銀行カードローンの金利は安い?相場の比較と利息計算で完全回答!

公務員たぬき
銀行カードローンって低金利なイメージがあるけど、実際はどうなの?

なるべく金利が低いところでオトクにお金を借りたい!
そう考えて、銀行カードローンの利用を検討している人もいるでしょう。

少なくとも、消費者金融カードローンよりも低金利で借り入れできるのは事実。

実際に銀行カードローンの金利は年15.0%程度と、かなり低くなっています。

とはいえ、「実際どれくらい利息を抑えられるの?」とギモンな方も多いかもしれません。

そこで今回は、消費者金融と比較しながら銀行カードローンの金利について徹底解説。

また銀行カードローンをおトクに借りられる人の条件や、注意点までフォローしているので一読してみてください。

そもそも金利って何?」という人は下記をチェックしてみてください。
カードローンの金利って何?今さら聞けない利息の計算方法や仕組みを完全網羅

【とにかく低金利で借りたいなら「みずほ銀行カードローン」】

銀行カードローンでなるべくおトクに借り入れしたい!という方には、みずほ銀行カードローンがオススメ。

年2.0%~14.0%(※)の低金利で、利息を安く抑えて完済を目指せます。

さらに最大800円まで借りられるので、高額の借入れにもバッチリ対応しています。

※1住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き上げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)
SBI証券口座保有登録済み、または住宅ローンの利用+ミライノカードの所有かつ住信SBIネット銀行口座を引落口座に設定している場合、年0.6%引き下げます

みずほ銀行カードローンの詳細をチェック
審査基準
(申し込み条件)
・年齢が満20歳以上66歳未満の人
・継続的で安定した収入がある人
・株式会社オリエントコーポレーション
の保証を受けられる人
利用用途 自由
金利 年2.0%~14.0%※
利用限度額 10~800万円
毎月の最低返済額 10,000円(10万円借入時)
WEB完結
担保
保証人
不要

※住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き上げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)
SBI証券口座保有登録済み、または住宅ローンの利用+ミライノカードの所有かつ住信SBIネット銀行口座を引落口座に設定している場合、年0.6%引き下げます

銀行カードローンの金利の仕組み

金利年15.0%程度!消費者金融カードローンよりおトクに借りられる

冒頭でも述べた通り、一般的に銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で利用OK。

実際に比較してみると、銀行カードローンは年15.0%程度で設定されていることがわかります。

カードローン 金利
(実質年率)
銀行 みずほ銀行のバナー 年2.0%~14.0%※1
三井住友銀行カードローン 年12.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 年1.700%~14.800%
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6%
消費者金融



アコムのロゴ 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
プロミスのロゴ 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%

※1住宅ローンの利用でカードローンの金利を年0.5%引き上げ
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)
※2 SBI証券口座保有登録済み、または住宅ローンの利用+ミライノカードの所有かつ住信SBIネット銀行口座を引落口座に設定している場合、年0.6%引き下げます

当然ながら、低金利であるほど最終的に支払う利息が安くなります。

金利の低さを重視して申込み先を選びたいなら、まずは銀行カードローンから検討してみてください。

関連記事とにかく低金利のカードローンが知りたい!という人はこちらをチェック

低金利カードローンの”ガチ”おすすめ5選!目的や要望別に利息の安いカードローンを厳選!

銀行カードローンは借りる金額が大きいほど低金利になる

銀行カードローンは、借りる金額が大きいほど低金利になるのもポイントです。

銀行カードローンの金利は、限度額ごとに決められていることがほとんど。
つまり、高額になるほど自動的に金利が下がる仕組みになっているんですね。

たとえば、みずほ銀行カードローンの限度額ごとの金利は以下の通り。

限度額 金利
10万円~100万円未満 年14.0%
100万円~ 200万円未満 年12.0%
200万円~300万円未満 年9.0%
300万円~400万円未満 年7.0%
400万円~ 500万円未満 年6.0%
500万円~600万円未満 年5.0%
600万円~ 800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

(参考:みずほ銀行カードローンは低金利!ムダな利息を抑えたいならみずほ一択!

「限度額が800万円なら、必然的に金利は年2.0%が適用される」といった具合になります。

「100万円以上の高額をおトクに借りたい」と考えている人が選ぶなら、銀行カードローン一択と言えるでしょう。

関連記事大口融資にオススメの銀行カードローンは下記で詳しく紹介しています。

利用限度額が高い銀行カードローン4選と利用限度額を上げる方法まとめ

銀行カードローンの金利・利息を比較【返済シミュレーション】

ポン太
博士!銀行カードローンが低金利なことはわかりました!でも実際どれくらい利息がオトクになるんですか?
たぬき博士
うむ。それでは消費者金融カードローンに比べてどれだけオトクになるか、返済シミュレーションをして比較・解説していくぞい。

「どのカードローンで借りればおトクになるか」を知るには、「完済までにいくら利息を支払うか」を比較する必要があります。

【利息総額の計算方法】

利息額=借入残高 × 金利 ÷ 365日 × 完済までの日数

(参考:カードローンの金利って何?今さら聞けない利息の計算方法や仕組みを完全網羅

ここからは下記4つのパターンで、銀行・消費者金融で完済時に支払う利息額を比較していきます。

(※タップ・クリックするとスクロールします。)

  1. 10万円を1年間(12ヶ月)で完済した場合
  2. 50万円を3年間(36ヶ月)で完済した場合
  3. 100万円を5年間(60ヶ月)で完済した場合
  4. 200万円を8年間(96ヶ月)で完済した場合

※シミュレーション結果はあくまでも目安として参考にしてください

①10万円を1年間(12ヶ月)で完済した場合

10万円を1年間で完済した場合の、返済総額と利息額は以下の通り。

カードローン 返済総額 利息額
銀行 みずほ銀行のバナー(年14.0%) 107,739円 7,739円
三井住友銀行カードローン(年14.5%) 108,020円  8,020円
消費者金融 プロミスのロゴ(年17.8%) 109,894円 9,894円
アコム(年18.0%) 110,011円 10,011円

銀行カードローンなら、最大で2,272円オトクに借りられます。

②50万円を3年間(36ヶ月)で完済した場合

50万円を3年間で完済した場合の、返済総額と利息額は以下の通り。

カードローン 返済総額 利息額
銀行 みずほ銀行のバナー(年14.0%) 415,186円 115,186円
三井住友銀行カードローン(年14.5%) 619,563円 119,563円
消費者金融 プロミスのロゴ(年17.8%) 648,918円 148,918円
アコム(年18.0%) 650,721円 150,721円

銀行カードローンなら、最大で35,535円オトクに借りられます。

③100万円を5年間(60ヶ月)で完済した場合

100万円を5年間で完済した場合の、返済総額と利息額は以下の通り。

カードローン 返済総額 利息額
銀行 みずほ銀行のバナー(年12.0%) 1,334,635円 334,635円
三井住友銀行カードローン(年12.0%) 1,334,635円 334,635円
消費者金融 プロミスのロゴ(年15.0%) 1,427,375円 427,375円
アコム(年15.0%) 1,427,375円 427,375円

※利息制限法に基づいて100万円以上の借入れの金利は年15.0%以下になります。

銀行カードローンなら、最大で92,740円オトクに借りられます。

④300万円を8年間(96ヶ月)で完済した場合

300万円を8年間で完済した場合の、返済総額と利息額は以下の通り。

カードローン 返済総額 利息額
銀行 みずほ銀行のバナー(年7.0%) 3,926,449円 926,449円
三井住友銀行カードローン(年8.0%) 4,071,305円 1,071,305円
消費者金融 プロミスのロゴ(年15.0%) 5,168,200円 2,168,200円
アコム(年15.0%) 5,168,200円 2,168,200円

※利息制限法に基づいて100万円以上の借入れの金利は年15.0%以下になります。

銀行カードローンなら、最大で1,241,751オトクに借りられます。

銀行カードローンをおトクに借りられる人の条件3つ

低金利で借り入れできる銀行カードローンですが、実は「利用すれば誰でも得をする」というワケではありません。

銀行カードローンをおトクに借りれるのは、以下3つに当てはまる人です。

銀行カードローンでおトクに借りられる人の3つの条件
  1. 融資スピードよりも金利の低さを重視したい人
  2. 返済期間を6ヶ月以上で考えている人
  3. 消費者金融から借り換えをしたい人

①融資スピードより、とにかく金利の低さを重視したい人

銀行カードローンは、融資スピードよりも金利の低さを重視したい人にピッタリです。

前述の通り、下記に当てはまる人は銀行カードローンを選択するべきでしょう。

  • とにかく利息を節約したい人
  • 100万円以上の高額融資を希望している人

 

ただし、銀行カードローンは消費者金融のように即日融資には対応していないので要注意。

銀行カードローン 即日融資
みずほ銀行のバナー 劣っている
三井住友銀行カードローン 劣っている
オリックス銀行 劣っている
りそなカードローン 劣っている
千葉銀行カードローン「クイックパワー」 劣っている
補足:銀行カードローンが即日融資できない理由

即日融資できないワケは、警察への申込者情報の照会が必須になったため。

2018年以降、法律の改正により不正な貸付に対する取り締まりが厳しくなりました。

  • 申込者が反社会勢力に属していないか
  • 申し込んできた人が借金しすぎていないか

利用者の状況を厳重にチェックすることで審査時間が伸びてしまい、即日融資ができなくなったんですね。

(参考:銀行カードローンは自主規制で即日融資NGに…審査が厳しくなった問題点を総まとめ

どうしても今スグお金が必要!という人は、消費者金融カードローンに申し込むのがベターでしょう。

後悔しないためにも、金利だけで決めず「いつまでにお金が必要か」も重視してくださいね。

【今すぐお金を借りたいならJ.Score(ジェイスコア)がおすすめ】

J.Score(ジェイスコア)

今すぐお金が必要だけど金利も抑えたい…という人には、J.Score(ジェイスコア)がオススメです。

最短即日融資OKなうえに、金利は銀行カードローン顔負けの年0.8%(※)~12.0%

融資スピードの速さと、金利の低さの両方を兼ね備える優れたローンと言えるでしょう。

※年0.8%はみずほ銀行・ソフトバンクまたはワイモバイルおよび
Yahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用
(各情報連携で年0.1%ずつ金利引き下げ・最大で年0.3%引き下げ)

J.Score(ジェイスコア)の基本情報を見る
金利
(実質年率)
年0.8%※~年12.0%
利用限度額 10万円~1,000万円
利用条件 満20歳以上満70歳以下で国内に居住
安定かつ継続した収入が見込める
(永住権のない外国人の方も申し込みOK)
最低返済額 1,000円~
利用用途 自由

※年0.8%はみずほ銀行・ソフトバンクまたはワイモバイルおよび
Yahoo! JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用
(各情報連携で年0.1%ずつ金利引き下げ・最大で年0.3%引き下げ)

※即日融資できるカードローンについては、下記でも詳しく紹介しています。
即日融資OKの消費者金融カードローンおすすめ4選!今日中に借りる方法・流れもチェック!

たぬき博士
申込み先によるが、銀行カードローンの審査時間は最短で2日
低金利で借りられるなら2,3日くらい待てる」という人は、銀行カードローンに申し込むのもアリじゃのう。

②返済期間を6ヶ月以上で考えている人

返済期間を6ヶ月以上で考えている人も、銀行カードローンの利用がベストです。

実は消費者金融の中には、無利息期間という「期間中は利息0円になる」というサービスが使える申し込み先もあります。

短期の借り入れなら無利息期間を使ったほうが、おトクになることもあるんですね。
【無利息期間ありのカードローン徹底比較】金利0・利息なしをフル活用してタダでお金を借りよう!

ただ金額に関わらず返済期間6ヶ月以上だと、銀行カードローンのほうが利息を抑えられます。

【銀行カードローンと無利息期間のある消費者金融の利息比較】

  • 銀行カードローン(金利:年15.0%)
  • 30日間の無利息期間アリの消費者金融カードローン(金利:年18.0%)
30万円を借りた場合
完済までの期間 利息額
(消費者金融カードローン)
利息額
(銀行カードローン)
1ヶ月(30日) 0円 3,750円
3ヶ月(90日) 6,766円 7,530円
6ヶ月(180日) 1万3,635円 1万3,260円
9ヶ月(270日) 2万0,600円 1万9,059円
12ヶ月(360日) 2万7,668円 2万4,924円
24ヶ月(720日) 5万6,937円 4万9,104円
60万円を借りた場合
完済までの期間 利息額
(消費者金融カードローン)
利息額
(銀行カードローン)
1ヶ月
(30日)
0円 7,500円
3ヶ月
(90日)
13,534円 15,063円
6ヶ月
(180日)
27,270円 26,520円
9ヶ月
(270日)
41,200円 38,118円
12ヶ月
(360日)
55,336円 49,860円
24ヶ月
(720日)
113,874円 98,208円
90万円を借りた場合
完済までの期間 利息額
(消費者金融カードローン)
利息額
(銀行カードローン)
1ヶ月
(30日)
0円 11,250円
3ヶ月
(90日)
20,300円 22,593円
6ヶ月
(180日)
40,900円 39,780円
9ヶ月
(270日)
61,808円 57,177円
12ヶ月
(360日)
83,004円 74,784円
24ヶ月
(720日)
170,834円 147,312円

長期的な借り入れを検討しているなら、銀行カードローンの申し込みをオススメします。

③消費者金融からの借り換えを考えている人

銀行カードローンは、借り換えを考えている人にもオススメ。

そもそも借り換え先選びには、「金利による利息の負担をどれだけ減らせるか」が重要です。

特に消費者金融から借り換えるなら、低金利で利用できる銀行カードローンのほうが大幅に利息の負担を減らせます。

【50万円を借りていた場合】

■借り換え前

借入先 借入残高 利息額
アコムのロゴ(年18.0%) 50万 150,736円
返済する借金の合計 65万736円

■借り換え後

おまとめ先 借入残高 利息額
みずほ銀行カードローン(年14.0%) 50万円 123,988円
返済する借金の合計 240万8,640円

※返済期間はすべて3年間(36回)に合わせています。

→銀行カードローンに借り換えて利息額が26,748円オトクに!

今借りているカードローンの利息の負担が辛い…という人は、まずは銀行カードローンを検討してみてください。

銀行カードローンの金利の低さをムダにしないために返済期間に注意!

銀行カードローンの金利の低さをムダにしないためにも、返済期間の長さに注意しましょう。

実は、銀行カードローンは最低返済額が低めに設定されていることがほとんど。

業者 カードローン名 最低返済額
(限度額10万円の場合)
銀行 住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 2,000円
三井住友銀行カードローン 2,000円
横浜銀行のロゴ 2,000円
消費者金融 アコム 5,000円
プロミス 4,000円
アイフル 4,000円

当然ながら、毎月の返済額が少ないと返済期間が延びてしまいます。

場合によっては、消費者金融よりも利息が大きくなる可能性があるので要注意。

【10万円を借りた場合の比較】

カードローン 返済期間 利息額 返済総額
三井住友銀行カードローン

(最低返済額:2,000円)

78ヶ月 54,259円 154,259円
プロミスのロゴ

(最低返済額:4,000円)

32ヶ月 25,864円 125,864円

(※最低返済額とは毎月支払うべき最低限の金額のこと)
→消費者金融のプロミスより、三井住友銀行カードローンのほうが28,395円も利息が高い!

「金利も返済額も低い!ラッキー!」と飛びつかず、返済シミュレーションを使って返済計画をしっかり立てるのも重要です。

繰り上げ返済(随時返済)の活用で返済期間・利息をカットOK!

最低返済額が低い銀行カードローンは、繰り上げ返済」の活用で返済期間/利息をカットできます。

繰り上げ返済(随時返済)とは?

毎月の返済とは別に、返済日の前後に追加で返済すること。
入金したお金には利息がつかないので、全額返済に充てられます

元金(借りたお金の残高)が減るスピードが早くなる分、完済までに支払う利息が少なくなるのがメリットです。

完済までに少額の繰り上げ返済を数回するだけでOK。

実際に下記のケースでは、5,000円の繰り上げ返済を4回しただけで返済期間/利息がガッツリ減っています。

【三井住友銀行カードローンで10万円借りた場合】

■最低返済額(2,000円)だけで完済

カードローン 返済期間 返済総額 利息額
三井住友銀行カードローン(年14.5%)  78ヶ月 154,259円   54,259円

■最低返済額(2,000円)+随時返済(5,000円×4回)で完済

カードローン 返済期間 返済総額 利息額
三井住友銀行カードローン(年14.5%)  58ヶ月  133,656円  33,656円

返済期間が20ヶ月短縮・利息が20,603円オトクになった!

また「隔月で1,000円だけ上乗せする」「コツコツ貯めた10万円を一気に入金する」など、自分の都合に合わせられるのもうれしいポイント。

余裕があるときは、少しでも多めに返済することを心がけましょう。

銀行カードローンの金利の相場は、年15.0%程度
年18.0%程度の消費者金融と比べても、かなり低金利なのは一目瞭然です。

利息を安く抑えたい!という人は、銀行カードローンを検討するといいでしょう。

ただ、銀行カードローンは誰が利用してもオトクというワケではありません。

銀行カードローンの低金利がメリットになるのは、以下のいずれかに当てはまる人です。

銀行カードローンをおトクに借りられる人の条件3つ
  • 融資スピードよりも金利の低さを重視したい人
  • 返済期間を6ヶ月以上で考えている人
  • 消費者金融からの借り換えを考えている人

銀行系カードローンの”ガチ”おすすめ6選!条件が良い銀行系の選び方

また金利の低さをムダにしないためにも、繰り上げ返済の活用を心がけるのがベター。

「低金利×返済期間の短縮」で、銀行カードローンを最大限おトクに使えること間違いナシです。

スポンサーリンク

関連記事