レイクの審査は難しい?審査に通るためのエッセンスを詰め込みました

新生銀行カードローンレイクは2つの方法で審査します。

  • 審査基準:最低限満たすべき条件
  • 審査項目:満たしているとさらに良し

少なくとも審査基準を満たしていればレイクの審査に落とされることはありません。

また良い条件で借りたいなら審査項目も意識しましょう。
評価される項目が多いほど有利に審査を進めることができます。

新生銀行カードローンレイク2つの審査基準

レイクの審査に通るために、最初にクリアすべき基準は2つあります。

新生銀行カードローンレイクの審査基準
  1. 申し込み条件を満たしている
  2. ブラックリスト入りしていない

レイクに申し込む前に、自分が審査基準を満たしているかを確認しましょう。

基準①:申し込み条件を満たしている

【新生銀行カードローンレイクの申し込み条件】

  • 満20歳以上70歳以下の方
  • 安定した収入のある方

「安定した収入」が具体的によくわからない方が多いのではないでしょうか。

  • 仕事でもらったお金である
  • 給料をもらうペースが決まっている

レイクに申し込むには何かしら仕事についていることが条件です。
株やギャンブルなどの臨時収入は「収入」として数えられません。

そして「毎月○日」「○週間に1回」など、決められた期間ごとに給料をもらっていれば「安定した収入」となります。

職業・立場別!あなたはレイクに申し込める?

職業や立場ごとにレイクに申し込めるのかを表にまとめました。

公務員
正社員
契約・派遣社員
パート・アルバイト
学生
※収入がある場合
専業主婦
※配偶者に収入がある場合
年金受給者

レイクは申し込める人の窓口が広いのが特徴です。

学生でも何かしらの仕事について収入があればOK。
自分自身が働いていない場合でも、配偶者の給料や年金などが収入になっている場合ならレイクに申し込めるようになっています。

基準②:ブラックリスト入りしていない

ブラックリストの人はレイクで借りられない

申し込み条件を確認したら次は信用情報に傷がついていないかを見ましょう。
傷は別名ブラックリストともいいます。

他の条件がどんなに良くても信用情報の傷1つで審査に落ちるくらい、信用情報はカードローンの審査でとても大事なものです。

  • 返済が3ヶ月以上遅れた
  • 債務整理(過払い金請求・任意整理・自己破産)をした
  • 強制的に解約された

過去にこのようなトラブルを起こしたことがあればブラックリストに載っている可能性があります。

しかしブラックリスト入りするのはかなり珍しいこです。
数週間ほど返済に遅れたくらいなら事故記録にはならないので、あまり不安がることはありません。

初めてカードローンに申し込む方なら信用情報のことは気にせず申し込みましょう。

新生銀行カードローン レイクの申込はこちら

新生銀行カードローンレイクの審査項目7選

審査基準だけでなく、審査項目で有利な条件も持っているともっと良いことがあります。

  • 希望する金額、またはそれ以上利用できる
  • 通常より低い金利で借りられる

レイクでは審査基準で「この人に貸しても大丈夫か」を見てから、審査項目で「どのくらい貸すか」を決めます。

どのくらい貸してもらえるかはあなたへの信用の大きさ次第
信用の大きさは主に3つの要素から判断されます。

  1. 返済能力の高さ:出ていくお金に対して入るお金に余裕がある
  2. 安定性:最後まで同じペースで返済してくれる
  3. 連絡のつきやすさ:万が一のことがあっても逃げない

これら3つの要素は7つの審査項目をもとに決められます。

審査項目 評価基準
年収  高いほど有利
雇用形態  公務員>正社員>派遣社員>パート・アルバイト>学生=年金受給者
勤続年数 長いほど有利
居住区分  持ち家>賃貸>公営住宅=下宿
居住年数  長いほど有利
家族構成 家族と同居>配偶者と同居>1人暮らし>子供と同居
他社借入れ 少ないほど有利

レイクの審査項目は総合点で評価します
どれか1つ苦手分野があったとしても、別の得意分野でカバーすれば審査で不利になることはありません。

①:年収

年収が高いほどレイクの審査では有利です。

  • 返済に余裕があると思われる=返済能力が高い
  • 借りられる金額の枠が広がる

収入が大きければ、返済で出費しても「返済で首がまわらない」という状況にはなりにくいと判断されます。

また年収が高いことのもう1つのメリットは利用枠
貸し出す金額が大きくなっても、収入が十分にある人なら返済に困ることはありません。

お金がちゃんと返ってくる人ならレイクも安心して貸し出せますよね。

②:雇用形態

あなたがどんな職業についているのかもレイクでは重要な審査項目の1つです。

審査に有利な雇用形態

公務員>正社員>派遣社員>パート・アルバイト

評価される基準は「失業しにくさ」。

これは失業しにくい職業であるほど収入が安定しているからです。

途中で返済がストップしてしまうのはレイクが1番避けたいことなので、確実に返済してくれる人に貸したいと思っています。

このため失業のリスクが低い公務員や正社員の方は審査で有利です。

しかし雇用形態はあくまで1つの項目なので、パート・アルバイトだからといって審査に不利になるわけではありません。

③:勤続年数

雇用形態と合わせて「同じ職場で何年働き続けたか」もチェックされます。
この年数が長いほど審査では有利です。

「これからも同じ場所で収入をもらい続ける」と思われるので、安定性が高いと評価されます。

勤続年数の評価は年収の大きさに関係ありません。

例えばずっと同じ職場で働くパート・アルバイトの方の場合、収入が低くても勤続年数の長さで大きく点数を稼ぐことができます。

勤続年数が高く評価されるのは3年以上。
もし最近転職・就職したという方は、最低でも半年経ってからレイクに申し込むようにしましょう。

④:居住区分

レイクではあなたが住んでいる家の種類で「連絡のつきやすさ」を見ます。
もし返済されなくなった時でも連絡がとれればレイクも安心だからです。

審査に有利な居住区分

持ち家>賃貸>公営住宅=下宿

レイクにとって困るのは利用者が途中で返済を投げ出して、いわゆる「夜逃げ」をしてしまうこと。

そのため、持ち家に住んでいる方は逃げられるリスクが低いので審査で有利になります。

しかし賃貸に住んでいる方でも心配は無用。
家の種類は審査項目の1つなので、他の項目で得意な項目があれば評価されるチャンスはあります。

⑤:居住年数

住んでいる家にくわえて「同じ住所に住んでいる年数」も審査項目で、年数が長いほど審査で有利になります。

住んでいる年数は、それだけの期間に家賃を払い続けた証拠。
家賃を払い続けられているなら、カードローンの返済もしっかりできると思われます。

家の種類と住んでいる年数は関係ありません。
賃貸に長年暮らしている方なら審査で「居住年数」を武器にできるでしょう。

居住年数が評価されるのは3年以上で、最低でも1年ほど住んでいれば審査で問題はありません。

⑥:家族構成

連絡がつきやすいので、1人暮らしより誰かと同居している方が有利になります。

審査に有利な家族構成

家族と同居>配偶者と同居>1人暮らし>子供と同居

特に親と同居している場合は高得点です。

1人暮らしや配偶者と暮らしている場合よりも生活費の負担が少ないので、収入に対して返済にあてる割合が大きくなります。

ただし子供がいる場合は逆にマイナス。
子供がいると養育費などで出ていくお金が多く「余裕をもって返済できない」と思われるからです。

⑦:他社借入れ

他社借入れはゼロが理想です。
借入れが残っているほど審査では不利になります。

他社借入れがあると返済をレイク1社に集中できませんよね。
レイクからすれば、ちゃんと返済してくれるか不安な方にはできるだけ貸したくないと思っています。

どうしても借入れが残る場合は借入れ件数を減らすようにしましょう。

もし他社借入れがあったとしても、借入れ件数が少ない方の方がレイクの審査では優先されるからです。

レイクの審査に通りやすくするために、少しでも他社への返済を進めておきましょう。

新生銀行カードローン レイクの申込はこちら

新生銀行カードローンレイクの審査に通りやすくするための対策

これまで審査基準、審査項目と見てきましたが、申し込みの前にいくつか対策を打っておくと安心です。

  1. 同時に複数のカードローンに申し込まない
  2. 使わないキャッシングは解約する
  3. 申し込む金額はすくなめにする
  4. 正確・正直に情報を記入

これらの対策はレイクの審査に通る可能性を少しでも上げる手助けをしてくれます。

対策①:同時に何社も受けない

レイク以外の複数社を受けない

「レイクの審査に落ちた時のために」と他社のカードローンにも申し込むのはNG。

短い期間で複数のカードローンに申し込むと、申し込みブラックとなって審査に落ちやすくなってしまいます。

最も安全なのはレイク1社に絞って審査に申し込むことです。

対策②:使わないクレジットカード・カードローンは解約する

もし手元にもう利用していないクレジットカードやカードローンがあったらできるだけ解約しましょう。

  • 他社借入れ件数が減る
  • 「返済できた」という証明になる

利用していなくても、契約したままのキャッシングは「他社借入れ」として数えられてしまいます。

解約しておけばムダな他社借入れで足を引っ張られることはありません

また解約することで「このサービスにちゃんと返済できた」という証明になるので、レイクの審査でプラスになります。

対策③:金額は必要最低限にする

レイクにはできるだけ少なめの金額で申し込みましょう

貸し出す金額が多いほどレイクはあなたが「本当にこれだけ貸して大丈夫なのか」を慎重に審査するようになります。

金額が小さければレイクもそこまで厳しく審査する必要がありません。
借入れ金額は本当に必要な分だけにしましょう。

対策④:申し込みでウソはつかない

レイクの申込で嘘はつかない

カードローンの申し込みでウソを書くと審査に100%落とされます

どうしても審査を通過したいあまり、年収などの情報を誇張したくなる気持ちはわかりますが、それで審査に落ちてしまっては元も子もありません。

またわざとでなくても「書き間違え」をした場合も同じく審査に落ちる原因です。

レイクにはウソをつかず正しい情報で申し込みましょう
1度書き終えたらもう1回目を通しておくとミスが減ります。

新生銀行カードローンレイクの審査に通るにはまず審査基準から!

たぬき博士
新生銀行カードローンレイクの審査は審査基準さえクリアしていればまずはOKじゃ。

  • 申し込み条件を満たしている
  • 信用情報に傷がない

もっと良い条件で借りたいなら審査項目も要チェックじゃぞ!

たぬき博士
念のため対策もしておけば審査に通る確率が上がるぞい。

新生銀行カードローン レイクの申込はこちら

新生銀行カードローンレイクカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事