借りた後で困らないために!プロミスの返済全部のせ!

たぬき博士
今日はプロミスの返済の全てを解説していくぞい。
たぬき博士
返済といっても、返済額や返済方法、返済手数料などいろいろな側面があるが、すべて網羅してあるから参考にするんじゃぞ。

プロミスの月々の返済額は、ダントツで激安!

プロミスの毎月の最低返済額は、ずば抜けて業界最安です。

他社のカードローン会社と比較すると、次のようになります。

カードローン 毎月の最低返済額
プロミス 1,000円
三井住友銀行 2,000円
アイフル 4,000円
SMBCモビット 4,000円
アコム 3,000円
りそな銀行 1万円
みずほ銀行 1万円

月々1,000円から返済できるというのは、日本中探してもプロミスだけ。

毎月の負担が少なくマイペースで返済できるのは、本当に助かりますね。

プロミスの返済額を減らす方法を真剣に考えた!損しない返済のために

カードローンを利用する上で最も大切なのは「最適な返済」と言っても過言ではありません。そこで今回はプロミスでお金を借りた…

たくさん借りても返済額は低いまま

他のカードローンと同様に、プロミスの返済額は借入残高が多ければ多いほど高くなります。

それを踏まえても、プロミスの返済額はかなり安いです。

借入額 毎月の返済額
1,000円~27,787円 1,000円
27,788円~55,525円 2,000円
55,526円~83,262円 3,000円
83,263円~111,000円 4,000円
111,001円~138,738円 5,000円
138,739円~166,475円 6,000円

※返済期間は最長の36カ月で算出

ギリギリまで返済額が低くなるラインを算出したら、中途半端な金額になりました。

ただ多くの方が毎月5,000円未満の返済額で済むことがわかるでしょう。

「最低」返済額なので、余裕がある月は上で挙げた金額以上のお金を返してもOK。

毎月コツコツとマイペースで返済していきたい方にとっては、プロミスはピッタリなカードローンといえるでしょう。

プロミスの申込はこちら

プロミスは総勢6種類の返済方法を用意!

プロミスには6種類の返済方法が用意されています。

プロミス6種類の返済方法
  •  口座振替(口フリ)
  • インターネット返済
  • ATM返済(プロミスATM・提携ATM)
  • コンビニ返済
  • 銀行振り込み
  • 来店返済

口座振替(口フリ・口座引き落とし)

プロミスの口座振替

口座振替とは、返済日になると自分が登録した口座から、自動的に返済額が引き落とされる返済方法です。

口座振替のメリットは、返済日に何もする必要がないということ。

あらかじめ口座振替の手続きを済ませておけば、返済日にATMや店頭まで入金しに出向く必要がありません。

また「返済日を忘れてしまったから延滞してしまう」のを未然に防ぐことができます。

ただし口座残高が足りない場合は、返済額が引き落とされません。

毎月返済日が近づいた際には、残高をチェックしておくようしましょう。

口座振替手続きの手順

口座振替手続きの手順は以下の通り。

プロミスの口座振替手続きの手順
  1. プロミス会員サービスにログイン
  2. 返済メニュー「口フリ」から返済に利用する銀行口座を指定
  3. 銀行に口座振替の申請

まずはプロミス会員サービスにログイン。
返済メニューにある「口フリ」から、返済用の引き落とし口座を指定します。

プロミスへの口座登録が完了したら、今度は口座を開設している銀行で口座振替の手続きをしてください。

たとえば返済用口座にみずほ銀行の口座を指定した場合、みずほ銀行で口座振替を申し込む必要があります。

電気代などの公共料金の支払いを、口座振替する時と同じ要領です。

口座振替の手続きはお早めに

口座振替は実際に利用できるまで、時間がかかってしまう場合があります。

ジャパンネット銀行の口座なら、前日までに手続きを済ませればOK

しかし他の金融機関なら長くて、3営業日をまたいでしまうかもしれません。

口座振替を利用するなら、契約する段階で返済方法を「口座振替」にしておきましょう。

返済日が選べなくなる場合あり

口座振替はみなさんが利用する口座によって、返済日が制限される場合があります。

ジャパンネット銀行 5日、15日、25日、末日
その他の金融機関 5日のみ

ジャパンネット銀行の口座なら、4つの返済日から選ぶことができます。

それ以外の金融機関を利用する場合、返済日は毎月5日で固定です。

インターネット返済

プロミスのインターネット返済

インターネット返済とは、各金融機関が提供しているインターネットバンキングを利用する返済方法です。

インターネットバンキングとは、ネット環境で銀行口座を管理できるサービス

インターネット返済を利用すれば、24時間365日いつでも返済可能です。

※毎週月曜日0時~7時、毎月第3日曜日0時~6時はサービス停止

インターネット返済が利用できる銀行口座

便利なインターネット返済ですが、利用できる銀行口座がメガバンク1社とネット銀行2社に限られています。

  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

これらの銀行口座をお持ちの方は、あらかじめインターネットバンキングの手続きを済ませておきましょう。

手続き自体はどこの銀行も、おおよそ10分程度で完了します。

プロミスの申込はこちら

ATM返済(プロミスATM・提携ATM)

プロミスのATM返済

ATM返済とは、プロミス店舗・銀行・コンビニに設置のATMから、プロミスカードを使って返済する方法です。

プロミス専用のATMはもちろん、提携している銀行やコンビニATMも利用できます

プロミスの提携ATMと設置場所

プロミスは以下のATMと提携しています。

提携ATM 主な設置場所
ゆうちょ銀行※ ゆうちょ銀行
セブン銀行 セブンイレブン
イーネット ファミリーマート
ローソンATM ローソン系列

※ゆうちょ銀行を利用する場合はWEB明細の登録が必要

コンビニ返済

コンビニ返済する時の注意点

コンビニ返済とは、ローソン・ミニストップ・ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用して返済する方法です。

メディア端末といわれても、ピンと来ない方もいらっしゃると思います。
有名どころで言うと、ローソンなどの「Loppi」が当てはまります。

インターネットショッピングの支払いやチケットの購入もOK。
利用したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メディア端末の種類と設置されているコンビニは以下の通り。

  • ローソン:Loppi
  • ミニストップ:Loppi
  • ファミリーマート:Famiポート

コンビニATMを利用した返済とは異なるので、気を付けてください。

メディア端末を利用したコンビニ返済の手順

メディア端末によって多少異なる点がありますが、大まかな流れは以下の通り。

コンビニ返済の手順
  1. プロミスカードを持参してコンビニへ
  2. 「カードローン・キャッシングの返済」メニューで「プロミス」を選択
  3. 案内画面にしたがってカードリーダーにカードを通し、暗証番号を入力
  4. 返済金額を入力
  5. 発行される支払い用紙を持ってレジで支払い

注意するポイントは、支払い用紙の有効期限です。

支払い用紙は発行されてから30分で無効になってしまいます。

メディア端末で手続きが完了したら、すぐに支払いを済ませましょう。

銀行振り込み

銀行振り込みは、返済用口座にお金を振り込んで返済する方法です。

振込口座は会員ページや、プロミスコール(0120-24-0365)から確認できます。

銀行振り込みを利用する場合は、振込の時間帯に注意してください。

平日15時以降や銀行休業日(土日・祝日)の振込は、翌営業日の入金扱いになります。

来店返済

プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)で直接返済する方法です。

窓口で返済額や返済計画を、相談しながら返済することができます。

来店返済を希望の方は、プロミス窓口の営業時間に来店するようにしてください。

※平日10:00~18:00(店舗により営業時間・休日が異なります)

プロミスの申込はこちら

返済方法別!プロミス返済の手数料事情

ポン太
プロミスはたくさん返済方法が用意されていて便利そうですね。
たぬき博士
返済方法の説明は一通り終わったから、次は手数料に注目して返済方法を検証していくぞい。

手数料完全無料の返済方法

手数料無料の返済方法は以下の通り。

手数料無料の返済方法
  • 口座振替
  • インターネット返済
  • プロミスATM返済
  • コンビニ返済
  • 来店返済

この5つの返済方法は、返済手数料が一切かかりません

返済の際の手数料を節約したい方は、この中から自分にとって一番都合のいい返済方法を選びましょう。

手数料無料の中でオススメは口座振替!

手数料無料の返済方法の中で、一番便利なのは口座振替です。

口座振替のメリットをおさらいしましょう。

  • 返済日が近づいても何もする必要がない
  • 口座残高が足りてれば延滞の心配なし

最初に口座振替を選択しておけば、その後気を付けておくべきなのは口座残高だけです。

自分が何もしなくても勝手に返済が進む上、「返済日を忘れてた」ことが理由で返済が遅れてしまうこともありません。

特にジャパンネット銀行をお持ちの方は口座振替一択です。

毎月5日、15日、25日、末日の中から、都合がいい返済日を選べます。

両口座をお持ちでない方も毎月5日の返済日に抵抗がなければ、口座振替の返済方法を選択しましょう。

その次に考えるべきはインターネット返済・ATM返済・コンビニ返済

返済日の都合で口座振替に抵抗がある方は、インターネット返済かプロミスATMでの返済を検討してみましょう。

  1. インターネットバンキング用の口座がある→インターネット返済
  2. プロミスATMに良アクセス→ATM返済
  3. ①と②のどちらにも当てはまらない方→コンビニ返済

みずほ銀行・楽天銀行に口座をお持ちの方は、インターネット返済がオススメ。

現在インターネットバンキングの手続きを完了していなくても、10分もあれば簡単に手続きできます。

近くに手数料無料のATM(プロミスATM)がある方は、ATM返済でも構いません。

また「インターネット返済対応の口座がない方」「近くに手数料無料のATMがない方」はコンビニ返済を利用しましょう。

メディア端末を操作しないといけない分、多少手間はかかります。
しかし24時間いつでも返済することができます。

来店返済はあえて選択する必要はないでしょう。

「返済の相談」はプロミスに電話すれば済む話です。
また返済できる時間帯は、他の返済方法に比べてかなり限られています。

手数料が発生してしまう返済方法

手数料がかかる返済方法は以下の通り。

  • 提携ATM返済
  • 銀行振り込み

これらの返済方法では、返済するたびに手数料が発生してしまいます。

提携ATM返済:手数料108円~216円

提携ATMを利用した返済には、一律108円~216円の手数料が発生します。

コンビニや銀行で返済できる、便利な返済方法ではあります。
しかし返済コストの面では、あまりオススメできません。

プロミスの会員ポイントを使えば提携ATM手数料が無料!

プロミスの会員ポイントを利用すれば、提携ATMを1か月間手数料ナシで利できます。

会員ポイントの貯め方や利用方法については、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:オトクさを追求するならプロミス!無利息とポイント会員でサービス無双!

銀行振り込み:手数料108円~540円

銀行振り込みで返済する場合、振込手数料は本人負担になります。

時間帯によっては、振り込んだ日に入金が反映されない場合もあります。

数ある返済方法の中から、あえて銀行振り込みを選ぶことはないでしょう。

自分にあった便利でお得な返済方法を選択しよう!

ポン太
プロミスは手数料無料の返済方法がたくさん用意されているんですね。ここまで便利だと、手数料の心配をしなくてもいいくらいに思っちゃいそうだ。
たぬき博士
確かにプロミスは手数料ゼロで返済しやすいカードローンと言えるのう。今日教えたことを踏まえて、もう1度返済方法を選び直してみてはどうじゃ?
ポン太
わかりました!博士に教わったことを参考に、手数料無料の中で自分の生活スタイルに合った返済方法を選びたいと思います。

プロミスの申込はこちら

プロミスカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

SMBCモビットの申込はこちら

 

関連記事