アイフルは金利は高い!が、無利息サービスで激安借入できます。

こんな人がアイフルで得をする

大手消費者金融であるアイフルの金利は、4.5%~18.0%

最初に適用されるのは最高金利の18.0%なので、金利は高いといえます。

ただしアイフルは銀行カードローンにない、30日間の無利息サービスがあるんですね。

  • アイフルの利用がはじめての人
  • 少額の融資でOKな人
  • 短期間で完済できる人

これらの人にとっては、銀行カードローンよりアイフルのほうが、おトクに利用できる可能性が高いです。

この記事では高金利のアイフルでも、おトクに利用できる裏ワザについて解説していきます。

アイフルの金利は銀行カードローンと比べると高め!

アイフルの金利は低くない!

以下はアイフルの金利と、他社の大手カードローンを比較した表です。

消費者金融カードローン 金利
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 4.7%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
銀行系カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%~14.5%
ひめぎんクイックカードローン 4.4%~14.6%
千葉銀行カードローン 1.7%~14.8%
スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9%
セブン銀行カードローン 15.0%(固定)

この表からわかるように、アイフルの金利は低くありません

銀行カードローンと比べると、アイフルの金利はむしろ高いといえるでしょう。

しかしこの金利の差を埋めるのが、消費者金融の無利息サービスなんですね。

カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

どこのカードローン会社でも「▼%~△%」というふうに、金利には「幅」があります。このとき、実際に適用されるのはどちらの金利…

アイフルの申込はこちら

無利息サービスは30日間!期間内に返済すれば利息はタダ!

アイフルには無利息サービスがある

アイフルを利用するのが初めてならば、30日間の無利息サービスがあります。

無利息期間内に借り入れ額を全額返済してしまえば、利息は実質ゼロにすることも可能です

アイフルの無利息期間は契約日翌日

画像引用元:アイフル公式サイト

無利息サービスの起算日は、契約日の翌日です。
契約日の10日後に融資を受けた場合は、10日分の無利息期間がムダになってしまうので注意しましょう。

無利息期間内に追加融資を受けた場合
無利息期間内に完済して再度借り入れた場合

アイフルの無利息サービスで具体的にどれだけおトクになる?

アイフルは少額融資・短期返済に有利

無利息期間があるアイフルと、無利息期間がない銀行カードローンの利息を比べてみました。

アイフルの利息の計算方法

利息=利用残高 × 契約年率 ÷ 365日 × 利用日数 

<例:10万円を借り入れて10日で返済した場合の利息>
493円=10万円 × 18.0% ÷ 365日 × 10日

【10万円を借り入れて3ヶ月(90日)で返済した場合の利息比較】

銀行カードローン(15.0%・無利息サービスなし)の場合
⇨ 利息は3,698円

アイフル(18.0%・無利息30日間)の場合
⇨ 利息は2,958円

⇨ 両社の利息の差は740円

アイフルのほうが、おトクに利用できることがわかりますね。
もう少し金額を大きくしてみましょう。

30万円を借り入れて3ヶ月(90日)で返済した場合の利息比較】

銀行カードローン(15.0%・無利息サービスなし)の場合
⇨ 利息は11,095円

アイフル(18.0%・無利息30日間)の場合
⇨ 利息は8,876円

⇨ 両社の利息の差は2,219円

次は50万円を借り入れた場合を見てみましょう。

50万円を借り入れて3ヶ月(90日)で返済した場合の利息比較】

銀行カードローン(15.0%・無利息サービスなし)の場合
⇨ 利息は18,493円

アイフル(18.0%・無利息30日間)の場合
⇨ 利息は14,794円

⇨ 両社の利息の差は3,699円

計算上では、低金利の銀行カードローンよりも、高金利のアイフルのほうがおトクであることがわかりました。

高金利の消費者金融ではありますが、無利息期間によって高金利をカバーしています。

50万円借り入れた場合では、アイフルと例示した銀行カードローンは、180日で返済した場合に利息が同額になる計算です。

それ以上の期間、借り続ける場合は、アイフルの利用が損をすることになるんですね。

アイフルの返済シュミレーション早見表

区分 返済期間 返済回数 各回返済金額 総返済額
100,000円 2年8ヶ月 32回 4,000円 126,194円
2年 24回 5,000円 119,712円
1年 11回 10,000円 109,106円
300,000円 3年 36回 11,000円 388,481円
2年 24回 15,000円 359,163円
1年 12回 28,000円 329,383円
500,000円  4年10ヶ月 58回 13,000円 750,581円
4年 47回 15,000円 697,928円
3年 34回 19,000円 640,412円

※適用金利が18.0%の場合
参考:アイフル公式サイト

アイフルの申込はこちら

アイフルを利用しておトクになる人・損をする人はコチラ!

高額融資・長期返済はアイフルの利用は不向き

消費者金融アイフルの無利息サービスを利用して、得をする人・損をする人をまとめました。

【消費者金融アイフルでおトクになる人】
・アイフルの利用が初めての人
・3ヶ月以内に完済できる人
・30万円までの融資で十分な人

【消費者金融アイフルで損をする人】
・過去にアイフルを利用したことがある人
(無利息サービスが適用されません)
・50万円を超える高額の融資をのぞむ人
・1年を超える長期の返済を考えている人

アイフルの無利息サービスを有効活用するためには「少額融資・短期返済」であることが必要なんですね。

アイフルの利用を検討している人は、カードローンの利用計画をしっかり立てて、損をすることのないようにしましょう

⇨「高額融資・長期返済」を希望する人におすすめの銀行カードローンはこちら

アイフルの申込はこちら

アイフルで金利を引き下げたいなら「増額審査」!

アイフルは増額審査で金利を下げることができる

アイフルの高金利は増額審査によって、引き下げることが可能です。
アイフルの公式サイトでは適用金利について、以下のように説明されています。

-補足-
・借入金額50万円までは年18.0%、借入金額100万円~300万円は年15.0%、借入金額300万円超
は年12.0%で借入れされ、約定日制(毎月25日などの一定日)にて返済する場合を想定しております。
・契約年率が、これらより低い場合は、返済回数等は更に少なくなります。

金利がどれほど下がるかは、増額審査の結果次第です。
利用限度額が100万円以上になるならば、15.0%以下まで金利が下がるのは確実です。

利用限度額 金利の上限
50万円以下 18.0%
100万円以上  300万円以下 15.0%
300万円超  500万円まで 12.0%

増額審査を受けるために、最低限クリアしておきたいポイントは2つ。

  • アイフルを6ヶ月以上利用している
  • 利用している間に延滞をしていない

アイフルの増額審査を詳しく知りたい人は、以下の記事をご参照ください。

アイフルで限度額を増額するための極意を、ひとつ残らず伝授します。

アイフルの限度額を上げるなら、増額審査に通る必要があります。増額審査の受け方と、審査に通るコツを、教えます。

アイフルの申込はこちら

アイフルの無利息期間は契約日の翌日!おトクをフル活用しよう!

ポン太
アイフルのメリットって即日融資だけだと思ってたんですが、無利息サービスも魅力的なメリットですね。
たぬき博士
消費者金融はアイフルに限らず軒並み高金利じゃ。そこを無利息期間でカバーしておるんじゃな。
ポン太
無利息期間が効くのって契約日ですか?それとも借り入れた日ですか?
たぬき博士
アイフルの無利息期間は契約日の翌日からスタートじゃ。契約から借り入れまでに間が空くと、無利息期間が終わってたということもあるから気をつけるんじゃぞ。

アイフルの申込はこちら

アイフルカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事