アコムの審査を超詳しく解説してみた!「審査に落ちた」は都市伝説?

公式サイトで公表されている、2016年8月時点でアコムの審査通過率は48.2%
※画像をクリックすると拡大して見れます。

getsutugi

※引用元:アコム公式サイト

審査通過率とは「はじめてカードローンに申込んだ人のうちに何人が審査に通るかを割合(%)」にしたものです。

アコムの審査通過率48.2%は、新規貸付に強い大手消費者金融ならではですね。

はじめてアコムに申し込んだ人の、約2人に1人が審査に通過している計算になります。積極的にお金を貸そうとする姿勢がうかがえます。

銀行カードローンに申し込んだけど厳しい審査に通過できなかったという人でも、アコムに申込む価値はあるでしょう。

アコムのカードローンで最低限満たしておくべき申し込み条件

審査通過率が48.2%のアコムでも、キャッシングするには最低限満たしておくべき申し込み条件があります。

  アコムの最低限満たしておく申し込み条件
  1. 申し込み資格を満たしている
    ◆20歳以上69歳以下
    ◆安定した収入がある(年収が少なくてもOK!)
  2. 信用情報に事故記録(ブラック)がない

この2つの申し込み条件さえクリアしていれば、アコムの審査に100%落ちるということはありません。

申し込み条件①:アコムの申し込み資格を満たしている

アコムに申し込むための資格を満たしていなければ、そもそも審査に通りません

アコムの申し込み資格はたった2つ。

  • 年齢が20歳以上70歳未満
  • 安定した収入があること

これだけなら難しくありませんね。

年齢が20歳以上70歳未満

アコムに申し込みできるのは年齢が20歳以上70歳未満の人です。

公式ホームページには20歳以上としか書かれいていません。しかし実際にアコムに電話で問い合わせると「70歳以上のお客さまはお申し込みできません」という回答をいただきました。

そのためアコムに申し込みできるのは69歳までになります。

安定した収入があること

アコムの申し込みに「安定した収入」は絶対条件です。アコムに申し込みできる人とできない人を表にまとめました。

雇用形態 申し込み
公務員 maru
正社員 maru
契約社員・派遣社員 maru
パート・アルバイト maru
学生 maru
経営者・個人事業主 maru
専業主婦 batsu
働いていない年金受給者 batsu

安定した収入と言っても年収が多い少ないということは問題になりません。

アコムの言う安定した収入とは額がどうであれ毎月収入があるかどうかです。たとえ数万円であっても毎月お給料をもらっていれば「安定した収入」として見てもらえます。

パート収入であまり毎月の給料が少ないという方でも十分借り入れできる可能性はあるということです。

ただし自分で収入がない

  • 専業主婦(主夫)
  • 年金受給者

などは申し込むことができません。専業主婦や年金受給者は収入がなくても借り入れできるカードローンを選びましょう。

専業主婦・年金受給者でも借り入れできるカードローンはコチラ!

アコムが少ない収入でも審査をしてくれる理由

どうしてアコムは毎月の給料が少なくても審査をしてくれるのでしょうか?

それはアコムの最低返済額も毎月3000円~と少ないからです。

例えば毎月パート収入で給料が5万円だという方がアコムから10万円借りたとしても、毎月の返済額は3000円。(返済期間「5年」の場合)

毎月収入の10分の1以下の負担にしかならないので、アコム側からしても「収入が少ないから毎月返済してもらえない」とは考えにくいですよね。

申し込み条件②:信用情報に事故記録(ブラックリスト)が残っていないこと

アコムの審査は事故情報(ブラック)が残っていると厳しくなります

もし信用情報機関に事故記録が残っていると、審査通過が難しくなることも考えられます。

信用情報機関にはあなたが過去に利用したことのあるローン商品やクレジットカードの記録(信用情報)が残っています。

事故記録として残る代表例
  • 返済や支払いを3ヶ月以上延滞・滞納したことがある
  • 債務整理・自己破産したことがある
  • ローンの利用停止、強制退会されたことがある

例を見るとわかるように、かなり重大なトラブルを起こさないと事故記録として残ることはありません。

延滞といっても1週間程度の返済遅れくらいなら事故記録として残らないので、安心して申し込んで大丈夫です。
※ただし他のカードローンの返済を1日でも延滞・滞納していると、アコムの審査は難しくなります。必ず延滞・滞納は解消してから申し込むようにしてください。

アコム関連のカードローンで延滞したことがあるなら注意!

これがあればアコムの審査に有利!アコムの審査項目を紹介!

アコムの審査を有利にする審査項目を紹介します

5万円~10万円くらいの借り入れならこれまで紹介した申し込み条件を満たせば十分です。

しかしそれはあくまで最低限の申し込み条件。そこからどれくらいお金を借り入れできるかはこれから紹介する審査項目次第となります。

アコムの審査項目  評価基準
雇用形態 公務員>正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト>自営業
 勤続年数 長ければ長い方が高ポイント
年収 多ければ多いほどたくさん借りれる
居住区分 自己所有>社宅>賃貸>寮
居住年数 長ければ長い方が高ポイント
家族人数 少なければ有利
他社借り入れ状況 件数が少ないほうが高ポイント

※↑審査項目をクリック・タップすると詳細が見れます。

審査項目でアコム側に「返済能力が高い」と判断されれば、借りれるお金も多くなります

アコムが審査するのは、

  • 収入:入ってくるお金
  • 支出:でていくお金

の2つ。入るお金だけでなく、出ていくお金も一緒に見ているということを忘れないでください。収入に対してどれだけ支出があるかで評価は大きく変わってきます。

入ってくるお金が少なくても、それに合わせて出ていくお金を低く抑えていれば良い評価をもらうことができるでしょう。

審査項目はプラスされていくもの

これから紹介する審査項目はあなたがアコムからどれだけ多くお金を借りれるかの判断基準です。

審査項目に当てはまらなかったから審査がマイナスに働くということではありません。審査項目は当てはまればどんどんプラスになっていくもの。

「自分が有利になる項目があればラッキー!」くらいの気持ちで参考にしてください。

雇用形態

【審査に有利な雇用形態】

正社員

派遣社員・契約社員

パート・アルバイト

自営業・個人事業主

雇用形態収入の安定性に大きく関係してくるものです。

正社員のような失業しにくい雇用形態は、それだけ評価が高くなります。もしあなたが正社員なら何の心配もいりません。自信を持ってアコムに申し込みましょう。

派遣社員・契約社員パート・アルバイトのような非正規雇用者でもアコムの審査に通る可能性は十分あります。

自営業・個人事業主の方は収入面でも安定性が評価されにくく加点ポイントはあまりなさそうです。安定した収入をどれだけアピールできるかがカギになります。

ただしアコムの審査項目は雇用形態がすべてではありません。有利な雇用形態じゃなくてもその他の項目でカバーできるので安心してください。

勤続年数

【勤続年数が長いとプラス!】

3年以上(審査に大きくプラスポイント!)
1年以上(審査にプラスポイント!)
半年以上(審査に影響はなし)

勤続年数は長ければ長いほど有利です。

例えパート・アルバイトでも、同じ職場に長く勤めていればそれだけでポイントアップ。

同じ職場でずっと仕事をしているということは、今後も安定して仕事をするだろうという期待が高評価につながります。

年収が低くても勤続年数が長ければ審査はパスしやすくなります。

年収

【年収多ければたくさん借りれる】

年収 ÷ 3(※)=借り入れできる金額

※総量規制:借り入れの合計が年収の3分の1まで制限される規制

年収は多ければ多いほど借り入れできる最高の額も増えていきます

これはアコムがあなたの年収を評価しているわけではなく、カードローンは総量規制により年収の3分の1までしかお金を借り入れできない決まりになっているから。
(参考:カードローンの総量規制をあなたの脳みそに叩き込みます。

年収が高くなればなるほど、3分の1の上限もあがっていくので必然的に借り入れできる金額も増えます。

ただし年収それ自体がアコムの審査通過に影響することはほとんどありません。実際アコムに契約している人の年収を表にまとめました。

年収 割合(%)
200万円以下 22.9%
200万円超500万円以下 59.9%
500万円超700万円以下 11.2%
700万円超1000万円以下 4.8%
1000万円超 1.2%

参考:アコムIR資料「データブック」※2016年12月統計

もしもアコムの審査に年収が大きく影響されるのなら、年収200万円以下の人が22.9%もいるはずがありませんよね。

年収は最高いくら借りれるかの目安として審査されると考えるのがいいでしょう。

居住区分

【アコムの審査に有利な居住区分】

自己所有・持ち家

社宅

賃貸マンション・賃貸アパート

寮・公営住宅・下宿

賃貸より持ち家のほうが評価が高いのは、返済トラブルが起きたときに連絡が取れなくなる(夜逃げ)リスクが少ないからです。

また持ち家でも住宅ローンを組んでいる人はさらに評価が高くなります。

住宅ローンの審査はカードローンと比べものにならないくらい審査が厳しいもの。
その住宅ローンを組めているわけだから、それだけ返済能力が高いだろうと判断されます。

また社宅も評価にはプラスポイント。社宅をもてるほどの大手企業に勤めているということから評価が高くなります。

居住年数

【居住年数は長ければ有利】

【3年以上】
審査有利、限度額アップのチャンス!

【1年~3年未満】
審査にあまり影響しない

【1年未満】
限度額を低く抑えられる可能性あり

たとえ賃貸マンションやアパートに住んでいても居住年数が長いとアコムの審査には有利に働きます。

賃貸の場合、毎月家賃を支払わなければいけません。

アコムはその家賃を毎月支払っていることに注目。「毎月家賃を支払っているのだから返済能力もある」と好意的に見てくれます。

家族人数

【家計を共にしている人数が少なければ有利】

←人数が少なければ有利
独身 > 既婚(子供なし) > 独身(子供あり) > 既婚(子供あり)

※扶養外の人は人数に含まれません。

家族人数とは、あなたが

  • 独身なのか既婚なのか
  • 子どもが何人いるか

ということです。

家族の人数が多いと、それだけ家計が負担になるということで「出ていくお金は多いだろう」と判断されます。

ここで注意してほしいのはアコムのいう家族人数とは「家計を共にしている家族の人数」です。たとえ身内でも扶養や家計が別なら家族人数には数えられません。

例えば結婚していても、両方が働いていて別々の保険に入っていたりすると不利にはならないということです。

他社借り入れ状況

【他社借り入れ件数・限度額が少なければ有利】

←件数が少ないと有利
0件>1件>2件>3件以上

アコム以外にカードローンで借り入れをしているという方は、

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ限度額
    注意※借り入れ金額・残高ではない!

などが評価の分かれ目です。他社から融資を受けているということはそれだけ「返済に追われやすくなる」ということ。

逆に借入件数は少ないほうが有利です。もしも他社借り入れ件数がゼロなら、それだけでも大きな加点ポイントになります。

アコムの審査をさらに有利にする4つのポイント

これからアコムを申し込もうとしているあなたに、ここで審査をさらに有利にするコツを3つ紹介します。

  アコムの審査を有利にするためにやること
  1. 使っていないローンを解約する
  2. 複数のローンを同時に申し込まない
  3. 情報は正確に入力する
  4. 在籍確認の対策をする

自分ではあまり気にしていなかったことが、実は審査に大きく影響することがあります。

本当はもっと借り入れできたのに、詰めが甘くて借り入れできるお金が減らされるのはもったいないですよね。なるべく不安要素を全部無くしてアコムの審査にのぞみましょう。

ポイント①:使っていないローンは解約する

使っていないカードローンは解約しておきましょう

財布を開いて中を確認して使っていない

  • カードローン
  • クレジットカード
  • 消費者金融からの融資商品
  • その他キャッシング・金融商品

などがあれば申し込む前に解約しておきましょう。アコムの審査ではあなたの信用情報から現在の他社借り入れ状況をみられます。

今は使っていなくても他社カードローンを契約したままにしておくと「もしかしたら返済に支障がでるかも」と警戒されます。

逆に使っていないローンを解約すると信用情報には「ローンを完済した」と記録されてアコムからは高評価、審査の追い風になります。

できる限り他社キャッシングは解約してから申し込むようにしましょう。

ポイント②:複数のローンを同時に申し込まない

アコムに申し込んだタイミングで別のカードローンに申し込むと審査落ちしやすくなります

複数のカードローンを同時に申し込むことは避けるようにしましょう。

審査の時点で信用情報を見れば複数のカードローンに申し込んでいることがすぐにバレます。

一気にたくさんカードローンを申し込んでいると「この人はかなりお金に困っているな」と判断され、アコムの審査には不利に働くことになります。

申し込んだらアコムの審査に集中しましょう。

ポイント③:申し込み情報は正確に入力する

アコムの審査でウソはバレます。正確な情報を入力するようにしましょう

アコムに申し込むときは情報を正確に入力するようにしましょう。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ!」と思うかもしれませんが、何度でも言っておきたいほど重要なことです。

ここで入力情報に誤りがあると「ウソをついた」と判断されかねません。もちろん意図してウソを入力することは絶対NG。審査ですぐにバレます。

幸いアコムのインターネット申し込みフォームは入力しやすい設計です。しっかり確認して入力ミスの内容にしましょう。

ポイント④:在籍確認の対策をする

電話はあなたの部署から1番近い番号を伝えましょう

在籍確認とはあなたが本当に申し込んだ勤務先に勤めているか確認することです。在籍確認の方法は大きく分けて2つ。

  • 職場への電話連絡
  • 職場に勤めているとわかる書類(社会保険証など)での確認

アコムの在籍確認は基本的に職場への電話連絡。電話といっても、早ければ1分以内で終わるサラッとしたものです。

ただし、

「電話をかけても誰も電話にでない」
「本人が勤めていると確認できない」

などの理由で審査に落ちることもあります。

電話はスムーズにあなたの仕事場につながるよう、あなたに1番近い電話番号を伝えましょう。

アコムの審査は万全の準備でのぞむべし!

ポン太
ボクは20歳以上で正社員だから最低限の申し込み条件は満たしていますね。過去に延滞したこともありません。
たぬき博士
最低限の申込条件を満たしておるなら、それほど審査を不安がる必要はないじゃろう。
ポン太
あとは審査項目次第でどれくらい借り入れできるかが決まってくるんですね?
たぬき博士
その通り。審査項目でおぬしがどれだけ信用できるかを見られるから、しっかり準備して審査にのぞむんじゃ。
アコムカテゴリーへ戻る

関連記事