債務整理のメリット・デメリット!ノーリスクで借金が減るなんてありえない!

借りすぎたぬき
借金が膨れ上がってきてしまった。債務整理をしたら楽になるんだろうか。
たぬき博士
ちょっと待つんじゃ。一言で債務整理といっても色々と種類もあるぞい。それに確かに借金は減らせても、デメリットもあるんじゃ。それをしっかり理解しておるのか?
借りすぎたぬき
いえ、全然わかっていません。なんとなく借金が少なくなるというだけのイメージでした。すみません。
たぬき博士
本気で債務整理を検討しているなら、債務整理にはどんな種類があって、やったらどうなるのかという事までしっかり理解しないといかんぞ。
たぬき博士
その部分を詳しく解説していくから、しっかりと聞いておくんじゃぞ。

債務整理とは

債務整理とは合法的に債務を整理すること、つまり法律にのっとり借金を減らしたり無くしたりするものです。

債務整理には大きく分けて、以下の4種類があります。

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人再生
  4. 自己破産

債務者(借り入れ人)が「どれほど借金に困っているか」という困窮度によって用いられる債務整理は異なり、その関係性は下の図のようになります。

debt-consolidation

任意整理→特定調停→個人再生→自己破産とすすんでいくにつれ減らせる借金の額は大きくなります。ただその分デメリットや失うものも大きくなってしまいます。

以下で、それぞれの債務整理の特徴を見ていきましょう。

任意整理

任意整理

任意整理の特徴

裁判所に申し立てなどをせずに、弁護士にカードローン会社と交渉してもらうのが任意整理です。債務整理の中では任意整理が最も多く利用されています。

かつて法律で定められている上限金利が今よりも高い時期がありました。任意整理をすれば、その時期のの「払い過ぎた利息」を取り戻すことができます。

CMなどで有名な過払い金請求も「払い過ぎた利息を取り戻す」というものなので、任意整理の一種と言えるでしょう。

また任意整理によって減額された後の、残り返済額は返済額は約3~5年の分割払いとなり、将来利息はカットされます。

任意整理をするための条件

任意整理をするには、少なくとも以下の条件に当てはまっていることが必要になります。

任意整理をするための条件

  • 3~5年前後で減額後の残金を完済可能
  • その期間継続して安定収入が見込める
  • 取引期間が極端に短くない

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリットは、以下の通りです。

任意整理のメリット

  • 裁判所に書類を提出したり、出頭する必要がない
  • 手続きは弁護士がやってくれる
  • 財産を没収や職業選択の制限がない

任意整理のデメリット

  • 個人再生や自己破産に比べて、減額される借金が少ない
  • 5年程度、他の借り入れやクレジットカードの利用が制限される
  • 弁護士費用が発生する
借りすぎたぬき
債務整理をしたら家や仕事がなくなるのかと思ってました。そんなことはないようですね。
たぬき博士
そうじゃよ。特に任意整理は最もデメリットが小さい債務整理じゃ。ただ今後の借り入れは難しくなるから、借り入れなしで残りの返済額を返していく計画をしっかり立てていくことが大事じゃよ。

特定調停

任意整理と特定調停の違い

特定調停の特徴

特定調停の、カードローン会社に対し借金を減らす交渉するという点は任意整理と同様です。任意整理との大きな相違点として以下の点が挙げられます。

  • 裁判所が仲介する
  • 基本的に弁護士などに依頼せず、債務者が個人で手続きを行う

特定調停を弁護士に依頼することも可能ですが、費用として数万円から数十万円かかってしまうこともあります。

そうすると「安い費用で」

特定調停をするための条件

特定調停をするための条件は以下の通りとなります。

特定調停をするための条件

  • 現状の支払残高や利息では支払い不能の恐れがある
  • 減額後、3年程度で借金の完済が可能
  • その期間継続して安定収入が見込める

特定調停のメリット・デメリット

特定調停のメリット・デメリットは以下の通りです。

特定調停のメリット

  • かかる費用が安い(合計で数千円程度)
  • 財産の没収や職業選択の制限がない

特定調停のデメリット

  • 裁判所への書類の準備など、手続きが煩雑
  • カードローン会社と交渉して合意を得なければ、調停ができない
  • 5年程度借り入れやクレジットカードの利用が制限される
  • 個人再生や自己破産に比べて、減額される借金が少ない
借りすぎたぬき
なるほど。内容はほとんど同じでも、弁護士に頼むのが任意整理で、自分でやるのが特定調停ってことですね。特定調停は費用が安い分、勉強や準備が大変そうだ。
たぬき博士
そうじゃな。弁護士費用がかからないのはメリットじゃが、その分入念な準備が必要なんじゃ。

個人再生(民事再生)

個人再生

個人再生の特徴

個人再生の場合、借金を大幅に減らせるうえに、自己破産のように財産を手放す必要もありません。

減額できる額は借金の総額によって異なりますので、下表を参考にしてください。

個人再生前の返済額 個人再生後の返済額
100万円未満 借金総額
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1500万円以下 借金総額の1/5
1500万円超3000万円以下 300万円
3000万円超5000万円以下 借金総額の1/10

個人再生を用いれば任意整理よりも多くの減額ができますが、自己破産のように借金を全額免除できるわけではありません。

しかし自己破産のように住宅などの財産を手放す必要がないため、「任意整理と自己破産の中間」というイメージを持ってください。

個人再生をするための条件

個人再生をできる条件としては以下の通りです。

個人再生をするための条件

  • 住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下
  • 現状の支払残高や利息では支払い不能の恐れがある
  • 減額後、3年間で完済が可能
  • その期間継続して安定収入が見込める

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリットは下記の通りです。

個人再生のメリット

  • 任意整理や特定調停に比べ、借金が大幅に減額される
  • 財産の没収や職業選択の制限がない

個人再生のデメリット

  • 個人再生が認められる条件が厳しい
  • 5~10年程度借り入れやクレジットカードの利用が制限される
借りすぎたぬき
任意整理よりも個人再生の方がかなり借金を減らせるようですね。
たぬき博士
うぬ。じゃがそう簡単に認めてもらえんぞい。個人再生をしたうえで、しっかりと完済できる目途が立つような安定収入があることが大事なんじゃ。

自己破産

個人再生と自己破産の違い

自己破産の特徴

一言でいうと、借金がなくなる代わりに一部を除く財産もなくなるのが自己破産といえます。

自己破産は債務整理の中でも唯一借金をすべてなくすことができますが、その分支払う代償も大きいです。

自己破産をするための条件

自己破産をするための条件は下記の通りです。

自己破産をするための条件

  • 過去7年以内に借金の減額や免除を受けていない
  • 支払い不能であると裁判所に認められる

自己破産で支払わなければならない代償とは

自己破産をすればすべての借金がなくなる代わりに、以下の条件がついてきます。

  • 5~10年程度、借り入れやクレジットカードの利用ができなくなる
  • 99万円以上の現金や20万円以上の資産を手放さなければならない
  • ローン支払い中の資産も、ローン会社に返済しなければならない
  • 自己破産手続き期間中は一定の職業につけない

自己破産で付けなくなる職業は、具体的にはこちらのサイトに記載されています。

よくある自己破産の勘違い

借りすぎたぬき
やはり自己破産をするなら相応の覚悟が必要ですね。そう言えば、自己破産したら旅行に行けなくなったり解雇されたりするって聞いたことあるんですけど、実際のところどうなんですかね?
たぬき博士
そんなことはないぞい。自己破産は確かにデメリットも大きいんじゃが勘違いされていることも多いんじゃ。
自己破産のウソ・ホント

自己破産には以下のような間違い・勘違いが多いようです。

× 全財産を失う
× 自由がなく海外旅行へも行けない
× 車を持つ事が出来ない
× 戸籍・住民票に記載される
× 勤務先から解雇される
これら全ては間違った情報であり、勘違いです。

引用:司法書士・行政書士かもがわ事務所HP 自己破産における間違い・勘違い

よく「自己破産をすると全てを失う」と誤解されている方もいますが、そんなことはありません。

例え自己破産をしても十分やり直しのチャンスはあるので、「どうしても支払が難しい」という方は自己破産を検討すると良いでしょう。

債務整理の費用はどれくらいかかる?

債務整理の費用

基本的に債務整理をする際には弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになります。その依頼には、当然報酬金などの費用が必要です。

事務所によって費用は異なりますが、日本弁護士連合が行ったアンケートによると下記のような料金設定をしている弁護士事務所が多くなっています。

債務整理の費用

消費者金融など10社から総額400万円の負債を抱えている場合

任意整理・・・着手金:約20万円前後、報酬金:約10万円前後

個人再生、自己破産・・・着手金:約20~30万円程度、報酬金:0円

特定調停・・・数千円

※上記料金以外にも、手数料や相談料などで別途料金が発生する可能性があります。そのため特定調停を除き、実際には上記よりも高い費用が発生することがあるので注意してください。

債務整理は諸刃の剣。特徴を理解した上で検討しよう

借りすぎたぬき
弁護士費用やデメリットを考えると、債務整理って気軽にできるものではないんですね。
たぬき博士
全くもってその通りじゃ。基本的に「債務整理をしないとどうにもならない」ということでなければやったらダメじゃ。
借りすぎたぬき
よくわかりました。コツコツと返済を続けていきます。
たぬき博士
それでも返済が難しいということなら、自分にはどの債務整理が最適か、デメリットも考慮してじっくり考えるんじゃぞ。
たぬき博士
それでも返済が難しいということなら、自分にはどの債務整理が最適か、デメリットも考慮してじっくり考えるんじゃぞ。よくわかりました。コツコツと返済を続けていきます。

カードローンの金利は下げられる!知らなきゃ損する金利のハナシ

カードローンの金利は、下げることができます。金利を下げる方法は多くあり、自分に合った方法を選ぶことが重要です。この記事…

カードローンの基礎知識カテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事