無職(ニート)や失業中でもカードローン審査は通る?お金は借りれる?

ダメ吉
最近俺のダチが会社をヤメたらしい。なかなか新しい仕事がみつからなくてお金に困ってるみたいだったからカードローンのことを教えてやったよ。人助けするって気持ちいいなー。
たぬき博士
おい、ダメ吉や!なんてことしておるのじゃ!仕事していない人が簡単にカードローンの審査に通るわけなかろう。
ダメ吉
そうなのかよ。なんか俺悪いことしちまったな。
たぬき博士
まあでも「失業中」というのが不幸中の幸いじゃ。ニートはカードローン以外でもおお金を借りることはできないが、失業中の人なら別の方法でお金をかりることができるかもしれん。
ダメ吉
そうなのか!じゃあそのことを早く教えてやらないとな。
たぬき博士
それも含めて、無職や失業中の方がお金を借りることができる道を究明していくからよく聞いておくんじゃぞ。

無職(ニート)・失業中の方が審査落ちする理由

無職・失業中の人が審査に通りにくい理由

無職の方や失業中の方は、カードローンの審査をクリアするために大切な返済能力を示すことができません。

  • 「収入を証明するもの」がないので返済能力ナシと判断されてしまう
  • 「勤務先」がないので在籍確認できない

職業についていないということで、収入もなければ収入を証明するものもありませんね。

カードローンの審査を通過するためには、しっかり返済できるという根拠を示す必要があります。収入がないということで、金融機関側から返済のあてがないと判断されてしまってもしまっても仕方ありません。

収入がないということは、カードローン審査では大きなマイナスポイントになってしまいます。

また、無職や失業中の方は「勤務先」がないということで、在籍確認を突破することができません。収入がわからない、職場もわからないということでカードローン審査に通る見込みはほとんどないと考えてください。

審査に通る無職と審査に通らない無職

「収入がない」無職の方はカードローンの審査に通る可能性は0に近いといえますが、生活しているからには働かなくても何かしらのお金を得ている無職の方もいらっしゃるでしょう。

ここでは無職の方をあらゆる角度から場合分けして、それぞれにカードローン審査に通る道があるかどうか考察していきます。

審査に通る可能性がある無職

無職でも審査に通る可能性がある人

「無職でもカードローンを利用できる」と解説しているサイトもありますが、働いてなくて収入もない方はカードローンを利用することができません。

ただし無職でも条件をクリアしていればカードローン審査に通る可能性があります。

配偶者がいる専業主婦(主夫)

専業主婦(主夫)の方は仕事をして収入を得ていないという意味で「無職」ですが、カードローンの審査に通る可能性があります。

収入は0ということで総量規制がある消費者金融は利用できませんが、総量規制対象外の銀行ならパートナー(配偶者)の所得証明書を提出することでお金を借りることが可能です。

親からの仕送りがあるバイトなし学生

現在大学や専門学校に通っている方なら、バイトをしていなくてもお金を借りられる方法があります。

まず1つ目は学生ローンを利用すること。学生ローンはその名の通り学生をターゲットにしてお金を貸している金融機関なので、アルバイトをしていない方でもお金を借りることができます。

申し込みの際の「月々の収入」の項目には親御さんからもらっている仕送りを含めた金額を申告できるので、「収入アリ」とみなされて融資をうけることができるというわけです。

また三菱東京UFJ銀行のバンクイックでも、アルバイトをしていない学生に向けて融資を行っています。

年金受給者

年金が収入とみなされる場合には、年金暮らしの方でもカードローンの審査に通る可能性があります。

収入が年金だけの方にも融資を行っているのは、主に銀行系カードローンです。ただ、年金暮らしの方は年金を担保にお金を借りることができる場合もあるので、そちらの方をオススメします。

カードローン審査は年金受給者や生活保護受給者でも突破できる?

不動産(土地)収入がある無職

無職の方でも、遺産相続などで家賃や駐車場台から収入(不動産収入)を得ている方もいらっしゃるかもしれません。

不動産所得は毎月入ってくる収入であるため、場合によっては「安定した収入」にみなされて、カードローン審査に通る可能性があります。

ただ、安定した収入があっても在籍確認ができない分、書類だけで返済能力があることを示さなければいけません。月々どれくらいの収入があり、それがどのくらい安定しているのかをきちんと証明するために多くの書類を提出する必要があります。

通常の「給与所得かつ在籍確認あり」の審査に比べると、不動産収入だけで生活している方が審査に通る可能性は高いとはいえません。

審査に通らない可能性が高い無職

収入が不安定だと審査に通りにくい

以下で紹介するパターンに該当する方は、収入の高さにかかわらずカードローンの利用は赤信号です。

  • ネット収入
  • 株やFXの収入

これらの収入は「一時所得」に分類されるので、安定した収入とは判断されません。

一時所得とは「勤め先の仕事(本業)以外で生じた利益」のこと。働いてないのにお金を稼いでいる人は、多くの場合一時所得を得ていることになります。

上記の2つの収入の他にも、パチンコで勝ったお金や宝くじの賞金なども一時所得に含まれます。ネット収入や投資であげた収益は、ギャンブルで勝ったお金とひとくくりにされるので、安定した収入とみなされないわけですね。

ネット収入のある無職

インターネットが普及した今日のネット社会では、ネットを通じて収入を得ている方も多いのではないでしょうか。

ネットオークションの収益や、個人的なアフィリエイト報酬のみで生活している方がこのパターンに当てはまり、最近では投稿した動画の閲覧数に応じて報酬を得ている方(ユーチューバー)も無職なら「ネット収入で生活している人」に含まれます。

収入源がインターネットだけということで、金融機関からは不安定なイメージを持たれる上、過去の収支も証明しづらいのでカードローンの審査ではかなり不利です。

ただ、ネット収入のみで生活している方は個人事業主として登録することで審査に通る可能性が一気に高まります。

個人事業主になることで少なくとも「無職」ではなくなる上、事業として確定申告した書類を提出すれば安定した収入があることを証明できるからです。

個人事業主の登録を終えた方は、個人事業主向けのビジネスローンの利用を検討してみるといいでしょう。

株やFXで生活している無職

本業で株やFXの利益で生活している「投資家」もカードローンの審査に通る見込みはありません。

たとえ過去に安定して利益をあげたきたとしても、それはただの実績であり将来的に収入が安定しているとは判断できないからです。しっかり確定申告していたとしても、今現在収入が不安定であることに変わりありません。

無職(ニート)の方や失業中の方がお金を借りるためには

上で解説した「審査に通る可能性が高い無職」に当てはまらない方や、失業中の方がお金を借りる道はないのでしょうか。

残念ながら、無職・ニートの方はカードローン以外でもお金を道はないと考えてください。一方で失業中の方ならカードローン以外でお金を借りる道が残されています。

失業者の方は国のセーフティーネット(福祉制度)を利用しよう

カードローンに頼れない以上、失業者の方は国の福祉制度に頼るしか道はありません。国は社会福祉の一環で、失業などが原因で生活が苦しくなった方向けに生活福祉資金貸付制度を設けています。

失業者の方は、生活福祉資金貸付制度の中の総合支援貸付に申し込んでみましょう。

総合支援貸付のメリット

総合支援貸付はカードローンなど、あらゆる手段をつくしてもお金を借りることができなかった方に手を差し伸べてくれる制度です。

連帯保証人がいれば金利0、連帯保証人がいなくても年利1.5%でお金を借りることができ、限度額は1人世帯でも最大15万円/月、二人以上の世帯なら20万円/月までになってます。

嬉しいことに、最後にお金を借りた時から最大6か月の間はお金を返さなくていい「措置期間」が用意されており、返済期間も最大20年と、余裕のある設定です。

ただし、あらゆるセーフティーネットに引っかからなかった方が対象になるため、失業保険を受けている方は利用できないので気を付けてください。

生活福祉資金貸付制度について詳しくは厚生労働省の公式ホームページを参考にしてください。

カードローンはちゃんと働いている人が利用すべきもの

ダメ吉
失業中の人は、国の福祉制度に頼るべきなんだな。
たぬき博士
そうじゃな。無職にもいろいろなパターンがあるが、基本的にカードローンは利用できないと考えておくんじゃ。
たぬき博士
でも無職の人がお金を借りられてしまうと、返済に追われて今よりも苦しい状況になってしまうかもしれないからな。そうならないために配慮しておるとも考えられるぞ。
ダメ吉
俺が言える立場じゃないけど、今働いてない奴はとりあえずバイトを始めるなりして生活の基盤を整えるのがさきだな。
たぬき博士
そうじゃぞ。お主ももしニートになってしまったすぐにお金を借りようと考えてはいかんぞ。
カードローン 審査カテゴリーへ戻る

関連記事