審査が甘いカードローンはある?審査に通りやすい借り入れ先を3つのポイントで見極める!

審査が甘いカードローンは存在する?「どうせ申し込むなら、審査が甘いトコロを選びたい!」
カードローンでお金を借りたい誰もが考えるはずです。

とはいえ、カードローン会社はどこも明確な審査基準を公開していません

またそれぞれ独自の基準で審査しているので、「○○が1番甘い!」と言えないのも事実。

たとえ同じ人が2社に申し込んでも、「A社は通って、B社は通らなかった」というのもよくある話です。

逆にいえば、「どんなカードローンが通りやすいか」を見極めれば審査通過の可能性はあげられるということ。

そこで今回は、審査が甘いカードローンを見分ける3つのポイントを考察してみました。

少しでも前向きな審査をしてくれるカードローンを選びたい人は必見です。

審査が甘いカードローンを見分けるポイント3つ【銀行・消費者金融で比較】

消費者金融なら審査に通りやすい!

結論から言うと”審査が甘い借入れ先”に申し込むなら、消費者金融カードローンを選ぶのが大前提。
(参考:消費者金融とは!5つの特徴から審査の流れまで全知識を解説【オススメ業者も紹介】

そもそも利用できるカードローンは、銀行消費者金融カの大きく2つに分けられます。

銀行カードローンは「低金利」「安定感がある」など、好条件が揃っているのはたしかです。

しかし消費者金融の方が、下記3つのポイントで「お金を貸したい!」と前向きな姿勢がうかがえます。

審査が甘いカードローンを見分ける3つのポイント
  1. 成約率を公表していて、新規貸付に積極的な姿勢をアピールしている
  2. 最短即日融資OKで、貸し出す相手を厳選していない
  3. 金利がやや高めに設定されていて、幅広い層に貸せる

ここからは銀行系カードローンと比較しながら、「消費者金融の方が審査が甘い理由」を考察していきます。

成約率(新規貸付率)を公表している

成約率を公開している

成約率を公表している消費者金融カードローンは、お金の貸付けに積極的と考えられます。

成約率とは、「新しく申込んだ人のうち、どのくらい審査に通ったか」の割合のこと。
「数字が100%に近いほど審査に通りやすい」と考えてOKです。

カードローン 成約率
消費者金融
プロミス 44.5% (※1)
アイフル 42.4% (※2)
銀行

みずほ銀行カードローン 非公開
三井住友銀行カードローン 非公開

※1「プロミス2020年3月期(2019年4月時点)月次データ」を参考にしています
※2 「アイフル2020年3月期(2019年4月時点)月次データ」を参考にしています。

成約率を公表することは、審査に通る確率を公表しているようなもの。

実は、銀行カードローンの大半は成約率を公表していません

それを踏まえると、消費者金融カードローンは「誰でも前向きに審査しますよ!」と自信があるとも言い換えられますね。

(参考:審査通過率に注目!審査に通りやすいカードローンは?

最短即日融資OKで、お金を貸す相手を厳選していない

即日融資ができる

即日融資に対応している消費者金融カードローンは、審査が厳しすぎるとは考えづらいのも1つの理由。

特に大手消費者金融は申込み~審査完了まで最短30分と、借入れまでスムーズです。

カードローン 審査スピード 融資スピード
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短即日
アコム 最短30分 最短即日

審査に時間がかかるのは、”より慎重に審査している”ことの裏返し。
審査の早いカードローンよりも、お金を貸す相手をじっくり厳選していると言えるワケです。

実際に、銀行カードローンは申込みから借入れまで3日以上かかることもあります。

逆に消費者金融は、「できるだけ多くの人に、すばやく必要なお金を貸す」ことが生業。

もちろん「審査が早いからテキトーに審査している」というワケではありません。

ただ審査スピードを重視しているカードローンほど、新規申込みを積極的に受付けていると考えられます。

▼即日融資OKの消費者金融カードローンを知りたい方はこちら
即日融資OKの消費者金融カードローンおすすめ4選!今日中に借りる方法・流れもチェック!

金利がやや高めで、貸し倒れリスクのある人にも貸せる

貸し倒れリスクが低い

消費者金融カードローンは金利がやや高めに設定されている分、リスクのある人にも貸付けOK。

消費者金融
(実質年率)
銀行系カードローン
(実質年率)
プロミス年4.5%~17.8% mizuho※年2.0%~14.0%
アコム年3.0%~18.0% バンクイック年1.8%~14.6%
SMBCモビット年3.0%~18.0% じぶん銀行カードローン年2.2%~17.5%
アイフル年4.5%~18.0% 年1.9%~14.5%

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

申込む立場からすると、「金利が低いほうがおトクじゃない…?」と思うかもしれません。

しかしなるべく審査通過率を上げるなら、金利が高いカードローンを選ぶのがベターです。

実は消費者金融がやや高めの金利設定になっているのは、貸し倒れ(※)リスクを避けるため
(※利用者から貸したお金が返ってこないこと)

はじめから利息を多めに回収していれば、万が一お金が返ってこなくても損害が抑えられます。

【100人に30万円ずつ貸した場合】

■消費者金融カードローンの場合(金利:年18.0%)

①利息から得られる収益:540万円(30万円×100人×年18.0%)

②貸し倒れの損失:1人あたり30万円

①÷②=18

→損害にならないのは貸し倒れ18人まで

■銀行カードローンの場合(金利:年14.0%)

①利息から得られる収益:420万円(30万円×100人×年14.0%)

②貸し倒れの損失:1人あたり30万円

①÷②=14人

→損害にならないのは貸し倒れ14人まで

たぬき博士
銀行カードローンは貸し倒れを許容できる人数が少ないから、ゃんと返してくれる人を見極める必要があるんじゃな。

つまり、消費者金融なら「もしかしたら返済できないかも…」というギリギリのラインにいる人も審査に通る可能性があるということ。

「金利を高くしてでも、幅広い層の人にお金を借りてほしい!」という姿勢が伺えますね。

消費者金融の金利の高さは「無利息期間」でカバー!

消費者金融の金利の高さは、「無利息期間」を利用すれば十分カバーできます。

無利息期間とは、「お金を借りても利息が1円もかからない期間」のこと。
大手消費者金融なら、30日程度の無利息期間を利用できることがほとんどです。

カードローン 無利息期間
プロミス 30日間
アイフル 最大30日間
アコム 最大30日間
レイクALSA お借入れ額5万円まで180日間無利息
or
お借入額全額30日間無利息
※新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
【無利息期間シミュレーション】銀行カードローンと利息を比較してみた

下記の表では、10万円を最大6ヶ月借りたときの利息を算出してみました。

完済までの期間 アイフルの利息総額
実質年率18.0%)

<30日間の無利息期間あり>
銀行カードローンの利息総額
(実質年率15.0%)

<無利息期間なし>
利息の差
1ヶ月
(30日)
0円 1,232円 1,232円
2ヶ月
(60日)
1,479円 2,465円 986円
3ヶ月
(90日)
2,958円 3,698円 740円
4ヶ月
(120日)
4,438円 4,931円 493円
5ヶ月
(150日)
5,917円 6,164円 247円
6ヶ月
(180日)
7,397円 7,397円 0円

無利息期間を利用すれば、借りる金額・期間によって消費者金融カードローンのほうが利息が安くなる場合があります。

もちろん、無利息期間中に完済すればタダで借入れOK。
「給料日前に3万円だけ借りてスグ返す」など、短期間・少額の利用に向いています。

さらに、はじめての申込みなら誰でも利用できるのもうれしいポイントです。

「審査が不安だけど、おトクさも譲れない!」という方は、無利息期間のある大手消費者金融カードローンを検討してみてください。

▼無利息期間が使える消費者金融カードローンを知りたい方はこちら
【無利息期間ありのカードローン徹底比較】金利0・利息なしをフル活用してタダでお金を借りよう!

“ブラック”の人は中小消費者金融カードローンがキャッシングしやすい

中小消費者金が通りやすい

大手消費者金融の審査ハードルが低いとはいえ、すでにブラックリストに入っている人は中小消費者金融カードローンを選ぶのがベターです。

そもそも”ブラックリスト入り”とは、過去5年間で返済トラブルを起こしている状態のこと。
(関連記事:事故情報(事故記録)は消える!?ブラックリストに入る原因と解消する方法

ブラックリストに
入る原因
詳細 ブラックリストの期間
延滞・滞納 3ヶ月以上もしくは61日以上 1〜5年
強制解約 カード類、携帯電話 5年
代位弁済 住宅ローンや賃貸マンション 5年
債務整理 任意整理、特定調停、民事再生(個人再生)、自己破産 5〜10年

1度”ブラック”になってしまうと、最長で10年はあらゆるローン審査に通りません
当然ながら、「大手消費者金融の審査に通るのは不可能」と考えるべきでしょう。

たぬき博士
「昔、返済遅れしちゃったかも…」と心当たりがあるなら、まずは信用情報の開示で自分の状況を確認しておくのじゃ。
信用情報機関(CIC・JICC・KSC)の役割と信用情報の読み方・開示方法まとめ!

中小消費者金融カードローンは「過去」よりも「今」の返済能力を重視

過去よりも今の返済能力をみる

先述の通りブラックでも審査通過の可能性があるのは中小消費者金融カードローンだけ

大手と中小で審査基準に違いが出るのは、審査方法に違いがあるからです。

  • 大手消費者金融→スコアリングシステムで機械的に審査
  • 中小消費者金融→機械だけでなく、人の手による独自の基準で審査

大手の場合、返済トラブルの記録が残っていると「スコアリングシステム」で自動的に審査落ちしてしまいます。

【補足】スコアリングシステムとは?

スコアリングシステムとは、申込み情報に点数をつけて合否を決定する自動審査のこと。

下記のように項目ごとにコンピューターがスコアをつけて、その合計が合格ラインに届けば審査通過できます。

  • 本人情報(年齢・住所・電話番号)
  • 仕事情報(職業・勤続年数・雇用形態)
  • 家族情報(同居人・居住年数) など

本来なら1つくらい悪い条件があっても大きな影響はありませんが、4つ…5つ…と重なるほど不利になる仕組みです。

ただし返済トラブルの記録が見つかった時点で、スコアに関係なく即・審査落ちしてしまいます。

一方中小は、「今きちんと返済できるなら問題ない」というスタンス。

「借りたお金をどう使うか」「返済計画はどうなっているか」など、スコアリングシステムでは評価されない部分も人の手でしっかり評価してくれます。

申込み時点で毎月安定した金額の給料をもらっているなら、審査に通る可能性アリです。

▼ブラックでも申し込めるカードローンについては下記を参考にしてください。
ブラックでもお金を借りたい。事故情報アリでも審査可能なカードローンを紹介!
.
▼ブラックがカードローンに申し込めるタイミングについては下記を参考にしてください。
債務整理中・任意整理中でもキャッシングできる?借り入れがバレたらヤバいってマジ?

審査の甘さで選ぶなら大手消費者金融カードローンがベスト!

大手消費者金融がベスト

少しでも審査通過の確率を上げるなら、まずは大手消費者金融カードローンに申込むのがベストです。

特に、はじめてカードローンに申し込む人を前向きに審査してくれるのが最大の特徴。

他にも、審査に通りやすいポイントをしっかり抑えています。

  • 成約率を公表して、積極的に新規申込みを受付けていることをアピール
  • 最短即日OKで、お金を貸す相手をじっくり厳選しない
  • 金利がやや高めに設定され、貸し倒れリスクがある人も前向きに審査

【ここで借りれなきゃ諦めろ!】審査に通るか不安な方のカードローンおすすめ申し込み先ランキング!

お金を借りたい人が気になることNo.1といっても過言ではないカードローン審査。「自分が審査に通るかどうか不安」という方はこ…

事故情報があるなら中小消費者金融を検討しよう

中小消費者金融は訳ありの人がおすすめ

ただし返済トラブルを起こしている人は、中小消費者金融カードローンの検討がベター。

  • 61日以上の返済遅れ・3ヶ月以上の連続延滞
  • 任意整理、自己破産などの債務整理
  • 代位弁済や強制解約

過去5年間上記の経験がある場合、大手消費者金融の利用はほぼ不可能でしょう。

しかし「今の返済能力」を評価する中小消費者金融なら、借り入れのチャンスがあります。

“ブラック”の人に限っては、大手消費者金融の審査が甘いとは言えないので要注意です。

ブラックでもお金を借りたい。事故情報アリでも審査可能なカードローンを紹介!

基本的にカードローンは一度ブラックリストに載ってしまうと、その記録が消えるまで利用することができません。しかし、どうし…

“審査が甘い”カードローンの見分けるポイントは下記3つ。

審査が甘いカードローンを見分ける3つポイント
  1. 成約率
    成約率を公表していて、数字が大きいほうが有利
  2. 審査・融資スピード
    最短即日融資に対応しているのがベスト
  3. 金利(利息)
    金利が高いほど、幅広い層の申込みを受付けている

上記のポイントを満たしているのが、大手消費者金融カードローンです。

審査通過の可能性を1%でも上げたい!という方は、まず大手消費者金融への申し込みを検討しましょう。

消費者金融カードローン“ガチ”おすすめ8選をチェックする

ただし”ブラックリスト入り”している人は、中小消費者金融カードローンがベター。

人の手による独自の基準で審査するため、”今の返済能力”に問題なければ借り入れできる可能性があります。

ブラックでもお金を借りたい。事故情報アリでも審査可能なカードローンを紹介!

スポンサーリンク

関連記事