銀行か消費者金融でおまとめローンは全く別物?!4項目で違いを解説!

借りすぎたぬき
こんにちは博士!私は今おまとめローン先を探しているのですが、消費者金融と銀行どっちで探したほうがいいと思いますか?

たぬき博士
残念ながら、どっちの方がいいのかは一概にはいえないんじゃ。お主の借り入れ状況がわかればおすすめの方を教えることができるんじゃがな。

借りすぎたぬき
現在3社合わせて200万円ほどの借り入れがあります。あとおまとめローンを審査が厳しいって聞いたので、審査に通るかどうか少し不安ですね。

たぬき博士
そういうことじゃったらお主は、消費者金融の中でおまとめローン先を探すのがええぞい。

借りすぎたぬき
その心は何ですか?

たぬき博士
まぁ、ちょっと待つのじゃ。今からおまとめローン先としての消費者金融と銀行を比較して、2つの違いからどっちに申し込む方がいいか解説していくぞい。

銀行と消費者金融のおまとめローン徹底比較

たぬき博士
ここではおまとめローンを検討している人が気になるであろう、4つのポイントで銀行と消費者金融のおまとめローンを比較しておるぞ。
たぬき博士
比較ポイントは次の4つじゃ。

  • 審査の通りやすさ
  • 融資を受けるまでのスピード
  • 金利の低さ
  • おまとめできる金額の大きさ

あくまで「傾向」を比較したものじゃから、すべての銀行・消費者金融に当てはまるわけではないということは注意しておくれ。

「審査の通りやすさ」は消費者金融に軍配

おまとめ専用は審査に通りやすい おまとめローンを組めるかどうかという点では、消費者金融の方に軍配があがります

前提としてカードローンの審査は消費者金融よりも、銀行の方が厳しめに設定されていることが理由の1つ。

同じ条件で申し込むならおまとめローンでも、普通のカードローンの審査と同様に消費者金融の方が審査に通る見込みが高いといえるでしょう。

審査の通りやすさは申し込んだプランが、おまとめローン専用かどうかにも大きく関わってきます。

通常のカードローン審査では、他社借り入れ状況が審査の重要ポイントの1つ。
カードローン会社はお金を貸すかどうかをより厳しくみないといけません。

対しておまとめ専用ローンの場合は「返済するために借り換える」という目的が明らか。

もちろんおまとめローンの審査の場合も、他社借り入れ状況は見られます。

しかし「新たに枠を増やしてお金を貸す」わけではないので、比較的おまとめローンが組みやすいというわけですね。

通常のカードローンでおまとめする際の注意点

通常のカードローンでおまとめローンを組もうとすると、まず今ある借り入れ総額と同じ金額の借り入れを申し込みます。

100万円の借り入れがある場合は、新たに100万円の借り入れを申し込むということ。

銀行の多くは、おまとめ専用のカードローンを用意していません

銀行でおまとめローンを申し込むということは「おまとめローンとしても利用できる」通常のカードローンに申し込むということです。

そのため消費者金融よりも、おまとめローンが組みにくくなっています。

「融資を受けるまでのスピード」は消費者金融に軍配

消費者金融は融資スピードが早い

融資スピードにおいて「消費者金融>銀行」なのは、おまとめローンの場合も同じ。

最近では銀行でも申し込んでから、早くお金を借りられるようになっているところも。

ただし消費者金融と銀行という枠組みで考えると、消費者金融の方が比較的早くおまとめローンを組むことができるんですね。

申し込んでからおまとめローンを組むまで、日をまたぐ銀行が多いのが現状。

一方で消費者金融なら早いところで、その日のうちにおまとめローンを組むことができる業者もあります。

おまとめローンの即日融資キングがついに決定!借り換えまで一番早いのは?

おまとめローンは申し込み方法しだいで即日融資ができる!即日融資を受けるためのコツと、オススメの金融機関を紹介!

「金利の低さ」は銀行に軍配

銀行系カードローンは低金利

通常のカードローンと同じように、おまとめローンの場合も「銀行は金利低め・消費者金融は金利高め」という構図は変わりません。

おまとめローンで返済の負担を減らすためには、金利の低い業者を利用することが第一歩

おトクにおまとめローンが組めるかどうか」という点では銀行の方に軍配があがります。

一番オトクなおまとめ・借り換えローンが決定!金利をガチンコ比較!

おまとめローン成功の秘訣は「金利」にあり!でも、低金利でおまとめローンを借りるにはどうしたらいいの?正しい金利の比べ方…

「おまとめできる金額の大きさ」は銀行に軍配

銀行系カードローンは限度額が高い

おまとめローンは総量規制対象外なので、消費者金融か銀行に関係なく年収の3分の1以上の借り入れOK。

ただ銀行の方が消費者金融より、借りられる限度額を高く設定している傾向があります。

たとえば銀行では最大1,200万円の借り入れまで、おまとめローンを組めるところも。

対して大手消費者金融(アイフルなど)では、最高800万円までしかお金を借りられません。

 比較結果まとめ
  • 審査の通りやすさ→消費者金融に軍配
  • 融資を受けるまでのスピード→消費者金融に軍配
  • 金利の低さ→銀行に軍配
  • おまとめできる金額の大きさ→銀行に軍配
ポン太
消費者金融の方がおまとめローンを組める可能性が高いし、審査も早く終わるんですね。
たぬき博士
そうじゃ。それに比べて銀行は低金利や高限度額に見どころがあるぞい。

おまとめローンは総量規制対象外!年収が低くても遠慮はいらない!

おまとめローンを組みたいけど「総量規制に引っかかるのが不安」という方必見! 実はおまとめローンなら消費者金融でも総量規…

今の借金が多い人ほどおまとめローンを組んで欲しい!限度額が高いのはどこ?

おまとめローンで大口融資を受けたい人必見!限度額と利用可能額の違いから、大口融資を受けるためのポイント、オススメの金融…

銀行と消費者金融、どっちに申し込むかは自分次第!

たぬき博士
ざっくりいうと、おまとめローンを組めるかどうか不安な人は消費者金融、おまとめローンを組んでからが気になる方は銀行を検討するのがいいんじゃ。

消費者金融でおまとめローンを組むべき人

消費者金融でのおまとめローンが向いている人

おまとめローンを組む前に「審査が不安」「お金を借りるまで時間がかかるのが嫌だ」という方は、消費者金融のおまとめローンを探すのがいでしょう。

限度額で選ぶならオリックスVIPフリーローン

消費者金融でも高い限度額をのぞむならズバリ、オリックスVIPフリーローンが狙い目

オリックスVIPフリーローンのメリット
  • 契約枠は最高800万円
  • 金利は実質年率3.0%~14.5%
  • 返済期間は最長8年
  • 追加の返済はいつでもOK

オリックスVIPフリーローンの利用限度額は、最大800万円と高額
「限度額が少ないから全部おまとめできなかった」ということはありません。

金利は年3.0%~14.5%と低金利で、取引額が高額なほど金利は下がります
おまとめの合計額が高いほど、オリックスVIPフリーローンをおトクに利用できるんですね。

また返済期間は最長8年と余裕があるので、自分の返済しやすいペースで返済OK

いつでも追加の返済ができるので、完済までスムーズに返済をすすめたい人にもピッタリ

公式サイトでは返済シミュレーションを用意しているので、ぜひとも活用しましょう。

たくさんのメリットを受けたいなら、オリックスVIPフリーローンがおすすめです。

オリックスVIPフリーローンの申込はこちら

消費者金融の中でおすすめはプロミス!

プロミスおまとめローンの特長

消費者金融でおまとめローンを組むならプロミスがおすすめです。

プロミスおまとめローンのメリット
  • 即日融資OK!最短1時間で借り入れできる
  • 特定の銀行口座を用意する必要なし
  • 手数料無料で返済しやすい

プロミスは「おまとめローンを組むまでのスピード」に定評があります。

申し込んだその日のうちにおまとめローンを組むことができ、ネットからなら最速で申し込んでから1時間で契約完了

特定の口座を開設する必要もないので、申し込みから契約までスムーズにすすむんですね。

またプロミスは、手数料無料で返済する方法が豊富。

「返済のためのローン」としてプロミスのおまとめローンがピッタリです。

プロミスのおまとめローンを徹底まとめ!審査から利用の流れまで教えます。

プロミスのフリーキャッシングは使ったことがあるけど、おまとめローンはどうなの?という方に、プロミスのおまとめローンのメ…

プロミスの申込はこちら

※リンク先はフリーキャッシングの申し込みページです

書類での在籍確認をのぞむならアイフル

アイフル新バナー

在籍確認を書類の提出で済ませたいなら、アイフルを検討しましょう。

アイフルおまとめローンのメリット
  • 在籍確認は書類の提出でOK
  • 審査は最短1日
  • 他社借り入れが審査に不利にならない

プロミスは書類での在籍確認には消極的です。
土日祝日で職場が営業していないというときは、在籍確認が停滞して翌営業日までおまとめが延びることも。

その点アイフルは書類での在籍確認OKなので、スムーズに契約完了。

また最短で翌日におまとめOKなので、銀行カードローンよりも早くおまとめできます。

アイフルでおまとめ・借り換えは2コース。どちらも早い・安い・楽チンの3拍子!

アイフルのおまとめローンを一言で表すと、「安く、速く、カンタン」です。もちろんおまとめや借り換えをするうえでアイフルが…

アイフルの申し込みはこちら

銀行でおまとめローンを組むべき人

銀行でおまとめをするべき人

「おまとめローンの審査基準と照らし合わせて、審査自体は問題ないな・・・」

そう感じた人はおまとめ後に「返済がどれだけ楽になるか」を追い求めるべきです。

  • できるだけ低金利でおまとめローンを組みたい人
  • 借り入れ総額が多い人(500万円を超える)

同じ金額のおまとめローンを考えた時、銀行の方が低い金利になる可能性が高いでしょう。

また500万円を超える借り入れの、おまとめローンを考えているなら銀行一択。

消費者金融なら最大でも300万円くらいまでしかまとめることができません。

おまとめ・借り換えローンの審査基準!知っておかないと痛い目にあう?!

おまとめローンの審査項目は通常のカードローンと同じです。しかし、「審査の厳しさ」はおまとめローンの方がハードルが高くな…

銀行でおまとめなら東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン
東京スター銀行おまとめローンのメリット
  • 利用限度額は1,000万円
  • おまとめ後も融資を受けられる
  • 申し込みはWEB完結で来店不要

東京スター銀行おまとめローンは、利用限度額が1,000万円と高め。
高額のおまとめを希望でも、大抵の人なら受け入れ可能です。

またおまとめローンは高額になりやすいために通常、おまとめ後は融資を受けられません。

しかし東京スター銀行おまとめローンなら、おまとめ後の追加融資OK

申し込みはWEBで完結するので、来店する手間はないんですね。
おまとめ前もおまとめ後も、利用者に寄り添ったおまとめローンといえます。

東京スター銀行おまとめローンはこちら

まずは銀行と消費者金融で絞ってから業者を吟味しよう!

借りすぎたぬき
なるほど、私は審査が不安で借り入れの合計が200万円くらいだから、限度額が低くて審査が比較的通りやすい消費者金融の中からおまとめローン先を探したほうがいいんですね。
たぬき博士
まあそういうことじゃのぅ。そもそも何で消費者金融と銀行の違いが気になったのじゃ?
借りすぎたぬき
いや、業者を選ぶ前におまとめローン先としての銀行と消費者金融、それぞれの特徴を確認しておきたいと思ったので。
たぬき博士
いい心がけじゃのぅ。おまとめローン先を探す上で、まず「業者」に注目する人が多いんじゃろうけど、その前に銀行と消費者金融のどちらかに絞っておいて方が業者選びが楽になるぞい。

スポンサーリンク

おまとめローン・借り換えローンカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
WEB完結なら電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビットバナー
SMBCモビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • WEB完結なら勤務先への電話連絡がない
  • 夕方6時までの申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『SMBCモビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

WEB完結申し込みなら電話連絡なしで、自宅への郵送物もゼロにできます!
カードローンの利用が、誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、SMBCモビット一択で決まり!

SMBCモビットの申込はこちら

 

スポンサーリンク

関連記事