カードローンの返済を詳しく説明!返済方法から遅延したときの対処法まで丸分かり!

たぬき博士
カードローンの返済方法は特殊じゃから、利用をする前にしっかりと学んでおくのが無難じゃ。
たぬき博士
毎月の返済額を最小に抑えられる業者から、返済方法・延滞した時にどうすればいいのかまでここで返済に関わることを全て説明しておるぞい。

【カードローンの返済額】

「返済額はどのように決まるの?」「返済額が安いカードローンはどれ?」返済方式や、カードローンごとの返済額の情報を知りたい方はチェックしてみてください。

【カードローン返済の種類】

基本的な返済方法の他に、随時返済・即日返済など少しでもオトクに返済するための裏技を紹介します。

【カードローンの延滞】

「もし返済を忘れてしまったら…」返済を延滞してしまった時に正しく対処するための情報です。焦る前に要チェック!

【カードローン返済にまつわるエトセトラ】

「返済期間に関する疑問や」「非常事態の場合の対応」「完済後の契約」など返済に関する他の情報です。気になる項目をタップしてみてください。

返済で選ぶならプロミス

プロミス バナー
返済方法 ①口座振替 ②インターネット返済 ③ATM返済
④コンビニ返済 ⑤来店返済 ⑥銀行振り込み
最低返済額 1000円(~2万7000円)
随時返済 可能
即日返済 可能
返済日 5日、15日、25日、末日から選択※
返済手数料 口座振替、インターネット返済、ATM(プロミス・三井住友)、コンビニ返済、来店返済は手数料ゼロ

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の金融機関で口座振替をする場合は5日で固定

最低返済額は1,000円と超低額です。みずほ銀行、三井住友銀行など大手銀行の最低返済額が1万円であることを考えると金額の低さを実感できますね。

プロミスからの借入れ金額と最低返済額の変化

また返済方法も豊富で、インターネットでの返済や三井住友のATMからの返済なら手数料なしで利用できます。

下の記事で詳しくプロミスの返済について説明をしているので参考にしてください。

借りた後で困らないために!プロミスの返済全部のせ!

多彩な返済方法ゆえに、どれにするか迷ってしまっている方は必見!プロミスのカードローンを手数料をかけずに返済できる方法教…

カードローン特有のリボ払い(リボルビング払い)では毎月定額を返済

カードローンのリボ払い

ほとんどのカードローン会社は、毎月定額を返済していくリボ払いを採用しています。例えばリボ払いで毎月5万円を返済すると決めたら、完済まで返済額は変わらず毎月5万円です。

リボ払いの特徴は以下の2つです。

  1. 借入残高が減っても返済額は変わらない
  2. 追加で融資を行っても返済額は一定

以下で例を挙げながら詳しく見ていきましょう。

借入残高が減っていっても返済額は変わらない

借入残高

返済を毎月繰り返し借入残高が少額になったからといって、返済額が少なくなったりはしません

(例1)20万円を借入し、毎月の返済額が4万円の場合

返済額 借入残高
借入月 20万円
1か月目 4万円 16万円
2か月目 4万円 12万円
3か月目 4万円 8万円
4か月目 4万円 4万円
5か月目 4万円 0

上の例の5か月目のようにリボ払いで決められた返済額は、借入残高が少額になっていても1か月目と変わりません。

追加で融資を行っても毎月の返済額は一定

返済額一定

リボ払いでは追加の借入は、残高に足されていきます。追加の融資をしても毎月の返済額は変わらず一定です。

(例2)毎月の返済額を4万円とし20万円を借入し、3か月目で追加で20万円借りた場合。

返済額 借入残高
借入月 20万円
1か月目 4万円 16万円
2か月目 4万円 12万円
3か月目 4万円 28万円
(8万円+20万円
4か月目 4万円 24万円
5か月目 4万円 20万円

3か月目で追加で20万円を融資しましたが、返済額は変わらず4万円です。借入残高が増額したからといって、リボ払いでは返済額が上がることはありません。

リボ払いについて詳しくは以下の記事を参考にしてください。

カードローンの返済はリボ払い(リボルビング)が主流!これさえ押さえればOK!

カードローンの返済は「リボルビング払い」という方法で行われます。またリボルビング払いには多くの種類があり理解するのがと…

カードローンの返済方法は手数料無料の自動引き落としに

自動引き落としのメリット

カードローンの返済方法は以下の5つです。

  • 自動引き落とし
  • 専用ATMからの振込
  • 提携ATMからの振込
  • 銀行振込
  • インターネット返済

この5つの返済方法の中でオススメは自動引き落としです。業者ごとに手続きがありますが、基本的に手数料が無料で自動で返済を行うことができます

カードローンの返済は一般的に完済までに2.3年かかることが多いです。この長いスパンを考えると一回の手数料は少額でも、有料の返済方法と無料の方法を選ぶのではのちのち大きな差となります。

また自動で返済を行うことができるので、うっかり返済をし忘れていたということを防止できるのもプラスのポイントです。

カードローンの返済方法について詳しくは下の記事を参考にしてください。

絶対に手数料を払いたくない方注目!0円のカードローン返済方法教えます

毎月銀行やATMに足を運んで、カードローンの返済ををするのは面倒ですよね。また、手数料を払うのも、少額だとしてももったいな…

カードローンで余裕のあるときに利用したい返済方法

カードローンでは決まった期日に行う返済以外にも、余裕のある時に毎月の指定額以上を返していける仕組みがあります。

繰り上げ返済・随時返済

随時返済

繰り上げ返済・随時返済とはどちらも、毎月の決まった返済額以上にお金を返していくことです。

繰り上げ返済・随時返済を行うと、完済までにかかる日数を減らすことができます。返済期間が短くなり最終的な利子分が減るので、総返済額を減らすことが可能です。

返済額が減るのは大きなメリットですので、余裕がある月は積極的に繰り上げ・随時返済を行いましょう。

ただし追加で返済を行ったからといって、来月の返済分が減るわけではないので要注意です。決められた最低返済額分が払えなくなっては元も子もないので、計画的に利用していきましょう。

総返済額が減る魔法。カードローンの繰り上げ返済とは。

カードローンの返済をスムーズにするための方法の1つに繰上げ返済があります。繰上げ返済することで元金を減らして利息を抑え…

返済を早く終わらせる!!カードローンは随時返済・増額返済で短期勝負!

カードローン返済の一番のコツは「随時返済」です。随時返済をすることで、返済期間を短縮して支払総額を減らすことができます…

即日返済

即日返済

即日返済とは借入をしたその日のうちに返済を行うことです。例えば朝にカードローンを利用し、給料が入った午後に返済を行うといったケースが挙げられるでしょう。

即日返済の特徴は金利がかからないことです。金利がかからず利子が発生しないので、当日中に返済が行える方は是非即日返済を行いたいですね。

即日返済でカードローンを利息0円で!気になるやり方を教えます

「今日の午後給料が入るんだけど、どうしても午前中にお金が必要だ…」こんなことが起こり得るかもしれません。すぐに返済できる…

カードローンの返済を延滞してしまった時

カードローンの返済を延滞してしまった時に皆さんが気になるのは以下の3点でしょう。

  1. 延滞をした時に貸金業者が何をするのか
  2. 信用情報に傷が付くのか(ブラックリスト入り)
  3. 返済が遅れそう・遅れてしまったら何をしたらいいのか

以下で順番に解説をしていきます。

①延滞をした時の貸金業者の対応

返済を延滞するとどうなる?

カードローンの返済が遅れると貸金業者は以下の順番で、催促をします。

  1. 手紙や電話で返済を催促する
  2. 督促状を届ける
  3. 取り立てをする
  4. 一括での返済を要求する
  5. 差し押さえ

カードローン会社が圧迫的な態度で催促をすることは決してないです。ただし最初の手紙や電話を無視することは絶対にしてはいけません。

督促状や取り立てが始まると家族や会社に延滞をしていることがバレる可能性もありますので、必ず最初の段階で返事をすることが大切です。

絶対に確認!カードローンで延滞をしてしまった時の対処法

当記事では返済が遅れたらどうなるのかと対処法を詳しく説明します。皆さんが気になる貸金業者の対応や信用情報への影響をまと…

②一定期間以上延滞をすると信用情報に傷が付く

延滞長引くと

カードローン会社によって異なるのですが、一般的に3カ月以上返済が遅れると信用情報に傷が付くといわれています。また短い期間の延滞でも、何回も繰り返してしまうとブラックリスト入りする可能性があるので注意しましょう。

一度「延滞」として記録されてしまうと、数年はどこの金融機関でもカードローンやその他ローンの利用はできなくなります。

【衝撃の真実】事故情報は消える!?あなたはもうブラックリストじゃないかも!?

事故情報が記録されてしまうとローンを組むことができなくなります。そんな事故情報は何年で消えるのでしょうか。様々な条件・…

③延滞をしてしまったらすぐに電話をしよう

延滞したらすぐ電話

返済が間に合わなそう、延滞をしてしまった時は、すぐに利用している消費者金融に電話をしましょう

延滞時に最も大切な事は電話で、返済を行う意思があると伝えることです。貸金業者によっては電話によって、催促の手紙・電話を止めてくれるところもあります。

また消費者金融に限りますが、業者によっては返済期日を先延ばしにしてくれることがあるそうです。

絶対に確認!カードローンで延滞をしてしまった時の対処法

当記事では返済が遅れたらどうなるのかと対処法を詳しく説明します。皆さんが気になる貸金業者の対応や信用情報への影響をまと…

カードローンの返済に関するQ&A

Q1.契約期間が終わったら返済はどうなる?

A1.契約期限が過ぎても返済額・返済期限などは変わりません。

契約期間

カードローンの契約期間は自動で更新されるので特に心配することはないでしょう。

ただ契約期間の更新時に再審査が行われるので、延滞などを繰り返していると最悪強制解約される可能性もあります。他にも信用が落ちている場合、再審査によって限度額が下げられることも。

契約の更新時に限ったことではないのですが、返済の遅れなどは無いように細心の注意を払いましょう。

カードローンの契約期間の後を解説!返済期限に怯えるあなたはこれで安心!

カードローンには、契約期間があります。しかし契約期間内に返済を終えなければならないというわけではありません。今回はその…

Q2.返済ができない状況になったらどうしたらいい?

A2.金銭的な理由でどうしても返済をすることが難しくなってしまったら、利用中の貸金業者に連絡をしましょう。

返済できない時の対処方法

カードローン会社に連絡をするメリットは以下の3点です。

  1. 金利を引き下げてくれる・借入額を減らしてくれる可能性がある
  2. 事前に相談をすることで失う信用が少ない
  3. 催促を止めてもえる可能性がある

弁護士事務所の中には報酬通りの仕事をしてくれない会社も存在します。ですので法律の知識が全くない状態ですぐに弁護士に相談するのは避けた方が賢明でしょう。

また一人で悩んだり、最悪逃げてしまおうなどと考えるのは絶対にやめましょう。

カードローンの返済ができない人へ。これ以上悩まないで相談しよう

「借金が膨らみ、これ以上返済していくのは難しい。」そんな方は、一人で解決しようとせずに、まずは相談することから始めまし…

Q3.カードローンを完済したら解約ってした方がいい?

A3.同じ貸金業者を利用する予定なら解約しない方がよく、その予定がない・他のカードローンを利用するつもりであれば解約をした方がいいです。

解約すべきケース

近い将来同じ業者でカードローンを利用する予定がある場合に解約をしてしまうと、再度申し込み手続きをしなくてはいけません。とても面倒なことですし、再契約をすると条件の良かった金利や限度額が元に戻ってしまうこともあります。

一方で今後同じ貸金業者でのカードローン利用予定がない時は、完済が終わり次第すぐに解約をしましょう。解約をしないと他のカードローン・住宅ローン会社から、「借金がある状態」とみなされます。

他社での借り入れがあると誤解され、他の貸金業者での審査で不利にならないため完済後はすぐに解約するのがいいでしょう。

カードローンを完済してそのままは損をする!まだ間に合う解約方法

カードローンの返済が終わったら解約した方がいいのか。どうやったら解約できるのか。カードローンの解約について徹底解説しま…

Q4.返済と貯金はどっちが先?

返済が優先

A4.お金に余裕ができた時は、貯金よりも返済を優先させるようにしましょう。

理由としてはお金を銀行に預けても0.02%~0.12%といった超低額の金利しか貰えないからです。一方でカードローンの金利は3%~18%と高額ですので、返済期間を短くできればその分高い金利を払わなくもよくなります。

目先の小さな利益を取るのではなく、将来の大きな負担を少しでも取り除く方が賢い選択です。

カードローンの返済VS貯金・貯蓄!絶対に〇○をすべき

一定の収入がある方やまとまったお金が手に入った方は、返済をしなければいけないことはわかりつつも預金もしたいと考えると思…

Q5.返済中に死亡してしまったらどうなるの?

A5.相続人が遺産を受け取ると借金の返済義務も受け継ぐことになります。逆に相続を放棄した場合、相続人が返済をする必要はありません。

返済義務の相続

遺産と借金は常にセットになっていると考えると分かりやすいでしょう。遺産が借金よりも大きな場合は引き継ぎ、小さな場合は引き継がないことをオススメします。

また相続人が複数いる場合は、カードローン会社と相談し誰がどのうように支払いをしていくかを決めなくてはいけません。

カードローンの利用者が死亡したり病気になったら返済はどうなるの?

カードローン借り入れ人が病気になったり死亡したりした場合、借金はどうなるか。その際の対処法まで解説しています。