アコム申し込み前に用意すべき必要書類を解説!50万円未満なら収入証明書不要!

アコムへの申し込みには書類の提出が必要です。

とはいってもアコムに提出する書類はすぐに準備できるものばかり。難しく考える必要はありません。

アコムの必要書類

借り入れする金額が50万円未満なら運転免許証のような本人確認書類1枚だけ提出すればOK。運転免許証ならすぐ準備できますね。

アコムに申し込む前にあらかじめ必要な書類をチェックしておきましょう。

アコムの申し込み・書類の提出方法はコチラ!

50万円未満のキャッシングなら本人確認書類だけで申し込みできる

acom-documents-1

アコムは50万円未満の借り入れなら、本人確認書類だけ用意すればOKです。

収入証明書はすぐ準備できるものばかりではないので、できるなら本人確認書類だけで申し込みたいですよね。

本人確認書類は1番ベストなのが運転免許証です。

  • 顔写真
  • 住所
  • 生年月日

免許証には必要な情報がすべてそろっているので、本人確認書類の中でもダントツに信用のあるものといえます。

もし手元に運転免許証があって借り入れ額が50万円以下なら、他に書類は必要ありません。その場でスマホ・PCから申し込みできます。

アコムの申込はこちら

50万円以上借り入れの方は収入証明書もチェック!

他社との借り入れ合計が100万円を越えたら収入証明書が必要

アコムでの借り入れが50万円に満たないのに収入証明書の提出を求められることがあります。

いろいろな理由が考えられますが1番多いのが、アコム以外の業者でお金を借り入れしているケースです。

すでに他業者で借り入れしている金額と、今回アコムに申し込んだ金額の合計が100万円を超える場合、例えアコムの借り入れ希望額が50万円未満でも収入証明書の提出が必要になります。

免許証が無いならその他の顔写真付き書類でもOK!

運転免許証を持っていない方はそれ以外の本人確認書類を提出すればOKです。

ただし書類に本人の顔写真がついていない場合、合わせて現住所がわかる書類を提出しないといけません。

別に書類を準備するのは正直面倒ですよね。余計な手間を無くすためにも、なるべく顔写真付きの本人確認書類を選ぶようにしましょう。

アコムで提出できる本人確認書類のうち、顔写真がついているのは次の2つ。

  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバー)
  • 住民基本台帳カード ※顔写真つきのもの

それぞれ提出する時に注意するポイントを添えながら説明していきます。

パスポート

acom-documents-2

パスポート顔写真付きの本人確認書類としては有効です。

ただしパスポートでありがちなのが、記載されている住所が古いままになっていること。パスポートを提出するなら住所の確認をしっかりとしておきましょう。

個人番号カード(マイナンバー)

acom-documents-03

アコムは個人番号カード(マイナンバーカード)も本人確認書類として有効です。

法令により裏面はコピーしてはいけないことになっています。提出するときに必要になるのは表面だけです。

マイナンバーを受け取ったときに一緒についてくるケースに入れておけば表面に記載されている「臓器提供意思表示欄」も隠せます。

ケースが無いという方はふせんなどを貼って隠す処理をしておきましょう。

※マイナンバーカードをまだ発行していない方は、インターネット上で交付申請をすることができます。(⇒マイナンバーカード総合サイトへ

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード(住基カード)も本人確認書類として有効です。

ただし住民基本台帳カードを本人確認書類として提出する場合、顔写真付きのものでなければいけません。

顔写真なしでカードを発行しているという方は、アコムで本人確認書類としては使えないので注意してください。

外国籍の方は追加書類あり

外国籍の方は本人確認書類のほかに以下のいずれかの書類を合わせて提出してください。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書※有効なもの
現住所と本人確認書類の住所が違ったらどうする?

アコムの申込はこちら

50万円以上借り入れの方は収入証明書もチェック!

本人確認書類は健康保険証でも可能。ただし追加の提出書類あり

acom-documents-4

以前まで主流だった本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」そして「健康保険証」の3つ。

しかし2016年10月1日以降、犯罪収益移転防止法の改正に伴い、保険証などの顔写真がない本人確認書類は現住所の分かる書類の提出が必要になりました。

保険証を提出する方は、少し不便ですが以下のいずれかをあわせて提出するようにしてください。

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)※携帯電話は除く
  • 納税証明書

※どれも発行日・領収日6ヶ月以内のものに限られます。

今手元に必要書類が無くても申し込みはOK

家に帰れば必要書類が全部そろうのに、外出中で手元に書類を準備できないという人もいることでしょう。

アコムの場合、書類を提出するのは申し込みが完了して仮審査を通過した後です。

別に今手元に書類を用意できなくても、

  1. スマホで申し込みを済ませておく
  2. 仮審査の結果を受け取る
  3. 家に帰ってから必要書類を提出する

という流れを取ることもできます。

まずアコムに申し込んでおいて、仮審査の結果を確認してから書類を準備しはじめても遅くはありません。

アコムの申込はこちら

50万円以上のキャッシングには収入証明書が必要

アコムは借り入れ額が50万円を超える場合、本人確認書類の他に収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書はアコムに申し込みした人の返済能力をはかるための書類です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県税決定通知書
  • 所得証明書

ここで挙げた書類のうちいずれか1つのコピーを提出しましょう。

源泉徴収票

acom-documents-5

源泉徴収票収入証明書として1番信頼されます。

源泉徴収票は所得額・納税額などその人の収入に関する情報がどの書類よりも詳しく書いてあるので、できれば源泉徴収票を提出するのが望ましいです。

アコムに提出する源泉徴収票は最新のものを準備しましょう。

源泉徴収票の入手方法

給与明細書

acom-documents-6

源泉徴収票が準備できないという方は直近1ヶ月分の給与明細書を収入証明書として受け付けてくれます。

ここで確認してほしいのが給与明細書に以下の項目がきちんと記載されていることです。

提出する給与明細に必要な6項目

  • 本人の氏名
  • 発行年月
  • 勤務先名(発行元)
  • 月収
  • 住民税(地方税)の記載があること
    ※住民税の記載が無い場合は直近2ヶ月分の給与明細書を提出してください。
  • 勤務先の社判または社印
    ※給与明細書が手書きの場合に必要。担当印のみでは受け付けてくれません。

また入社が前年1月以降の方は、原則として直近の給与明細書2ヶ月分を提出してください。

給与明細書の入手方法

税額決定通知書または所得証明書

acom-documents-7

もしなんらかの理由で源泉徴収票と給与明細書のどちらも準備できないなら、

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書

のいずれかを収入証明書として提出することができます。どちらも「最新年度」のものを提出するようにしましょう。

市民税・県民税決定通知書の入手方法
所得証明書の入手方法
書類に個人番号(マイナンバー)が記載されている場合は隠してから提出

マイナンバー制度が始まってから市区町村で発行される書類によっては個人番号が記載されているものがあります。

アコムに個人番号の記載がある書類を提出する場合は、必ず個人番号を隠す処理をしてから提出するようにしてください。

必要書類はしっかり確認してから申し込もう!

ポン太
本人確認書類はすぐに準備できるものばかりですね。
たぬき博士
しかし顔写真が無いものや現住所と違うものは、合わせて現住所の分かる書類が必要になるから注意が必要じゃぞ。
たぬき博士
収入証明書は市・区役所や勤務先に発行してもらう必要があって用意するのに時間がかかりやすい。できるだけ本人確認書類だけで済ませたいところじゃ。

アコムの申込はこちら

アコムカテゴリーへ戻る

カードローンの学び舎イチ押し!
職場への電話連絡なしが可能!モビット

モビットバナー
モビットがオススメの理由
  • 利用限度額は800万円!高額の借り入れにも対応!
  • 勤務先への電話連絡がない!書類での在籍確認もOK♪
  • 夕方6時までに申し込みで土日の即日融資にも対応♪
  • 審査時間は最短30分
    (申込の曜日、時間によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • WEB完結申し込みで自宅への郵送物はなし
    家族バレの心配はありません!

CMでもおなじみ、知名度抜群の『モビット』!
土日の即日融資も可能だから、急な出費やおサイフがピンチの時の心強い味方

書類での在籍確認OKで、自宅への郵送物もゼロにできるから、カードローンの利用が誰にもバレたくない人にはうってつけです♫

数あるカードローンで迷っているなら、モビット一択で決まり!

モビットの申込はこちら

 

関連記事