50万円を借りるなら銀行カードローン・消費者金融カードローンどっち!?利子(利息)・返済額に注目しよう

あなたの借り方は?
公務員たぬき
銀行カードローンと消費者金融、50万円を借りるにはどっちがいいんだろう…?
ポン太
50万円を借りると、利息や返済額はいくらになるの?

海外旅行の費用、車検代、入院費…まとまったお金が入り用なタイミングは様々。
ただ50万という金額は、けっして安い金額ではありませんよね。

それは貸す側も同じこと。
金額が大きいほど審査は難しくなるので、借り入れ方法を工夫しなければなりません。

だからこそ、”重視したいポイント“でオススメのカードローンが変わってきます。

そこで今回は下記3つのギモンから、50万円を借りる方法を徹底解説。

  • そもそも50万円を借りられる?まとまった金額を借りるにはどうしたらいい?
  • 50万円を借りた場合の金利(利息)・毎月の返済額はいくら?
  • 50万円を借りる条件やコツってあるの?

この記事を読んで、自分に合った方法で50万円の借り入れを成功させましょう。

今すぐオススメのカードローンを知りたい方はこちら↓

おトクに50万円を借りたい人→銀行カードローン

今すぐ50万円を借りたい人→消費者金融カードローン

50万円を借りるのは難しくない!カードローンで借りる方法2つ

50万円の借り方は2通り

カードローンで50万円を借りる方法は、大きく分けて2通りあります。

  1. 1社から一括で50万円を借りる
  2. 2社から合計で50万円を借りる

ただし、それぞれの方法には向いている人/向いていない人がいるのもたしか。

ここからは審査のポイントを踏まえて、50万円を借りる方法について解説していきます。

①1社から一括で50万円を借り入れする

重要視される審査項目は2つ

50万円を一括で借りれる人は、ザックリいうと審査に自信がある人

特に下記2つの項目は、「貸したお金を返してくれそうな人か」の判断に大きく影響します。

  • 年収
  • 他社借入れ件数

年収が高いほど審査で有利なのは言うまでもありませんよね。

また他社借入れ件数が少ないほど、「返済先はウチだけだし余裕がありそう」と判断されます。

とはいえ、どちらかの項目に自信がなくても諦める必要はありません。
審査は勤続年数や居住形態など、申込情報すべての項目での総合評価で決められます。

返済のことまで考えると、まずは一括で借りるのを検討してみるのがいいでしょう。

増額審査で限度額を50万円にする手もアリ

カードローンでは、増額審査を受ければ後から限度額を引き上げられます。

借り入れを急いでいない方は、まずは最初に20~30万円程度で契約して、後から50万円に引き上げるのがオススメです。

ただし増額審査が受けられるのは、初めての利用から最低でも6ヶ月の利用実績が必要。

もちろん返済遅れ・延滞など返済トラブルを1度でも起こすとNGなので、気を付けましょう。

カードローンの増額審査とは?審査のポイントと流れをわかりやすく解説

②2社のカードローンから合計で50万円を借り入れする

申し込みブラックに注意!

もし審査が不安なら、2社から借りた合計で50万円を調達するのもアリ。

上述の通り50万円を借りるには、高収入などそれなりのスペックが求められます。

しかしなにも借り入れを1社に絞る必要はありません。
A社に30万円、B社に20万円の借り入れを申しこんで、合計で50万円を借りればOKなんですね。

ただ注意したいのは、同時に申し込むカードローンは2社までに絞るということ。

3社以上のカードローンへ同時に申込みをすると、すべての審査に落ちる可能性が高いです。
(関連:カードローンの申し込みブラックに要注意!「とにかく」申し込みは嫌われる。

利用条件だけでなく、審査に前向きなカードローンを見極めるのがカギといえます。

学生もカードローンで50万円が借りられる

「20歳以上・継続的で安定した収入がある」なら学生でもカードローンの利用は可能です。

ただ学生の場合、50万円を一括で借りるのは正直言って難しいところ。

できれば2社からの借り入れの合計で、50万円を用意するようにしましょう。

学生のカードローン審査事情。親バレせずに借りる方法はあるの?

50万円を借りるなら金利(利息)・返済額に注目!

50万円というまとまった金額を借りる時に気になるのが、「返済できるかどうか」。

「利息が高くついて、借金まみれになりそう…」
「毎月の返済額が高すぎると生活がキツい…」

こうした不安を解消するには、金利や返済額に注目して返済計画を立てるのが1番です。

カードローンで50万円を借りる前に、ムリのない完済を目指す準備をしておきましょう。

50万円の返済シミュレーション【毎月の返済額・返済回数別】

2通りの返済シミュレーション

さっそく下記の2パターンで、50万円を借りた時の返済シュミレーションしてみました。

  1. 毎月決まった返済額で完済した場合
  2. 完済するまでの回数を決めて返済した場合

それぞれ総返済額や毎月の返済額が異なってきます。
あなたの経済状況と照らし合わせれば、申し込むべきカードローンを見つける手助けになるでしょう。

※シミュレーション結果はあくまで返済の目安として、参考にしてください。

①毎月の返済金額で比較

毎月の返済が高額なほどお得

50万円を借りたときの返済金額が違うと、返済回数や利息はどう違ってくるのかは以下の通りです。

毎月2万円ずつ返済した場合
カードローン名 金利 返済回数 毎月の返済額 総返済額 利息総額
みずほ銀行のバナー 14.0% 32回 20,000円 602,880円 102,880円
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5% 32回 20,000円 607,603円 107,603円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 14.8% 32回 20,000円 610,476円 110,476円
SMBCモビット 18.0% 32回 20,000円 631,374円 131,374円
アコム 18.0% 32回 20,000円 631,374円 131,374円
アイフル 18.0% 32回 20,000円 631,374円 131,374円
毎月3万円ずつ返済した場合
カードローン名 金利 返済回数 毎月の返済金額 総返済額 利息総額
みずほ銀行のバナー 14.0% 21回 30,000円 566,531円 66,531円
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5% 21回 30,000円 569,297円 69,297円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 14.8% 21回 30,000円 570,978円 70,978円
SMBCモビット 18.0% 20回 30,000円 579,706円 79,706円
アコム 18.0% 20回 30,000円 579,706円 79,706円
アイフル 18.0% 20回 30,000円 579,706円 79,706円
毎月4万円ずつ返済した場合
カードローン名 金利 返済回数 毎月の返済額 総返済額 利息総額
みずほ銀行のバナー  14.0% 16回 40,000円 550,497円 50,497円
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5% 16回 40,000円 552,510円 52,510円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 14.8% 16回 40,000円 553,733円 53,733円
SMBCモビット 18.0% 14回 40,000円 557,856円 57,856円
アコム 18.0% 14回 40,000円 557,856円 57,856円
アイフル 18.0% 14回 40,000円 557,856円 57,856円

②返済回数で比較

返済回数が少ないほどお得

50万円借りたときの返済回数が違うと、毎月の返済額や利息はどう違ってくるのかは以下の通りです。

24回で完済する場合
カードローン 金利 返済回数 毎月の返済額 総返済額 利息総額
みずほ銀行のバナー  14.0% 24回 25,202円  579,637円  79,637円
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5% 24回 25,332円  582,619円  82,619円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 14.8%  24回  25,410円  584,411円  84,411円
SMBCモビット 18.0%  24回  26,253円  603,803円 103,803円
アコム   18.0%  24回 26,253円  603,803円  103,803円
アイフル 18.0%  24回 26,253円 603,803円 103,803円
36回で完済する場合
カードローン 金利 返済回数 毎月の返済額 総返済額 利息総額
みずほ銀行のバナー 14.0% 36回 17,686円 618,984円 118,984円
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5% 36回 17,861円 623,527円 123,527円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 14.8% 36回 17,894円 626,275円 126,275円
SMBCモビット 18.0% 36回 18,743円 656,002円 156,002円
アコム 18.0% 36回 18,743円 656,002円 156,002円
アイフル 18.0% 36回 18,743円 656,002円 156,002円
48回で完済する場合
カードローン 金利 返済回数 毎月の返済額 総返済額 利息総額
みずほ銀行のバナー 14.0% 48回 14,042円 659,938円 159,938円
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5% 48回 14,175円 666,170円 166,170円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 14.8% 48回 14,255円 669,934円 169,934円
SMBCモビット 18.0% 48回 15,125円 710,824円 210,824円
アコム 18.0% 48回 15,125円 710,824円 210,824円
アイフル 18.0% 48回 15,125円 710,824円 210,824円

毎月の返済額を増やすと、それだけ利息を抑えられることがわかりますね。

あなたの懐具合と相談しながら、できるだけ繰り上げ返済をしていくことをオススメします。

総返済額が減る魔法。カードローンの繰り上げ返済とは。

カードローンの返済をスムーズにするための方法の1つに繰上げ返済があります。繰上げ返済することで元金を減らして利息を抑え…

おトクに借りるなら低金利の銀行カードローン【おすすめ3社をピックアップ】

ムリなくおトクに返済したい…という方は、銀行カードローンに申し込むのがオススメ。

シミレーションの通り、カードローンは低金利であるほど最終的に支払う利息が安くなります。

実際に銀行カードローンは金利年15.0%以下と、消費者金融カードローンよりも低金利で利用OKです。

カードローン 金利 毎月の返済額
銀行 みずほ銀行のバナー 年2.0%~14.0%(※1) 10,000円
年12.0%~14.5%  10,000円
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年0.99%~14.79%(※2) 8,000円
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 年1.700% ~ 14.800% 10,000円
  プロミス 年4.5%〜17.8% 13,000円
消費者金融 SMBCモビット 年3.0%~年18.0% 13,000円
アコム 年3.0%~18.0% 15,000円
アイフル 年3.0%~18.0% 13,000円

※1 住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)
※2 SBI証券口座保有登録済み、または住宅ローンの利用+ミライノカードの所有かつ住信SBIネット銀行口座を引落口座に設定している場合、年0.6%引き下げます

【消費者金融カードローンと完済時の利息を比較してみた】

三井住友銀行カードローン・アコムで50万円を借りた場合、「完済時の利息がいくらになるか」をシミュレーションしてみました。

【50万円を32回で完済した場合】

カードローン 金利 返済回数 利息総額
年14.5% 32回 109,705円
アコム 年18.0% 32回 133,930円
※「30日間の無利息期間」適用済み

金利が年3.5%違うだけで、三井住友銀行カードローンのほうが約2万5,000円も利息が安くなることがわかります。

また毎月の最低返済額も1万円以下
低金利なだけでなく、生活の負担なく返済を続けられるのもポイントです。

ここからは、低金利で借りられるオススメ銀行カードローンを3つピックアップしていきます。

みずほ銀行カードローン:金利年14.0%以下で借りられる

金利
(実質年率)
※年2.0%~14.0%
利用限度額 最大800万円
毎月の返済額
(50万円借りた時)
10,000円
WEB完結申し込み 優れている
利用用途 自由
担保・保証人 不要

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

みずほ銀行カードローンのここがオススメ!
  • 業界屈指の低金利年14.0%以下で借りられる!
  • みずほ銀行の口座があれば融資までの時間が早まる!
  • 申し込み~借入れまで来店なしのWEB完結に対応!

とにかく利息を抑えておトクに借りたいなら、みずほ銀行カードローンがオススメ。

年14.0%以下の低金利で借りられるので、完済までの利息を安く抑えられます。

さらに申し込み~借入れまで来店なしのWEB完結OKと、手間なしで借りられるのも魅力的です。

三井住友銀行カードローン:普通預金口座開設不要で手続きOK

三井住友銀行カードローンのトップ画像
金利
(実質年率)
年4.0%~14.5%
利用限度額 10万~800万円
毎月の返済額
(50万円借りた時)
10,000円
WEB完結申し込み 優れている※1
普通預金口座開設 不要
利用用途 自由
※2
担保・保証人 不要
※1 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
※2 事業性資金にはご利用いただけません
三井住友銀行カードローンのここがオススメ!
  • 三井住友銀行の普通預金口座開設不要!
  • 金利年14.5%以下で借入れ可能!
  • 三井住友銀行・提携コンビニATMは手数料0円で返済できる!

申し込み・契約の手間を減らしたいなら、三井住友銀行カードローンがオススメ。

三井住友銀行の普通預金口座開設不要で借りられるので、手続きがスムーズです。

金利も最高金利が年14.5%と銀行ならではの金利なので、利息もふくらみません。

さらに手数料0円で、全国の三井住友銀行・提携コンビニATMを利用できます

ムダなお金の支払いを全てカットできるのがうれしいですね。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」:毎月の返済金額は8,000円~で負担なし

住信SBIネット銀行ミスターカードローン

 

金利
(実質年率)
年※0.99%~14.79%
利用限度額 最大1,200万円
毎月の返済額
(50万円借りた時)
8,000円
WEB完結申し込み 優れている
利用用途 自由
担保・保証人 不要

※SBI証券口座保有登録済み、または住宅ローンの利用+ミライノカードの所有かつ住信SBIネット銀行口座を引落口座に設定している場合、年0.6%引き下げます

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」のここがオススメ!
  • 毎月の返済額は8,000円で生活の負担になりにくい!
  • 借り入れ・返済もスマホからだけでラクラク管理
  • 手数料0円で提携ATMから返済OK!

生活の負担を抑えて完済を目指したいなら、住信SBIネット銀行「MR.カードローン」がオススメ!

50万円を借りても毎月の返済額は8,000円と、銀行カードローンの中でもトップクラスの安さです。

さらに借り入れ/返済がスマホからWEB上で管理できるなど、ネット銀行ならではの手軽さもポイントになっています。

即日融資したいなら消費者金融カードローン【おすすめ4社をピックアップ】

スピード重視なら消費者金融

とにかくスピード重視で今スグ借りたい!という方は、消費者金融カードローンに申し込むのがオススメ。

実は銀行カードローンは、2018年以降即日融資を完全停止してしまいました。
銀行カードローンは自主規制で即日融資NGに…審査が厳しくなった問題点を総まとめ

一方、消費者金融カードローンなら、土日・祝日も夜21時まで即日融資に対応しています。

カードローン 審査/融資スピード 即日融資タイムリミット
(契約完了)
SMBCモビット 最短30分/最短即日(※) 21時まで
プロミス 最短30分/最短1時間 21時まで
アコム 最短30分/最短即日 21時まで
アイフル 最短30分/最短即日 21時まで

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

また利息を安く抑えたい方は、無利息期間のあるカードローンを選べば金利の高さもカバーOKです。

ここからは、50万円を即日融資できるオススメ消費者金融カードローンを4つピックアップしていきます。

 

SMBCモビット:WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なしでスムーズ

モビット
金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
最大借入可能額 最大800万円
審査時間 最短30分※1
在籍確認 WEB完結申し込みなら
職場への電話連絡なし
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○※2
無利息期間 なし
スマホ完結申し込み 優れている
担保・保証人 不要

※1 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 安定した収入がある方ならSMBCモビットに申し込めます。

SMBCモビットのここがオススメ!
  • WEB完結申し込みなら職場への電話連絡ナシ!
  • 夜21時までに契約完了なら土日・祝日も即日融資OK!
  • 10秒簡易審査でスグに審査結果GET!

「WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし」と公言しているのは、SMBCモビットだけ。

※WEB完結申し込みの利用条件

WEB完結申し込みを利用するには、下記4つの条件すべてを満たす必要があります。

①本人確認書類の提出(どれか1つ)

  • 運転免許証
  • パスポート

 

②収入証明書の提出(どれか1つ)
(参考:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・取得できる?【カードローン審査前にチェック】

  • 給与明細書 ※直近2ヶ月分
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 税額通知書

 

③勤め先を証明する書類の提出(2つとも必要)

  • 健康保険証(社会保険証、組合保険証)
    (※国民健康保険証や船員保険証は不可)
  • 給与明細書 ※直近1か月分

 

④指定口座の登録(どれか1つ)

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

※振込先口座にかかわらず、WEB完結申し込みで必要です。

土日/祝日も電話なし・来店なしでスムーズに借り入れできます。

夜21時まで即日融資に対応で、10秒簡易審査で仮審査結果をスグに受取れるのもポイントです。

SMBCモビットに申し込む

上のボタンからスマホ・PCで申し込めば、最短30分※で審査結果が受け取れます

SMBCモビットの審査基準・流れを詳しくチェック

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

プロミス:申し込みから最短1時間融資もOK!

プロミス バナー

 

金利
(実質年率)
年年4.5%~17.8%
最大借入可能額 最大500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
無利息期間 あり※
(30日間)
スマホ完結申し込み 優れている
担保・保証人 不要

※無利息期間の適用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

プロミスのここがオススメ!
  • 申し込みから最短1時間融資に対応!
  • 土日・祝日も24時間最短10秒で振り込める「瞬フリ」が使える!
  • 30日間の無利息期間アリで利息を安く抑えられる

申し込みから最短1時間融資もOK」という審査/融資スピードの速さこそ、プロミス最大の特徴。

さらに三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間最短10秒で振込み融資を受けられる「瞬フリ」も利用できます。

また借り入れ日に関わらず、ゼッタイに「30日間の無利息期間」を使えるのも魅力的です。

プロミスに申し込む

上のボタンからスマホ・PCで申し込めば、最短30分で審査結果が受け取れます

プロミスの審査基準・流れを詳しくチェック

アコム:はじめての申し込みでも前向きに審査してくれる

アコム
金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
最大借入可能額 最大800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
無利息期間 あり
(最大30日間)
スマホ完結申し込み 優れている
担保・保証人 不要
アコムのここがオススメ!
  • はじめての審査でも前向きに貸付けを検討してもらえる!
  • 最大30日間の無利息期間で利息を安く抑えられる
  • 夜22時までカード発行OK!提携コンビニATMから24時間借り入れ

1社目のカードローンに選ばれやすいアコムなら、はじめての申し込みでも前向きに審査してもらえます。

もちろん土日・祝日も即日融資に対応。
夜22時までにカード発行すれば、提携コンビニATMから24時間いつでも借りられます。

さらに最大30日の無利息期間も使えるので、利息を抑えながら完済を目指せるのもポイントです。

アコムに申し込む

上のボタンからスマホ・PCで申し込めば、最短30分で審査結果が受け取れます

アコムの審査基準・流れを詳しくチェック

アイフル:申し込み後の電話で審査を優先してもらえる

アイフル新バナー
金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
最大借入可能額 最大800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
無利息期間 あり
(最大30日間)
スマホ完結申し込み 優れている
担保・保証人 不要
アイフルのここがオススメ!
  • 申し込み後の電話で審査を優先的に進めてもらえる!
  • 在籍確認の方法を電話以外にすることも可能!
  • 土日・祝日も夜21時まで即日融資に対応!

アイフルなら申し込み後「借入れを急いでいる」と電話で相談すると、審査を優先的に進めてもらえます

休日は会社が休み…という場合も、在籍確認の方法を電話以外にしてもらうことも可能。

もちろん土日・祝日も夜21時まで即日融資に対応してくれます。

アイフルに申し込む

上のボタンからスマホ・PCで申し込めば、最短30分で審査結果が受け取れます

アイフルの審査基準・流れを詳しくチェック!

50万円の借入れを成功させるポイントをチェック

借り入れまでの2つのハードル

上述の通り50万円は高額なので、一括で借りるにはそれなりのハードルがあるのは事実。

ここからはカードローンで50万円の借り入れを成功させるポイントを、下記2つから解説していきます。

  • 50万円を一括で借りるための必須条件
  • 50万円の融資審査で有利になる条件

カードローンで50万円を借りるための必須条件3つ

カードローンで50万円を借りるには、最低限3つの条件を満たす必要があります。

  1. 年収が150万円以上
  2. 他社借入を含めても年収の3分の1以下に収まっている
  3. 収入証明書を提出できる

①最低でも年収150万円以上が必須

50万円の借り入れには、最低でも年収が150万円以上あるのが大前提です。

申し込み先に関わらず、カードローンで借りられるのは原則年収の3分の1以下

つまり50万円を借りるには、3倍の年収150万円が必要ということになります。

しかしあくまで理論上の話なので、年収が150万円きっかりでも確実に借りれるとは言えません。
当然150万より年収が多ければ多いほど、借りれる可能性は高くなっていきます。

②他社借入と合算しても借りる金額が年収の3分の1を超えていない

特にすでに他社ローンを組んでいる方は、新しく借りる50万円+他社ローンの合計が年収の3分の1以下に収まっていることも重要。

年収が150万円の人が30万円の他社ローンを組んでいる場合、新しく借りられるのはどんなに高くても20万円までです。

すでに借金がある人は、「50万円分借りれる余裕があるか」を1度確認してから申し込むようにしましょう。

カードローンの総量規制をあなたの脳みそに叩き込みます。

カードローンについて調べていると、やたら出てくる「総量規制」という言葉。「借入額が制限されることはなんとなくわかってい…

③収入証明書を提出する

申し込み先を問わず、一括で50万円を借りる場合は収入証明書の提出が必須です。

申し込み前にはあらかじめ手元に用意して、スムーズに審査を進められるようにしましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 課税証明書
  • 確定申告書 など

収入証明書(所得証明書)はどこで発行・取得できる?【カードローン審査前にチェック】

カードローン審査で必要になる収入証明書の発行場所や発行期間、手数料などを詳しく解説。雇用形態・職業別にオススメの収入証…

一括申し込みでも審査に通る確率を上げるコツ2つ

一括借り入れを有利にするつの2条件

50万円を一括で借り入れするためには、審査であなたの属性が有利とみなされなければなりません。

また一般的によほどの高収入でない限りは、はじめてカードローンに申し込んだ人が借りられるのはどんなに高くても30万円程度

しかし有利な審査項目が多い「この人は信用できるな」とカードローンも判断してくれるので、50万円で申し込みをして審査に通る可能性はあります。

カードローンで50万円を一括で借りるため、審査で有利とされる項目は以下の通りです。

審査項目 有利になるライン
年収 300万円以上
他社借り入れ件数 ゼロ件

いずれも絶対条件ではありませんが、審査が有利にはたらけば50万円を借りられる可能性はグッと高まると言えます。

(関連:押さえておくべきカードローンの審査基準!審査通過率アップを狙え!

①年収が300万円以上ある

一括で借りるためには「年収があらかた300万円以上は必要」と踏んでおいた方が無難。

口コミサイトでは50万円を一括で借りられた人の年収は、200万~400万円未満程度。

逆に年収200万円未満で、50万円を一括で借りられた人は確認できないのが現状です。

つまり余裕をもって審査通過したいなら、年収300万円程度あれば十分だと考えられます。

無職だと審査には通らない

下記のような収入のない無職の人は、カードローンでお金を借りられません。

  • 無職の人
  • 失業中の人
  • ニート

カードローンを利用出来る人は、「継続的で安定した収入」があることが求められます。

あなたが知り合いにお金を貸すとき、相手が無収入だったら貸すのをためうはず。
カードローン審査にしても、返済能力がない=信用がないのと同じことなんですね。

また収入がネットや株のみの人も、「収入が不安定」とみなされ利用できないので注意しましょう。

②他社借り入れ件数がゼロ件

50万円をまとめて借りるなら、他社借入件数が1件もない状態が望ましいです。

前述の通り、審査では他社借入件数が重視されます。

「すでに他社ローンを借りている」=「お金に困って返済が滞る可能性がある」と、マイナス評価になりかねません。

すでに他社ローンを契約している人は、できれば完済しておくのがオススメです。

たぬき博士
すでに他社借入があるなら、2社の合計で50万円を借りるのが現実的かもしれんのぅ…。
2社目のカードローンの選び方は?限度額がいっぱいになったら必見です。

他社借入件数はカードローン審査で超大事!件数別で審査基準・おすすめの申込み先をピックアップ!

【複数借入れがあってもカードローン審査に申込める?】本記事では他社借入ごとに借りれる最適なカードローンをピックアップ。…

50万円をカードローン以外で用意する方法3つ

「カードローン審査に通りそうにない…」
「カードローンに申し込んでいるヒマすら惜しい!」

上記のような「カードローン以外でどうにか用意したい!」という方は、下記の方法を検討するのが無難でしょう。

  1. 目的別ローンに申し込む
    →カーローンや教育ローン、ブライダルローンなど目的が決まっている場合にオススメ
  2. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
    →スグに返せる宛てがある場合にオススメ
  3. 家族や友人、知人から借りる
    →カードローンで足りなかった分を補充する場合にオススメ

その他の金策について知りたい方は、下記も参考にしてみてください。

今すぐお金が必要な方必見!すぐにお金を手に入れられる方法教えます

50万円の借り方で借入先を考えてみよう!

ポン太
カードローンで50万円を一括で借りるには、年収や雇用形態などの審査項目がある程度有利な人でないと難しいかもしれませんね。
たぬき博士
そうじゃな。じゃが一括で借りられなくても、2社からの借り入れの合計で50万円を調達するという手もあるぞい。
ポン太
借り入れ先は「低金利」か「即日融資」かで変わってくるのかぁ。

  • 低金利で手堅く返済したいなら銀行カードローン
  • 今すぐ融資してほしいなら消費者金融

ぼくはあまり急いでないし、お得に利用したいから銀行カードローンですね。

たぬき博士
うむ。自分の状況から借り入れ方法を、何を求めるかで借り入れ先を決めていきたいのぅ。
-この記事を監修してくれたファイナンシャルプランナー-
柴沼直美先生

柴沼 直美(しばぬま なおみ)先生

ファイナンシャルプランナー

【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員
MBA(ファイナンス)

どんな資格を最低コストで取得すれば、自分に合った職業に最短かつストレスなく就くことができるかについても個別にアドバイスを提供。

詳しくみる

スポンサーリンク

関連記事