずほ銀行カードローンでも在籍確認は避けて通れません。職場に電話が掛かってくると、同僚にカードローンがバレるか不安です…

みずほ銀行の公式サイトはこちら

⑤必要書類の提出(画像データのアップロード)

必要書類はスマホで撮影してアップロード!

みずほ銀行カードローンの必要書類は以下の通り。

本人確認書類(以下いずれかのコピー1通)

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
    (写真およびご住所のページ)
  • 各種健康保険証
    (被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

収入証明書類(以下いずれかのコピー1通)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
    (その1・その2)

審査結果のメールには、必要書類の登録用URLが記載されています。

必要書類をお手持ちのスマホやカメラで撮影後、登録用URLに画像データを登録しましょう。

画像データを登録することによって、必要書類の提出となります。

みずほ銀行カードローン必要書類って何?コレを読めばすべてわかります!

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座を持っていれば、必要書類は収入証明書だけでOKなので、手続きがスムーズにすすみ…

みずほ銀行カードローンは外国人も利用OK!

みずほ銀行カードローン外国人永住権必要

みずほ銀行カードローンは外国籍の人でも利用できます。
ただし永住許可を証明する書類が必要になります。

外国籍の人が必要になる書類
  • 在留カード
    (永住者と記載)
  • 特別永住者証明書

永住権のない外国籍の人は、以下の記事をご参照ください。

関連記事:永住権なしOK!外国人がカードローン審査に受かるポイントまとめ!

⑥契約(カードローン口座開設の連絡)

2つのカードの違いは?

本審査をクリアすると「カードローン口座開設の完了」を知らせるメールが届きます。

キャッシュカード兼用型は、お手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が付与

緊急のお金が必要になっても、その日のうちに融資を受けられます

⑦融資(設定された利用限度額の範囲内での借り入れ)

みずほ銀行カードローンの主な借り入れ方法は以下の通り。

みずほ銀行カードローンの借り入れ方法
  • ATM
    (みずほ・コンビニ・ゆうちょ・提携金融機関)
  • みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンが利用できるATM

みずほ銀行カードローンの利用可能ATM設置店

みずほ銀行カードローンはさまざまなATMで利用できます。

  • みずほ銀行ATM
  • イーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 提携金融機関ATM

キャッシュカード兼用型は、ゆうちょ銀行と提携金融機関ATMは利用不可

ただしみずほ銀行ATM、コンビニATMだけでも相当な設置台数です。
キャッシュカード兼用型を利用中に、ATMが近所になくて困るということはないでしょう。

みずほ銀行カードローンを利用できるATMの利用時間は以下の通り。

利用する曜日 火~金
みずほ銀行
ATM
・融資など
7時~24時
・返済、振替
8時~18時
・融資など
終日
・返済、振替
8時45分~18時
・融資など
0時~22時
・返済、振替
9時~17時
・融資など
8時~21時
・返済、振替
9時~17時
イーネット
ローソン
セブン銀行
各ATM
・融資など
終日
・返済のみ
8時45分~18時
・融資など
終日
・返済のみ
8時45分~18時
・融資など
0時~22時
・返済のみ
9時~17時
・融資など
8時~24時
・返済のみ
9時~17時

みずほ銀行ATMは平日8:45~18:00の間の利用であれば、手数料無料で利用できます。

ATMを利用する際は、なるべく手数料が発生しないようにしましょう。

みずほダイレクトによる借り入れ

みずほダイレクトは、みずほ銀行のインターネットバンキングサービス。
PCやスマホを使って、普通預金口座の管理や各種取引ができます。

カードローンの借り入れができる時間は、平日0:00~15:00
(※土日祝日・振替休日は利用不可)
カードローンの返済は、24時間可能になっています。

みずほダイレクトをもっと詳しく知りたい人は、以下の記事をご参照ください。

みずほダイレクトを使ってラクラク手続き!みずほ銀行カードローンの返済にも超便利!

みずほ銀行の目玉サービス「みずほダイレクト」を利用して、効率よくカードローンの返済が可能!わざわざ銀行やATMまで出向かな…

⑧返済(毎月10日の自動引き落とし & 任意返済)

任意返済なら手数料無料のみずほ銀行ATMで!

みずほ銀行カードローンの返済は、毎月10日の自動引き落とし

また返済のお金に余裕のあるときは、みずほダイレクトかATMでの任意返済もOK。

ただしみずほ銀行カードローンの最低返済額は10,000円と高め

決して無理はせず、返済を続けやすいようにきちんと計画を立てましょう。

みずほ銀行カードローンは返済しやすい!任意返済を活用してゴールへ一直線!

みずほ銀行カードローンの返済を徹底解説!みずほ銀行カードローンは銀行カードローンなので、信用を見る目が非常に厳しめ。今…

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの審査は厳しくない!審査基準のクリアで利用OK!

ポン太
みずほ銀行カードローンの審査通過=審査基準のクリアなんですね。低金利で審査がすごく厳しいイメージなのでホッとしました。
たぬき博士
審査が甘いわけではないが、低金利だからといって厳しすぎるわけでもない。

  • 申し込み条件を満たしている
    (20歳以上66歳未満・安定した収入)
  • 信用情報にキズがない

2つの審査基準のクリアができれば、低金利のサービスを受けられるんじゃよ。

ポン太
ぼくはあんまり高収入じゃないけど正社員だし、信用情報にキズはありません
たぬき博士
ふぉっふぉ。それなら審査通過も夢じゃないのぉ。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

SMBCモビットの申込はこちら

 

関連記事