おまとめローンで勘違いされやすいポイント3選をピックアップ!

借りすぎたぬき
今おまとめローンのことについていろいろ調べているんですが、おまとめローンを組んだ後に他でお金を借りると契約違反になるってホントですか?
たぬき博士
ふぉっふぉっふぉ。お主はおまとめローンを組んだ後にもさらにお金を借りようと思っておるんじゃなかろうな?
借りすぎたぬき
そういうわけじゃないです!万が一お金が必要になった場合はどうなるか気になっただけですよ。
たぬき博士
そうじゃったか。実はおまとめローンを組んだ後で新たにお金を借りたとしても、必ずしも契約違反になるとは限らんのじゃ。そもそもお金を借りることができない人もおる。
借りすぎたぬき
そうなんですね。
たぬき博士
借りすぎたぬき君のようにおまとめローンについて誤解がある人も多いじゃろうから、誤解されやすそうなポイントを3つピックアップして解説していくぞい。

おまとめローンで誤解を生みやすいポイント3選

たぬき博士
ここでは次の3つのポイントについて真相を明らかにしていくぞい。

  • おまとめローンを組んだ後の他社借入について
  • おまとめローンと過払い金請求の関係について
  • おまとめローン先としての銀行について

おまとめローンを組んだ後の他社借入は契約違反?

「おまとめローンを組んだ後に他社借入すると契約違反」という認識を持っている方も多いと思いますが、厳密には少しニュアンスが異なります。

注意

ここでは消費者金融に多い「おまとめ専用ローン」を組んだ場合の説明をしています。銀行の普通のカードローンで借金をまとめる場合はこの限りではないので気を付けてください。

「完済したカードローンの解約」が条件の場合のみ契約違反

他社借入が契約違反になる場合

おまとめローンを組む際にカードローン会社から、「今の借入先のカードローンを解約してください」と言われることがあるようです。

この場合は現在のカードローンの解約を条件におまとめローンを組むことになるので、解約しないまま新たに借入した場合は契約違反になってしまいます。

契約違反をしてしまうと、最悪おまとめローン先から借入の一括返済を求められてしまうことになりかねません。

これ以外のケースで新規借入じたいが契約違反になってしまうことはありませんが、そもそもおまとめローン後の新規借入は難しくなっているのが現状です。

おまとめローンを組むと他社借入が厳しくなる

他社借り入れが難しく

今まで使っていたカードローンを解約しようがしまいが、おまとめローン後に新たにお金を借りることは厳しくなってしまいます

新たに他のカードローン会社に申し込む場合は、審査の際に「おまとめローンを利用していること」が判明してしまうので審査を通過することはできないと考えてください。

おまとめローンを組む前までお金を借りていた未解約のカードローンでもお金を借りることは難しいでしょう。

カードローン会社はたとえ完済した人でも、契約中(解約していない)の人の信用情報をチェックします。そこでおまとめローンを契約していることが発覚してしまうと、キャッシングカードの利用を停止してしまうことがあるようです。

おまとめローンを組んだということは「月々の返済に困っているから借入をまとめた」と考えられても仕方ありません。カードローン会社の立場からすると、利用可能な枠を残したままにしておいて新たに借りられてしまうと、ちゃんと返済してもらえない恐れがあります。

知らないとマジでやばい!おまとめローンで借り換えるデメリット・リスク

複数の借入先を抱えている方にとっておまとめローンはとても魅力的にみえるでしょう。しかし、おまとめローンに潜むデメリット…

おまとめローン後に過払い金請求はできない?

「おまとめローンの前に過払い金請求するべき」「おまとめローンを組むと過払い金請求できなくなる」「おまとめローンを組むと過払い金請求で損する」は全て間違った情報です。

おまとめローンを組んだ後にも過払い金請求することはできますし、おまとめローンを組んだからといって戻ってくるはずの過払い金が戻ってこないということもありません

過払い金請求の費用や、返済中にカードローン会社が倒産してしまうリスクから完済前の過払い金請求を勧めているようですが、完済前の過払い金請求はれっきとした債務整理の1種です。

完済前の過払い金請求は任意整理!

任意整理

たしかにおまとめローンを組んで完済する前に過払い金請求したほうが、弁護士や司法書士に払う費用はお得になるようです。費用の相場は過払い金の額に関わらず2~3万円程度になってます。

おまとめローンを組んでから過払い金請求する場合は、成功報酬として戻ってきた過払い金のうち20%を弁護士や司法書士に支払わないといけません。

ただ借金を完済する前の過払い金請求は債務整理の中の任意整理になります。おまとめローンを組む前に過払い金請求してしまうと、債務整理扱いで信用情報機関に事故情報が記録(ブラックリスト)されてしまうというわけです。

事故情報が消えるまでの5年間はおまとめローンはおろか、普通のカードローンもクレジットカードも利用することができません。

過払い金請求するならおまとめローン後の方がベター

おまとめローンと過払い金

借金をすべて返し終わったカードローン会社への過払い金請求は債務整理にはなりません。当然ブラックリスト入りも免れることができる上、成功報酬はひかれるものの過払い金はしっかり戻ってきます。

おまとめローンを組んだ後に過払い金請求した方が「借入先が1つにまとまって、過払い金も戻ってくる」のでいいことづくしです。しかも完済後の過払い金はいきなり返済に充てられることはなく、まずは自分の手元に返ってきます。

「過払い金があるかもしれないから、ちょっとおまとめローンはやめとこう」と考えている方は、まずおまとめローンを組んでその後に過払い金請求を検討してみたほうがいいでしょう。

銀行におまとめ「専用」ローンはある?

「おまとめローン」として一括りで紹介されているため、銀行カードローンにもおまとめ専用プランがあると勘違いしている方が多いのではないでしょうか。

実はメガバンク(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)をはじめとしたほとんどの銀行はおまとめ専用ローンを用意していません

銀行でおまとめローンを組むということは、「利用目的自由な通常のカードローンをおまとめローンして利用する」ことになります。

総量規制対象外の銀行はおまとめ専用ローンを用意する必要がない

銀行におまとめローンがない理由

おまとめ専用ローンは、主に消費者金融が用意しているローンの種類になります。おまとめ専用ローンが消費者金融にはあって銀行にはない理由には総量規制が関係してきます。

総量規制の対象になる消費者金融では、通常のカードローンで年収の3分の1以上のお金を借りることができません。ただ、借入を1つにまとめる場合には年収の3分の1以上のお金が必要になってくる方も多いのが事実です。

そこで消費者金融は、総量規制の例外である「顧客に一方的な有利な貸し付け」に目を付け、普通のカードローンとは別に総量規制対象外の返済専用おまとめローンのプランをつくる必要があったというわけです。

おまとめローンは総量規制対象外!年収が低くても遠慮はいらない!

おまとめローンを組みたいけど「総量規制に引っかかるのが不安」という方必見! 実はおまとめローンなら消費者金融でも総量規…

銀行カードローンは総量規制の対象外です。借りることができるお金の上限(極度額)も高く設定されているのでわざわざ返済専用のおまとめローンを作る必要はありません。

銀行側のスタンスは「別におまとめローンとして使ってくれてもいいよ」といったところでしょうか。

おまとめローンとして通常の銀行カードローンを使うにあたって

銀行系カードローンでおまとめローンを組む

銀行など通常のカードローンをおまとめローンとして利用する際には注意が必要です。

おまとめ専用ローンでおまとめローンを組む時よりも、審査が厳しく見られたり限度額が低めに設定されてしまうというデメリットがあります。

銀行か消費者金融でおまとめローンは全く別物?!4項目で違いを解説!

おまとめローンを考えている方は、まず銀行と消費者金融、どちらに申し込むか選択しなければなりません。そのためにはおまとめ…

一方通常のカードローンだということで、追加融資ができたり、限度額以内なら何回でも借り直しできるなど借入の小回りが利くというメリットもあります。

おまとめ専用ローンがある銀行カードローン

東京スター銀行「スターワンバンクローン」はおまとめローンあり

多くの銀行がおまとめ専用ローンを用意していない中で東京スター銀行は「スターワンバンクローン」というおまとめローンを用意しています。

東京スター銀行おまとめローンはこちら

おまとめローンについて正しい理解を

借りすぎたぬき
たしかに今まで三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行にもおまとめローンがあると思ってました!おまとめローンとしても利用できるってだけなんですね。
たぬき博士
そうなんじゃ。微妙なニュアンスが違うだけなんじゃが、ローンの性質が違うから誤解しておると足をすくわれてしまうかもしれんぞい。
たぬき博士
過払い金請求もそうじゃ。「おまとめローン前に過払い金請求」という文言を鵜呑みしておると痛い目にあってしあまうかもしれんからのぅ。
借りすぎたぬき
危ないところでした…今日の話はおまとめローンについて正しく理解するためにとても有意義だったと思います。
たぬき博士
そうかそうか。お主のためになって何よりじゃ。
おまとめローン・借り換えローンカテゴリーへ戻る

関連記事