勘違いされやすいカードローンの極度額と限度額の違い!

ポン太
博士、極度額って何のことですか?
たぬき博士
おぉ、ポン太くん。急にどうしたのじゃ。
ポン太
実はこの間とある金融機関のホームページを見ていたのですが「極度額○万円まで」と書いてあって。あれって限度額じゃないんですか?
たぬき博士
なるほどのぅ。実はな限度額と極度額は全くの別物なんじゃよ。
ポン太
えぇ!?そうなんですか?
たぬき博士
ふぉっふぉっ。今回は限度額と極度額の違いについて解説していくぞい。

限度額と極度額の違いとは

限度額と極度額違い

皆さんがカードローンでお金を借りるときに必ず設定されるのが限度額ですね。利用可能額や借入可能額などとも呼ばれています。

限度額は「今現在あなたが借りることのできる最大の金額」を表すものです。

例えばカードローンを利用するときに「現在○○万円までなら融資が可能です」と言われるときの「○○万円まで」が限度額となります。これ以上の借入は基本的には不可能です。

でも、ここにおかしさを覚える方はいませんか?

だって各カードローン会社の公式ホームページやCMでは「最大○○万円までの融資が可能です」と述べていますよね。それなのに、それよりもはるかに少ない金額までしか借りれないのっておかしな話だと思います。

実はこの各カードローン会社が設定している「最大融資可能金額こそ極度額」なのです。言ってみれば「まぁ最大でこれくらい貸せるお金がありますよ」と認識すると分かりやすいでしょう。

利用限度額は審査で見定められた現在のあなたの評価によって、極度額の金額内で設定されます。

大手消費者金融とメガバンクの極度額は以下。

キャッシングサービス名 極度額
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 1,000万円
アコム 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
モビット 800万円

この極度額が各カードローン会社の最大の利用限度額だと考えてください。各極度額を超えるお金は借りることができません。

限度額と極度額のまとめ

限度額…顧客ごとに設定される現在利用可能な最大の金額

極度額…各カードローン業者で設定されている全顧客共通の契約上での最大利用限度額

最初から極度額で借りれない理由

ポン太
なるほど。限度額と極度額には明確な違いがあったんですね。
たぬき博士
そうじゃよ。似ているように見えて、全くの別物なんじゃな。
ポン太
でもどうして限度額と極度額を分けているんですか?最初から極度額で貸せば、たくさん金利で利益を出せそうなのに。
たぬき博士
ふぉっふぉっ。まぁ当然の疑問じゃな。でもな、最初から極度額すべて貸し出すのはカードローン会社のリスクが大きすぎるのじゃよ。

初回利用者は信用が足りない

借入額と信用力の関係

カードローン会社はお金を貸す前に利用希望者を審査して、お金を貸すに値するステータスの人物かどうかを判断します。

ただし、そこで見えるのはお金を返す能力があるかどうかだけで「本当に毎月きちんと返してくれる人物かどうか」までは分かりません。その人の心のうちまでは判断できませんから。

最初にあまりに大きな金額を貸してしまうと、最悪返ってこないかもしれないですよね。何も考えずに大きなお金を貸して自己破産なんかされた日にはカードローン会社にデメリットしかありません。

担保・保証人なしで顧客との信頼関係で成り立つ金融商品だからこそ、カードローン会社は最初に顧客ごとに限度額の制限を作って「本当に返済する人なのかどうか」を見極めます。

最初から極度額で利用できないのは、顧客との信頼関係がまだ結べていないからということです。

将来的な増額を見込んでいる

極度額設定によるメリット

極度額を設定しているのには顧客に対して将来的な増額の見込みがあることを伝えることで、自分たちのお客が他社でお金を借りるのを防ぐ効果もあります。

顧客からしても、また別の会社で審査を受けて手続きをするのは面倒ですよね。それに返済回数も増えるので、ほとんどの方が同じカードローン会社からたくさんお金を借りたいはずです。

  • カードローン会社⇒将来的に優良顧客となれば、たくさん借りてくれて金利の利益が増える
  • 顧客⇒わざわざ面倒な審査や手続きを踏む必要がない。返済の負担が増えない。

つまり、極度額が設定してあるのはどちらにとってもメリットがあり、ウィンウィンの設定なのです。

契約書に極度額を記しておけば、優良顧客なので限度額を増やしても契約書を書き換える必要がないですから、事務的な手間や料金も省けます。やはり極度額の設定はあったほうが良いでしょう。

消費者金融カードローンの極度額は総量規制に注意!

ポン太
じゃあ、こつこつ返済して優良顧客になれば極度額ぜんぶ借りられる可能性があるわけですね。
たぬき博士
そう思うじゃろ?しかし、実は消費者金融カードローンに限っては極度額ぜんぶ借りれるとは限らんのじゃよ。
ポン太
え?どうしてですか?
たぬき博士
これには総量規制という法律の規制が関係してくるぞぃ。
限度額と総量規制の関係

消費者金融カードローンと銀行カードローンでは適用される法律が異なることをご存知ですか?

  • 消費者金融カードローン⇒貸金業法
  • 銀行カードローン⇒銀行法

消費者金融は賃金業者という区分に分類されるので、貸金業法の総量規制(個人の借入限度額は年収の3分の1まで)という法律の規制を受けるのです。

極度額
アコム 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
モビット 800万円

仮に年収300万の方がアコムで極度額MAXの利用を望んでも、年収の3分の1までなので100万円が極度額となります。もちろん年収が上がるにつれ極度額も上昇しますが、基本的に消費者金融カードローンで極度額をすべて借りれることはほとんどないと思ってください。

「でも銀行カードローンは総量規制対象外(総借入額が年収の3分の1に縛られない)だからいくらでも借りれるのでは?」とお思いの方もいるでしょう。

確かに理論的には極度額すべて借りられますが、銀行でもその人の年収や信用に応じた金額が設定されます。結局は本人の返済能力、収入に適した金額しか借りることはできません。

そのことを理解したうえで「1番借りれるカードローンはどこか?」という思考ではなく「1番自分にピッタリの金額を提示してくれるカードローンはどこなのか?」という思考を忘れないようにしましょう。

まずは自分の返済能力を示して信用を高めよう!

ポン太
なんか極度額って結構いろいろな縛りがあって厄介ですね。
たぬき博士
そうじゃのぅ。極度額は各カードローン会社が最大で貸せる金額じゃからの。滅多に極度額すべてを借りれる人はおらん。
ポン太
極度額を気にする前に、まずは決められた限度額を遅延や滞納せずきちんと返済していくことを考えたほうが良さそうですね。
たぬき博士
その通りじゃよ。まずは返済実績を積んでカードローン会社の信用を高める。これがお金を今の限度額以上に借りるための最短距離なんじゃ。
カードローンの基礎知識カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事