カードローンの総量規制をあなたの脳みそに叩き込みます。

ポン太
この前会社の同僚に相談を受けたんですが、どうやら200万円くらいをカードローンで借りたいと思っているみたいなんです。
たぬき博士
そうなのか。つかぬことを聞くが、その人の年収はいくらくらいかわかるか?
ポン太
僕と同期なのでおそらく400万円くらいだと思います。
たぬき博士
それなら、銀行カードローンに申し込むように言ってやるといいぞい。
ポン太
え?何で消費者金融じゃダメなんですか?
たぬき博士
それにはのぅ、総量規制というものが関係しておるんじゃ。

総量規制とは

総量規制の範囲内
総量規制とはみなさん1人1人が借りることができるお金を年収の3分の1に制限する取り決めのこと。例えば、年収が300万円の方は総量規制で最大100万円までしかお金を借りることができません。

また総量規制で制限されるのは、カードローン会社1社からの借入ではなく、対象となる全ての借入額の合計になります。

例えば年収300万円の方は、カードローン会社1社から100万円以上借りることができないのはもちろん、他のカードローン会社からの借入も含めて年収の3分の1までしか借りることができないということです。

金融機関3社からそれぞれ50万の借入をする場合は、借りるお金の合計が150万円になってしまうので総量規制オーバーということになります。

しかしすべての借入が制限されるわけではありません

総量規制の対象は消費者金融・信販系・クレジットカード会社の借入

総量規制は貸金業法という法律の中で取り決めされています。貸金業法とは「賃金業者」の貸し出しについて定めた法律のこと。総量規制の対象となるのは、次に紹介する3つの賃金業者になります。

  • 消費者金融
  • 信販系キャッシング会社
  • クレジットカード会社

消費者金融はアコムやプロミスなどの大手消費者金融から、街金(地元に住む人しか利用できない小規模の消費者金融)まで、金貸しを中心に営業している企業のことです。

信販系キャッシング会社は有名どころでいうとオリックス銀行楽天銀行です。クレジットカード会社から派生してキャッシング業務にまで手を広げたのが信販会社になります。

注意すべきなのはクレジットカードの借入も総量規制の対象になるということです。ショッピング枠は気にしなくても大丈夫ですが、キャッシング枠を作っている場合はその枠の分だけお金を借りていると見なされてしまいます。(参考:与信枠は目いっぱいの借入があると見なされる

総量規制の下では、この3タイプの金融機関からの借入合計が年収の3分の1までに制限されます。

総量規制の対象を「除外」の観点から

総量規制には「除外」の取り決めがあります。賃金業者の中でも以下に当てはまるものは、年収の3分の1まで借入できるということです。

総量規制の「除外」一覧

消費者金融、信販系キャッシング、クレジットカード会社でのキャッシングは上記のどの除外項目にも当てはまりません。

「除外」の観点から見ても、この3社からの借入が総量規制の対象になることがわかります。

総量規制対象外は銀行カードローン!

銀行カードローンは規制外

賃金業者に当てはまらない銀行のカードローンは総量規制の対象ではないので、年収の3分の1を超える場合でもお金を借りることができます。総量規制ができてから、銀行カードローンは総量規制対象外カードローンと呼ばれるようになりました。

ただし総量規制対象外だからといって、銀行で好き放題借りることができているわけではありません。銀行はあくまで「総量規制に縛られないでお金を貸している」だけであって、審査で返済能力をしっかり精査してから見合ったお金を貸し出しているということは覚えておきましょう。

専業主婦(主夫)の方は銀行カードローンを利用しよう

収入のない専業主婦と総量規制の関係

専業主婦(主夫)の方は夫や妻の収入をもとに生活しています。家事などを一生懸命こなしているとは思いますが、ご自身の収入自体はは「0」ですよね。

「0円の3分の1は0円」になるので、総量規制の観点から消費者金融などの賃金業者は基本的に専業主婦(主夫)の方に対してお金を貸すことができません。

しかし総量規制対象外の銀行なら、収入がない専業主婦にお金を貸しても問題ないことになります。

実際に「専業主婦OK」としている銀行もありますので、カードローンの利用を考えている専業主婦(主夫)の方は銀行への申し込みを検討してみてください。

朗報!専業主婦は銀行カードローンなら審査に通るらしい!

収入がない専業主婦の方でもカードローンを利用することができますが、申し込み先が限られてきます。専業主婦の方はどこに申し…

銀行が総量規制対象外なワケ

銀行は貸金業法とは別の法律(銀行法)に基づいてお金を貸し出しています。銀行は総量規制がある貸金業法の影響を受けないので、年収の3分の1以上のお金を借りることができるというわけです。

銀行法の中でも「年収の○○以上まで」という貸し出し制限はありません。

総量規制に関する素朴な疑問

ポン太
総量規制についてはだいたい理解できました!ただちょっと気になることがあります。
たぬき博士
何かね?遠慮せず言ってみるんじゃ。
ポン太
銀行と消費者金融の組み合わせでお金を借りた時の総量規制はどうなるんですか?
ポン太
あと万が一総量規制を超えて借入してしまった場合はどうなるのかも気になります!
たぬき博士
そうかそうか。今から説明するからよく聞いておくんじゃぞ。

銀行と消費者金融で借りた場合はどうなるのか

年収30万円の場合

総量規制は消費者金融を初めとした賃金業者からの借入だけを規制するものです。消費者金融や信販系キャッシング会社の借入が年収の3分の1までなら、+αを銀行から借りても問題ありません。

例えば年収300万円の人が150万円の借入があるとします。この場合総量規制でMAX借りることができるお金は100万円なので、150万円を全て消費者金融から借りているとなると総量規制オーバーになってしまいますね。

しかし消費者金融で80万円、銀行で70万円というように別々に分けて借りる分には大丈夫です。総量規制に触れてしまうのは借入額の合計ではなく、賃金業者からの借入額の合計になります。

総量規制に違反するとどうなるのか

総量規制に違反してもこちらに落ち度ナシ

ただ何かの手違いで、総量規制を超えて消費者金融から年収の3分の1以上借りることができてしまった場合はどうなるのでしょうか。

この場合は総量規制オーバーで借りてしまった人に落ち度はありません。返済の一括請求を求められたり、事故情報が記録される(ブラックリスト)ことはないので安心してください。

悪いのは総量規制を超えて貸し出してしまった賃金業者の方で、賃金業者は営業停止や自粛などのペナルティーを受けることになります。

消費者金融でも総量規制の対象外(例外)になる場合アリ

消費者金融や信販系キャッシング会社でも総量規制オーバーの年収の3分の1以上の借入ができる場合があります。

総量規制の「例外」に当てはまる貸し付けをうける場合は、年収の3分の1を超える場合でもお金を借りることが可能です。

総量規制の例外となる貸付

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

引用元:日本貸金業協会HP

おまとめローンを組む場合

総量規制の例外①おまとめローン

顧客に一方的有利となる借り換え」とはおまとめローンのことです。

おまとめローンを組むということは「お金を返すためにお金を借りる」ということになります。膨らんでしまった借金の返済を手助けするものがおまとめローンなので、おまとめローンを組んで今より借金が増えてしまうことはありません。

借り換えても借金が膨らんでしまうことがないので、総量規制を超えていてもセーフだというわけですね。

おまとめローンは総量規制対象外!年収が低くても遠慮はいらない!

おまとめローンを組みたいけど「総量規制に引っかかるのが不安」という方必見! 実はおまとめローンなら消費者金融でも総量規…

緊急時に必要なお金を借りる場合

総量規制の例外②

「緊急の医療費の貸付け」「社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け」はこのパターンに当てはまります。

手術をするためにお金が必要」な時に総量規制が理由でお金が借りれないことはないということです。

「社会通念上緊急」という説明はぼんやりしすぎていて少しわかりにくいかもしれませんが、具体的には葬儀費用などやむを得ない事情がある場合だと考えてください。総量規制のせいで葬式をあげることができないということはありません。

配偶者貸付制度を利用する場合

総量規制の例外③

配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」は配偶者貸付制度のことです。配偶者貸付制度とは、収入が少ない(あるいは無収入)の方でも配偶者の収入があればお金を借りることができる制度になります。

ただ配偶者貸付ができる消費者金融や信販系キャッシング会社は少ないのが現状です。(参考:配偶者貸付制度について

ビジネスローンを利用する場合

総量規制の例外④

「個人事業主に対する貸付け」はこのパターンに当てはまります。

個人事業主や法人向けのビジネスローンを利用する場合は、申し込み先が賃金業者であったとしても年収の3分の1以上のお金を借りることができる場合があります。

総量規制対象外!抑えておきたいビジネスローンのルール

ビジネスローンを利用する方は、ある程度まとまった金額を必要としている場合が多いでしょう。そこで気になるのが総量規制の存…

銀行のローンを申し込んでから融資までに時間がかかる場合

総量規制の例外⑤

「預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け」はこのパターンに当てはまりますが、カードローンの利用のみを検討している方は気にしなくても大丈夫でしょう。

例えば住宅ローンを組んだ場合などが大きく関わってきます。新築で家を建てる場合、基本的に住宅ローンの融資は家が完成(竣工)してからスタートです。

ただ新築で家を建てる場合、着工金(工事の手付金)や中間金(工事がある程度進んだ時に支払うお金)が必要になってきます。住宅ローンの融資はまだ始まってないので、手元にお金がない場合は別でお金を借りないといけません。

要するに住宅ローンの融資を受けるまで持ちこたえるための資金が必要だということです。このような資金のことを「つなぎ資金」といいます。

つなぎ資金のためのローンプランを用意しているには信販系キャッシング会社に多いのが特徴ですが、総量規制を超えている場合でもつなぎ資金のためにお金を借りることができます。

総量規制はカードローン利用者を守るための制限だった!

ポン太
そもそも何で総量規制ができたんですか?カードローンを利用する人はお金をたくさん借りられた方が嬉しいし、消費者金融もたくさんお金を貸せた方が利息で儲かるはずなのに。
たぬき博士
総量規制ができる前は「どんどんお金が借りられること」に問題があったんじゃ。実は総量規制ができたからこそ、お金を借りる側もお金を貸す側もうまく回るようになったんじゃぞ。

「なんで借りることができるお金が制限されるの?」「もっとお金を借りたいのに!」総量規制について嫌気がさしている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし総量規制がなかったらみなさんは見境なくどんどんお金を借りてしまうのではないでしょうか。

総量規制が適用されるまでは、消費者金融は上限なくどんどんお金を貸し出すことできたので、自分の年収や返済能力では返すことができない借金を抱える方が続出しました。

キャッシングに次ぐキャッシングで多額の借金を抱えた果てに自己破産。お金を返してもらえなくなった消費者金融、自己破産してしまった顧客、どちらの立場もいいことなしでした。

そんな状況を変えるために行われたのが貸金業法の改正です。みなさんが返すことのできないほど多額の借金を抱えてしまわないために、「お金を貸すこと」を根本から変える必要があったんですね。

不法地帯からの脱却!改正賃金業法でカードローンが安心・安全に!

賃金業法が改正されカードローンが以前よりも安心・安全に利用できるようになりました。当記事では法改正前と後で何がどう変わ…

貸金業法改正の一環として、新たに定められたものが総量規制です。総量規制で消費者金融から借りることができる金額が制限されたことで、多額の借金を抱えて自己破産する人は少なりました。

自己破産者数の推移グラフ
参考:知るぽると 金融広報中央委員会

総量規制が段階的に適応され始めた2006年から自己破産者数が減っているのがわかると思います。

総量規制は、「借りすぎ」が原因で足が回らなくなってしまわないように皆さんを守るための制限だったというわけです。

カードローンの利用には総量規制の理解も必須!

ポン太
総量規制って「対象外」や「例外」があって奥が深いですね。「規制」と聞くとちょっと嫌なイメージがしましたが、実は僕たちを守るためのものだったというのにはちょっと驚きました。
たぬき博士
そうじゃろ。カードローンを利用する上で総量規制は重要なキーワードじゃからな。しっかりおさえておくように。
ポン太
わかりました!要はカードローンを初めて利用する方は「銀行以外では年収の3分の1以上借りることができない」と覚えておけばよさそうですね。
たぬき博士
その通りじゃ。総量規制のことを知らないと「借りたい金額を借りれなかった」ということにもなりかねんからのぅ。
ポン太
博士!今日はありがとうございました!
カードローンの基礎知識カテゴリーへ戻る

関連記事