50万円を借りるなら銀行カードローン?消費者金融カードローン?徹底比較!

あなたの借り方は?

「銀行カードローンと消費者金融、50万円を借りるにはどっちがいいんだろう……?」

「50万円を借りると、利息や返済額はいくらになるの?」

結論からいうとあなたが50万円をどう借りたいのか、いつ借り入れがしたいのかによってオススメのカードローンは違ってきます。

【借り方別オススメの借り入れ先】
お得に50万円を借りたい人は銀行カードローン
今すぐ50万円を借りたい人は消費者金融

50万円という金額の借り入れは高額なので、簡単には一括で借りられないもの
しかし審査の段階で有利な項目が多ければ、望みが全くないわけではありません。

今回は以下の4点について解説します。

  • 50万円を借りるための条件
  • 50万円を銀行カードローン・消費者金融で借りたときのそれぞれのメリット
  • 利息や返済額の目安
  • 50万円をカードローン以外で借り入れする方法

ぜひ一読して、自分に合った借り入れ先を検討してみてください。

50万円を借りるのは難しくない!方法は2通り

50万円の借り方は2通り

カードローンで50万円を借り入れする方法としては、以下の2通りがあります。

【審査で有利な項目が多い人】

1社から一括で50万円を借り入れする

【一括で借りられるか不安な人】

2社からの合計で50万円を借り入れする

50万円を一括で借りれる人は、ざっくりいうと審査に自信がある人

もし審査が不安なら、他社にも申し込みをして合計で50万円を調達する方が安全パイといえます。

増額審査で限度額を50万円にする手もアリ

1社から一括で50万円を借り入れする

重要視される審査項目は2つ

カードローンで50万円を一括で借り入れするには、以下の2つの項目が重要視されます。

  • 年収
  • 他社借り入れ件数

なお審査項目はすべての項目で総合的に評価されるため、どちらかの項目に自信がなくても諦める必要はありません。

50万円の借り入れには収入証明書が必要

銀行カードローン・消費者金融を問わず、カードローンの申し込みには本人確認が必要。
加えて50万円以上の借り入れをする場合は、収入証明書が必須です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近2ヶ月分)
  • 課税証明書

主に以上の3つが収入証明書として有効なので、あらかじめ手元に用意しておきましょう

2社のカードローンから合計で50万円を借り入れする

申し込みブラックに注意!

50万円の借り入れ先は、一括で借りたくても中々審査には通りづらいもの。

しかしなにも借り入れを1社に絞る必要はありません。
複数のカードローンからの合計で、50万円を借りるという方法もあります。

例えばA社に30万円の限度額で申し込み、同じ要領で今度はB社に20万円の限度額で申し込めば、合計で50万円を借りられます

ただし注意したいのは、同時に他社へ申し込む件数は2件までにするということ。

3社以上のカードローンへ同時に申込みをすると「申し込みブラック」になり、最悪審査が1社も通らなくなる可能性があります

申し込みブラックの詳細は、以下をご覧ください。

カードローンの申し込みブラックに要注意!「とにかく」申し込みは嫌われる。

カードローン審査に通る可能性を高めるようとして、複数のカードローン会社に申し込もうとしていませんか?短期間で複数のカー…

学生もカードローンで50万円が借りられる

「20歳以上・継続的で安定した収入がある」なら学生でもカードローンの利用は可能です。

ただ正直なところ、学生の場合、50万円を一括で借りるのは正直言って難しいところ。

できれば2社からの借り入れの合計で、50万円を用意するようにしましょう。

カードローンで50万円を借りるための条件

借り入れまでの2つのハードル

上述の通り50万円は高額なので、一括で借りるにはそれなりのハードルがあります

  • 50万円を一括で借りるための必須条件
  • 50万円の融資審査で有利になる条件

以下でご紹介する内容を読んで、自分は一括で50万円を借りられるのかを今一度じっくり検討してみましょう。

50万円を借りるための「必須」条件は2つ

絶対にクリアすべき条件は2つ

50万円を借りるために必要な条件として、以下の2つが挙げられます。

  1. 年収が150万円以上あること
  2. 他社借り入れの金額も入れて年収の3分の1を超えないこと

いずれもクリアしていなければ、50万円を借り入れする望みは絶たれてしまいます。
最低限飛び越えなければならないハードルとして、心に留めておきましょう。

必須条件①:50万円を借りるには「理論的には」年収が最低でも150万円以上必要!

消費者金融の決まりとして、「年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはならない」という総量規制があります。

なので消費者金融で50万円を借りたい人は、最低でも年収が150万円以上必要です。

しかしこれはあくまで理論上の話なので、年収が150万円きっかりでも確実に借りれるとは言えません。
150万より年収が多ければ多いほど、借りれる可能性は高くなっていきます。

また銀行カードローンは2017年から、融資に対して厳しい自主規制を行っています。
年収に対応した貸付けの上限に関して、詳しい規制内容は公表していないものの、年収は最低でも「理論上は」150万円以上あった方がよいと考えましょう。

カードローンの総量規制をあなたの脳みそに叩き込みます。

カードローンについて調べていると、やたら出てくる「総量規制」という言葉。「借入額が制限されることはなんとなくわかってい…

必須条件②:他社からの借り入れと合算しても年収の3分の1を超えないこと!

カードローンには総量規制という取り決めがあるのは上述の通り。

しかしここで見落としがちなのが、総量規制は他社からの借り入れ金額も込みで適用されるということ。

年収が150万円の人が他社から30万円の借り入れをしている場合、新しいカードローンでは最大で20万円の借り入れしかできません

他社からの借り入れがある人は50万円を借りても総量規制を受けないか、今一度確認してみましょう。

50万円の融資審査で有利になる条件は2つ

一括借り入れを有利にするつの2条件

50万円を一括で借り入れするためには、審査であなたの属性が有利とみなされなければなりません。

また一般的によほどの高収入でない限りは、カードローンの最初の限度額は30万円程度から始まることが多いです。

しかし審査項目によって、有利な人には「この人は信用できるな」とカードローンも判断してくれるので、50万円で申し込みをして審査に通る可能性はあります。

カードローンで50万円を一括で借りるため、審査で有利とされる項目は以下の通りです。

審査項目 有利になるライン
年収 300万円以上
他社借り入れ件数 ゼロ件

いずれも絶対条件ではありませんが、審査が有利にはたらけば50万円を借りられる可能性はグッと高まると言えます。

無職だと審査には通らない

条件①:年収が300万円以上ある

口コミサイトでは50万円を一括で借りれた人の中には、年収が200万~400万円未満という人も見られました

なお200万円未満の年収で、一括で50万円を借りれた人は確認できませんでした。

なので「一括で借りるためには年収があらかた300万円以上は必要」と踏んでおいた方が無難といえますね。

条件②:他社借り入れ件数がゼロ件

審査では他社からの借り入れ件数も確認されます。

カードローンは「他社から借り入れをしている」=「返済が滞る可能性がある」と判断します
結果的に審査ではマイナス評価になってしまうことも。

なので他社借り入れ件数は1件もない状態が望ましいといえます。

カードローン審査で「他社借入件数」は超大事!セーフとアウトの基準を教えます!

「すでに他社借入があるけど、新しいカードローンの審査には通る?」他社借入がどれくらい審査に響くのか、気になるところです…

お得に借り入れ&安定して返済したい人は銀行カードローン!

賢く利用するなら銀行1択

50万円を銀行カードローンで借りるメリットとして、以下の2つが挙げられます。

  1. 金利が低い
  2. 最低返済額が安い

金銭的に賢く利用したい!という人は、銀行カードローンに申し込んでみましょう。

メリット①:金利が低い=お得に借り入れが可能

消費者金融よりお得!

当然ですがカードローンの利息は、借り入れ金額が大きくなるにつれて膨らんでいきます。

借り入れ金額が50万円という大金となれば、なおさらですよね。

しかし銀行カードローンは消費者金融よりも、低金利で利用できるため利息を抑えられます

50万円を借りるときの銀行カードローンと消費者金融の金利の違いは、以下の通りです。

カードローン 金利
みずほ銀行のバナー 年14.0%
三井住友銀行 年12.0%~14.5%
静岡銀行カードローンセレカのバナー 年14.5%
千葉銀行カードローン バナー 年14.8%
モビット 年3.0%~年18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%

初めてカードローンを利用する場合、適用される金利は最高金利なので最低金利は無視して構いません。

銀行カードローンは3行とも平均14.5%なのに対し、消費者金融はいずれも18.0%。
およそ3.5%も開きがあることがわかります。

50万円を借りた場合、3.5%の金利の違いで利息がいくら違ってくるのかを、以下でシミュレーションしてみました。
なお返済回数はどちらも32回に設定しています。

【50万円を32回で完済した場合】

カードローン 金利 返済回数 利息総額
三井住友銀行 年14.5% 32回 109,705円
アコム 年18.0% 32回 133,930円(無利息あり)/138,303円(無利息なし)

金利が3.5%違うだけで無利息ありでも24,225円、なしだと28,598円も利息総額が異なってくるのが分かりますね。

利息を抑えて50万円を借りたい人は、銀行カードローンにぜひ申し込んでみましょう。

メリット②:最低返済額は10,000円でOK

返済は毎月1万円からでOK

50万円を借り入れすると、「毎月の返済額もかさむのでは……」と心配になりますよね。
返済に追われて生活が圧迫されるのは、避けたいところです。

最低返済額とは、「毎月最低でもこれだけは返済してください」とカードローンから設定される金額のこと。

50万円を借りたときのカードローンごとの最低返済額は、以下の通りです。

カードローン  最低返済額
みずほ銀行のバナー 10,000円
三井住友銀行  10,000円
静岡銀行カードローンセレカのバナー 10,000円
千葉銀行カードローン バナー 10,000円
モビット 13,000円
アコム 15,000円
アイフル 15,000円(サイクル制)/13,000円(約定日制)

銀行カードローンなら3行とも、最低返済額は1万円きっかり

低金利で利用できることに加え、「今月は生活が厳しいかも……」という人でも負担を抑えることができますね

繰り上げ返済でもっとお得に

オススメの銀行カードローン3選!

オススメの銀行カードローン3選!

50万円を借りるのにオススメの銀行カードローンは、以下の3つです。

  • みずほ銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン
  • 千葉銀行カードローン

もちろんいずれも低金利で利用が可能です。

銀行カードローンで迷ったら、ぜひ検討してみましょう。

みずほ銀行カードローンは最も低金利で利用可能!

金利 ※年2.0%~14.0%
最大借入可能額 800万円
在籍確認 あり
無利息期間 なし
スマホ完結申し込み あり

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンはここがオススメ!
  • 業界屈指の低金利で利用できる!
  • みずほ銀行の口座があれば融資までの時間が早まる!
  • WEB完結に対応!
みずほ銀行カードローンの特徴

低金利!みずほ銀行カードローンの申込はこちら

\\口座を持っていれば融資までスピーディー!//

静岡銀行カードローン「セレカ」は45日間のキャッシュバックが受けられる!

金利 年4.0%~14.5%
最大借り入れ可能額 500万円
在籍確認 あり
無利息期間 あり(※)
WEB完結 あり

※最大45日分の利息がキャッシュバックされる形になります。

静岡銀行カードローン「セレカ」はここがオススメ!
  • 45日間の利息キャッシュバックあり!
  • 静岡県外に住んでいても利用可能!
  • WEB完結に対応!
静岡銀行カードローン「セレカ」の特徴

5秒診断あり!静岡銀行カードローンの申込はこちら

\\インターネット上で申し込みは完了!//

千葉銀行カードローンは千葉県外に在住でも利用できる!

金利 年1.7%~14.8%
お借入極度額 10~800万円
総量規制 対象外
在籍確認  あり
専業主婦・学生  専業主婦✕  学生○
無利息期間  なし
WEB完結  可能
千葉銀行カードローンはここがオススメ!
  • 関東圏に住んでいれば利用可能!※
  • 金利は14%と低金利
  • WEB完結に対応!

※ 東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・神奈川県(一部地域を除く)

千葉銀行カードローンの特徴

来店不要!千葉銀行カードローンの申込はこちら

\\返済は月々2,000円からで利用を続けやすい!//

即日融資を受けたいなら消費者金融!

スピード重視なら消費者金融

消費者金融の特徴は、即日融資に対応していること。

利用者の「今日中にお金を借りたい!」といった声に柔軟に対応しています。

50万円が急ぎで必要な人は、消費者金融にぜひ申し込んでみましょう。

即日融資に対応している

21時までに申し込もう

即日融資とは申し込みから借り入れまでを、その日のうちに行うこと。

申し込み手続きもネット上で、簡単な項目を入力するだけ

契約後は全国のATMから借り入れができ、使い勝手が良いのも嬉しいところです。

申し込みを21時までに完了させる=その日に審査を受けられる

即日融資を受けるときに見落としがちなのが、審査の受付時間です。

基本的に大手の消費者金融なら、どこも申し込みは24時間受け付けています

しかし審査の受付時間までに申し込みを済ませなければ、即日融資は受けられません。

大手消費者金融の審査の受付時間は、以下の通りです。

消費者金融 審査の受付時間
モビット 21時まで
アコム 21時まで
アイフル 21時まで
プロミス 21時まで

またATMではなく口座振り込みを希望する人は、15時までに契約をして借り入れをしなければなりません。

なので即日融資を確実にするために、余裕を持って最低でも1時間前までには申し込みを済ませておきましょう

オススメの消費者金融3選!

オススメの消費者金融3選

50万円を借りるのにオススメの消費者金融は、以下の3つです。

  • SMBCモビット
  • アコム
  • アイフル

もちろんいずれも即日融資に対応しています。
また電話連絡なしにすることもできるんですね。

50万円が緊急で必要な人は、申し込んでみましょう。

SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡ナシ

モビット
金利 年3.0%~18.0%
最大借入可能額 800万円
総量規制 対象内
審査時間 最短30分※1
在籍確認 電話連絡無しOK
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○※2
即日融資 土日も可能
無利息期間 無し
スマホ完結申し込み 可能

※1 安定している収入がある人に限る。
※2 申し込みをする曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

SMBCモビットのここがオススメ!
  • WEB完結なら電話連絡ナシ!
  • 即日融資OK!
  • 10秒簡易審査でスピーディに借り入れ可能!
SMBCモビットでの即日融資の受け方

電話連絡ナシOK!SMBCモビットの申込はこちら

\\全国約13万台(2017年12月現在)の提携ATMが使える!//

アコムは審査にかかる時間が最短で30分!

アコム
金利 年3.0%~18.0%
最大借入可能額 800万円
総量規制 対象内
審査時間 最短30分
在籍確認 応相談
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
即日融資 土日も可能
無利息期間 あり(30日間)
スマホ完結申し込み 可能
アコムのここがオススメ!
  • 在籍確認は電話にも書類にも対応!
  • WEB完結が可能!
  • もちろん即日融資OK!
アコムでの即日融資の受け方

WEB完結でスピード融資!アコムの申込はこちら

\\審査は最短30分で土日祝日も即日融資OK!//

アイフルはあなたのニーズに柔軟に対応!

アイフル新バナー
金利 年3.0%~18.0%
最大借入可能額 800万円
総量規制 対象内
審査時間 最短30分
在籍確認 書類でもOK
専業主婦・学生 専業主婦×、学生○
即日融資 土日も可能
無利息期間 あり(30日間)
スマホ完結申し込み 可能
アイフルのここがオススメ!
  • 在籍確認は電話にも書類にも対応!
  • WEB完結が可能!
  • もちろん即日融資OK!
アイフルでの即日融資の受け方

融資のスピードが魅力的!アイフルの申込はこちら

\\書類提出で在籍確認を済ませられる!//

50万円の返済シミュレーション【毎月の返済額・返済回数別】

2通りの返済シミュレーション

50万円の借り入れをしたときの返済回数や総返済額は、否が応でも気になりますよね。

上述でオススメしたカードローンで50万円を借りたときの返済シミュレーションを、以下で2つご紹介します。

  • 50万円を毎月コンスタントな金額で返済した場合
  • 50万円を完済するまでの回数を決めて返済した場合

それぞれ総返済額や毎月の返済額も異なってきます。
あなたの経済状況と照らし合わせながら、50万円の返済を進めていきましょう。

なおシミュレーション結果はあくまで返済の目安として、参考にしてください。

毎月の返済金額別

毎月の返済が高額なほどお得

50万円を借りたときの返済金額が違うと、返済回数や利息はどう違ってくるのかは以下の通りです。

毎月2万円ずつ返済した場合
毎月3万円ずつ返済した場合
毎月4万円ずつ返済した場合

返済回数別

返済回数が少ないほどお得

50万円借りたときの返済回数が違うと、毎月の返済額や利息はどう違ってくるのかは以下の通りです。

24回で完済する場合
36回で完済する場合
48回で完済する場合

毎月の返済額を増やすと、それだけ利息を抑えられることがわかりますね。

あなたの懐具合と相談しながら、できるだけ繰り上げ返済をしていくことをオススメします。

50万円をカードローン以外から借りる方法は3つ

カードローン以外の方法は3つ

カードローン以外で50万円を借りる方法として、以下の3つが挙げられます。

  1. 目的別ローンを利用してみる
  2. クレジットカードを利用する
  3. 親や知人に借りる

カードローンの審査に通らなかった人でもいずれかの方法を試せば、50万円の借り入れはまだ見込めます

方法①:目的別ローンの利用を検討する

目的別ローンに申し込む

50万円が一度に必要になる場面は、そうそう多いものではありません。

以下のような理由でお金が必要なら、目的別ローンや公的支援制度を活用してみるのも1つの手段です。

用途 ローン 利用可能額 金利
生活費 社会福祉協議会の福祉費 580万円 約年0%(保証人あり)/約年1.5%(保証人なし)
車を買う費用 自動車ローン 500万円 約年2~3%
家のリフォーム費用 リフォームローン 1,000万円 約年3%
教育費用 教育ローン 1,000万円 約年4%
結婚式の費用 ブライダルローン 500万円 約年6%

しかしいずれもカードローンに比べて、用意する書類が多い場合がほとんどです。

加えて目的別ローンは、カードローンよりも審査がかなり厳しいという傾向があります。

審査にはある程度の自信がある人に限り、申し込むようにしましょう。

方法②:クレジットカードを利用する

クレジットカードでキャッシングする

お金を借りるメジャーな方法としては、カードローンのほかにクレジットカードのキャッシングがあります。

しかしクレジットカードはカードローンとは違い、リボ払いなどでどうしても利息が膨らみがち

加えて消費者金融ほど高金利であるにもかかわらず、無利息期間サービスもありません

基本的にはオススメではありませんが、すぐに完済できる見込みがあれば利用するのも1つの手段です。

方法③:親や知人から借りる

人間関係がこじれがち

身近な人にお金を借りると、人間関係にヒビが入る可能性があります。
なのであまりオススメはできません

「カードローンの審査は通ったけど、50万円に届かなかった……」といったときに、50万円に満たない分を借りるなどに留めておきましょう。

お金を借りるときに使える理由・言い訳まとめ!使うときは自己責任でお願いします。

「あ、今月もうカツカツでお金がない……」そんなとき友達や恋人、家族や親戚などからお金を借りるオススメの言い訳から注意点ま…

50万円の借り方で借入先を考えてみよう!

ポン太
カードローンで50万円を一括で借りるには、年収や雇用形態などの審査項目がある程度有利な人でないと難しいかもしれませんね。
たぬき博士
そうじゃな。じゃが一括で借りられなくても、2社からの借り入れの合計で50万円を調達するという手もあるぞい。
ポン太
借り入れ先は「低金利」か「即日融資」かで変わってくるのかぁ。

  • 低金利で手堅く返済したいなら銀行カードローン
  • 今すぐ融資してほしいなら消費者金融

ぼくはあまり急いでないし、お得に利用したいから銀行カードローンですね。

たぬき博士
うむ。自分の状況から借り入れ方法を、何を求めるかで借り入れ先を決めていきたいのぅ。

スポンサーリンク

カードローンコラム・ニュースカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットに申込

\\上のボタンから申し込むと最短30分で審査結果を受け取れます//

 

スポンサーリンク

関連記事