低金利のビジネスローンをお探しの方はここ!低利息はもはや常識

経営者たぬき
博士、実は僕が今経営している会社で新しく事業を展開しようと考えています。
たぬき博士
ほう、会社経営は順調そうじゃの。
経営者たぬき
そこそこですよ。ところで事業展開にまとまったお金が必要でビジネスローンを利用しようと考えているのですが、金利って高いですか?
たぬき博士
そうじゃの、公的融資や銀行融資と比べたら高いのが現実じゃ。
たぬき博士
今日は公的融資・銀行融資と比べてビジネスローンがどの程度高いのか、なぜ高金利なのかを説明しよう。
経営者たぬき
はい、ありがとうございます。
たぬき博士
最後に金利が低いビジネスローンを提供している業者も紹介するから、しっかり聞いておるのじゃぞ。

公的融資・銀行融資とビジネスローンの金利を徹底比較

ビジネスローンの金利ですが、公的融資や銀行融資と比べると高いです。

以下に日本政策金融公庫(公的融資)・三井住友銀行ビジネスセレクト(銀行融資)とビジネスローンの金利をまとめました。

業者・サービス名 金利
公的融資 日本政策金庫(普通貸付) 1.25~1.85%※①(普通貸付)
1.25~1.85%※①(新規開業資金)
銀行融資  三井住友銀行ビジネスセレクトローン 2.125%~
ビジネスローン  三菱東京UFJ銀行「融活力」 2.35~9%
ビジネスローン  アコムビジネスサポートカードローン(個人事業主) 12~18%(1~100万円未満)
12~15%(100万円~300万円)
ビジネスローン  アイフル事業サポートプラン 12.775~18.0%(個人事業主)
12.775%~18.0%(法人事業主)
ビジネスローン  プロミス自営者カードローン  6.3~17.8%
 ビジネスローン オリックスVIPローンカードBUSINESS  6.0~14.9%(100~500万円コース)
8.0~17.8%(50万円コース)

※①担保の有無、融資期間、その他の条件で金利は変動します。日本政策金庫のホームページでご確認ください。

比較すると一目瞭然で公的融資・銀行融資の金利の方がビジネスローンよりも低いことがわかります。公的融資ですと最高でも1.85%、銀行融資でも2.125%~と一般的なカードローンでは考えられない低さです。

経営者たぬき
公的融資か銀行融資の金利ってこんなに低いんですね… こっちを利用しようかな。
たぬき博士
ふむ、その気持ちはよくわかる。じゃがビジネスローンは公的融資や銀行融資よりも審査が厳しくないゆえに金利が高いのじゃ。

ビジネスローンの金利が高い理由

ビジネスローンは審査が緩く、保証人がいらないので借りる側にとってはとても便利です。

しかし貸す側(貸金業者)からするとこの状況は

  • 審査を徹底してできず、借入者が本当に返済能力がある人か分からない
  • 万が一の場合に貸した金を保証してくれる人がいない

となり高いリスクを負うことになります。

ビジネスローンと金利の関係

この返済が滞るかもしれないリスクを分散するために、ビジネスローンの金利は高く設定されているのです。

ビジネスローンで最も金利が低いのは三菱東京UFJ銀行の融活力

事業に必要なお金ですので皆さんは一般のカードローン利用者と比べ、まとまった金額を必要としているでしょう。多額の融資では金利の低い業者と金利の高い貸金業者では、大きな利息の差が生まれてしまいます。

そのためビジネスローンで業者を選ぶ時は低金利であるかが大変重要です。ビジネスローンの金利は三菱東京UFJ銀行の融活力が2.35~9%とダントツで低く、ここでの融資を強くオススメします。

以下に金利の低い「融活力」と他のビジネスローンでどれほど利息に差が出るのか例を挙げてみていきましょう。

(例)500万円の融資を最高金利でした場合。ここでは分かりやすいように毎月100万円ずつ返済をしていくものとします。

【三菱東京UFJ銀行融活力 最高金利9%】

利息 借入残高
借入月  0円 500万円
一か月目 36,986円 400万円
二か月目 29,589円 300万円
三か月目 22,191円 200万円
四か月目 14,794円 100万円
五か月目 7,397円 0円
合計 110,957円

【アイフル事業サポートプラン 最高金利18%】

利息 借入残高
借入月  0円 500万円
一か月目 73,972円 400万円
二か月目 59,178円 300万円
三か月目 44,382円 200万円
四か月目 29,588円 100万円
五か月目 14,794円 0円
合計 221,914円

最終的に払わなければいけない利息差は110,971円とかなり大きくなります。また今回は分かりやすいように短期間での返済を計算しましたが、実際は1年、2年とかけて返済をしていくのでさらに利息の差は大きくなっていくでしょう。

以上からいかに何百万単位で借入をするビジネスローンにおいて低金利の業者を利用をすることが大事かということが分かると思います。

三菱東京UFJ銀行の融活力(銀行系カードローン)の審査に自信のない方は消費者金融で最も金利の低いプロミス自営者カードローンで借入をするのがお勧めです。

審査の厳しくないビジネスローンは金利で選ぼう

経営者たぬき
博士ありがとう。ビジネスローンの金利が高いのは、審査が厳しくなくて保証人がいらないからなんですね。
たぬき博士
そうじゃ比較的借りやすいから金利が高いとも言い換えられるぞい。
経営者たぬき
急いで資金が欲しいのでビジネスローンを利用してみます!
たぬき博士
金利が低い業者を選ぶことを忘れるのではないぞ。
ビジネスローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事