みずほ銀行カードローンは返済しやすい!任意返済を活用してゴールへ一直線!

二種類の返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は、「毎月の返済」と「任意返済」の2通り。

返済方法ごとに、具体的な返済のやり方があらかじめ指定されているのが特徴です。

●毎月の返済(約定返済)・・・毎月10日に決まった金額を返済
⇨ みずほ銀行普通預金口座からの「自動引き落とし」

●任意返済(随時返済)・・・自分の好きなタイミングに好きな金額を返済
⇨「みずほダイレクト」または「ATMからの返済」

※毎月の返済は口座からの自動引き落とし1択

またみずほ銀行カードローンの最低返済額は、やや高めに設定されています。

任意返済とプラスで、完済しやすいカードローンともいえるでしょう。

毎月の返済は残高スライド方式で「自動引き落とし」!

自動引き落とし

みずほ銀行カードローンの毎月の返済は、手数料無料の自動引き落としです。

約定返済日は毎月10日で、10日が銀行休業日の土日祝日になった場合、引き落としは翌営業日になります。

※引き落としのタイミングは約定返済日の夜間(休日の場合は翌営業日)

初回の返済日はいつ?

みずほ銀行カードローンの返済方式は、残高スライド方式です。
残高スライド方式とは、借り入れの残高によって返済額が変動する返済方式

・9月10日に借り入れ残高あり
 ⇨ 初回の返済日:10月10日
・9月11日に初回の借り入れ
 ⇨初回の返済日:11月10日

「初回の返済日はいつになるか」は、当月10日時点で借り入れ残高があるかどうかで決まります。

また初回の借り入れが当月10日以降だと、翌月10日は利用残高に応じた利息が加算されるのみ。

実際の返済日は2ヶ月後の10日になるので覚えておきましょう。

みずほ銀行カードローンの毎月の返済額は、利用限度額が以下のどちらかで、適用される返済額が変わります。

  • 利用限度額が200万円未満の場合
  • 利用限度額が200万円以上の場合

また「毎月の返済がいくらになるか」は、毎月10日の利用残高によって異なってきます

<利用限度額が200万円未満の場合>
前月10日の利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円
150万円超200万円以下 4万円
200万円超250万円以下 5万円
250万円超300万円以下 6万円
300万円超350万円以下 7万円
350万円超400万円以下 8万円
400万円超450万円以下 9万円
450万円超500万円以下 10万円
500万円超550万円以下 11万円
550万円超600万円以下 12万円
600万円超650万円以下 13万円
650万円超700万円以下 14万円
700万円超750万円以下 15万円
750万円超800万円以下 16万円
800万円超 17万円
<利用限度額が200万円以上の場合>
前月10日の利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超 9万円

自動引き落としならATMに足を運んだり、手動で返済する手間が省けます

返済のことを忘れていても、自動的に返済が済むのはとても便利ですよね。

みずほ銀行の普通預金口座が残高不足のときは?

約定返済日の10日に、利用者の普通預金口座の残高が足りない場合は延滞扱いになります。

延滞するとカードローンは利用できません。再度利用するには、延滞分の返済が必要です。

自動引き落としは非常にラクですが、残高不足になりがちな人にはリスクが大きいところもあるので注意しましょう。

みずほ銀行カードローン公式サイトへ上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
スマホやPCからカンタンにWEB完結で申し込めます。

みずほ銀行カードローンでの返済遅れはリスクが大きい!延滞後の流れや注意点を徹底解説します

みずほ銀行カードローンを軽い気持ちで延滞しても、デメリットは大きいので注意が必要です。本記事では延滞で「絶対に起こるこ…

「みずほダイレクト」か「ATM」から任意返済もOK!

任意返済

「借金を早くゼロにしたい」「返済に余裕ができた」という場合は任意返済をしましょう。
みずほ銀行カードローンの任意返済は、以下の2種類があります。

  1. みずほダイレクトからの返済
  2. ATMでの返済

毎月10日の前に任意返済しても、必ず最低返済額は口座から引き落とされます。

みずほ銀行カードローンの最低返済額はやや高め。
なので任意返済する余裕がある人は、限られるかもしれません。

しかし任意返済は完済への近道なので、なるべく積極的に活用するようにしましょう。

任意返済のメリットについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご参照ください。

任意返済①:みずほダイレクトでの返済

みずほダイレクトで返済

みずほダイレクトを利用して、PC・スマホからも任意返済ができます。(元金の分のみ)
24時間いつでも返済可能で、手数料は一切かかりません

※月曜日~金曜日の15時00分以降・土日祝日、振替休日の受付分は翌営業日扱い

みずほ銀行カードローンの任意返済用に、ぜひみずほダイレクトに登録しておきましょう。

みずほダイレクトを使ってラクラク手続き!みずほ銀行カードローンの返済にも超便利!

みずほ銀行の目玉サービス「みずほダイレクト」を利用して、効率よくカードローンの返済が可能!わざわざ銀行やATMまで出向かな…

みずほダイレクトで任意返済する流れ

みずほダイレクトで任意返済をする手順は以下の通りです。

  1. 引き出し口座と返済口座を選択
  2. 返済金額を入力
  3. 返済内容を確認
  4. 返済の完了を確認

返済が間違いなく行なわれると、13ケタの受付番号が発行されます。
受付番号は問い合わせの際に必要になるので、メモをとっておきましょう。

ステップ①:引き出し口座と返済口座を選択

direct0
みずほダイレクトで任意返済:ステップ①の流れ
  1. 返済口座を選択する
  2. 入金口座を選択する
  3. 次の画面にすすむ

ステップ②:返済金額を入力

direct4
みずほダイレクトで任意返済:ステップ②の流れ
  1. 返済金額を入力する
  2. 次の画面にすすむ

ステップ③:返済内容を確認

direct5
みずほダイレクトで任意返済:ステップ③の流れ
  1. 第2暗証番号を入力する
  2. 返済を実行する

ステップ④:返済完了を確認

direct6
みずほダイレクトで任意返済:ステップ④の流れ
  1. 受付番号を確認する
  2. 任意返済の完了

任意返済②:ATMでの返済

ATMで返済

コンビニやみずほ銀行ATMコーナーに設置されている、ATMから任意返済も可能。

  • キャッシュカード兼用型
  • カードローン専用型

契約時に作ったカードがのどちらであるかで、利用できるATMは異なります。

 ATMの種類 キャッシュカード兼用型 カードローン専用型
みずほ銀行(ATM)
E-net(ファミリーマートなど)
ローソンATM
セブン銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM ×
イオン銀行ATM ×

※上記以外の提携金融機関のATMでは任意返済を利用できません

2種類のカードで利用できるATMは、ほとんど共通しています。
しかしキャッシュカード兼用型はゆうちょ銀行ATM・イオン銀行ATMだけ利用できないので注意しましょう。

みずほ銀行の「カードローン専用型」と「キャッシュカード兼用型」を比較!オススメはどっち?

みずほ銀行カードローンでは、普通の口座カードとカードローン機能が1つにまとめられた「キャッシュカード兼用型」とカードロー…

ATMで任意返済するなら「利用できる時間帯」と「手数料」に注意!

みずほ銀行カードローン利用可能ATM

※みずほ銀行カードローンで返済可能なATM

ATMでの任意返済は、利用できる時間が限られています。

またコンビニATMやゆうちょ銀行ATMを利用すると、手数料が発生するんですね。

 ATMの種類  利用可能時間(平日) 利用可能時間(土日・祝日)  手数料
 みずほ銀行ATM  8時45分~18時00分  9時00分~17時00分 無料
コンビニATM  8時45分~18時00分  9時00分~17時00分 108円~216円(※)
ゆうちょ銀行ATM  8時45分~18時00分  9時00分~17時00分  一律108円

1万円未満なら108円、1万円以上なら216円の手数料が発生
※コンビニ=イーネット・ローソン・セブン銀行の各ATM 

任意返済は「わざわざ手数料を払ってまでするもの」ではありません
ATMを利用する際は、みずほ銀行ATMを利用しましょう。

なおみずほマイレージクラブに入会していると、取引状況に応じて月に一定回数までの手数料が無料になります。

詳細はこちらをご覧ください。

みずほ銀行カードローンの完済は店頭で行なう

みずほ銀行カードローンからの、利息を含めた借り入れの精算はみずほ銀行の店頭で行ないます。

インターネット支店の利用者の場合は、インターネット支店に連絡する必要があります。

インターネット支店以外の利用者は、お近くのみずほ銀行に出向きましょう。

またみずほ銀行店頭にて、完済証明の代わりに残高証明書を発行してもらえます。

1通あたり756円(税込)がかかり、手続きする際は取引印鑑が必要になります。

みずほ銀行カードローンの公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きしましょう。
口座があればスピーディーに審査結果を受け取れます。

返済シミュレーションを活用して上手に返済しよう!

「完済まで時間がかかっていいから、最低返済額だけで返済し続けたい・・・」
「任意返済を活用して、なるべく早く完済したい・・・」

返済計画は利用者によってさまざまだと思います。
みずほ銀行カードローンの返済シミュレーションは、充実しているのでぜひ活用しましょう。

  1. 返済期間・・・完済までどのくらいかかるか
  2. 返済回数・・・完済までに何回返済するか
  3. 返済金額・・・毎月いくら返せばいいか

上記3つを計算するので、利用者は返済計画を具体的にイメージすることができます。

①返済期間と②返済回数のシミュレーションの違いは、①が最低返済額だけを払った場合で、②が任意返済も併用した場合です。

シミュレーション①:返済期間
みずほ銀行カードローンの返済期間シミュレーション

利用限度額が50万円で、50万円を借り入れた場合の、返済金額シミュレーション結果は以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの返済期間シミュレーション結果
返済期間シミュレーションの結果
  • 返済回数 ⇨ 76回
  • 総返済額 ⇨ 754,937円
  • 合計利息 ⇨ 254,937円
シミュレーション②:返済回数
みずほ銀行カードローンの返済回数シミュレーション

50万円を借り入れて、毎月50,000円ずつ返していった場合の、返済回数シミュレーション結果は以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの返済回数シミュレーション結果
返済回数シミュレーション結果
  • 返済回数 ⇨ 13回
  • 毎月の返済額 ⇨ 50,000円
  • 総返済額 ⇨ 541,430円
  • 合計利息 ⇨ 41,430円
シミュレーション③:返済金額
みずほ銀行カードローンの返済金額シミュレーション

500,000円を借り入れて、24ヶ月(2年)で返済した場合の、返済金額シミュレーション結果は以下の通りです。

みずほ銀行カードローンの返済金額シミュレーション結果
返済金額シミュレーションの結果
  • 返済回数 ⇨ 24回
  • 毎月の返済額 ⇨ 25,202円
  • 総返済額 ⇨ 579,637円
  • 合計利息 ⇨ 79,637円

シンプルな返済方法と返済シミュレーションの活用で、みずほ銀行カードローンの完済への道は、ゴールが見えやすくなっているといえます。

みずほ銀行カードローンの最低返済額を確認しよう!返済額が高いことによる2つのメリット

みずほ銀行カードローンの最低返済額は高め。「返済額が高いのってキツそう…」と感じるかもしれませんが、実は最低返済額が高い…

みずほ銀行カードローンの返済は完済しやすくなっている!

ポン太
毎月の返済は毎月10日の自動引き落としで、任意返済はみずほダイレクトかATMで返済すればいいんですね。
たぬき博士
おすすめは手数料無料でいつでも返済可能なみずほダイレクトじゃ。ATMを利用するときは手数料をかける心配がない、みずほ銀行ATM等にするんじゃぞ。
ポン太
わかりました!みずほ銀行カードローンは低金利だから、任意返済で手数料を払うのはもったいないですよね。
たぬき博士
よくわかっておるのぉ。みずほ銀行は最低返済額がやや高めに設定してあるし、非常に完済しやすいカードローンといえるぞい。

スポンサーリンク

みずほ銀行カードローンカテゴリーへ戻る

スポンサーリンク

関連記事

関連記事