カードローンのせいで就活がダメになる?!ウワサの都市伝説に切り込む!

大学生たぬき
カードローンの利用って就職に影響するんですか?
たぬき博士
どうしたのじゃ?おぬしの就活はもう少し先の話じゃろ?
大学生たぬき
実は僕の先輩が就職活動中なんですけど、以前カードローンの利用をしたから不安らしくて。そのせいで落とされるんじゃないかって。
ダメ吉
お、その話俺も興味あるぜ。そろそろ正社員になりてぇから就活しようと思ってたんだよ。
たぬき博士
ダメ吉や、おぬし本当に就職する気あるのか?まぁそれは置いといて、カードローンは「借金」ともいえるから就職への影響が気になるのは分かるぞい。
たぬき博士
じゃがの、基本的にカードローンの利用は就職に全く影響はないから安心してよいぞ。

原則としてカードローンの利用は就職に影響なし!

カードローンは就職に関係ない早く効果を得たいなら減塩から始めよう!  実験結果から、最も短期間で効果があったのは減塩です。 今回行った中で1番手間がかかる方法でしたが、その分高い効果がありました。 では、明日から徹底的に減塩をしよう!というのは難しいですよね。 まずは、いつもの食事の味を薄めることから始めましょう。 無理に我慢せずに、少しずつ体を慣らしてあげてください。 減塩した食事に慣れたら、野菜を多めに摂る、アルコールを控えるなどの他の方法も取り入れる余裕ができます。 しんどいと思うかもしれませんが、すべてはあなたの体のためです。 高血圧を卒業するために一歩踏み出しましょう!

「カードローンを利用する=借金」と同義ですから、1度でもカードローンを利用したことのある就活生や職探しをしている方は「もしかしたら信用が低くて落とされるかもしれない」と恐れているかもしれません。

先に結論を述べておくと、カードローンの利用が就職の選考に影響することは一切ありません。企業が応募者の信用情報を選考に使用することは禁じられています

  • 自分たちの会社に適した人物なのか?
  • 自分たちの会社でやっていける能力があるのか?

企業は主に上記の2つだけを基準にして採用しなければなりません。過去にカードローンを利用していたかどうか、というのは健全な選考に不必要な要素なのです。

信用情報の勝手な利用は規約違反!

信用情報を開示できるのは本人のみ

カードローンのみならずクレジットカードや各種ローンなど、金融機関での信用情報(取引記録)は3つの信用情報機関に記録されています。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • CIC
  • 日本信用情報機関(JICC)

このいずれかに確実に金融機関は加盟しており、対応する信用機関に利用者の信用情報が記録されているわけですね。

金融機関が加盟している理由は、審査をより正確に行うためです。特にカードローンのような「信用」がものをいう金融商品だと、過去に信用情報に傷がある(返済の遅延や滞納、債務整理など)には、なかなかお金を貸しにくいですから。

ただし、基本的に信用情報機関に記録されている信用情報は「本人」しか開示することはできません。仮に本人の同意なく信用情報を公開してしまった場合、個人情報保護法に信用情報機関が違反してしまうことになります。

個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、前条の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。

引用:個人情報の保護に関する法律第十六条

つまり、特例を除いて勝手に個人情報を誰にも見せちゃダメという話です。

この特例には企業の採用は一切含まれません。そもそも企業は応募者の個人情報を見るのは不可能なんですね。

信用情報に関して問題が起こった事例

リスクとメリットは明らかに釣り合わない

覚えている方もいるでしょうが、2011年にとある有名な警備会社(ALS○K)が社員全員にJICCから信用記録を取り寄せたうえで、提出するよう求めていたことが表面化しました。

もちろん信用情報の提出を義務化するなんて信じられない話で、世論は厳しいものでした。結局その警備会社は信用情報の提出義務化を廃止して、すでに提出されていた信用情報は返還されたそうです。

この事例で何を伝えたいかというと、世間は個人情報の取り扱いにはかなり敏感になっているということです。社員に提出を求めて大きな問題になるくらいですから、まだ雇ってすらいない応募者の信用情報を勝手に調べていたとなると、より大きな問題になることは避けられません。

会社のイメージを悪くするリスクと、応募者の信用情報を勝手に探るメリットでは明らかに釣り合わないのは分かりますよね。

企業のホンネとタテマエ。信用情報を調べているところも?

大学生たぬき
良かった。企業側は信用情報を選考に利用していないんですね。
ダメ吉
俺も安心したぜ。調べられたら結構やばいからな。
たぬき博士
安心するのはまだ早いぞ。「火の無い所に煙は立たない」ということわざがあるじゃろ?
たぬき博士
つまり「信用情報など調べていない」といいつつも、裏ではこっそり調べている企業もあるかもしれんというわけじゃ。用心するに越したことはないぞ。

印象の良くない信用情報(取引記録)。選考が不利になる?

印象の悪い信用情報3選

今では勝手に信用情報を調べている企業はないでしょうが、万が一見られた場合に選考に悪影響を及ぼす取引記録は残したくありませんよね。

もちろん良い悪いを判断するのは企業ごとの基準があるでしょうが、明らかに「良い印象は与えないだろうな…」というものがあるので紹介します。

  • 長期延滞や滞納(3ヵ月以上)
  • 多重債務
  • 債務整理(自己破産や任意整理など)

信用情報を調べる企業であれば、まず間違いなく上記の取引記録は悪影響を及ぼします。カードローンでお金を借りることは悪いことではありませんが、借りたお金をきちんと返済していないとなると話は別

「約束を守らない人間だろう」

「金だけじゃなくて仕事でもだらしなさそうだな」

「お金関係のトラブルを起こすのではないか?」

このように悪い評価を下されても文句は言えません。信用記録に一度傷がついてしまうと、消えるのにかなりの時間がかかってしまうので注意してください。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

企業が信用情報を調べる方法と対処法

ダメ吉
でもよ、本人しか開示できない信用情報をどうやって調べるんだ?
大学生たぬき
確かに変ですね。企業側には信用情報を見るための手段がないはず。
たぬき博士
まぁそうじゃな。しかしな、企業が信用情報を調べる方法はいくつかあるんじゃよ。それについても紹介していくぞい。

応募者本人に信用情報の提出を求める

信用情報の提出を求められた場合

ごくまれにですが、企業側が直接応募者本人に信用情報の提出を求めることもあります。基本的に本人しか信用情報は開示できないので、企業が調べる正攻法と言っても良いでしょう。

はっきりと言いますが、もし信用情報を提出するよう求められたら断ってください

信用情報を開示する義務はどこにもないですし、むしろ企業側の規約違反です。突っぱねても何も問題はありません。

もちろんどうしても行きたい企業で、自分には信用情報に一切の傷がないという自負があれば提出しても構いません。しかし、規約違反を堂々とおかしてくる企業で本当に働く価値があるのかどうか考えるべきでしょう。

本人の同意を得た上で信用情報を照会する

信用情報の照会許可を求められた場合

もう一つの正攻法と言えるのが、本人の同意を得た上で企業側が信用情報を調べるという方法です。この場合、本人の同意は紙面上にサインを書く場合がほとんどでしょう。

この方法だと一応企業は信用情報を照会することはできます。しかし、調べた信用情報を選考に利用することはできません

先ほどと同様に、同意を求められても突っぱねて拒否しても問題ないです。

金融系企業が独自の情報網で信用情報を調べる

金融系企業の場合は独自の方法で調べられる

就職先を金融系、例えば銀行やクレジットカード会社を考えている方は自分の信用情報が調べられるのは仕方のないことだと考えてください。金融系の企業は信用情報会社に問い合わせることはしませんが、独自に持っているネットワークで皆さんの信用情報を調べ上げます。

一見横暴にも思える行為ですが、これに関してはお金を扱う職業上当たり前のことなんですよね。

何千万、何億というお金を扱う金融機関で、信用情報に傷がある方に安心して仕事を任せられるでしょうか?横領などされたらたまったものではありません。

カードローンの利用程度で金融機関は絶対通らないことはありませんが、信用情報に傷があると一気に厳しくなるので気をつけてください。

ちなみに金融機関が独自の情報網で信用情報を調べるのを防ぐ手立てはありません。今後応募するつもりなら、各信用情報機関に自分の信用情報に傷がないのか確認しておきましょう。

企業側が勝手に調べ上げる

金融系企業の場合は独自の方法で調べられる

流石にやっていないだろうと信じたいところですが、金融系以外の企業が勝手に信用情報を調べている可能性も否定できません。

信用情報機関の規約では「本人の同意」がなければ信用情報は照会できないことが定められていますが、これだけで100%安心できるとは言い難いんですよね。

憶測にすぎませんが、おそらく応募者の信用情報まで知りたがるのは企業イメージを最大限守らなければならない名だたる大企業ばかりのはずです。表向きは絶対信用情報を見ているとは言わないでしょうが、裏では絶対にばれずに信用情報を照会する術を持っていてもおかしくありません。

あくまで憶測の域をすぎませんが、一個人である応募者が大企業の裏の顔まで知ろうなんて不可能です。防ぐ手立てはないと思ってください。

一応、企業が信用情報機関を利用すると記録が残るので、勝手に信用情報を照会していないか調べることはできます。

しかし、そもそも記録を残さず調べる方法を持っている可能性が高いので、あまり意味はないでしょう。記録を残そうものなら、今まで何度か問題として発覚してもおかしくありませんから。

カードローン利用は就職のハンデにならない!ただし、万が一に備えよう!

大学生たぬき
うーん。タテマエでは信用情報は関係ないと言われても、勝手に調べられる場合もあるんじゃ心配ですね。
ダメ吉
ルール破るなんて卑怯だぜ。
たぬき博士
まぁ落ち着くのじゃ二人とも。最後はおどすようなことを言ったが、心配せんでええぞ。
たぬき博士
金融系は確実に調べるじゃろうが、そのほかの企業は選考に信用情報を使う可能性は限りなく低いから安心するのじゃ。
大学生たぬき
まぁ考えすぎは良くないですもんね。とにかく万が一に備えて事故情報だけには気を付けたほうが良さそうですね。
ダメ吉
俺も遅延や滞納はしないようにするぜ!
たぬき博士
そうじゃ。カードローンの利用自体は悪いことではないから、あとは事故記録がつかないように気を配っておけばOKじゃな。二人とも就活頑張るのじゃぞ。
カードローンコラム・ニュースカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事