カードローンの必要書類!使える本人確認書類と収入証明書すべてわかります!

カードローン必要書類必要書類必要書類必要書類必要書類必要書類 カードローンを申し込むと、審査のためにいくつか書類の提出を求められます。

書類と言われるとすこし面倒なイメージがありますが、実はカードローンでいう書類は複雑ではありません。大きく分けて2つだけです。

カードローンの申し込みに必要な書類
  • 本人確認書類(あなたの身分を証明する書類)
  • 収入証明書類(あなたの収入を証明する書類)

「本人確認書類?収入証明書類?なんだか難しそう…」

心配いりません。実はどちらも身近にあるものばかり。すぐに準備できます。

さらに最近では「収入証明書類はいりません!本人確認書類だけで申し込みできます!」と言っているカードローンが多いので、本人確認書類1つで申し込むことも可能です。

本人確認書類だけで申し込めるカードローン

カードローン収入証明不要

「提出する書類はすくないほうが良い」

実は本人確認書類だけで申し込めるカードローンが近年増えてきました。提出する書類が本人確認書類だけなので申し込みがとてもラクです。

ほとんどのカードローンが「○万円以下の借り入れなら収入証明書類不要!」というように、一定の利用限度額以下の借り入れを条件に本人確認書類のみで審査してくれます。

例えば大手消費者金融カードローンのプロミスの場合、50万円以下の借り入れなら収入証明書類は必要ありません。本人確認書類1つで申し込みできます。

以下に本人確認書類だけで申し込める代表的なカードローンと「いくらまでなら収入証明書不要なのか?」という利用限度額の条件をまとめました。

 カードローン 利用限度額の条件
promise 50万円以下
acom 50万円以下
aiful 50万円以下
lake 100万円以下
mizuho 200万円以下
※みずほ銀行の口座があれば
本人確認書類も不要
smbc 300万円以下
orix 300万円以下

※ロゴをクリックすると各カードローンの必要書類の記事が見れます。

本人確認書類だけで審査してくれるので、申し込みが非常にラクです。

カードローンに申し込む前に「いくらまでなら収入証明書不要か」を確認してみましょう。

収入証明書不要カードローンおすすめランキングはコチラ!

本人確認書類は何が使える?

多くのカードローンが本人確認書類を提出するだけで申し込むことができます。本人確認書類として使える代表的な書類は以下の4つです。

※外国籍の方は日本への在留資格を証明する書類が必要です。

また各種健康保険証も本人確認書類として利用できます。ただし、別途現住所が分かる書類が必要になるので注意しましょう。

有効期限が切れた本人確認書類を提出してしまうと審査に大きくマイナスです。提出する前に有効期限が切れていないかをしっかり確認してください。

本人確認書類と身分証明証の違いは?

本人確認書類というとまだ馴染みがない人も多いようです。ようは身分証明書のことで、意味に違いはありません。

「身分」という言い方が差別や格差を連想させるため、2000年頃から身分証明証ではなく本人確認書類という表現を使う会社が増えてきました。

カードローンで本人確認書類として認められているのは、

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 顔写真(2016年10月1日以降)

が記載されているものです。

運転免許証

カードローン運転免許証

本人確認書類としてダントツに信用が高いのが運転免許証です。

もし運転免許を持っているなら、本人確認書類は迷わず免許証を提出しましょう。

ほとんどのカードローンが免許証の表と裏、両面のコピーが必要になります。

※免許証によっては裏面に「臓器提供意思表示欄」が記載されていることがあるので、コピーする前にふせんなどで隠して詳細が見えないようにしてください。

運転経歴証明書は本人確認書類として使える?

パスポート

カードローンパスポート

パスポートも顔写真付きの本人確認書類としては有効です。

パスポートで提出するのは、

  • 顔写真のあるページ
  • 所持人記入欄ページ

の写しをそれぞれ提出するようにしてください。

ただしパスポートでありがちなのが、記載されている住所が古いままになっていること。パスポートを提出するなら住所の確認をしっかりとしておきましょう。

もしも現住所と所持人記入欄に記載されている住所が違う場合、パスポートと一緒に現住所の分かる書類の提出が必要になります。

代表的な現住所のわかる書類

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)
  • 納税証明書

住民基本台帳カード

カードローン住基カード

ほとんどのカードローンが住民基本台帳カード(住基カード)も本人確認書類として有効です。

ただし住民基本台帳カードを本人確認書類として提出する場合、顔写真付きのものでなければいけません。

顔写真なしでカードを発行しているという方は本人確認書類としては使えないので注意してください。

マイナンバーカード(個人番号カード)

カードローンマイナンバーカード

マイナンバーカードを本人確認書類として受け付けてくれるカードローン会社は限られています。

まだマイナンバー自体普及していないこともあり、本人確認書類としてマイナンバーカードを採用しているカードローンが少ないようです。

ただしマイナンバーカードを利用できるカードローンはどんどん増えています。

※マイナンバー通知書は使えません。

マイナンバーカードが使えるカードローン

健康保険証は本人確認書類として使える?使えない?

各種保険証は追加書類

2016年の下旬頃まではカードローンの本人確認書類と言えば、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(各種保険証)

の3つが主流でした。しかし最近では健康保険証を本人確認書類として推奨するカードローンは減ってきています。

2016年10月1日以降、犯罪収益移転防止法の改正により、顔写真がない本人確認書類は現住所の分かる書類の提出が必要になったことが大きな理由です。

保険証には住所・氏名は記載されていますが、本人の顔写真は載っていません。

今でも保険証は本人確認書類として有効です。ただし以下のように現住所の分かる書類を一緒に提出する必要があります。

現住所のわかる書類
  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)
    ※多くのカードローンが携帯電話料金の明細は対象外です。
  • 納税証明書
    ※どれも発行日・領収日6ヶ月以内のものに限られます。

健康保険証は提出する書類が増えるので、面倒に思う方は別の本人確認書類を選びましょう。

外国籍の人は本人確認書類+在留資格を証明する書類

zairyucard_omote
img_card-front2

画像引用元:法務省 入国管理局HP

外国籍の方は本人確認書類に加えて、日本への在留資格を証明する書類の提出を求められます。

追加して以下2つのうちいずれかの書類を準備してください。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

書類は表と裏両面のコピーを提出することになります。写真や文字などがにじまないように注意しましょう。

外国人の方に必要な本人確認書類はどこで手に入る?

外国人入国時にパスポートに上陸許可をもらい、中長期在留者になると在留カードが交付されます。

また、10年以上日本で暮らした方に限り法務省に永住許可を申請すれば、永住権が認められて特別永住者証明書が交付されます。

永住権なしOK!外国人がカードローン審査に受かるポイントまとめ!

日本で生活している外国人の方はカードローンを利用することができるのでしょうか?今回は永住権を持っていない方に絞ってカー…

収入証明書類について

収入証明書に使えるもの

収入証明書とはあなたの収入を公的に証明する書類のことです。

カードローン会社が「お金を貸してもしっかり返せるほどの収入があるか?」を審査して、あなたの返済能力をはかるために使われます。

ただし多くのカードローンが「○万円までの借り入れなら収入証明不要!」と言っているように、必ず準備するものではありません。

もし収入証明書類が必要になったら、最新のものを提出するようにしてください。

カードローンで利用できる代表的な収入証明書類は大きく分けて4つ。

いずれか1つをコピーして提出します。
※年金受給者の方は年金受給を証明する書類を提出することもできます。

ただ収入証明書類はカードローンによって使えるもの使えないものが違ってくるがふつうです。もし収入証明書類を提出する場合は、使える書類をあらかじめ確認しておきましょう。

源泉徴収票

Screenshot_5

画像引用元:給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)、国税庁HP

源泉徴収票は収入証明書類の中では1番信用のある書類です。

その人の年収に関わる情報が細かく記載されいるのが源泉徴収票。収入証明書類としてこれほど信用の高いものはありません。

ただ源泉徴収票を提出する場合は、次の3点に気を付けてください。

  1. 自分の名前と現住所が正確かどうか
  2. 今の勤務先が明記されているかどうか
  3. 年収が明記されているかどうか

正確な情報が記載されていることを確認しましょう。

入手方法

源泉徴収票は翌年1月末までに会社から配布されるものですが、12月支給の給与明細と一緒に配布されるのが一般的です。

もし手元に直近の源泉徴収票が無い場合は、職場の総務または人事担当に依頼すれば再発行してもらえます。転職された場合は、前職の勤務先総務または人事に連絡し再発行を依頼してください。

準備できるなら収入証明書類なるべく源泉徴収票を提出するようにしましょう。

給与明細書

給与明細

カードローンの多くは給与明細書を収入証明書類として採用しています。源泉徴収票が準備できないなら給与明細書を提出しましょう。

ほとんどのカードローンから直近3ヶ月以内で連続2ヶ月分の給与明細書の提出を求められるので、給与明細書の写しは全部で2枚提出することになります。

給与明細書を提出する前に以下のことを確認してください。

  • 本人の氏名
  • 発行年月
  • 社名・勤務先名(発行元)
  • 月収
  • 勤務先の社判または社印
    ※給与明細書が手書きの場合に必要。担当印のみでは受け付けてくれません。

すべてではありませんが、銀行系カードローンは給与明細書を収入証明書類として受け付けない傾向があります。

これから申し込もうと思っているカードローンが銀行系カードローンなら、給与明細書が使えるか確認してから提出するようにしましょう。

課税証明書(所得証明書)

honto課税証明書

画像引用元:住信SBIネット銀行

所得証明書とは市・区役所などでもらえる課税証明書のことです。

課税証明書は住民税がいくら課税されたか証明してくれる書類。住民登録している市町村から年に1度発行される書類です。

役所のホームページからダウンロードした申請書身分証明書を持って「納税支援課」などの納税関係の窓口で申請するともらえます。

課税証明書を提出する場合は次の3点に気を付けてください。

  1. 自分の名前と現住所が正確かどうか
  2. 「収入額」と「所得額」の欄が埋まっているかどうか
  3. 市区町村の発行印があるかどうか

各市区町村で呼び名や用紙の体裁が違うので窓口に問い合わせて確認しましょう。

入手方法

課税証明書は住民登録している市町村が毎年6月に発行してるものです。

役所のホームページからダウンロードした申請書身分証明書を持って税務課の窓口に行くと受け取れます。

役所の営業時間内であればすぐに発行してもらうのにそれほど時間はかかりません。ただし交付は有料です。

住民税決定通知書は収入証明書として使える?

確定申告書(経営者・個人事業主)

確定申告書Aのサンプル画像
確定申告書Bのサンプル画像

画像引用元:申告書A(左)、申告書B(右)、国税庁HP

経営者・個人事業主がカードローンに申し込む場合、源泉徴収票の代わりに収入証明書類として確定申告書を提出することができます。

  • 確定申告書(白)+収支内訳書
  • 確定申告書(青)+青色申告決算書
    ※カードローンによっては納税証明書(その1)(その2)も有効な場合あり

確定申告書は直近のもので、税務署印または税理士印があることを確認してから提出してください。ただし電子申告の場合は、税務署印税理士印は不要です。

入手方法

税務署で発行されています。A様式とB様式の2つがありますが、税務署は担当者に確定申告書の使い道を説明すれば、それに適した方を用意してくれるので安心です。

また、経営者・個人事業主の方は確定申告書が白色か青色かによって一緒に出す書類が変わってきます。白色なら収支内訳書、青色なら青色申告決算書も確定申告書とともに必要です。税務署に申請すれば、自分が提出した方の形式で渡してくれます。

経営者・個人事業主は税金を納めていることがわかる書類

年金受給者

カードローンによっては、年齢制限さえクリアしていれば年金受給者でも借り入れすることができます。

もし収入が年金の場合は、以下の2つのいずれかが必要です。

  • 年金証書
  • 年金通知書(年金振込通知書)

年金生活者は年金が収入とみなされるので、定期的に受け取っていることを示すための書類を用意してください。
※年金手帳ではありません。

入手方法

もし手元に書類がない場合は、お近くの年金事務所で年金証書再交付申請書を記入して申請すると「年金証書」「年金通知書」をまとめて再発行してもらえます。

その他の必要書類

基本的にカードローンは本人確認書類だけで申し込みができます。ほとんどの場合、収入証明書類も必要ありません。

しかし申し込むカードローンや申込方法によっては、本人確認書類以外の書類が必要になることがあります。

書類 必要になるケース
銀行口座
  • 返済方法を口座振替にする場合
  • 銀行カードローンに申し込む場合
社会保険証
  • 書類で在籍確認をする場合
現住所の分かる書類
  • 本人確認書類の住所と現住所が違う場合
  • 本人確認書類に保険証を利用する場合

カードローンに申し込む前に、他に書類が必要ないか確認しておきましょう。

銀行口座

銀行口座が必要になるケース

カードローンによっては銀行口座が必要になることがあります。口座が必要になる理由は2つ。

  • 返済方法を自動引落としにするため返済専用の銀行口座が必要になった
  • 口座開設が必要な銀行カードローンに申し込んだ

ATMから返済する場合はローン専用カードで返済するので口座は必要ありません。銀行口座が必要になるのは返済方法を口座振替に切り替えたときです。

また銀行カードローンの多くが、提携銀行口座の開設を申し込み条件にしています。

銀行カードローンの場合、基本的にカードローンに申し込んだとき、まとめて口座開設の手続きをしてくれるので、あらかじめ銀行口座を開設する必要はありません。

おすすめ銀行カードローンランキングはコチラ!

社会保険証

社会保険証は在籍確認の書類で使える

カードローンによっては社会保険証を在籍確認の書類として利用することがあります。

在籍確認と言えば職場への電話連絡がふつうです。しかし中には「会社へ電話をかけられるのは嫌!」という人も少なくありません。

そんな人たちのために、職場に勤めていることがわかる社会保険証を在籍確認の書類として採用するカードローンがあります。

書類で在籍確認をしてくるので職場への電話連絡はありません。

あまり多くはありませんが職場への電話に抵抗がある人は社会保険証で在籍確認ができるか聞いてみるのも良いでしょう。

在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンはある?実際に問い合わせてみた。

カードローン審査の在籍確認。できれば職場への電話は避けたいところですね。というわけで、今回は実際にカードローン会社に電…

現住所のわかる書類

現住所の分かる書類

本人確認書類に記載されている住所と、今現在居住している住所に違いがある場合、現住所のわかる以下のような書類を提出する必要があります。

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)
    ※携帯電話の料金明細は現住所のわかる書類としては使えません。
  • 納税証明書

また、本人確認書類として各種保険証を提出する場合にも現住所のわかる書類が必要です。

提出書類が増えるのが面倒な方は住所を最新のものにしてからカードローンに申し込みましょう。

必要書類をきちんとそろえて審査にのぞもう!

ポン太
本人確認書類だけで申し込めるカードローンが便利ですね。なるべく運転免許証だけで申し込みたいなぁ。
たぬき博士
そうじゃな。書類の提出が多いと面倒じゃ。申し込もうと思っているカードローンが「いくらまでなら収入証明書不要か」を確認するといいぞい。
ポン太
書類が少なければそれだけ借り入れまでの時間も短縮できそうですね。
たぬき博士
カードローンに申し込んだ時にあわてないように、あらかじめ必要書類を準備しておくんじゃ。スムーズにいけば最短1時間で借り入れできるぞい。
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事