ビジネスパートナーの金利は低い?高い?金利を安く引き下げるための条件をチェック!

経営者たぬき
博士、ビジネスパートナーの金利ってどれくらいですか?
たぬき博士
年9.98%~18.0%じゃよ。
経営者たぬき
なるほど。それほど安いってわけじゃないみたいですね…。
たぬき博士
じゃが、ビジネスローンの良し悪しは金利だけを見てもわからないことも多いぞ。まずはビジネスパートナーの金利についてしっかり勉強するのじゃ。

ビジネスパートナーの金利はビジネスローンの中では平均的

businesspartner-interest-1

ビジネスパートナーの金利は年9.98%~18.0%と、他社と比較しても平均的です。

ビジネスローン 金利
(実質年率)
年9.98%〜18.0%
年5.0%~18.0%
(カードローン)
年3.10%~18.0%
(ビジネスローン)
オリックス銀行カードローン(オリックスVIPローンカードBUSINESS)
年8.0%~17.8%
(CREST for Biz) 年6.0%~18.0%

上の表からわかるように、ビジネスパートナーの金利は高くも低くもありません。
ビジネスローン自体、どの業者でも金利に大差はないと言えるでしょう。

またビジネスパートナーでは、「金利がいくらになるか」は審査次第

一般的にローン審査では、借りる金額が大きいほど低金利になる傾向があります。
(参考:カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

とはいえ、ビジネスパートナーは「○円借りれば金利が下がる!」と明確な基準を公表していません。

「金利を安くできるかは申し込んでみないとわからない」というのが、本当のところです。

たぬき博士
ちなみに「45日間の無利息サービス」はサービス停止で今は使えないから要注意じゃ。

ビジネスパートナーの金利は下げることができる!

businesspartner-interest-2
経営者たぬき
とはいえ、金利は低いに越したことはありません。ビジネスパートナーの金利を低くする方法はないんでしょうか?
たぬき博士
おぬしは欲張りじゃのう。じゃが、実は金利を下げる方法もあるんじゃよ。

ビジネスパートナーに問い合わせてみたところ、契約後に金利の引き下げができると回答をもらえました。

【突撃!学び舎インタビュー!】
ポン太
ビジネスパートナーの金利は、契約時の審査結果で決まると聞いたんですが、その金利を後から下げることはできるんですか?
ビジネスパートナー担当者
はい、可能です。一定の期間、優良な返済実績を残していただければ、より低い金利を適用できる可能性が高いです。
ポン太
なるほど。ちなみに「一定の期間」の「優良な返済実績」というのはどれくらいが目安なんでしょうか。
ビジネスパートナー担当者
あくまで目安ですが、12カ月程度、遅延なく返済して頂くことが必要ですね。
ビジネスパートナー担当者
またそれ以外でも、年商が上がるなど返済能力が向上したと審査で判断できる場合は、金利を引き下げさせていただくこともあります。

上記をまとめると、金利引き下げで有利になる条件は以下の通り。

  • 1年以上、遅延なく返済を続けられた場合
  • 事業が好転して年商が上がった場合

さらに「マンションから戸建てに引っ越した」「他社借入れを完済して会社の負債が減った」など、審査に有利になる項目があれば相談の余地アリです。

金利を下げたいときはビジネスパートナーの窓口に電話して、「金利を下げてもらえませんか?」と電話してみましょう。

ビジネスパートナーの金利の高さは審査が甘い証拠!

平均的と言われても、「金利年18.0%って実際どうなの?」とギモンに感じる方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに金利年15.0%以下で利用できる銀行ローンと比べると、やや高いのは事実。

しかしビジネスパートナーをはじめ、ビジネスローンの金利の高さはローン審査においてメリットです。

金利がやや高いと、銀行の融資を断られていても前向きに審査してくれる

ビジネスローンは金利がやや高い分、銀行ローンよりも審査が甘いといえます。

はじめから高めの金利で貸し付けておけば、「貸し倒れ(※)」になっても損害が抑えられるんですね。
※会社の倒産などで貸したお金が返ってこない状態のこと。

【100社に対して貸付けしたときの収益・貸し倒れ損失】

① 金利が年5.0%の銀行ビジネスローンの場合

1社あたりの融資:500万円×100社×年3.0%=銀行の収益:2,500万円

→損失にならないのは貸し倒れ5まで

(銀行の収益:2,500万円÷1社あたりの融資:500万円=5社)

 

② 金利が年10.0%のノンバンク系ビジネスローンの場合

1社あたりの融資:500万円×100社×年10.0%=ノンバンク系ビジネスローンの収益:5,000万円

→損失にならないのは貸し倒れ10社まで

(ノンバンク系ビジネスローンの収益:5,000万円÷1社あたりの融資:500万円=10社)

 

=②の場合、貸し倒れが10社あっても損失にならない!

銀行ローンはお金を貸す相手をかなり厳選しなければならないので、審査ハードルが高くなりがち。

逆にビジネスローンは契約した会社1社につき多く利息をとっているので、多少の貸し倒れなら大きな影響はありません。

つまり、ビジネスパートナーはリスクがある相手に貸せるくらい審査が甘いといえるワケです。

年18.0%の金利は低金利とは言えないものの、事業状態に自信がない方でも審査通過できる可能性が高いといえます。

ビジネスパートナーを選ぶメリットについて詳しくチェックする!

(※)ビジネスローンの審査基準を詳しく知りたい方はこちら↓

ビジネスローンの審査は厳しい?甘い?準備から審査通過のコツまで網羅!

ビジネスローンを借りたい方集合!「ビジネスローンの審査は甘い」というウワサは本当なのか?銀行や公的融資と比較しつつビジ…

ビジネスパートナーの金利のメリット・デメリットを把握してから申し込もう

経営者たぬき
ビジネスパートナーに申し込む前に、金利のことは要チェックするべきですね。
たぬき博士
そうじゃな。どうせ借りるならビジネスパートナーの特徴をよく理解しておくんじゃぞ。

スポンサーリンク

関連記事