ビジネスパートナーの返済に遅れた方は今すぐチェック!大変なことになりますよ。

経営者たぬき
博士、大変です。ビジネスパートナーの返済日が昨日だったんですが、ウッカリしてて忘れてしまっていました。どうすればいいですか?
たぬき博士
なんと、それならまずはビジネスパートナーに電話で連絡して、今からすぐに返すんじゃ。
ダメ吉
今回は諦めて、来月まとめて返せばいいじゃないか。
たぬき博士
わかっとらんようじゃな。ビジネスパートナーの返済に遅れたらどうなるか解説してやるから、よく聞いておくんじゃぞ。

返済が遅れたら、まずはビジネスパートナーに電話!

businesspartner-05

返済が遅れてしまった場合に、こちらからビジネスパートナーに何も伝えずにいると、ビジネスパートナーからの信用がかなり落ちてしまいます。

もしビジネスパートナーの返済に遅れてしまったら、迷わずすぐにビジネスパートナーの電話番号に電話しましょう。

また遅延した場合ビジネスパートナーから電話がかかって来ることもありますが、必ず対応するようにしてください。

ビジネスパートナーに電話で伝えること

返済が遅れてビジネスパートナーに電話する場合、「いつまでに返済できるのか」という点までしっかりと伝えておきましょう。

こちらから期日を伝えておけば、基本的にその日まで催促の電話が来ることもありません。

また期日を伝えることで「返済の意思がある」と判断してもらえ、最低限の信頼を保つことができるでしょう。

返済が遅れたことの謝罪も忘れずに

返済が遅れ、ビジネスパートナーに電話をする際は、しっかりと遅延したことに対して謝るようにしましょう。

返済に遅れるというのは立派な契約違反です。ここで「お客様意識」を持って高圧的な態度をとってしまうと、担当者の心証を悪くしてしまう可能性があります。

ビジネスローンの契約や金利、限度額は顧客の「信頼性」で上下することもあるようです。
あるビジネスローンでは顧客が無理な要求や横暴な態度を繰り返したことで、契約の更新がストップしたこともあるという噂もあります。

一日でも早く返済を!ビジネスパートナーの返済に遅れたらこうなります。

もしビジネスパートナーの返済に遅れてしまったら、一日でも早く返済するようにしましょう。

返済が遅れると、短期的にも長期的にも損をしてしまいます。支払が遅くなればなるほど、後々まで影響してしまうため注意が必要です。

以下で、ビジネスパートナーの返済が遅れた時にどんなことが起きるかを解説していきます。

【遅延翌日~】遅延損害金が発生する

businesspartner-06

1日でも遅延してしまうと、遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは

返済が遅延した際に、別途でカードローン会社に払わなければならない延滞金

ビジネスパートナーの場合、以下の計算式で遅延損害金が決まります。

元金×20.0%(遅延利率)×(遅延日数)÷365(日)

例えば元金50万円で30日間返済が遅れてしまったら、下記の計算で遅延損害金が決まります。

50万円×20.0%×30÷365≒8219円(遅延損害金)

延滞している日数が長ければ長いほど、多くの遅延損害金がかかってしまいます。極力すぐに返済するようにしましょう。

【遅延2か月目以降】信用情報に傷がつき、ブラックリスト入りする

businesspartner-07

2カ月以上返済が遅れてしまうと、事故情報がついてしまいます。(事故情報がつく=ブラックリストに載る)

事故情報がつくと、今後5年程度、他のローンやクレジットカードに申し込んでも審査に通りません。

逆に言うと返済期日から2カ月以内に返済すれば、事故情報がつくという最悪の事態は避けられるため、何としても2カ月以内に返済するようにしましょう。

【遅延2か月目以降】今後、限度額UP・金利DOWNができなくなる

返済の遅れによってビジネスパートナーからの信用を失ってしまうと、今後限度額引き上げや金利引き下げをお願いしても応じてもらえない可能性が高いです。

特に2カ月以上遅延して事故情報がついてしまうと、より良い条件で借りることがほぼ不可能になることを覚悟しておきましょう。

※ビジネスパートナーからの信頼が高まれば、限度額を上げてもらえたり、金利を下げてもらえたりする事があります。

ビジネスパートナーの返済に遅れないために。予防法は「早めの返済」!

経営者たぬき
ビジネスパートナーの返済に遅れてしまうと、大変なんですね。
たぬき博士
そうじゃよ。だからこそ、返済に遅れないための予防策をしっかりと行うことが重要なんじゃ。
businesspartner-08

ビジネスパートナーの返済遅れを防ぐための方法はズバリ、毎月返済期日よりも早めに返すというものです。

シンプルな方法ですが、自動引き落としができず、返済方法が銀行振り込みしかないビジネスパートナーにはこの方法が一番です。

ビジネスパートナーの場合、返済期日は毎月15日か月末になりますが、期日の5日前から返済は可能になります。

毎月、期日の5日前に返済することにしておけば、仮にウッカリ返済を忘れていたとしても、その翌日に返せば遅延にはなりません。

「返済には遅れない、遅れたらすぐ返す」が鉄則!

経営者たぬき
とりあえず返済が遅れてしまった分はすぐに返して、来月からは遅延しないようにします。
たぬき博士
うむ、良い心がけじゃな。後々後悔しないように、「返済は遅れない、遅れたらすぐ返す」という事を毎月意識するんじゃぞ。

ビジネスパートナーの申込はこちら

ビジネスパートナーカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
新規貸付にめっぽう強い!アコム

アコム
アコムがオススメの理由
  • 新規申込者の審査通過率が平均48.4%の実績!(※)
  • 即日融資にも対応!夜21時までの申込ならチャンスあり!
  • 30日の無利息期間!借りて1ヶ月以内に返せば利息ゼロ♪
  • WEB完結申込OK!スマホ1台でらくらく申込
  • 月々の返済は3,000円~!サイフの負担になりにくい!

参考:2017年アコム株式会社DATA BOOK

CMでも有名な消費者金融カードローン「アコム」は初めてカードローンを借りる人にダントツおすすめ!
審査通過率は48.4%と、はじめてアコムに申込んだ人のうち2人に1人が審査に通る計算となります。

即日融資対応・30日の無利息期間アリと、とても使い勝手の良いカードローンです。
どのカードローンに申し込むか迷っているならアコムで間違いありません。

アコムの申込はこちら

 

関連記事