地方銀行カードローンは審査が甘い!?厳しくない理由について解説

地方銀行カードローンは狙い目

有名銀行カードローンだと、審査が厳しそうなイメージがありますよ。

また実際に有名銀行カードローンの審査に、落ちてしまったという方もいるかもしれません。

そんなあなたにぜひ検討してほしいのは、地方銀行カードローン

有名な銀行カードローンに比べて競争率が低く、狙い目になっています。

「え、地方銀行カードローンの審査は甘いの?」

あなたの気になるトコロを分析したので、ぜひ参考にしてみてください。

ただ、地方銀行カードローンのデメリットは審査、融資に時間がかかることです。

審査が柔軟且つ、即日融資を希望している方は大手の消費者金融がおすすめです。

アコムなら最短即日!初めての方なら30日間無利息でお金を借りることができます。

【アコムの基本スペック概要】

アコムバナー
カードローンの種類 消費者金融
金利 年3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
申し込み条件 ・20歳以上69歳以下の人
・安定収入がある人
(年金のみ・専業主婦は利用不可)
資金使途 自由
即日融資 OK
審査時間 最短30分
WEB完結 OK
無利息サービス あり
(契約日翌日から30日間)
担保
保証人
不要

アコム公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きしましょう。
申し込みはWEB完結OKで審査は最短30分で完了します。

地方銀行カードローンの審査は厳しくない理由

地方銀行カードローンの審査が厳しくない理由

地方銀行カードローンの審査は甘いとはいえませんが、それほど厳しくないものと考えられます。

4つの視点から地方銀行カードローンの審査が、それほど厳しくないと考える理由をまとめてみました。

  1. 地方銀行カードローンの顧客開拓
  2. 保証会社がグループ会社ではない
  3. 極度額が低めに設定されている
  4. 過去の口座利用で自然と有利に

地方銀行カードローンを申し込んでみようと思っているけど、審査に通るか不安だという方は参考にしてみてくださいね。

極度額と限度額の違い

極度額に似た言葉として「限度額」があります。
極度額と限度額の違いは以下の通り。

  • 極度額⇨その時点で契約上借りられる最高の金額
  • 限度額⇨審査を経た時点で実際に借りられる金額

「借り入れ額は最大500万円」と宣伝されていても、限度額は審査結果により異なるんですね

意味を履き違えないように気を付けましょう。

地方銀行カードローンは顧客開拓の必要がある

大手の有名な銀行カードローンが、テレビCMなどで大規模な宣伝をかけて、顧客獲得競争を繰り広げているのは周知の通りですね。

宣伝力が強い有名な銀行カードローンは、多数の利用希望者をふるいにかけて「融資する人を選ぶ」ことができます。

宣伝力ではどうしても劣ってしまう地方銀行カードローンとしては、せっかく申し込みをしてきた方をみすみす逃したくはないのがホンネです。

逆にいえば有名な銀行カードローンに比べて、地方銀行カードローンは申し込みをする方の競争率が低いといえますね。

保証(審査)を行なうのがグループ会社ではない

地方銀行カードローンが自身で、利用希望者の審査をすることはありません。すべて保証会社が審査を行なっています。

それに対して都市銀行では保証会社が審査をする点は同じですが、異なるのは都市銀行の保証会社はその銀行のグループ会社(子会社)である点です。

都市銀行カードローン各社 保証会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
 りそなカードローン ・りそなカード株式会社
・オリックスクレジット株式会社

ある貸付が貸し倒れになった場合、保証会社がカードローン利用者の代わりに返済をします。

都市銀行の場合は、たとえばアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループが親会社なので、貸し倒れでアコムに損害が出ると、三菱UFJフィナンシャル・グループの経営にも少なからず影響が出ます。

地方銀行の場合は、保証会社が有名銀行カードローンと同じ消費者金融でも、グループ会社などではなく直接の関係はありません。

もしも貸し倒れになった場合も収支に影響がないため、貸付に積極的になることが可能になるんですね。

特別に取り上げ審査が行われる場合も
仮にあなたが、保証会社が行なう審査に落ちても、銀行側が保証会社と交渉した結果、再審査(取り上げ審査)になり融資を受けられることがあります。

取り上げ審査が行なわれるには、銀行側が自発的にあなたを推薦する必要がありますが、推薦されるためには、以下の条件をクリアしている必要があると考えられます。

  • 過去に事故(ブラックリスト入り)がない
  • 申し込んだ銀行の口座を給与の振込先にしている
  • 申し込んだ銀行に一定の預金がある

ただし取り上げ審査の対象になる方は、かなり限られているので、そういうこともあるという認識に留めておきましょう。

極度額が低めに設定されている

地方銀行カードローンの特徴としては、有名な銀行カードローンに比べると、極度額(契約上で最大で貸し出せる金額)がやや抑えめになっています。

【有名な銀行カードローンの極度額】

有名銀行カードローン各社 極度額
住信SBIネット銀行 MR.カードローン
「プレミアムコース」
1,200万円
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円
りそなカードローン 800万円

【地方銀行カードローンの極度額】

地方銀行カードローン各社 極度額
北陸銀行カードローン「クイックマン」 500万円
荘内銀行カードローンWeb 500万円
静岡銀行カードローン 500万円
関西みらい銀行「アーバンフリーローン」 500万円

極度額が低いということは、極度額が高いカードローンに比べて、金利は少々高くなります。

金利が高ければ、返済能力に多少不安がある方にも貸し付けしやすくなります

また極度額が低いカードローンは、少額融資に特化している場合が多いです。

少額融資を売りにしているカードローンは、給料が少ないフリーターやパートの主婦の方にも積極的に貸し付けています。

審査に通過するか不安なあなたが、ちょっと気になる地方銀行カードローンがあったなら、その地方銀行カードローンの公式サイトで、

  • 極度額が500万以下
  • アルバイトやパートにも貸し付けているか

この2つをチェックして、審査に通過するかの目安にするのがおすすめです。

【超必見】フリーター(アルバイト・パート)でもカードローン審査に突破する!攻略のヒントをあなたに・・・。

フリーター(アルバイト・パート)の方でも「審査基準」をクリアしていればカードローンが利用可能!審査通過のポイントや在籍…

口座を利用中ならば高評価になりやすい

地方銀行カードローンを申し込む前から、その地方銀行の預金口座を給与の振り込み先にしたり、家賃や公共料金の引き落としなどで利用している人もいるかと思います。

その場合は銀行側も、利用履歴や預金残高である程度、利用者の返済能力が把握できるので、審査に通しやすくなります。

口座の保有期間
【より審査に有利になる口座の保有期間】
保有期間が長いほど審査に有利

あなたが地方銀行カードローンの銀行口座を、カードローンの申し込み以前から持っていたならば、保有期間が長いほど審査の評価ポイントが高いです。

地方に住んでいる方であれば、学生時代から特定の地方銀行に長く世話になっている、という方も多いかと思います。

そういう方は何気なく保有していた口座が、カードローンの審査には強力な武器になりますよ。

口座の利用履歴
【より審査に有利になる口座の利用履歴】
入出金は多いほど審査に有利

あなたが地方銀行カードローンの銀行口座を保有している場合、口座の入出金は多ければ多いほど審査に有利に働きます。

何かの機会で口座を開設したものの、それ以後はほとんど利用せずに凍結状態といった感じであれば、審査ではあまり評価されません。

  • 給料の振り込み先に指定している
  • 各種支払いを自動引き落としで払っている

上記のように頻繁にお金の動きがあれば、あなたの返済能力をより詳細に把握できるので、審査ポイントの評価が高くなります。

目的別ローン
【より審査に有利になる目的別ローン】
目的別ローンを利用していると審査に有利

あなたが地方銀行カードローンを申し込む前に、何らかの目的別ローンを利用していれば、カードローンの審査には有利に働きます。

教育ローンや住宅ローンなど、カードローンの審査よりも厳しい審査があるので、目的別ローンを利用している事実が、そのまま返済能力の高さを示すためです。

ただし目的別ローンを利用中に延滞したことがある方は、カードローンの審査に通過する確率はかなり低くなります。

地方銀行の口座を積極的に利用している方が、その銀行のカードローンに申し込む場合は、審査にはかなり有利に働くと考えられますね。

地方銀行カードローンの審査基準

地方銀行カードローンの審査は、それほど厳しくないと考えられます。

だからといって、誰でも審査に通過できるわけではありません。

地方銀行カードローンにも、相応の審査があることだけは把握しておきましょう。

審査基準さえ満たしていれば、審査に通過するチャンスはあるといえます。

地方銀行カードローンの審査基準

最低限クリアしておきたい、地方銀行カードローンの審査基準は以下の通りです。

地方銀行カードローンの審査基準
  • 申し込み条件を満たしている
  • 信用情報に事故記録がない

申し込み条件を満たしている

一般的な申し込み条件としては、以下の2つがあります。

  • 年齢条件・・・「20歳以上65歳以下」というような年齢制限
  • 安定した収入がある・・・毎月入ってくる収入があること

この2つのどちらが欠けても、カードローンに申し込むことはできません。

※専業主婦の方は配偶者の方に安定した収入があれば、配偶者にも内緒でカードローンの利用ができる場合があります。

朗報!専業主婦は銀行カードローンなら審査に通るらしい!

収入がない専業主婦の方でもカードローンを利用することができますが、申し込み先が限られてきます。専業主婦の方はどこに申し…

信用情報に事故記録がない

信用情報とは、クレジットやローンなどの取引(返済・支払・利用残高)の履歴のことです。

信用情報に事故記録があると、審査には落とされることになります。具体的な事故内容は以下の通りです。

  • 3ヶ月以上の返済の延滞
  • 債務整理(任意整理・民事再生・自己破産)

延滞は5年債務整理は7~10年ほどで事故情報が消えるとされています。

過去に事故を起こしてしまい、事故記録がまだ残っているか気になる方は、信用情報機関にあなたの信用情報を開示請求してみましょう。

地方銀行カードローンの審査項目

地方銀行カードローンの審査項目は、限度額の設定に深く関わってきます。

自分は希望した限度額が借りれればいいや」

とおっしゃる方がいるかもしれませんが、審査項目でマイナス評価が続けば、希望した限度額より低い限度額に設定される場合もあります。

またワンランク上の限度額が設定されれば、金利が低くなるというメリットがあります。

カードローンをおトクに利用できるのか、以下の項目をチェックしてみてくださいね。

年収
【地方銀行カードローンに有利な年収】
年収は多いほど審査に有利

年収はそれ自体が返済能力の高さを示すので、多ければ多いほど審査に有利になります。

年収は重要な審査項目ですが、低いからといって100%落とされるわけではありません。逆に年収が高くても、それが一過性の収入(株式やFXなど)の作用であれば評価は下がります。

毎月の最低返済額が低い銀行カードローンであれば、年収が低くても審査に通過するチャンスはあるといえますね。

安定した収入がカードローン審査を受ける絶対条件!高給取りじゃなくていい!

カードローンの審査で見られる収入は「安定しているかどうか」が重要です。でも「収入が安定している」ということは漠然としす…

雇用形態
【地方銀行カードローンに有利な雇用形態】
公務員・正社員>契約社員・派遣社員>パート・アルバイト

雇用形態は公務員・正社員など、安定してクビになりにくい雇用形態が高評価です。

契約社員・派遣社員はパート・アルバイトに比べると評価は高いですが、公務員・正社員に比べると限度額が抑えめになる傾向です。

パート・アルバイトの方だからといって、審査に落とされるわけではありません。勤続年数や居住年数でカバーできるので安心してください。

審査項目はあくまでも総合的な評価になります。ある項目がマイナス評価でも、他でカバーできることを意識しましょう。

勤続年数
【地方銀行カードローンに有利な勤続年数】
5年以上>3年以上>1年以上>1年未満

勤続年数は長ければ長いほど、審査に有利に働きます。

勤続年数の長さは、職場でマジメに働いてきた証でもありますし、お金を貸す側にとっては「お金を貸してもきちんと返してくれるだろう」と思える、重要な判断材料になりますね。

また勤続年数が長ければ、「これからもその職場で働き続けるだろう」と想定され、返済の原資が安定持続するとみなされます。

居住区分
【地方銀行カードローンの審査に有利な居住区分】
持ち家>社宅>賃貸>公営住宅

銀行としては、貸し倒れのリスクはできる限り避けたいところです。

なので居住区分の審査ポイントとしては、夜逃げのしにくさ(連絡のつきやすさ)で優位に立つ、持ち家が1番高い評価を得ます。

持ち家の次に社宅が評価されるのは、社宅を提供できる企業に勤めていることが、返済能力が高いと評価されるためです。

賃貸ではアパートよりも、マンションのほうが審査に有利です。賃貸では単純に家賃の大小が返済能力をはかる指標になります。

公営住宅は給料が低い方向けの住宅なので、残念ながら評価はあまり高くなりません。

ただしそれだけで、審査に落とされるということはないので安心してください。

カードローン審査では持ち家>借り家で有利!居住年数も関係アリ!

カードローンの審査において、持ち家が賃貸よりも有利になるワケとは? 賃貸でも審査に通りやすくなるポイントも紹介します!

居住年数
【地方銀行カードローンの審査に有利な居住年数】
5年以上>3年以上>1年以上>1年未満

居住年数は目安として3年以上から、評価が上がってきます

引っ越したばかりという人は、審査には少し不利になります。

もし引っ越す予定があるという人は、引っ越す前(住民票を移す前)にカードローンを申し込んだほうがベターです。

パートの主婦や若いフリーターの方は、それほど頻繁に引っ越しはしませんよね。

自然と居住年数が長くなっているので、審査には有利に働く可能性があります。

以前の引っ越し時期が思い出せない方は、ご自身の居住年数を確認してみましょう。

家族構成
【地方銀行カードローンの審査に有利な家族構成】
実家暮らし>配偶者と同居>独身で1人暮らし>子供と同居

実家に暮らしている方や配偶者と同居の方は、生活費が折半で安上がりになります。

返済にまわせるお金に余裕があるとみなされるので、家族構成の中では審査ポイントの評価が高くなっています。

子供の養育には何かとお金がかかるので、子供がいる方は返済にまわせる余裕があまりない、とみなされて評価は低くなると考えられます。

離婚して子供を引き取り、母子家庭(父子家庭)になったという方は、かなり不利になると考えられます。

他の審査項目でプラスにできるところは、今のうちに意識しておきましょう。

他社借り入れ件数
【地方銀行カードローンの審査に有利な他社借り入れ件数】
0件>1件>2社>3件以上

他社借り入れ件数が多いか少ないかは、年収や雇用形態と同じくらい重要視されます。

もちろんゼロに近いに越したことはありません。

いま現在、3社以上から借りている方は、1社は完済・解約してから新たなカードローンに申し込みましょう。

注意していただきたいのは、他社カードローンを完済しただけでは、与信枠が残るので借り入れ件数が減りません。

完済したら、必ず解約もしてください。

他社借入件数はカードローン審査で超大事!件数別で審査基準・おすすめの申込み先をピックアップ!

【複数借入れがあってもカードローン審査に申込める?】本記事では他社借入ごとに借りれる最適なカードローンをピックアップ。…

地方銀行カードローンの在籍確認

地方銀行カードローンにも、在籍確認はあります
(在籍確認=申込者が申告した勤務先で働いているかを確認する手続き)

基本的には、勤務先への電話連絡になるので把握しておきましょう。

地方銀行カードローンによっては、在籍確認なしもありますがレアケースです。

在籍確認で審査落ちもありえるので、事前の対策を忘れずに講じてください。

確実に電話連絡なしにしたいなら「SMBCモビット」がおすすめ

モビット

「確実に電話連絡なしにしたい・・・!」
「それほど地方銀行カードローンにこだわっていない・・・」

このような方々は、SMBCモビットへの申し込みがおすすめです。

SMBCモビットは「WEB完結なら電話連絡なし」。

電話連絡なしにすれば、心理的負担は一気に低下します。

地方銀行カードローンにこだわりがないなら、SMBCモビットに申し込みましょう。

SMBCモビットの公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分で審査結果を受け取れます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

地方銀行カードローンに申し込む前のポイント

地方銀行カードローンに申し込む前に、知っておくべきポイントがあるので、以下を参考にしてみてください。

事前に知っておくべきポイント

①営業エリア外だと利用できない場合がある
②口座の開設が必要な場合がある
③申し込みのために来店が必要になる場合がある

地方銀行カードローンは個性がバラバラで、それぞれの特色も異なります。

すべての地方銀行カードローンが、上記に当てはまるわけでありません。

営業エリア外だと利用できない場合がある

地方銀行カードローンは営業エリア外の人は利用できないことがある

地方銀行カードローンの利用するためには、支店の営業エリア内に居住しているか、勤務先がある方に限られている場合があります。

地方銀行は人員や経費の制約もあり、地域密着を売りにしている場合も多いので、営業エリアが限られやすくなります

お目当ての地方銀行カードローンにエリア制限があり、いまのあなたでは利用できない、ということもあります。

全国対応の地方銀行カードローンもあるので、そちらを検討してみましょう。

口座の開設が必要な場合がある

地方銀行カードローンは口座がないと利用できないことがある

地方銀行カードローンを利用するには、口座開設が必要である場合が多いです。

その分時間もかかってしまうので、即日融資などスムーズな融資は難しい傾向にあります。

ただし最近では、口座の開設不要の地方銀行カードローンも出てきています。

口座の開設不要の場合や、すでに銀行口座を持っている場合は、比較的スムーズな融資を受けることが可能です。

いずれにしても、地方銀行カードローンの申し込みは、時間に余裕をもってするようにしましょう。

口座開設する余裕はなく、即日融資をのぞむ方は、以下のページを参考にしてくださいね。

⇨即日融資ができるカードローン一覧はこちら

申し込みのために来店が必要になる場合がある

WEB完結型はこんな人におすすめ

申し込みがオンライン上の手続きで済む、WEB完結型の地方銀行カードローンも増えていますが、申し込みのために来店が必要になる場合もあります。

  • いちいち来店するのは面倒くさい
  • 知り合いに会うかもしれないから来店したくない

そんな方は事前に、当サイトのお目当ての地方銀行カードローンの記事で、申し込み時に来店の必要があるかどうかを確認しましょう。

地方銀行カードローンを利用するメリット

地方銀行カードローンの審査はそれほど厳しくないというメリット以外に、地方銀行カードローンの3つのメリットをあげてみました。

  1. 細やかなサービスを受けることができる
  2. 消費者金融や信販会社に比べて金利が低い
  3. 提携ATMが手数料無料で利用できる

地方銀行カードローンの審査以外のメリットが気になる方は、以下で詳細を確認しましょう。

細やかなサービスを受けることができる

有名な銀行カードローンは利用者が多いので、電話や公式サイトのQ&Aでのやり取りで精一杯です。

しかし地方銀行カードローンであれば、相談もしやすくなり細やかなサービスを受けられます。

初めてのカードローンの利用であれば、不安なことがたくさんありますよね。

対面で相談できれば返済のモチベーションを維持して、返済を続けることができます。

またなじみの行員の方ができれば、後々教育ローンや住宅ローンなど、カードローン以外のローンも検討するようになったとき、強力な味方となってくれます。

消費者金融や信販会社に比べて金利が低い

地方銀行カードローンといっても銀行のカードローンなので、消費者金融や信販会社に比べると低い金利を利用することになります。

借り入れ期間が長期になるほど、数%の金利の違いでも、利息の負担がまったく変わってきます。

できればより低金利のカードローンを利用したいですよね。

また最近では有名銀行カードローンに劣らない、低金利のカードローンを提供している地方銀行カードローンも出てきていますよ。

気になる方は以下のページで、色んな地方銀行カードローンのスペックを見比べてみましょう。

⇨地方密着型の地方銀行カードローン一覧はこちら

提携ATMが手数料無料で利用できる

地方銀行カードローンはコンビニなどの提携ATMを拡充しているので、地方の方でも手数料の部分で損をすることがなくなっています。

1回の手数料は何百円ですが、カードローンの利用の仕方によっては、月の利息に匹敵することもあります。

金利15%のカードローンで10万円借り入れて1年かけて返済する場合
⇨毎月の利息は
1,250円
(ATMの手数料が210円だとした場合、6回で毎月の利息とほぼ同額)

ATMの手数料が月の利息と同額になるということは、金利が倍になっている計算になります。

カードローンの返済や借り入れで使うATMの手数料は、少ないに越したことはありません。

その点の心配は、地方銀行カードローンでは解消されているんですね。

スポンサーリンク

関連記事