オリックス銀行カードローンは借り換え・おまとめローンとの相性抜群!高い限度額と低金利が魅力!

借り過ぎたぬき
博士、今おまとめローンに良さそうなカードローンを探しているんですが、オリックス銀行カードローンはおまとめに向いているんでしょうか?
たぬき博士
オリックス銀行カードローンか。おまとめ・借り換えをしたい人にとってぜひオススメしたいカードローンの1つじゃ。
たぬき博士
今日はおぬしのために、おまとめローンとしてのオリックス銀行カードローンの魅力を教えてやろう。

借り換え・おまとめ大歓迎!積極的な姿勢で借入れやすい

オリックス銀行には「おまとめローン専用」という商品はありませんが、借り換え・おまとめローンに対して好意的です。

一般の金融機関はあまりおまとめローンに前向きではありません。おまとめローンは通常のカードローンに比べて借入金額が多く、返済に長い時間がかかるため貸し出すリスクが大きいからです。

それに対して、オリックス銀行はホームページで「おまとめ・借り換えOK」と公表していることからおまとめローンにとても積極的な姿勢が見られます。

オリックス銀行カードローンはおまとめに積極的画像引用元:オリックス銀行カードローンHP)

複数の借入れを一本化するならおまとめしやすいオリックス銀行カードローンがオススメです。

オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローンは借り換え・おまとめにピッタリな条件ぞろい

借り換え・おまとめを歓迎しているだけあって、オリックス銀行カードローンの条件は借り換え・おまとめに向いたものとなっています。

  オリックス銀行カードローンでおまとめするメリット
  • 総量規制の対象外・融資限度額は最高800万
  • どこよりも低金利でおまとめしやすい
  • 返済額が高いので完済しやすい
  • 追加融資も受けられる

総量規制の対象外で融資限度額はおまとめしやすい最高800万円

オリックス銀行カードローンがおまとめに向いている理由①

オリックス銀行カードローンの融資限度額は最高800万で他のカードローンと比較すると大きい金額です。

数百万単位の借入れになりやすいおまとめローンも、ここまで許容範囲が広ければ安心して希望通りの金額を借りやすくなります。

オリックス銀行カードローンは限度額に余裕があるから希望が通りやすい

例えば、自分が貸し出せる金額が1万円だとすると、「1万貸して!」という人と「3000円貸して!」という人のどちらに貸しやすいでしょうか?

カードローンでも同じで、限度額と借りたい金額の間にかなりの差がないと必要なだけの金額をしっかりカバーできません。

金融機関が公表している「限度額○○万!」というのはあくまでも貸し出せる限界の金額であり、初めて利用する方で限度額いっぱいの金額を借りられるのはごく少数に限られます。

しかしオリックス銀行カードローンの限度額は最高800万。
500万くらいまでの借入れなら審査でも不利になりにくく、実際に利用できる枠から漏れることなく借り入れることができます。

「一本化したいけど、年収に見合わないから希望通りの金額をまとめられるか不安…」というおまとめローンにつきものの悩みも、オリックス銀行カードローンなら心配する必要はゼロです。

借入金額が高いほど低金利で利息を大幅にカットできる

オリックス銀行カードローンがおまとめに向いている理由②

オリックス銀行カードローンの金利は1.7%~17.8%と振れ幅が大きく、17.8%という数字を見てもわかるように100万以下の少額の借入れには不利です。

しかし、300万を超える借入れでは力を発揮します。以下の表はおまとめローンとして300万を借入れた場合の金利と利息合計を他の銀行カードローンと比較したものです。

 カードローン 金利 利息合計
オリックス銀行カードローン 4.5% 637,195円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 6.1% 834,245円
三井住友銀行カードローン 7.0% 980,679

金利が数%違うだけで払う利息の差は20万円以上にものぼります。これ以上の借入れになるとその差はさらに歴然となります。

一本化や借り換え先を選ぶ時には「いかに低い金利で利息を抑えられるか」が最も重要なポイント。
おまとめローンは返済が長期化しやすいため、利息もその分多く取られます。借り換える前より利息が多くなってしまってはおまとめ・借り換えの意味がありません。

カードローンは借り入れる金額が大きいほど金利が徐々に下がっていくシステムなので、最低金利が低いほどおまとめローンに向いたカードローンと言えます。

少しでも利息を節約してお得なおまとめローンを組みたいならオリックス銀行カードローンが適役です。

順調に完済を目指せる返済額の設定

オリックス銀行カードローンがおまとめに向いている理由③

オリックス銀行カードローンは借入残高が30万円以下でも毎月の最低返済額7,000円と、他の銀行カードローンよりも高額です。

以下300万円借りた時の毎月の最低返済額を比べてみました。

オリックス銀行カードローン 50,000円
三井住友銀行カードローン 40,000円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 30,000円

しかし返済額が高いからこそ、余分な利息を払うリスクが少なく、完済までの道のりも他より短いともいえます。

例えば三井住友銀行カードローンで300万を借りて毎月最低限の返済だけ行った場合256回かかりますが、オリックス銀行カードローンなら166回です。

毎月の返済は積もり積もっていくものなので、返済額が1万違うだけでも約8年ほど完済までの期間の差が生まれます。

おまとめローンを組むことで確かに毎月の返済の負担は軽減されますが、あまりに毎月の返済額を少なくしてしまうとなかなか完済までたどり着けません。
さらに返済までの期間が長くなることで、余計な利息を払うことも必要になります。

せっかく一本化して金利を下げたのに、「返済が終わらない&利息がかえって高くなる」という結果になるのは非常にもったいないことです。

「早く借金から解放されたい!」という方なら特に、毎月の返済だけでも返済が進みやすいオリックス銀行カードローンがオススメです。

困ったときも安心!追加融資もOK

オリックス銀行カードローンがおまとめに向いている理由④

オリックス銀行のおまとめローンは追加融資を受けることができます。
多くのおまとめローンは「一度借りたらそれきり」という決まりがあるのに比べると、困ったときも安心できますね。

もちろん追加融資は限度額の枠内でしかできませんが、毎月の返済で生活費がキツキツになったときなどに利用しましょう。

オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローンでおまとめする時の注意点

オリックス銀行カードローンでおまとめするときの注意点

借り換え・おまとめローンにとって理想的な条件がそろっているオリックス銀行カードローンですが、申し込む時にはいくつかの注意が必要です。

  • 利用目的は「借り換え・おまとめ」を選ぶ
  • 借入れ額に関わらず収入証明書を用意する

以上の2点を守らないとオリックス銀行カードローンでうまくおまとめができなくなる可能性があります。

利用目的に「借り換え・おまとめ」を選ばないと審査で苦戦

オリックス銀行カードローンには「おまとめ専用ローン」という商品はなく、そのまま申し込むと通常のカードローンへの申し込みという扱いになります。
すでに他社への借入れが複数ある状態で申込んでしまうと、審査では大きなマイナスポイントです。

そのためオリックス銀行カードローンに申し込む時に利用目的を「借り換え・おまとめ」にしておきましょう。
そうすれば「この人はおまとめ目的だから他社への返済にあてるつもりなんだな」と理解してもらえるので、他社借入に対しても大目に見てもらえます

借り換え・おまとめ目的なら300万を越えなくても収入証明書が必要になる可能性あり

オリックス銀行カードローンでは、通常のカードローンとして申し込んで300万円以下の借り入れをする場合は、原則として収入証明書は不要です。

しかし、おまとめローンを組むために申し込むなら300万円以下でも提出を求められる時があるので収入証明書は手元に用意しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

収入証明書として使えるものは上記の通りですが、他のカードローンと違って給与明細が認められないことに注意してください。

オリックス銀行カードローンの公式サイトはこちら

借り換え・おまとめローンならオリックス銀行カードローンにすべし!

借り過ぎたぬき
なるほど、高い限度額・低金利の時点でおまとめローンとしてかなり優秀だけど、銀行自体が借り換え・おまとめに前向きなのは嬉しいですね。
たぬき博士
毎月の返済額は他と比べて高めじゃが、返済を早めに終わらせやすいという意味では大きなメリットじゃ。
借り過ぎたぬき
できればラクして返済したいけど、少しでも完済に近づくためには頑張らないといけないですよね…
たぬき博士
その通りじゃな。でもここまで良い条件で借りられて、他より早く返せるおまとめローンはあまりないぞ。まずは候補に入れてみてはどうかね?
オリックス銀行カードローンカテゴリーへ戻る

関連記事