ネット銀行カードローンのメリット・デメリットをまるっと解説!銀行や消費者金融とどう違う?

ポン太
博士!セブン銀行やソニー銀行などのネット銀行でもカードローンが利用できるってホントですか?

たぬき博士
ああ、ホントじゃよ。ネット銀行も大きく分ければ「銀行」じゃからな。カードローンを用意しておるぞい。

ポン太
それならネット銀行カードローンの特徴を教えてほしいです!消費者金融や銀行と何か違う部分はあるんですか?

たぬき博士
もちろんカードローンとして似ている部分はあるんじゃが、差別化できる部分もある。

たぬき博士
ネット銀行カードローンの特徴をメリットとデメリットに分けて解説していくからよく聞いておくんじゃぞ。

ネット銀行カードローンのメリット

merit-demerit-01 ネット銀行カードローンの特徴は、言うならば「銀行カードローンと消費者金融カードローンのいいとこどり」です。

スペックの高さは銀行譲り!

merit-demerit-02

ネット銀行は大きく分けると銀行カードローンの仲間です。銀行のような「低金利・高限度額」でカードローンを利用することができます。

銀行カードローンに勝るとも劣らない低金利

ネット銀行では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行のカードローンに負けず劣らずの低金利でカードローンを利用することができます。

例えば、ネット銀行最大手の楽天銀行が提供するカードローン「楽天銀行スーパーローン」の金利は実質年率4.9%~14.5%。三井住友銀行カードローンの金利が実質年率4.0%~14.5%なので遜色ありませんね。

また金利の低いところでいうと、住信SBIネット銀行カードローン(Mr.カードローン)の金利は驚異の実質年率1.99%~7.99%です。金利を見る上で重要になってくる最高金利は銀行カードローンの半分くらいに抑えれれています。(→最高金利が重要なワケはこちらから

限度額は最大1000万円

ネット銀行カードローンは、借りることができるMAXのお金(極度額)が銀行と同じように高く設定されているのも特徴です。例えば、先ほど紹介した住信SBIネット銀行カードローンやジャパンネット銀行カードローンは最大で1000万円までお金を借りることができます。

銀行カードローンと同様にネット銀行も総量規制の対象外なので、貸し出し上限を高めに設定できるというわけです。

金利面や限度額の面では銀行カードローンもネット銀行カードローンも同じレベルくらいだと考えてください。

利便性の高さは消費者金融譲り!

merit-demerit-03

銀行並みの金利を利用できる一方で、借入までのスピードやカードローン利用の利便性は銀行を大きくしのいでいます。どちらかというと消費者金融と近い特徴をもっているといえるでしょう。

申し込みはネット完結!融資は最短即日で!

ネット銀行には窓口や自動契約機がないので、申し込みは完全にネット完結です。それでいて申し込んだその日にお金を借りることができる仕組みもあります。(即日融資するには14時までの申し込みが必要でネット銀行口座への振込融資に限る)

「ネット完結+即日融資OK」のネット銀行なら自宅に居ながらその日のうちにお金を借りることができます。

返済はコンビニATMで手数料無料!

また便利なのは「お金を借りる時」だけではありません。「お金を返す時」も利用しやすくなっています。その秘訣は手数料無料提携ATMの数の多さ。ほとんどのネット銀行は手数料無料でコンビニATMから返済することができます。

カードローンを利用する以上、毎月少なくとも1回は返済しないといけません。手数料無料のATMが近くにない方もいらっしゃるでしょうし、返済1回あたりは100円~200円程度の手数料でも、完済までに積もり積もれば負担も大きくなります。

最もATMの数が多いコンビニATMから手数料無料で返済できるのはネット銀行のメリットの1つです。

口座開設していれば提出書類は一切必要ナシ!

merit-demerit-04

銀行や消費者金融でカードローンを利用する場合、申し込みの際に本人確認書類の提出は必須です。

口座を持っているネット銀行のカードローンに申し込む場合、申し込みの際に本人確認書類を提出する必要がありません。口座を持っていれば口座開設の際に本人確認書類をしていることになるので、改めてわざわざ本人確認する必要はないということなんでしょうね。

また銀行や消費者金融と同じように「○○万円の借入まで収入証明書不要」で申し込むことができます。本人確認書類も収入証明書も提出しなくてよかったら、申し込みの際に用意すべき書類は1つもありません。

書類を一切提出しなくてもカードローンに申し込める場合があるということは、銀行にも消費者金融にもないネット銀行オリジナルのメリットです。

ネット銀行カードローンのデメリット

ネット銀行には実際の店舗や窓口が存在しません。この点で消費者金融や銀行よりも使い勝手が悪くなってしまう場合があります。

カードは必ず郵送される

merit-demerit-05

ネット銀行には窓口や自動契約機が用意されていないので、キャッシングカードは必ず自宅に郵送されることになります。一応「銀行」からの郵送物だということでそこまで怪しまれることはないと思いますが、もしも勝手に封を開けられるとカードローンの利用がバレてしまうかもしれません。

郵送物をシャットアウトできないとういことで、ネット銀行カードローンは多少なりとも家族バレのリスクを伴うことになります。

カードローン家族バレの原因の90%が郵送物!防ぐ方法を解説します。

カードローンを利用していることは、できれば内緒にしたいところですね。ここでは一緒に住んでいる方、家族に内緒でカードロー…

口座開設が必須

merit-demerit-06

口座を持っていれば申し込み時に書類の提出を省くことができますが、ネット銀行カードローンを利用する上で口座開設は必須です。

口座を持っていない方は「口座開設→カードローン申し込み」の流れになるので、お金を借りるまでに時間がかかってしまう場合があります。

遅い時間の申し込みに対応できない

merit-demerit-07

ほとんどのネット銀行は14時以降の申し込みが翌日扱いになってしまいます。「日中は仕事で忙しい」という方はなかなか申し込むタイミングが難しいかもしれません。

時間に余裕がない方はネット銀行のカードローンに申し込むタイミングが難しくなってしまいます。

メリット・デメリットから考えるネット銀行カードローンの使い道

merit-demerit-08

すでにネット銀行の口座をお持ちの方にこそ、ネット銀行カードローンはオススメできます。

ネット銀行の口座をお持ちの方なら、書類提出不要でスムーズに申し込むことができる上、金利や限度額のスペックは銀行カードローンさながらです。コンビニでも手数料無料で返済できるので返済については心配する必要がありません。

一方で口座を持っていないと申し込みの際に後手を踏んでしまうので、ネット銀行カードローンの恩恵をあまり受けることができません。

「口座開設→カードローン契約」となると消費者金融でお金を借りるのよりも手間がかかってしまいますし、14時以降の申し込みなら審査回答は翌日以降になってしまいます。現在ネット銀行の口座を持っていない方はあえてネット銀行カードローンを検討する必要はないかもしれません。

ただ口座をお持ちでない方でも、お金の用意がそこまで急ぎではないのなら、低金利でお金を借りることができるネット銀行カードローンを選択肢に入れてみてもいいのではないでしょうか。

ネット銀行もカードローンの申し込み先として検討する余地アリ!

ポン太
ネット銀行カードローンは口座を持ってないと申し込みがちょっと不便になってしまうんですね。
たぬき博士
まあそうじゃのぅ。店舗がない分臨機応変な対応は期待したらイカンぞ。
ポン太
でも低金利のカードローンを探している方にとっては魅力的ですよね。
たぬき博士
低い金利でお金を借りることができるのは事実じゃからのぅ。ここでちょっと紹介したっ住信SBIネット銀行のードローンのように銀行をはるかに凌ぐ低金利のところもある。
たぬき博士
とにかく低金利のカードローンを探しておる人じゃったら選択肢にネット銀行カードローンを加えてもいいんじゃないかのぅ。
ネット銀行カードローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事