プロミス申し込みの前に見てほしい!自分に必要な書類がパパッとわかる!

ポン太
博士!カードローンをプロミスに申し込もうと思ってるんですが、用意するべき書類について教えていただきたいです。
たぬき博士
そうかそうか。プロミスにいくら申し込もうと思っているんじゃ?
ポン太
30万円くらいを考えています。
たぬき博士
それならポンタ君は本人確認書類だけを用意しておけば問題ないぞい。
経営者たぬき
博士!私は100万円をプロミスに申し込みたいと思ってます!
たぬき博士
それならお主は本人確認書類の他に収入証明書も用意しておくように。経営者だったら収入証明書は課税証明書でいいぞい。
ダメ吉
博士!俺は…
たぬき博士
わかったわかった。いちいち一人一人に説明しとったら埒が明かんからここでまとめて説明することにするわい。

申し込み金額別・属性別必要書類まとめ

たぬき博士
最初に「どんな人がどのくらいの金額を申し込むか」で必要書類を場合分けしておるぞ。

申し込み金額が50万円未満(他社あわせて100万円未満)の場合

プロミスの本人確認書類

この場合はどんな職種・雇用形態の方でも、用意すべきなのは本人確認書類だけになります。

複数の書類を用意する必要がないので、すぐにお金を借りたい方はあえて申し込み金額を少なくするのも1つの手です。

申し込み金額が50万円を越える(他社あわせて100万円を越える)場合

申し込み金額がある程度大きくなると、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要になります。

正社員・派遣社員・アルバイト・パートの方

正社員・派遣社員・アルバイト・パートの方の必要書類

この4タイプに当てはまる方は「本人確認書類+源泉徴収票or給与証明書」を用意しておけば大丈夫です。源泉徴収票や給与明細票が手元にない方は、勤め先で再発行してもらうようにしましょう。

プロミスの申込はこちら

個人事業主・自営業・経営者の方

個人事業主・自営業・経営者が必要な書類

この3つのタイプに当てはまる方は「本人確認書類+確定申告書or税額通知書or課税(所得)証明書」を用意しておいてください。

プロミスの申込はこちら

本人確認書類はマストで必要

カードローンに申し込む方なら、どんな方でも最低限必要になってくるのが本人確認書類です。

カードローン会社が「氏名」「住所」「生年月日」を確認できるように、申し込みの際には本人確認書類を提出しなければいけません。プロミスであってもどこであっても本人確認書類の提出は絶対に必要です。

本人確認書類のバリエーション

本人確認書類の種類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

この3種類の本人確認書類の中から1つを選んでプロミスに選択してください。プロミスの公式ホームページには「運転免許証をお持ちでない方はパスポート、健康保険証+1点(例:住民票)」と記載されているので、お持ちの方は【運転免許証】を提出するのがいいでしょう。

※平成28年10月1日より顔写真付きでない書類は、1点だけだと本人確認書類として認められなくなりました。
また顔写真がついた本人確認以外を使用する場合は、窓口か自動契約機まで必ず出向く必要があります。WEB完結申込はできません。

※マイナンバーカード(個人番号カード)を本人確認書類として提出する場合は、マイナンバー(個人番号)部分が見えないようにして提出してください。
⇒参考:マイナンバーカードの提出の参考例、プロミスHP

外国籍の方は別の確認書類も必要

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

外国籍の方は上記の本人確認書類に加えて、この2点の中から1点を本人確認書類と合わせて用意してください。

また法令により有効とみなされる期間内は、外国人登録証明書でも構いません。

本人確認書類に「現住所」が書かれているか要チェック

プロミスが皆さんに本人確認書類の提出を求める理由の1つが「現住所」の確認です。

例えば「運転免許証の住所が実家の住所になっている方」は、運転免許証で現住所の確認ができないということになります。【運転免許証】【パスポート】【マイナンバーカード】の中から今住んでいる自宅の住所が記載されている書類を選んで提出するようにしてください。

もし引っ越ししたばかりなどで、3点の書類のうち現住所が記載されているものがない場合は別で書類を用意する必要があります。

  • 公共料金(電気・ガス・水道・NTT)の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 国税や地方税の領収書(納税証明書も可)
  • 住民票の写し

この4つの書類の有効期限は発行されてから6か月以内です。書類を提出する際は発行日もあわせてチェックしておいてください。

「高額」の借り入れには収入証明書が必要

50万円超えの借り入れに必要な収入証明書

少ない金額の借入を申し込む場合は、本人確認書類以外の書類を提出する必要はありません。

しかし、ある程度「高額」の借入れを考えている方は収入証明書も併せて用意する必要があります。「高額」の基準は以下の通り。

  • プロミスに50万円を越える借入を申し込む場合
  • プロミスで新たにお金を借りることで借入の合計が100万円を超えてしまう場合

プロミスへの申し込み金額が50万円を越える場合は問答無用で収入証明書が必要になります。またプロミス自体に申し込む金額が50万円より少なくても、他から借りている金額との合計が100万円を越える場合も収入証明書が必要になるので気を付けてください。

【50万円以下を申し込んでも収入証明書が必要になるケースの具体例】
他社から70万円借りている状態で、プロミスに40万円の借入を申し込む場合は収入証明書が必要になります。
プロミス自体に申し込む金額は50万円以下ですが、他社との借入合計は110万円となり、収入証明書不要のボーダーライン100万円を上回ってしまうからです

収入証明書のバリエーション

プロミスに提出することができる収入証明書には次の5パターンがあります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 課税(所得)証明書
  • 給与明細書

源泉徴収票

源泉徴収票

源泉徴収票を提出する場合は、次の3点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 今の勤務先が書いてあるかどうか
  3. 年収が明記されているかどうか

また有効な源泉徴収票は前年度分になります。ただし申し込みが1月~2月の間の場合だけは、前々年度分の源泉徴収票でも受け付けてもらえます。

確定申告書

確定申告書

確定申告書を提出する場合は、次の2点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 「収入額」と「所得額」の欄が埋まっているかどうか

有効な確定申告書は、原則「今年度発行の確定申告書」です。例えば平成28年に申し込む場合は、平成28年度発行の確定申告書を提出しないといけないということです。

ただ申し込みが1月~3月の場合に限り、前年度に発行された確定申告書でも受け付けてもらえます。

確定申告書を提出する際のワンポイント

確定申告書にはマイナンバーを記載する場所があります。プロミスに確定申告書を提出する時は、マイナンバーの部分を黒く塗りつぶしてから提出するようにしてください。

税額通知書・課税(所得)証明書

税額通知書 課税証明書

税額通知書・課税(所得)証明書を提出する場合は次の3点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 「収入額」と「所得額」の欄が埋まっているかどうか
  3. 市区町村の発行印があるかどうか

有効な書類は「証明年度」が前年度のものになります。

例えば平成28年度に申し込む場合は、平成27年度の収入を証明する平成28年度発行の書類が必要になるということです。(税額通知書・課税証明書は前年度の納税を証明するもの)平成27年度発行の書類は受け付けてもらえないので気を付けてください。

ただプロミスに申し込むのが1月~6月の間なら、前年度に発行された確定申告書でも有効になります。

給与明細書

給与明細書

給与明細書は2ヵ月連続のものを1枚づつ用意する必要があります。その際は以下の4点に気を付けてください。

  1. 自分の名前が書いてあるかどうか
  2. 今の勤務先が書いてあるかどうか
  3. 「支給総額」の欄が埋まっているかどうか
  4. 直近2ヵ月の給与明細であるかどうか

例えば給料日が毎月20日の会社に勤めている場合、3月21日~4月19日までの間に申し込む際は2月と3月の給与明細書、2月21日~3月19日の間に申し込むなら1月と2月の給与明細書が必要になります。

加えてボーナスや賞与などがある方は、直近1年分の賞与(ボーナス)明細書も併せて提出するようにしましょう。

各収入証明書の入手方法

収入証明書の入手方法につきましては、別記事で詳しく解説していますので下記の関連記事を参考にしてください。

【必読推奨】カードローン審査の必要書類と入手方法マニュアル完全版!

カードローン審査に必要な書類にについて、バリエーションから入手方法まで徹底解説しています。 申し込みから借入までスムー…

自分の属性・申し込み金額に合わせて「必要な書類を必要なだけ」用意しよう

ダメ吉
じゃあ俺は派遣バイトで、20万円申し込もうと思ってるから本人確認書類だけでいけるんだな。免許書をもプロミスに提出するとするか。
たぬき博士
そうじゃな。現住所の確認も忘れたらいかんぞ。
経営者たぬき
私は場合は収入証明書を用意するのがちょっと大変ですね。前もって聞いておいてよかったです。
たぬき博士
必要書類は「最低限必要なものを必要な枚数だけ」用意するようにするといいおぞい。

プロミスの申込はこちら

プロミスカテゴリーへ戻る

関連記事