【ここだけの話】アイフルの審査は甘い?審査を通りやすくするコツを伝授。

aiful-judgement-1

アイフルの審査通過率は46.0%と業界トップクラスです。申し込んだ人の2人に1人がアイフルの審査に通過して契約できていることになります。

他社大手カードローンと比較してみるとアイフルの審査通過率がどれだけ高いかがわかります。

カードローン 審査通過率
アイフル 46.0%
プロミス 43.4%
新生銀行カードローンレイク 37.9%

※申込した人のうち、何人が審査に通ったかの割合(%)。2016年4月~12月の平均値を計算(小数点第2位以下は切り捨て)。

アイフルには他のカードローンと違って、銀行などの親会社(運営会社)が存在しません。

  • プロミス→三井住友フィナンシャルグループが運営
  • 新生銀行カードローンレイク→新生銀行が運営
  • アイフル→アイフルが直接運営

このことからアイフルは銀行・親会社の目を気にすることなく独自のしなやかな審査基準を持つことが可能です。

自分の目で見て審査できる分「お金を貸したい人に貸せる」ので、アイフルは46.0%の高い審査通過率を維持できます。

アイフル審査を左右する、たった2つの審査基準

アイフルの最低限満たしておくべき審査基準とは?

審査通過率の高いアイフルでも、キャッシングするには最低限でも満たすべき審査基準があります。

アイフルの審査に落ちる人はこの審査基準を満たしていないことが考えられます。

 アイフルの、たった2つの審査基準
  1. 申し込み条件を満たしいてる
    ◆20歳以上70歳未満
    ◆安定した収入がある
  2. 信用情報に事故記録(ブラック)がない

この2つの基準さえクリアしていれば「アイフルで1円も借り入れができない」ということはまずないでしょう。

審査基準①:申し込み条件を満たしている

アイフルの申し込み条件は2つ。

  • 20歳以上70歳未満
  • 安定した収入がある

申し込み条件はこれだけです。難しいものではありません。

20歳以上70歳未満

アイフルに申込できるのは、20歳以上70歳未満の方です。幅広い年齢層の人が申し込みできるように、年齢制限の幅も広くしてあります。

ただし未成年の方や70歳以上の方は申し込んでも審査に通りません。

また65歳以上の方は、年齢が70歳を超えるとアイフルから追加で借入することができなくなりますので注意してください。

安定した収入がある

アイフルの審査に通るには毎月定期的に収入を得ている必要があります。ただ安定した収入と言っても年収が多い少ないということは問題になりません。

アイフルの言う安定した収入とは毎月収入があるかどうかです。そのため幅広い雇用形態の人が申し込むことができます。

【アイフルに申し込める人】

公務員、正社員、契約・派遣社員、
パート・アルバイト、学生、自営業

※専業主婦・年金受給者は申し込み不可

たとえパートやアルバイトで数万円の収入であっても、毎月お給料をもらっていれば「安定した収入」として見てもらえます。

ただし収入のない専業主婦は申し込み条件を満たしていないためアイフルに申し込むことはできません。また年金も「収入」としてみなしてもらえません。

もしあなたがアイフルの安定収入の条件を満たせないなら、専業主婦や年金受給者でも借り入れできる銀行系カードローンを選びましょう。

専業主婦・年金受給者でも借りれるカードローンはコチラ!

審査基準②:信用情報に事故記録(ブラック)がない

信用情報に事故記録が残っている、いわゆるブラックリスト入りしている人は審査に通りません。

信用情報にはあなたを識別する以下のような本人情報が細かく記録されています。

  • 本人情報(氏名・生年月日・住所・電話番号など)
  • 過去のローン・クレジットの利用情報(利用業者・契約の種類など)
  • 過去の借入と返済に関する情報

あなたが過去5年の間に以下のいずれかで支払いを延滞したことがあるなら、事故記録として信用情報機関に残っていることになります。

  • カードローン
  • クレジットカード
  • 携帯電話料金
  • その他キャッシングサービス

アイフルはカードローンの審査をするとき、あなたが過去に延滞していないか必ず信用情報と照会します。

この時信用情報に延滞した記録が残っていると、ほとんどの場合審査には通りません。誰もお金を返してくれない人にお金は貸したくないですよね?

ただ事故記録として残るのは3ヶ月の延滞から。1週間支払いが遅れたくらいなら問題ありません。

アイフルの申込はこちら

アイフルの審査で見られる審査項目をチェック!

ここからは少しでもたくさん借りたいという方のためにアイフルの審査項目を表にしてまとめました。

審査項目  評価基準
雇用形態  正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト>自営業
 勤続年数 長ければ長い方が高ポイント
年収 多ければ多い方が高ポイント
居住区分 自己所有>社宅>賃貸>寮
居住年数 長ければ長い方が高ポイント
他社借入件数 件数が少ないほうが高ポイント

※審査項目をクリック・タップすると詳細が見れます。

審査項目はあくまで審査にプラスになるかどうかの目安です。「評価が低いから審査に落ちる」というものではありません。

「当てはまっているものがあればラッキー」くらいの軽い気持ちで参考にしてください。

雇用形態

【審査に有利な雇用形態】

正社員

派遣社員・契約社員

パート・アルバイト

自営業

アイフルは幅広い雇用形態の人が申し込みできます。例えパート・アルバイトでも毎月給料をもらっていればOK。

ただし雇用形態はどれだけ生活が安定しているかを測る基準です。審査に大きく影響することは否定できません。

失業しにくい正社員はそれだけ評価が高くなる傾向があります。
もしあなたが正社員なら何の心配もなくアイフルに申し込むことができます

だからといってパート・アルバイトが審査にマイナスというわけではありません。雇用形態だけがアイフルの審査ではないので安心してください。

勤続年数

【勤続年数が長いとプラス!】

3年以上(審査に大きくプラスポイント!)
1年以上(審査にプラスポイント!)
半年以上(審査に影響はなし)

勤続年数は長ければ長いほど有利

長く同じ職場で働いているということは「これからも長く働いて収入が安定するだろう」と評価にプラスです。

そのため「パート・アルバイトだから雇用形態では良い評価は受けられない」と落胆する必要はありません。

年収が低くても勤続年数が長ければ審査に大きくプラスになります。

年収

【年収多ければたくさん借りれる】

年収 ÷ 3(※)=借り入れできる金額

※総量規制:借り入れの合計が年収の3分の1まで制限される規制

事実、年収は多ければ多いほど借り入れできる額も増えていきます

アイフルのような消費者金融カードローンは総量規制により利用者の年収の3分の1までしかお金を貸せません。

年収が高くなればなるほど、3分の1の上限もあがっていくので必然的に借り入れできる金額も増えますよね。

しかし裏を返せば、どんなに他の審査項目の評価が良くても、借り入れできる金額が年収の3分の1を超えることはありません。

居住区分

【審査に有利な居住区分】

自己所有・持ち家

社宅

賃貸マンション・賃貸アパート

寮・公営住宅・下宿

賃貸より持ち家のほうが評価が高いのは、返済トラブルが起きたときに連絡が取れなくなる「夜逃げリスク」が少ないからです。

また持ち家でも住宅ローンを組んでいる人はさらに評価が高くなります。

住宅ローンの審査はカードローンと比べものにならないくらい審査が厳しいです。
その住宅ローンを組めているわけだから、それだけ返済能力が高いだろうと判断されます。

だからといって賃貸だと絶対に審査に落とされるという意味ではありません。あくまで審査する上で1つの要素として見られるだけです。

居住年数

【居住年数は長ければ有利】

【3年以上】
審査有利、限度額アップのチャンス!

【1年~3年未満】
審査にあまり影響しない

【1年未満】
限度額を低く抑えられる可能性あり

たとえ賃貸マンションやアパートに住んでいても居住年数が長いとアイフルの審査には有利に働きます。

賃貸の場合、毎月家賃を支払わなければいけません。アイフルはその家賃を毎月支払っていることに注目して、

「毎月家賃を支払えるのだから返済能力もある」
「収入が安定している」

と判断してくれます。同じ場所に長く住んでいる人は利用限度額アップのチャンスです。

他社借り入れ状況

【他社借り入れ件数少なければ有利】

←件数が少ないと有利
0件>1件>2件>3件以上

アイフルに申し込む段階で、すでに他社カードローンやキャッシンサービスを利用している方は注意。

他社借入件数が多いと返済に追われる可能性があるため、限度額が低く抑えられることがあります。

「件数は多いけど、金額はそこまで多くないから大丈夫では?」

審査では借入合計額よりも借入件数のほうが審査に大きく影響します。たとえ借入残高が0円でも不利です。

逆に借入件数は少なければそれだけ有利。他社借り入れ件数がゼロなら、それだけでも大きな加点ポイントになります。

アイフルの申込はこちら

アイフルの審査を有利にするために今からできること

これからアイフルを申し込もうとしているあなたに、今からでもできる審査を有利にするための対策を紹介します。

  アイフルの審査を有利にするための対策
  1. 他社カードローンの借入件数を減らす
  2. 複数のカードローンを同時に申し込まない
  3. 情報は正確に入力する

アイフルの審査通過率は46.0%と高い確率で審査に通ります。

せっかくこれだけ審査に通りやすいカードローンなのに、カンタンにできる対策が不足していただけで審査落ちたのではもったいないですよね?

今できることは今やってアイフルの審査を有利に運びましょう。

対策①:使っていないローンは解約する

acom-review-4

使っていないクレジットカードやキャッシングサービスは必ず審査前に解約しましょう。

アイフルの審査ではあなたの信用情報から、現在の他社借り入れ状況をみられます。
例え使っていなくても他社との契約があるだけで審査では大きくマイナス

他社カードローンを契約したままにしておくと、アイフルから「もしかしたら複数の借り入れで返済に支障がでるかも」と警戒される可能性があります。

逆に使っていないローンを解約すると信用情報には「ローンを完済・解約した」と記録されてアイフルからは高評価、審査の追い風になります。

対策②:複数のローンを同時に申し込まない

not-borrow-1

複数のカードローンを同時に申し込むのはNG
それだけでアイフルの審査に落ちる申し込みブラックになる可能性が非常に高くなるので注意しましょう。

あなたが同時に他社カードローンを申し込んでいることは審査の段階で必ずバレます

他社と同時に申し込むと、

「お金に困っているのかな?」
「すぐに借り換えされそうだから審査は落とそう」

とアイフルにマイナスの印象を与えてしまいかねません。申し込みはアイフル1社に集中しましょう。

対策③:申し込み情報は正確に入力する

acom-review-7

アイフルに申し込むときは情報を正確に入力するようにしましょう。
当たり前のことのように聞こえますがとても重要な事です。

ここで入力情報に誤りがあると「ウソをついた」と判断されかねません。もちろん意図してウソを入力することは絶対NG

「多少年収を盛ってもバレないだろう」

ウソは審査で100%バレます。審査の専門家の目はごまかせません。プロはあなたの

  • 会社情報
  • 勤務形態
  • 年齢

などの本人情報からおおよその年収は割り出せます。審査を通過するための最短距離はウソをつかないということです。

せっかくの審査通過率、活かさない手はありません。

ポン太
アイフルはもともと審査が厳しくないうえに、審査基準を満たすのもそれほど難しくはなさそうですね。
たぬき博士
うむ、そうじゃな。せっかくの審査通過率の高さを無駄にせんように、しっかりと審査基準をチェックしておくんじゃぞ。

アイフルの申込はこちら

アイフルカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事