みずほ銀行カードローンの最低返済額を確認しよう!返済額が高いことによる2つのメリット

みずほ銀行カードローンの最低返済額は10,000円

みずほ銀行カードローンの最低返済額は10,000円

当月10日には必ず10,000円以上が、みずほ銀行の普通預金口座から引き落とされます

最低返済額は毎月10,000円?ちょっと高いなぁ・・・」と思った方もいると思います。

しかし高めの最低返済額は、完済への近道。
利息がふくらみにくいので、利用者にはとってもイイんですね。

今回はみずほ銀行カードローンの最低返済額について解説していきます。

(※)どうしても返済額の低いカードローンを希望する場合は、以下の記事をご参照ください。

みずほ銀行カードローンの最低返済額が導く2つのメリット

みずほ銀行カードローンの最低返済額は他社より高め

先述した通り、みずほ銀行カードローンの最低返済額は10,000円と高め

10万円借り入れた場合の最低返済額を、他の銀行系カードローンと比較してみましょう。

銀行系カードローン各社 最低返済額
みずほ銀行のバナー 10,000円
オリックス銀行 7,000円
ジェイスコアのロゴ 4,000円
スルガ銀行カードローンリザーブドプランのバナー 3,000円
ジャパンネット銀行ネットキャッシングのロゴ 3,000円
shizuoka-bank 2,000円
ひめぎんクイックカードローンのロゴ 2,000円
ダウンロード 2,000円
三井住友銀行 2,000円

しかし高めの最低返済額は、返済額における利息の割合が小さくなるのが魅力。
つまり返済の大部分が元金にかかるんですね。

そのため利用者に大きな2つのメリットがあります。

  1. 完済まで早くなる
  2. 総返済額が低くなる

2つのメリットについて解説していきます。ぜひとも参考にしてください。

最低返済額の安さから見るカードローン。返済額別におすすめも教えます。

カードローン会社によって異なる、毎月の最低返済額。実は借り入れ額によっても大きく変わります。今回は消費者金融・銀行カー…

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

メリット①:完済が早くなる

完済が早くなるメリット

最低返済額が安ければ、負担を感じずに返済できますよね。

しかしそのぶん完済までに時間がかかり、借金に縛られてしまうことになりかねません。

  • 返済が長引くストレス
  • 完済できるかどうかの不安
  • 金銭的に日々の行動が制限される

高い最低返済額で完済を早めることで、これらのリスクからもいち早く解放されます。

30万円借り入れた場合の返済期間を他社と比較

30万円を借り入れて最低返済額だけ払う場合の返済期間を、みずほ銀行カードローンと愛媛銀行カードローンで比べてみました。

30万円を借り入れた場合の返済期間を比較

【みずほ銀行カードローン(年14.0%)】
30万円借りた場合の最低返済額:10,000円
⇨ 完済までの返済期間:39ヶ月(3年3ヶ月)

【愛媛銀行カードローン(年14.6%)】
30万円借りた場合の最低返済額:5,000円
⇨ 完済までの返済期間:108ヶ月(9年)

みずほ銀行カードローンと愛媛銀行カードローンの、返済期間の差は5年9ヶ月

安い最低返済額に甘えると、返済がダラダラと長引いてしまうことが一目瞭然ですね。
早く完済していればできていたことをガマンするような羽目にならないように、安い最低返済額のリスクを把握しておく必要があります。

その点みずほ銀行カードローンは、毎月確実に借入残高を減らしていけます

みずほ銀行カードローンの利息額の詳細

メリット②:総返済額が低くなる

総返済額が低くなれば新たに買い物もできる

みずほ銀行カードローンの高めの最低返済額は、安い返済額の他社と比べて総返済額が低くなります。

  • 家計の負担になりにくい
  • 浮いた金額で新たに買い物ができる

総返済額が低くなれば今後の自分にとって良いことづくしです。

30万円借り入れた場合の総返済額を他社と比較

30万円を借り入れて最低返済額だけ払う場合の総返済額を、みずほ銀行カードローンと愛媛銀行カードローンで比べてみました。

30万円を借り入れた場合の総返済額を比較

【みずほ銀行カードローン(年14.0%)】

30万円借りた場合の最低返済額:10,000円
完済までに支払う利息:76,793円
返済額の総額:376,793円

【愛媛銀行カードローン(年14.6%)】
30万円借りた場合の最低返済額:5,000円
完済までに支払う利息:240,648円
返済額の総額:540,648円

みずほ銀行カードローンと愛媛銀行カードローンの、総返済額の差は163,855円

先述した通り愛媛銀行銀行カードローンは、5年9ヶ月多く返済に時間がかかります。
その結果として長引いた分、ムダな利息を払い続けることになるんですね。

もちろんみずほ銀行カードローンと愛媛銀行カードローンの、0.6%の金利差も総返済額の差に影響を与えます。

しかしそれよりも返済期間・総返済額に影響を与えるのは、最低返済額の高低です。

任意返済でさらにメリットを強化!

任意返済のメリット

任意返済とは毎月10日の返済(約定返済)とは別に、自らすすんでする返済のこと。
追加返済・随時返済・繰り上げ返済ともよばれます。

みずほ銀行カードローンの高い最低返済額に、任意返済を足すと返済スピードは劇的にUP

  1. 完済が早くなる
  2. 総返済額が低くなる

これら2つのメリットを強化して、さらにおトクに利用できます。

みずほ銀行カードローンでの任意返済の方法や、任意返済に必須といえるみずほダイレクトについては以下の記事をご参照ください。

みずほ銀行カードローンは返済しやすい!任意返済を活用してゴールへ一直線!

みずほ銀行カードローンの返済を徹底解説!みずほ銀行カードローンは銀行カードローンなので、信用を見る目が非常に厳しめ。今…

みずほダイレクトを使ってラクラク手続き!みずほ銀行カードローンの返済にも超便利!

みずほ銀行の目玉サービス「みずほダイレクト」を利用して、効率よくカードローンの返済が可能!わざわざ銀行やATMまで出向かな…

50万円を借り入れた場合の返済期間・総返済額を比較

みずほ銀行カードローンで50万円借り入れた場合を、

  • 最低返済額だけを払った場合
  • 最低返済額に加えて任意返済した場合

これら2つのパターンに分けて返済期間・総返済額を比較しました。

【50万円を借り入れた場合の返済期間の返済額・総返済額を比較】

毎月10,000円(最低返済額)を返済

借入金額 500,000円
毎月の返済額 10,000円
(最低返済額のみ)
借入金利 年14.0%
返済期間 79ヶ月
(6年7ヶ月)
総返済額 768,852円
(利息総額は268,852円)

毎月10,000円+10,000円(任意返済)を返済

借入金額 500,000円
毎月の返済額 20,000円
(最低返済額+任意返済)
借入金利 14.0%
返済期間 32ヶ月
(2年8ヶ月)
総返済額 602,880円
(利息総額は102,880円)

両者の総返済額・返済期間の差は以下の通り。

  • 総返済額の差は165,972円
  • 返済期間の差は3年1ヶ月

同じみずほ銀行カードローンでも任意返済を活用することで、総返済額・返済期間がもっとおトクになることがわかりますよね。

任意返済について詳しくは以下の記事をご参照ください。

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの最低返済額は利用残高で決まる

みずほ銀行は残高スライド式

みずほ銀行カードローンの最低返済額は、前月10日の利用残高によって決まります

また以下2つの場合によって、最低返済額の変動の仕方が異なってきます。

  • 利用限度額200万円未満の場合
  • 利用限度額200万円以上の場合

カードローンで最初に設定される利用限度額は通常、多くても50万円

多くの人は「利用限度額200万円未満の場合」の金利が適用されます。

みずほ銀行カードローンの返済方式は「残高スライド方式」

残高スライド方式とは、借り入れの残高によって返済額が決まる仕組み。

みずほ銀行カードローンに限らず、ほとんどのカードローンが採用しています。

【利用限度額200万円未満】の場合

利用限度額200万円未満の特徴
<特徴>
前月10日の利用残高:50万円ごとに返済額が10,000円アップ

利用限度額200万円未満の、最低返済額の一覧は以下の通り。

前月10日の利用残高 最低返済額
10,000円未満 前月10日現在の利用残高
10,000円以上50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 40,000円
200万円超250万円以下
(使用時期・延滞により800万円を超えた場合)
50,000円

利用残高50万円までは、最低返済額は10,000円。

それ以降は利用残高50万円ごとに、最低返済額が10,000円ずつ増えていきます。

【利用限度額が200万円以上】の場合

利用限度額200万円以上の特徴
<特徴>
前月10日の利用残高:100万円ごとに返済額が10,000円アップ

利用限度額が200万円以上の、最低返済額の一覧は以下の通り。

前月10日のご利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月のご返済額
10,000円未満 前月10日現在のご利用残高
10,000円以上100万円以下 10,000円
100万円超200万円以下 20,000円
200万円超300万円以下 30,000円
300万円超400万円以下 40,000円
400万円超500万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 70,000円
700万円超800万円以下 80,000円
800万円超
(使用時期・延滞により800万円を超えた場合)
90,000円

※2012年7月31日以降に契約の締結あるいは変更した場合

利用残高100万円までは、最低返済額は10,000円。

それ以降は利用残高100万円ごとに、最低返済額が10,000円ずつ増えていきます。

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの最低返済額に関する3つの注意点

みずほ銀行カードローンの最低返済額の注意点は3つ。

みずほ銀行カードローンの最低返済額の注意点
  1. 「利用限度額が200万円以上」は最低返済額が低めになる
  2. 高額を借りる場合は最低返済額が他社と比べて安くなることも
  3. 最低返済額が高いからといって延滞しない

みずほ銀行カードローンを少しでもおトクに利用したいなら、把握しておきましょう。

注意点①:「利用限度額200万円以上」は最低返済額が低めになる

高額借り入れで低めの返済額はキケン!

先述した通り最低返済額は「利用限度額200万円未満」「利用限度額200万円以上」で変わってきます。

  • 「利用限度額200万円未満」
    50万円ごとに最低返済額が10,000円UP
  • 「利用限度額200万円以上」
    100万円ごとに最低返済額が10,000円UP

たとえば両者が100万円を借り入れた場合、最低返済額が低いままの「利用限度額200万円以上」の返済回数・総返済額は大きくふくらみます

【100万円を借り入れて最低返済額だけを返済する場合】

利用限度額200万円未満(100万円)

111 1,519,298 519,298

利用限度額200万円以上

総返済額
467 4,673,117 3,673,117

※金利はともに年12.0%に設定

利用限度額200万円以上の人は、最低返済額が甘めに設定されるようになっています。

そのため同じ借り入れ額でも、最終的な返済回数や総返済額に大きな差が生まれるんですね。

数百万円のお金をムダにしないためにも「利用限度額200万円以上」の最低返済額には気をつけましょう。

注意点②:高額を借りる場合は最低返済額が他社と比べて安くなることも

高額借り入れで返済1万円のときは任意返済を活用しよう

60万円を借り入れた場合の最低返済額を他社カードローンと比べると、みずほ銀行カードローンの最低返済額が低めになります。

銀行系カードローン各社 最低返済額
(利用残高:60万円)
住信SBIネット銀行MR. カードローンロゴ 8,000円
みずほ銀行のバナー 10,000円※
三井住友銀行 12,000円
ジェイスコアのロゴ 14,000円
ジャパンネット銀行ネットキャッシングのロゴ 15,000円
ひめぎんクイックカードローンのロゴ 15,000円
スルガ銀行カードローンリザーブドプランのバナー 20,000円
shizuoka-bank 20,000円
ダウンロード 20,000円
オリックス銀行 20,000円

※「利用限度額200万円以上」の場合

先述した通り、最低返済額が低いということはメリットばかりではありません

むしろ低い最低返済額に甘えすぎると、利用残高が高額なほど借金に縛られることに・・・。

高額を借りても最低返済額が10,000円になる人は、任意返済をうまく活用しましょう。

注意点③:最低返済額が高いからといって延滞をしない

みずほ銀行カードローンを延滞すると利用停止!

みずほ銀行カードローンを利用する、多くの人の最低返済額は10,000円。

思わぬ出費が重なった月は、返済を負担に感じることもあるかもしれません。

ただしそれでも延滞(返済が遅れること)するのはNG

延滞すると年利19.9%の遅延損害金(延滞に対しての罰金)が発生します。

もしも「延滞してしまった」「延滞してしまいそう」というときは、すみやかにみずほ銀行カードローンに連絡しましょう。

みずほ銀行カードローンで延滞!知らなきゃいけない今すべきこと

「みずほ銀行の返済に遅れてしまった!」そんな時はどうしたらいいのでしょうか?実は気づかないうちに延滞してしまうこともあ…

30万円の借入残高で30日(1ヶ月)延滞すると遅延損害金はどれくらい?

カードローンの遅延損害金の計算方法は以下の通り。

借入残高(円)× 遅延損害金利率(%)÷ 365(日)× 遅延日数(日)

みずほ銀行カードローンで30日延滞すると以下のようになります。

300,000円 × 19.9% ÷ 365日 × 30日= 4,906円

30万円を借りた場合の、最初の返済額の利息は3,500円です。

遅延損害金に4,906円支払うということは、もう1つカードローンを利用しているに等しい金銭的負担。

また1ヶ月も返済を放置すると、みずほ銀行カードローンの信用低下は避けられません

利用限度額を引き上げるための、増額審査に通る見込みはなくなるので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンで増額を狙う。増額審査を知れば金利は下がる

ただでさえ低金利のみずほ銀行カードローン。それをさらに低金利にする方法があります。それが増額審査です。増額審査で利用限…

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの最低返済額は高めだからこそ安心!

OLたぬき
みずほ銀行カードローンの最低返済額は10,000円ですか。私にはちょっと高いなぁ。
たぬき博士
最低返済額が低いと、どうしても甘えてしまうじゃろ。着実にお金を返していきたいときに、みずほ銀行カードローンの高めの最低返済額は、利用者にメリットがあるんじゃ。
OLたぬき
高めの最低返済額にどんなメリットがあるんですか?
たぬき博士
完済が早くなって、総返済額も低くなるんじゃ。みずほダイレクトで任意返済を活用すれば、さらに返済スピードはUP。増額審査を通るための信用作りにもなるぞい。

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

みずほ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

SMBCモビットの申込はこちら

 

スポンサーリンク

関連記事