こんな低い金利見たことない。みずほ銀行カードローンをススめるにはワケがある

ポン太
博士、カードローンでお金を借りようと思っているのですが・・・
たぬき博士
どうしたのじゃ、何か不安な事でもあるのか?
ポン太
返済は短期で済ませるつもりですが、もし思わぬ出費が発生した場合、完済するまでの期間が間延びしてしまうのではないかと思いまして・・・
たぬき博士
なるほど、当初の計画が狂って短期返済のつもりが気づけば長期返済になることはよくあることじゃの
ポン太
返済期間が長くなるとそれだけ利息も増えていくと思うと少し抵抗があります。
たぬき博士
それなら金利が低いみずほ銀行カードローンをオススメするぞい!

みずほ銀行カードローンは銀行系の中でもさらに低金利

みずほ銀行カードローンさらに低金利

一般的に銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べて金利が低いのが特徴です。みずほ銀行カードローンはそんな低金利の銀行系カードローンの中でも、さらに金利が低く設定されています。

実際どれだけ他の貸金業者と金利が違うのか以下の表で比較してみましょう。

カードローン名 金利(実質年率)
みずほ銀行 3.5%~14.0%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
アコム 4.7%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%

カードローンが初めての場合ほとんどの方は最高金利(みずほ銀行は14.0%)の方が設定されます。最高金利で見ると消費者金融はもちろん、他の銀行カードローンよりも金利が低くなっているのがわかりますね。

カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

どこのカードローン会社でも「▼%~△%」というふうに、金利には「幅」があります。このとき、実際に適用されるのはどちらの金利…

「カードローンは金利が命!」と考えている方はみずほ銀行カードローン一択です。

利用限度額が多ければ多いほどさらに金利が低くなる!

みずほ銀行金利4.0

みずほ銀行の金利は利用限度額に合わせて変化します。つまり最高金利は年14%でも限度額によってはさらに金利が低くなるということです。

金利○○%~○○%と書かれている広告は多く見ますよね。しかし実際に具体的に金利がどのように変動するのかを明記してる業者はそれほど多くはありません。

みずほ銀行カードローンは銀行系カードローンという強みもあり、限度額に応じて具体的にどのくらい金利が下がるのかを明らかにしています。

以下の表がみずほ銀行カードローン金利の利用限度額に応じた金利をまとめたものです。

ご利用限度額 みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円以上1,000万円以下 年4.0%

このように限度額が上がるにつれて金利が低くなり、最高で年利4.0%という超低金利でお金を借りることができます。

「たくさんお金を借りたい!」と思っている人ほど、低金利でお得に利用できるのがみずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

金利の違いでこんなにも利息が変わる!

金利の比較

みずほ銀行カードローンの金利が他のカードローンよりも低いのは分かっていただけたかと思います。

ただ「低いって言ってもたった数%の違いでしょ?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。単に「金利が低い」と言われてもピンとこない方も多いと思います。

しかしたった数%の違いでも最終的な返済総額が大幅に変わってくるのです。

金利14.0%と金利18.0%での返済額の違いを検証!

金利がどれだけ返済額に影響しているか知っていただくために、借入額90万円の返済を一般的な消費者金融とみずほ銀行で借り入れた場合どれだけ返済総額が変わるのシミュレーションをしてみました。

例)借入額90万円を3年で返済した場合の利息と返済増額

カードローン
(返済方式※)
消費者金融A
(元利均等返済方式)
みずほ銀行カードローン
(残高スライド式)
金利(%) 金利18.0% 金利14.0%
借入金額(円) 90万円 90万円
3年後の
利息額合計(円)
27万1316円 21万4203円
3年後の
返済額合計(円)
117万1316円 111万4203円

※返済方式は現実に近い合計を算出するため、消費者金融Aでは一般的な消費者金融業者で広く採用されている「元利均等返済方式」、みずほ銀行は実際に採用されている「残高スライド式」をそれぞれ採用。

最終的な返済額合計の差額が金利18.0%と金利14.0%で、その差5万7113円です。同じ90万円の借入でもカードローンに支払う利息が6万円近く違っていることがわかります。

言ってしまえば利息はカードローン会社に払う余分なお金です。低金利のみずほ銀行カードローンを利用すれば6万円近く無駄なお金を節約してお金を借りることができます。

借りるお金が少なければ利息の差は小さくなりますが、どちらにせよ利息を節約できることには変わりありません。

みずほ銀行カードローンなら他のカードローンより利息で損することなく、お得に利用することができます。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

低金利のみずほ銀行カードローンは長期返済でも短期返済でも柔軟に対応できる!

みずほ銀行柔軟に対応

数%の金利でも返済期間が長ければ長いほど金利が影響して利息も膨れあがります。逆に早く繰り上げて返済していけばそれだけ余分な利息も発生しません。

しかし「毎月〇万円ずつ支払って早めに完済しよう」と返済計画を立てたとしても、実際は思わぬ出費などで当初の返済計画通りいかないという状況も十分に考えられます。

低金利のみずほ銀行カードローンなら金利が低いことで短期的な返済と長期的な返済、どちらにもバランスよく柔軟に対応ができますね。

ポン太
みずほ銀行カードローンは金利が低くとても使い勝手がよさそうですね
たぬき博士
うむ、利用限度額に応じた金利もしっかり明記している分、借りる側としても信用ができるの
ポン太
これなら思わぬ出費で返済期間が延びても安心ですね
たぬき博士
低金利のみずほ銀行カードローンなら返済が長引いても利息を抑えることができるからのぅ。金利が低いカードローンでお金を借りるのにこしたことはないぞい。

みずほ銀行の公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事