経営者・個人事業主はカードローン審査で不利!ビジネスローンへGO!

経営者たぬき
不況のせいで会社の業績が悪化してしまいました。会社の家賃や人件費を払っていくためにもカードローンを利用したいと思っています。
たぬき博士
ちょっと待つのじゃ!もしかして個人向けカードローンに申し込もうとしているんじゃないか?
経営者たぬき
ええ、そうですよ。だってカードローンは「利用目的自由」じゃないですか。
たぬき博士
たしかに利用目的は自由なんじゃけど、利用できるかが問題じゃ。君は経営者だから個人向けカードローンに申し込むと審査で不利になってしまうぞ。個人向けカードローンは君に雇われている側の人がお金を借りるためのものなんじゃ。
経営者たぬき
え?じゃあお金を借りれないとなると、私は会社をたたむしかないのでしょうか?
たぬき博士
まあそう慌てるでない。カードローン会社は経営者向けにビジネスローンを提供しているところもある。そこに申し込めばお金を借りられる可能性が高くなるんじゃ。
たぬき博士
これからなぜ経営者の方が普通のカードローンの審査で不利になってしまうのか解説していくから心して聞いておくんじゃ。

そもそも個人事業主・経営者は個人向けカードローンに申し込めるのか

manager-1 審査に通るか通らないかはさておき、そもそも個人事業主や経営者は普通の個人向けカードローンに申し込むことはできるのでしょうか。

結論からいうと、基本的に消費者金融ならOK、銀行はNGです。

個人向けカードローンは「利用目的自由」として知られていますが、銀行は個人向けカードローンの商品説明書で借入を事業のための資金として使うことを禁止しています。

以下が、大手消費者金融カードローン(プロミス・アコム・アイフル・モビット)とメガバンク系のカードローン(三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行)の商品詳細ページにのっている内容になります。

 プロミス  個人事業主の方は、生計費および事業費
 アコム  記載なし
 アイフル  記載なし
 モビット  記載なし
 三菱東京UFJ銀行  事業性資金は除く
 みずほ銀行  事業性資金は除く
三井住友銀行  事業性資金は除く

消費者金融は、あくまで審査に通りさえすれば利用目的は自由になってますが、銀行のカードローンはハッキリと「事業資金として使ってはいけない」ということが明らかになってます。

仮に借りたお金を事業資金にすることを内緒にして銀行系カードローンの審査に通ったとしても、銀行にバレてしまうと借入の一括返済を求められてしまうことがあります。

銀行側からしたら「約束と違うからすぐに全額返して」ということなんですね。

カードローン会社が契約に背いた利用者に対して貸したお金の一括返済を求めることができることは、各銀行の利用規約に記載されています。

そもそも個人事業主や経営者の方はカードローンの申込先が消費者金融に限られているというわけです。

ただし、消費者金融は総量規制の関係で年収の3分の1までしか借りることができないので、本当に必要なお金をすべて借りることができないかもしれません。

事業資金以外の生活費などの目的なら不利にならない。

上述した内容はあくまでも事業資金目的でカードローンを利用した場合の話です。
個人事業主・経営者の方でも、生活費・冠婚葬祭費・レジャー費など、一般的な利用目的で申込む場合は大きく不利になりことはありません

ただし、経営者や個人事業主が一般のカードローンを申し込む時点で多少なりとも疑いをかけられることは覚悟しておきましょう。
詳しくは後述しますが、やはり経営者や個人事業主がお金を借りるのは事業や会社の経営を怪しまれかねません。

だからこそ「経営者や個人事業主にも、一般的な貸し付けを積極的におこなっているカードローン」を選ぶことが大切。

オリックス銀行カードローンバナー

例えばオリックス銀行カードローンは、個人事業主や経営者の生活費目的での借入にも積極的です。
1度申込んでみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

もちろんオリックス銀行カードローンでも、事業資金目的での借入は不可能なので注意してください。

オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら

個人事業主・経営者が個人向けカードローンの審査で不利な理由

個人事業主・経営者の方は消費者金融なら、年収の3分の1以下まで通常の個人向けカードローンでお金を借りられる可能性があります。

しかし、個人向けカードローンでは普通に働いて給料をもらっている方よりも審査で不利になってしまいます。

経営者は会社の経営が怪しまれる

manager-2

特に経営者の方に当てはまることになりますが、経営者自身が個人向けカードローンに申し込んできたということで、カードローン会社はまず「あなたの会社ほんとに大丈夫?」と思ってしまうことでしょう。

会社の経営者が個人的にお金を借りないといけないということは、経営している会社が危機的状況だと考えるのが自然です。

仮にみなさんが会社勤めをしていたとして、社長が借金していることがわかるとどう思いますか?

「この会社ヤバいんじゃないの?」「転職先を探し始めた方がいいかも」と思ってしまいますよね。

お金を貸しても、会社が立て直らなかったら貸したお金が返ってくこないかもしれません。経営者が個人向けカードローンに申し込むと会社自体の信用が薄くなってしまうので、カードローン会社は経営者にお金を貸したくないというわけです。

個人事業主は「収入」ではなく「所得」を見られる

manager-3

法人化せずに個人でアフィリエイトなどをしている個人事業主の方は、「収入」というより「所得」を見られます。

「年間どれだけの売り上げを出しているか」ではなく、「年間どれだけの利益がでているか」が重要になるということです。

年間300万円の売り上げを出していたとしても、売り上げを出すためにかかったお金(経費)が200万円かかったとしたら、所得は100万円になります。

自分ので思っている収入よりも、少ない収入で返済能力をみられる可能性があるので気を付けてください。

「所得」は収入証明書の提出の際に、確定申告書を見ればわかるので売り上げを「収入」として押し通すことはできません。

個人向けカードローンの利息は経費で落とせない!

manager-4

個人向けカードローンで借りたお金を事業資金にした場合、返済のときに支払った利息を経費で落とすことができません

会社が会社のために使ったお金は経費として落とすことができるので、会社が会社のために借りたお金にかかる利息は経費として落すことができます。

しかし普通の個人向けカードローンでお金を借りてしまうと、本当にそのお金が会社のために使ったものか証明できなくなってしまいます。

「会社(法人)」ではなく「個人」でお金を借りている時点で、いくら「事業の資金に使いました」と主張しても書類で証明することができないからです。

みなさんの会社の税金対策という面でも、個人事業主や経営者の方が個人向けカードローンを利用するのはオススメできません。

個人事業主・経営者の方は専用のビジネスローンに申し込むべし

それでは、個人事業主や経営者の方はどうやってお金を借りるのがベストなのでしょうか。

会社や事業の資金のことでお悩みの方は、ぜひビジネスローンを利用してみてください。ビジネスローンは会社の資金繰りなどにお困りの個人事業主、経営者の方向けのローンになります。

manager-5

そもそも個人事業主や経営者をターゲットにしているビジネスローンでは、個人事業主や経営者だからといって審査で不利になることはありません

確定申告書や事業計画書などを提出すれば年収の3分の1以上のお金を借りることができるので消費者金融よりも多くのお金を借りることもできます。

またビジネスローンの返済の際に支払う利息は経費として落とすことも可能です。ビジネスローンを利用していることが、会社のために必要な資金を調達したという何よりの証拠になります。

個人事業主や経営者の方なら、個人向けカードローンと比べて、ビジネスローンでお金を借りるほうが圧倒的にメリットが多いのです。

オススメのビジネスローン人気ランキング!事業資金に悩む個人事業主・法人経営者必見!

事業資金に困ったときに強力な味方になってくれるビジネスローン。この記事ではそのビジネスローンの人気ランキングと、自分に…

カードローンは適材適所!個人事業主・経営者の方はビジネスローン一択!

経営者たぬき
個人向けカードローンだと審査が不利になって、仮に審査に通っても消費者金融だから年収の3分の1までしか借りれないんですね。
たぬき博士
そうなんじゃ。普通の個人向けカードローンはターゲットが「給料をもらっている人」じゃからな。戦うフィールドが違うから審査が不利になるのも当然じゃ。
たぬき博士
「カードローン選び=業者選び」じゃと考えている人が多いかもしれんのじゃが、審査で後手を踏まないためにも、自分が一番借りやすいローンの種類を選ぶことも重要なんじゃよ。経営者たぬきくんはビジネスローンに申し込めばいいということじゃな。
経営者たぬき
とても参考になりました!ありがとうございます!
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事