在籍確認で代行サービスの手は借りるな!職場への電話は避ければいいだけ!

ダメ吉
在籍確認イヤだなー。職場にバレたくねぇし、代行にお願いしちまおっかな。
たぬき博士
こら!待つんじゃ。代行だけは絶対にやってはいかんぞ。

在籍確認の代行は絶対NG!職場への連絡避けられる方法あります!

在籍確認代行は絶対ダメ!

在籍確認とは、カードローン会社が「あなたが申告した勤務先で本当に働いているのか確認する」ものです。
カードローンの審査の中でも1番重要と言えるものなので、在籍確認をしないカードローン会社は存在しません。

確かめる方法は「電話確認」と「書類確認」の2つ。

  • 電話確認→カードローン会社があなたの会社に電話をして確かめる
  • 書類確認→カードローン会社に書類を提出して確かめる

ほとんどのカードローン会社では在籍確認を電話で行っています。

自分がお金を借りようとしているところから電話なんて、イヤでしかありませんよね。
会社だと自分が電話を受けれるかもわかりませんし、最悪職場の人にカードローン利用がバレるかもっていう心配まであります。

そういう事情もあり、最近利用者が増えているのが「在籍確認の代行サービス」。ウソの会社名で申し込んで、自分の職場に電話がかかってくるのを避ける方法になります。

不安な気持ちはわかりますが、在籍確認の代行は絶対にNGです。
詳しくは後述しますが、在籍確認の代行を利用すると最悪の場合、犯罪者になってしまう可能性があります。

どうしても職場への連絡がイヤなら職場への電話連絡がないカードローンに申し込みましょう。

この方法だと犯罪者になるリスクをわざわざ背負わなくても、安心してカードローンを利用できます。

モビットに申し込めば職場の電話は鳴らない!

モビット「職場への電話連絡なし」のカードローンで1番オススメなのがモビット

モビットは数あるカードローンの中でも、職場への電話連絡なしに積極的です。
こちらから「勤務先の確認は書類でお願いします」と伝えなくても、勝手に書類で確認してくれます。

※そもそもモビットは公式HPで「職場への電話連絡なし」を明言しています。

モビットでは、申し込み時に在籍確認に必要な書類をすべてネットでアップロードする必要があります。
そうすると仮審査後には手元に書類がそろっているので、自然と書類確認ができるということなんですね。

モビットにWEB完結で申し込めば、絶対に職場の人にバレることなくカードローンを利用できます。

モビットの申込はこちら

モビットWEB完結の利用条件

モビットの在籍確認、どんな感じ?職場バレを防ぎたい方に嬉しい電話連絡なし!

職場や家族に内緒でカードローンを利用したい方にうってつけなのがモビットです。モビットは在籍確認や本人確認の際に職場や自…

職場バレが防げる在籍確認の代行サービスとは

一言で在籍確認の代行を説明するとアリバイ会社にお金を払って、自分の代わりに在籍確認を受けてもらうことです。

お金を払って「別の会社で働いている」というアリバイを作ってもらいます。

ただ後で説明するように、キャッシングの在籍確認を代行するのは法律違反です。

犯罪の片棒をかつぐことになるので、アリバイ会社は「カードローンの在籍確認を引き受けます」とは言っていません

「料金が安い」「キャッシング目的と言わなければバレないだろう」などの理由から、キャッシングの在籍確認に悪用して人が多いそうです。

アリバイ会社は本当は何のためにある?

代行会社は本当にあなたが働いているかのように振る舞う

在籍確認代行の電話内容

代行会社があなたの代わりに在籍確認を受ける時の電話内容はこんな感じ。

カードローン会社「私、□□(個人名)と申します。△△さん(利用者)はいらっしゃいますでしょうか?」

代行会社「△△は只今席を外しております。」

カードローン会社「左様でございますか。ではもう1度本人の携帯に電話をかけてみます。失礼いたしました。」

代行サービスで1番多いのが上の例のように「利用者は外出中」とするパターン。

在籍確認は「〇〇さん(申込者)いらっしゃいますか?」という質問に、申込者が働いているとわかる返答があればクリアできます。

「外出中」とするのが多いのは申し込んだ人と直接電話で話せなくても確認がとれるので、代行とバレる可能性が低いからです。

もちろんこの電話のやりとりだけで在籍確認はクリア。あなたの携帯に直接電話がかかってくることもありません。

 

在籍確認代行サービスの料金体系

代行を利用するとかかる料金

当たり前ですが、代行は無料で引き受けてもらえるわけではありません。

  • 代行会社への登録料
  • 代行料
  • 書類作成の費用

代行を利用するには代行会社への登録料代行料、さらに書類の作成費がかかります。
カードローンに申し込むなら、審査で必要な書類も提出しないといけません。ウソの会社で申し込むとなると、ウソの書類を用意する必要があります。

代行会社によって料金は異なりますが、一部を紹介します。

【登録料】

  • 女性:5000~10000円程度
  • 男性:7000~12000円程度

【利用料金(契約日数制】

  • 5~15日:2000~3000円程度

【書類料金】

  • 源泉徴収票:約5000円~(年収設定による)
  • 社員証:約8000円程度

この料金体系を例として、実際に代行サービスを利用するといくらかかるのでしょうか?職場への連絡は、申し込みから3日~5日後。おおめに見積もって5日で計算します。

契約日数10日間でかかる費用=登録料+契約日数10日間+源泉徴収費(最低年収の値段)

【男性の場合】

7,000円+2000円+5000円=14000円

【女性の場合】

5,000円+2000円+5000円=12000円

代行会社によって料金は異なりますが、1度の利用で最低でも10000円~15000円はかかります。

 

在籍確認1回をやり過ごすために1万円以上かかるって、結構高くないですか?
そもそもお金に困っているからカードローンを利用するのに、それを達成するために更にお金をかける意味がよくわかりません。

在籍確認の代行はバレたら終わり!恐ろしい結末が待っている!

代行の恐ろしい結末

代行サービスの内容だけ聞くと「代わりにやってくれるなんて楽だし、いいじゃん」「バレる心配なさそう」と思いますよね。

バレなければ在籍確認ナシでお金が借りられますが、代行はバレたらアウト
代行がバレたら、恐ろしい結末が待っています。

  • 強制解約ですぐに一括での全額返済を求められる
  • 強制解約で信用情報の傷になる
  • カードローン会社に告訴され、犯罪者になる

もちろんバレなければ何も問題ありませんが、取り返しのつかないことになるリスクを考えると、代行サービスを使うのはやめておいた方がいいでしょう。

モビットなら代行サービスを使わなくても職場への電話ナシOK!

代行利用がバレたらすぐに強制解約

代行がバレる①強制解約

第23条(期限の利益の喪失)

1.お客様に次の各号のいずれかにあたる事由が生じたとき、モビットの通知催告がなくても、お客様は、本規約にもとづく一切の債務について当然に期限の利益を失い、債務の全額をただちに支払います。

中略

(6)モビットに差入れた書面に虚偽の記載があったとき、または収入、支出等について虚偽の申告があったとき。
出典:モビット利用規約

モビットの公式サイトに載っている利用規約です。在籍確認の代行はモビット利用規約の第23条の(6)の申告内容の虚無にあたります。

申し込んだ内容にウソがあったとなれば、重大な約束破りですよね。ウソが発覚した時点で強制解約になりカードローン会社との契約が終わってしまいます。

  • すぐに全額返済するように求められる
  • ブラックリスト入り

強制解約されてしまったら、最悪の状況に追い込まれてしまいます。

即全額返済を求められる!

強制解約になると、借りているお金を一気に全て返すようにカードローン会社から求められます。
モビット利用規約第23条の前文にも「債務の全額をただちに支払う」とありますね。

返せないからといって無視し続けると、カードローン会社に訴えられてしまいます。

訴えられた場合に残る道は「全額返済」か「自己破産」の2択のみです。

「強制解約」として信用情報に載る!

「どうにかお金を用意して全額返済できたから終わり」とはいきません。

強制解約となった場合、「事故記録」としてあなたの信用情報に残ってしまいます。

事故記録とは過去のお金の貸し借りに関するトラブルのこと。
重大なトラブルがあれば、カードローンはおろか、他のローン・クレジットカードも利用できなくなってしまいます。

もちろんすでにクレジットカードを契約している方も、すぐに利用できなくなってしまうでしょう。

代行は違法!犯罪者になる!

代行バレる②法律違反で逮捕

アリバイ会社にお金を払って在籍確認を受けてもらうのは、れっきとした法律違反です。

申し込んだ時点で詐欺未遂罪、万が一カードローンが契約できてしまうと詐欺罪、書類の偽造は文書偽造罪にあたります。

上で説明した「ただちにお金を全て返してください」という要求を無視しつづけると、カードローン会社から訴えられるのがほぼ確実です。

訴えられると、カード会社の規約違反と法律違反のW違反

  1. 刑務所に入る
  2. 賠償金を払う

のどちらかを強いられます。

懲役何年?罰金どのくらい?

そもそも在籍確認は心配いらないもの!法を犯す必要なし!

そもそも在籍確認はバレない

職場への電話連絡を避けるためだけに代行を利用することは、大きなリスクがあることはわかりましたね。

そもそも在籍確認はそこまで心配する必要はありません。「職場にバレたくない」という利用者の気持ちをくみ取って、バレないように工夫して電話をかけてくれます。

在籍確認が心配不要な理由
  1. 事前に連絡してくれる
    →いつ連絡がいくか分かれば、職場の人にバレないように対策が取れる
  2. 個人名で電話をかけてくれる
    →カードローン会社からの電話とバレない
  3. 非通知でかけてくれる
    →カードローン会社からバレない、電話番号が履歴に残らない

これだけ対策をとってくれるのでバレることはほとんどありません

ただカードローン会社によっては①と②、①しかやってくれないなど、会社によってまちまちなので注意してください。
事前にこのカードローン会社はどんな対策をとってくれるのか、調べてから申し込むといいでしょう。

カードローンの在籍確認はあっという間!流れや内容をどこよりも詳しく解説!

在籍確認で職場の同僚にカードローンの利用がバレることを心配している人が多いようですね。 しかし、職場に電話がかかってく…

それでも心配な方は「言い訳を考えておく」or「書類確認ができるところを選ぶ」

よりバレないようにするためには

電話の内容から職場の人にバレなくても「個人名で会社に自分あての電話がかかってくるのがイヤ」という方もいらっしゃるでしょう。

いきなり知らない人から電話がかかってくることになるわけですからね。
カードローンだとはバレないにしても、会社の人から「何の電話なんだろう…」と不審に思われてしまうかもしれません。

自分で対策しておけば、より怪しまれないでカードローンを契約できます。

  • 自分宛てに電話がかかってくる言い訳を考える
  • 職場に電話をかけてこないカードローンに申し込む

今あなたが申し込たいカードローンがあるなら言い訳を用意しておくのがオススメです。

職場の電話を絶対に避けたいという方なら、書類で在籍確認してくれるカードローンに申し込ましょう。

万が一に備えて言い訳を考える

1番オススメなのが「クレジットカードの在籍確認だった」という言い訳。

クレジットカード会社もカードローン会社と同じように、申し込んだ人の職場に電話をかけて在籍確認します。

1人1枚クレッジトカードをもっていてもおかしくないこのご時世、利用していても変な目をされることはありません。
また「在籍確認」というのはウソではないので、つじつまが合わせやすくもあります。

他にもいろんなパターンの言い訳を紹介しているので参考にしてみてください。

カードローン在籍確認にぴったりの言い訳まとめ!職場バレが嫌な人集まれ!

主に職場に電話がかかって来るカードローンの在籍確認。職場の同僚に電話のことを尋ねられた時にどう応対すればいいかわからな…

確実にバレないのは書類での在籍確認

1番確実に職場バレを防ぐことができるのは書類で在籍確認してくれるカードローンに申し込むこと。そもそも職場に電話がかかってきませんからね。

初めにもお伝えしたように、職場に電話をかけてこないカードローンはモビットです。

「WEB完結」で申し込めば提出した書類だけで在籍確認してくれます。

モビットから職場への電話なしでお金を借りる!

ダメ吉
俺は確実にバイト先に内緒にしたいからモビットするわ。
たぬき博士
そうじゃな。それが正解じゃろう。
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事