大手消費者金融(+α)の審査通過率を比較!審査に通りやすいカードローンは?

カードローンを利用するために絶対に避けれないのが審査です。
どれだけ金利が低かろうと、どれだけ長い無利息期間があろうと、審査を通過しないことにはなんの意味もありません。

「お金に困っているけど…審査が不安」という方はたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし実は「新規申込者のうち、どれくらいの人が通っているか」を表す指標があることをご存知ですか?

それが審査通過率と呼ばれるもの。

審査通過率の高いカードローンを選んで、最低限の申込条件を満たしておけば、審査に通過する可能性をアップさせることができます。

今回は申込者数の多い「大手消費者金融カードローン(+α)」の審査通過率を比較していきたいと思います。

審査通過率についてもっと詳しく知る

大手消費者金融の審査通過率はどこが高い?データで比較してみた。

大手消費者金融のほとんどは、審査通過率を「成約率」という形で公開しています。
なので公式HPさえみれば、各カードローンの審査の通りやすさをざっくり知れるわけです。

早速大手消費者金融カードローンの公式HPから、審査通過率を引っ張ってきました。

これを参考にしながら「新規貸付に強いカードローンはどこなのか?」を調べてみようと思います。

【今回調査した大手消費者金融(+α)の審査通過率】

調査対象期間:2015年4月~12月

  • アコム:審査通過率48.4%
  • アイフル:審査通過率46.0%
  • プロミス:審査通過率43.4%
  • 新生銀行カードローンレイク:審査通過率38.3%

※モビットは審査通過率を公表していないため、今回の調査からは外しています。

今回調査したのは2015年4月~12月の審査通過率
月ごとにムラがあるので、期間中の数字の平均を出しています。

各カードローンによって審査基準こそ異なりますが、1番数字として高かったのはアコムになりました。

CMでもバンバン見かけるアコムですが、やはり新規貸付に強いカードローンと言えますね。

アコムの新規申し込みはこちらから

審査の基準は各カードローン会社で違うことに注意!

審査通過率は知ることができますが、各カードローン会社によって審査の基準は違います。

審査通過率には各カードローンの設けている審査基準も関わってくるので、審査通過率が1番高いところが一概に「1番審査が甘い」とは言えません。

正直40%を超えていればかなり高いです。

アコム:審査通過率48.4%(2015年4月~12月)

アコムのバナー
アコムのスペック詳細

単純に「審査通過率の数字」で見れば、1番高かったのがアコム。

審査通過率は驚異の48.4%を誇ります。
新規でアコムに申込んだ人の、約2人に1人が審査を通過していることになりますね。

以下が詳しい2015年4月~12月のアコム審査通過率のデータです。

月(2015年) 審査通過率(%)
4月 47.9%
5月 49.5%
6月 49.2%
7月 47.1%
8月 48.4%
9月 48.7%
10月 49.3%
11月 48.9%
12月 47.3%
平均 48.4%

最高金利こそ18.4%ですが、それを補ってあまりある30日の無利息サービスがあるのが魅力の1つ。

契約から30日間に限り、借りたお金に利息がかかりません。

例えば5万円借りて30日以内に返すなら、5万円だけ返せばOK。
ムダな利息を払うことはありません。

新規で「5~10万円くらいの少額のお金を借りたい」という人にはピッタリのカードローンです。

  • 平日・土日祝日問わず、22時までに契約で即日融資可!
  • WEB完結対応!スマホからパパっと借入!
  • サイフに優しい返済金額!借りたお金の3%でOK!

カードローンの利用がはじめてという方にはすごく使いやすいですよ。

アコムの申込はこちら

アコムの審査について詳しくはこちら

アイフル:審査通過率46.0%(2015年4月~12月)

アイフルのバナー
アイフルのスペック詳細

アイフルも審査通過率46.0%とかなり高かったです。
約2人に1人が審査を通過していると言ってよいでしょう。

審査が不安な方にはアコムと同じくらいオススメできますね。

月(2015年) 審査通過率(%)
4月 44.5%
5月 44.3%
6月 44.1%
7月 45.8%
8月 48.5%
9月 47.2%
10月 45.7%
11月 47.0%
12月 47.5%
平均 46.0%

貸金業法改正後、アイフルだけ銀行の傘下に入らずに経営を続けてきました。

一時期「債務超過で倒産するかもしれない…」という噂もありましたが、どうやら業績が上向いているようです。
そうじゃないとバンバン新規貸付するなんて無理な話ですからね。

  • 22時までの契約で即日融資可能
  • 30日間の無利息期間あり

アイフルには上記の特徴があり、アコムに負けず劣らず使い勝手の良いカードローンです。

アイフルは「おまとめローン」も強い!

アイフルの申込はこちら

アイフルの審査について詳しくはこちら

プロミス:審査通過率43.4%(2015年4月~12月)

プロミスのバナー
プロミスのスペック詳細

プロミスの審査通過率は43.4%。
アコム・アイフルと比べるとほんの少しだけ見劣りしますが、十分に高い審査通過率です。

月(2015年) 審査通過率(%)
4月 42.7%
5月 42.1%
6月 43.1%
7月 41.7%
8月 43.8%
9月 44.1%
10月 44.5%
11月 45.5%
12月 43.5%
平均  43.4%

プロミス最大の魅力は「申込⇒審査⇒借入」のスピード感

公式が「審査回答は最速で30分、借入まで1時間」を公言しています。
このスピード感は他のカードローンと比べてもトップクラスです。

  • 30日間無利息
  • 返済は業界で1番安い1,000円~

といった特徴もあり、カードローンの中でもトップクラスに使いやすくオススメ。

また近年は業績がかなり順調に伸びていることもあり、現在最も新規貸付に積極的なカードローンです。

プロミスの申込はこちら

プロミスの審査について詳しくはこちら

新生銀行カードローンレイク:審査通過率38.3%(2015年4月~12月)

レイク
新生銀行カードローンレイクのスペック詳細

レイクは銀行カードローンの中で、唯一「審査通過率」を発表しているので今回ピックアップしました。

実際に審査通過率を見てみても、上述した3つには及ばないものの38.3%と「3人に1人以上が審査に通る」数字です。

公表こそされていませんが、銀行カードローンの審査通過率は20%前後という話。
それよりもはるかに高いのがわかります。

月(2015年) 審査通過率(%)
4月 42.7%
5月
6月
7月 38.7%
8月
9月
10月 33.4%
11月
12月
平均 38.3%

レイクは「少額のお金を借りて、ゆっくり返していきたい人」にはものすごくオススメできます。

というのもレイクには、CMでおなじみの選べる2つの無利息があるから。

ここにテキストここにテキスト【レイクの選べる2つの無利息】

  • 5万円まで180日間無利息(※1)
  • 30日間無利息(※2)

(※1)借りたお金のうち5万円にたいして180日間無利息
(※2)借りたお金全額にたいして30日間無利息

特に「5万円まで180日間無利息」は優秀で、半年間も5万円まで利息がかかりません。

たとえ少額の借入でも自分のペースでゆっくり返していけるのは嬉しいですね。

新生銀行カードローン レイクの申込はこちら

新生銀行カードローンレイクの審査について詳しくはこちら

審査が不安なら審査通過率の高いところに申し込んでみよう!

とにもかくにも審査が不安でしかたないなら、今回紹介した審査通過率が高い3社、

のうちどれかに申し込むのをオススメします。

審査通過率は「審査の甘さ」を保障してくれるものではありませんが、各カードローンの「新規貸付の実績」を表すものです。

審査通過率が高いということはそれだけ新規の貸付にも積極的だということです。
消極的なところよりは積極的なところに申込んだほうが、気持ちとしても良くありませんか?

各カードローン会社の最低限の申込条件さえ満たした上で、自信を持って申し込んでみましょう。

カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事