あまり知られてないプロミス金利の裏の顔!利息の安さは銀行並み?

ポン太
プロミスの金利「4.5%~17.8%」って実際のところどうなんですか?
たぬき博士
金利を見る上で重要なのは最高金利じゃからな。実は「最高金利17.8%」というのは消費者金融の中では若干低いが、カードローンの中では高い部類に入る。
ポン太
そうなんですね…じゃあプロミスでお金を借りるなら金利がネックになってしまうってことか…
たぬき博士
そんなことはないぞい!短期の借入れや、少額の借入れならプロミスの金利は気にしなくて大丈夫なんじゃ!

プロミスの申込はこちら

プロミスの金利は消費者金融の中で低い!銀行と比べると高め

たぬき博士
まずプロミスの金利が他のカードローンと比べてどうなのか比較してみたぞい。
プロミスの金利の立ち位置

以下がプロミスを含む大手消費者金融のカードローン4つ(プロミス・アコム・モビット・アイフル)とメガバンク3社のカードローン(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)の金利を比較したものになります。

 会社名  金利(実質年率)
 プロミス 4.5%~17.8%
アコム 4.7%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
三菱東京UFJ 3.5%~14.6%
三井住友銀行 4.6%~14.6%
みずほ銀行 4.0%~14.0%

注目すべきは最高金利です。例えばプロミスの場合、金利が「4.5%~17.8%」なら最高金利の「17.8%」に注目して金利を比較することが重要です。

カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

どこのカードローン会社でも「▼%~△%」というふうに、金利には「幅」があります。このとき、実際に適用されるのはどちらの金利…

比較表を見ればわかるように、プロミスの金利は消費者金融の中でやや低めの設定です。他の大手消費者金融の最高金利が軒並み18.0%の中で、プロミスの最高金利は0.2%低い17.8%になっています。

ただ銀行カードローンと比べると最高金利が3%程度高いので、カードローン全体で考えるとプロミスの金利は高いと言わざるをえません。

ポン太
なるほど。やっぱりプロミスの金利って高めなんですね。
たぬき博士
まあ銀行と比べるのはちょっとかわいそうな気もするんじゃが、事実プロミスの金利は低いとはいえんのじゃ。
たぬき博士
じゃがのぅ、これはプロミスの金利の表の顔じゃ。
ポン太
え??どういうことですか??
たぬき博士
例えば最高金利の17.8%で10万円を1年借りた場合、利息は10万円×17.8%で17.800円になると思うじゃろ?実はこれは違うんじゃ。
たぬき博士
プロミスには30日間無利息サービスがある。最初の1か月分の利息を払わんで済む分利息も安くなるんじゃよ。

いまさら聞けないカードローン金利の仕組み。数字が苦手なあなたも安心の丁寧解説

そもそも金利って何?計算方法は?利子や利息との違いは?今さら聞けない金利の基礎の基礎から丁寧に解説します。

実はプロミスの金利はもっと低かった!

 

プロミスは、新規申し込みの人に対して30日間無利息サービスを提供しています。初めてお金を借りた日から1か月間1円も利息が発生しないので、実際に支払う利息は「元金×金利」よりも少なくなります。

オトクさを追求するならプロミス!無利息とポイント会員でサービス無双!

プロミスのお得なサービス、「30日間無利息サービス」「会員ポイントサービス」について解説しています。プロミスのカードロ…

例えばプロミスで10万円を1年間(12か月)かけて返済した場合、プロミスの返済シュミレーション上では支払う利息が約9,894円になります。しかし、この返済シュミレーションには30日間無利息サービスが考慮されていません。

元金10万円に対して最初の30日間の利息「約1400円」分だけ支払う利息が少なくなるというわけです。

ポン太
プロミスの金利の裏の顔は「無利息サービスがあるから金利は見かけより安くなる」ってことですね。
たぬき博士
まあそういうことじゃな。

プロミスの申込はこちら

短期間や少額の借入ならプロミスの金利はネックじゃない!

ポン太
たしかにプロミスの「金利が高い」というイメージは少し和らいだ気がします。でも、それでもまだ利息が少なくて済むのは銀行カードローンなんじゃないですか?
たぬき博士
たしかにたくさんお金を借りたり、長期に渡って返済しようと思っている人にはワシも迷わず銀行カードローンをオススメする。
たぬき博士
しかし、少額のお金を短期間で返済しようと思っている人にとっては、低金利の銀行で借りようが、プロミスで借りようが利息はそんなに変わらないんじゃ。

見た目の金利だけを見ると「プロミスの金利は高いな…」と思うかもしれません。しかしカードローンを利用する人全員がプロミスの金利で損するわけではありません。

  • 緊急時にお金が必要ですぐに返済できる方
  • 少額を1年間くらいかけて返済しようと思っている方

このような方は、低金利の銀行で借りようが、ちょっと金利が高いプロミスでお金を借りようが支払う利息はほとんど変わりません。

ここではメガバンクのカードローンの中で最も低金利を誇るみずほ銀行カードローン(最高金利14.0%)と比較しながら、金利で利息がどのように変わるか見ていきます。

※厳密な利息を比較するために、利息計算には各社の返済シュミレーションを利用しています。また前提として、毎月同じ金額を返済するものとします。

少額の借入を短期間で返済する場合、利息の差はほとんどない!

プロミスとみずほ銀行カードローンの利息が変わらない例

30万円借入して1年間(12か月)で返済する場合を考えます。以下が返済シュミレーションで計算した合計利息です。

  • プロミス(金利17.8%)で30万円借りて1年間で完済する場合→利息合計29,701円
  • みずほ銀行(金利14.0%)で30万円借りて1年間で完済する場合→利息合計25,146

返済シュミレーション上では約4600円程度利息に差が出てしまいます。

しかし、プロミスの場合30日間無利息サービスを利用すれば、元金の30万円に対する1か月分の利息(4400円程度)がカットされるので、プロミスで実際に払う利息はみずほ銀行で借りた場合とほとんど変わりません。

少額を短期間で借りる場合には、低金利の銀行であってもプロミスであっても支払わないといけない利息はほとんど同じになるのです。

すぐに完済できる場合はプロミスの方が利息が安くなる?!

みずほ銀行よりプロミスの方が利息fが安くなる例

「給料日前に財布がピンチ!」「給料が入れば一括返済できる」という方は、低金利の銀行で借りるよりもプロミスでお金を借りたほうが利息を抑えることができます。

20万円を1か月間みずほ銀行カードローンで1か月間借りた場合の利息は4678円。一方プロミスでは30日以内に返済すれば利息が0になるので、低金利のカードローンよりも利息が安くなるというわけです。

プロミスの申込はこちら

金利に囚われてプロミスを避けるのはもったいない!

ポン太
博士の話を聞いてプロミスの金利のイメージが変わりました。無利息サービスがあるおかげで、短期間の借入や少額の借入なら銀行カードローンと利息にあまり差が出ないんですね。
たぬき博士
そうなんじゃ。「プロミス=消費者金融=利息が多い」というイメージをもっている人が多いと思うが、金利はそんなに気にしなくていいんじゃよ。
ポン太
利息に差がでないような少額・短期の借入れなら銀行よりもプロミスで借りたほうがよさそうですね。
たぬき博士
そうじゃな。「金利が足りないからプロミスはちょっと…」と思うのはもったいないぞい。
プロミスカテゴリーへ戻る

関連記事